あれは、ある晴れた日のこと・・・

あの~

〇〇さんって、普段はどちらにいらっしゃるのですか?

〇〇さん「あ、普段はあのスタジオ(ショールーム)におりますよぉ」

あ、そうなんですね!

あのですね・・・出来上がったら

取りに伺いたいのですが・・・

「取材」も兼ねてなんて・・・にゃはは

〇〇さん「あ、全然構いませんよ!普通にオープンなスタジオなので

よっしゃーーー!!ありがとうございます!!

〇〇さん「いやいやそんなそんなじゃあ出来たらご連絡しますね!」

たのしみにしてます!!

こんにちは!!タッキーです!!

そして、真夏のある晴れた日のことでございますが

「あの時」に注文した例のアレが

「完成!!」とご連絡を頂きましたので

行きました!!あの「聖地」を目指して!!

いやぁ~~それにしても快晴!!

かなりのアレですが、気分はとっても清々しいです!!

ちなみに、きょうはクルマで参りました

え?

ってか、ずっとサボって何してたって?

にゃはは・・・お久しぶりでしたね

ちょっと肩がアレして、休養というか静養というか・・・

まあまあ、そんなことより、

初めて参りました!ココは「東京都荒川区」

都心にはホント縁遠いわたくしは、ドッキドキでございます!!

お約束の時間まで少々ございましたので・・・

これまた久々のタキ散歩してみました!!

駅周辺こそ、大型ショッピングモールや超高層マンションなどで

開発が進んでおりましたが、非常に落ちつた雰囲気に包まれておりまして

地元みたいに心地良く、住みやすそうな街でございました!!

ちなみに、この南千住駅には隣接する巨大な・・・

「鉄」ナントカさんは、たまらないスポット!?

ちょうど、貨物列車が入場してまいりまして

すこし童心に帰ってしまい・・・

・・・・

あ、そうそう、ココはあの「浅草」が近いのですよね?

ってことは・・・

・・・・

あ!

ほれほれ!!

やっぱし!!

場所を変えて・・・

すぐそこじゃん!!スゲーーー!!

いやぁ~あの世界的な建造物からの眺めは、さぞかしアレでしょうが

先ほどの超高層マンションからの眺めも、さぞかしアレでしょうなぁ~

周りは田んぼのウチもイイんですが、こんな都会なら住んでみたいなぁ~

そうそう、気が付いたのですが・・・

なにひとつ落ちてなく、まるで某TDLみたいでした。

それなりの活動があるのでしょうが、地域性が現れているのでしょうね。

すばらしい!!アメー〇パングに認定!?

おおっと、いつものクセの〇線劇・・・

あ、路線の近くで〇線なんて言ったらアレでした・・・

ね、スイスでも・・・もうええわ!ってか

さ、さあ!では本日の目的地でございます「聖地」へ参りましょう!!

宮部さん「こんにちは!ようこそ!!」

どうもこんにちは!!お邪魔致します!!

(うわ~ホント来ちゃったよぉ~いやぁ~オシャレなスタジオだよぉ~感激!!

(見て下さい!!この並び!!)

(数々のコラボレーションを手がけていらっしゃるのに、これだけ押して頂いて・・・

(まだ”ウラ”メニュー的な新色が・・・なんてちゃんとライナップされておりますが)

(あまりにも多忙で広告素材《WEB等》が追い付いていないそうです

いやいや、もうホントにお忙しいようで、スゴイ勢いですね!!

あ、のアレにも行かれてましたねよね?

宮部さん「そうなんですぅ、実はアレはですね・・・」

え!?そうなんですか!?

”ピヨピヨ”と”ピヨピヨ”に”ピヨピヨピヨピヨ”!?

え?”ピヨピヨ”は、ほぼ決まってる!?

くわーーーーそりゃまた・・・・益々のアレですなぁ

そうそう、秋のジャンボリーはいかがですか?

宮部さん「あの実はですね、今の工場が手狭になってしまいまして

《新工場》を作ったのですが、その移転開業がちょうど

10月くらいなんで、もしかしたらまた僕は行けないかも・・・」

(なんとまあ!!驚きはその「新工場」ですな!!)

まあまあそれはそれは、仕方ないですねぇ~

宮部さん「そうそう、よかったらコレを見て頂くと・・・」

ほうほう!これはまた、かっちょイイ「ブーツ」ですね!

なんというか・・・ドラシュとチャッカーの中間的な・・・

宮部さん「そうなんです、ソールはドライビングシューズと同じものを使ってます」

へえ~また幅が広がりますね!!

で?これが・・・?

宮部さん「まあまあ、こんなものも作ってます・・・ってね」

え?あれ?あれあれ?アレ?

宮部さん「まあまあ・・・アレですかね?」

(ほれほれ、イベントとか足を運べば・・・色々なお話が聞けるのです

いやぁ~しっかり「聖地」を堪能させて頂きました!!

取りに来ることにして良かったぁ~

きょうは、本当にありがとうございました!!

「創業者」のお爺様と、「negroni」ブランドを立ち上げた立役者で

今年、惜しくも永眠されてしまいましたお父様を経て

三代目の若き”アーティスト”は、その「魂」と「志」を受け継ぎ

世の中にある”ジンクス”を逆行し、成長し続けるのでありました。

㈱MARUMITSU/デザイン・スタジオ
住所)東京都荒川区南千住5-36-8
オープン)月~金/10:00~17:30
TEL)03-3801-4745

談ではございますが・・・

今回初めて購入させていただきましたのは

「ドライビングシューズ」と「チャッカーブーツ」

懐事情は非常にアレでございましたが

シーンや服装に合わせてチョイスしたいと

おもいきって!

でも、購入にあたって一番アレだったのは・・・

なんといっても

「サイズ」

ソール部が「イタリア製」なので、どうしても欧州サイズで

考えなければならないのですね。

ちなみにご参考までに、わたくしはというと・・・

ふだん履いている一般的な「スニーカー(ナイキとか)」は

「26.0cm」

でも、スーツの際の「皮靴」は

「25.0cm」

この場合、基本的にスニーカーのサイズを基にします。

(皮靴はデザインやメーカーによってかなり差が・・・)

そうすると、導きだされたサイズは

「EU40」

そして、実際にフィッテングさせて頂きましたところ

ピッタリ!!

結果的に一般的なスニーカーサイズが肝ですね!

ちなみに、negroniブランドサイズ表記は「25.0cm」

ですが、たぶん混乱するので見ない方がいいかも

いやいやそれにしても、帰りの運転で思わずニヤリ・・・

とっても運転しやすかったですよぉ~

なんだか10馬力くらい上がったような・・・気がした。

最後に、これ以下は完全自己満足のアレです

本日、納靴いただきました「嬉しさ」と「満足」を

表現したくべく・・・自宅にて・・・

題して

ATSUGI  DE  COLLECTION

履かないときはインテリア。


続・反撃の狼煙

11年ぶりに「オーストリア」にFORMULA ONEが戻ってきた。

だが、厳しいシーズンを送っている”王者”

「RED BULL RACING」

「本拠地」で迎えるこのGRANDPRIXには、

果たして「幸運の女神」が舞い降りるのか・・・・・。

”絶対王者”に課せられた「試練」と「重圧」・・・。

その穏やな表情の奥には、「焦り」と「憤り」が隠されているのか・・・。

ここ数年無かった光景・・・目の前に走っているのはライバルではなく

若き「2rdドライバー」

だが彼の「眼」は、間違いなく何かを捉えている。

絶対王者としての「走り」が戻るのは、近いかも知れない。

開幕戦での「幻」と化したあの快進撃は、実力だったと証明した

「若き赤い雄牛」

その注目すべきは「速さ」よりも、周囲に安心感を与える「安定感」。

若さゆえの激しい攻防や、敵意むき出しの言動も無い。

だが、彼は常に上位に位置し、間違いなく「TOPチーム」に

プレッシャーを与えている、唯一の存在である。

チームから得た「信頼」は、絶対王者を揺るがすものである。

FORMULA ONE 2014

第8戦 オーストリア グランプリ

あす22日決勝!!


24時間戦えますか?


反撃の狼煙


Together to the future ~ともに未来へ~


#PrayForMH370

「メッセージ掲げる各チーム(画像はメルセデス)」

依然として、消息が不明のまま苦渋の発表となったマレーシア航空370便・・・

国全体が重苦しい雰囲気に包まれているのは当然のこと。

そうなれば、F1運営にも支障きたすのも仕方がないところであるが

【FIA】はマレーシアGP開催を決行すると発表した。

歴史的な開幕を迎え、その後の展開が全く未知なる領域と化した

FUMULA ONE 2014・・・

その事態に、更なる追い討ちをかける今回の影響・・・

この状況で、ドライバー達は何を思うのか・・・

真の勝利を手にするの誰なのか?

果たしてその行方は。。。

勝利の栄光を君に・・・。


表彰台・・・

そこには、歴代の”王者”の姿は無かった・・・。

”皇帝”の名を刻み、挑んだ・・・

新たな時代への”挑戦”だが

チームの信頼は揺るがない。

※画像は2013シーズン

そして”百選練磨”の魂は、新世代へと受け継がれていた。

FORMULA ONE 2014

開幕!!

スタート直後・・・

ブレーキトラブルにより、まったく制動できなかった。

「小林可夢偉」再びの挑戦。

そして・・・新たな試練の幕開け・・・。

「フェリペ・マッサ」新天地でのスタートに飛び火が・・・

KAMUIの追突により、レースを終了させられた・・・。

その後も、アクシデントを含む”マシントラブル”で「7台」ものマシンがリタイヤとなり

まさに、大波乱の幕開けとなった・・・そして・・・。

若き”赤い雄牛”は、予選共に堂々【2位】チェッカーを受け

母国「オーストラリア」の人々から喝采を浴び、

チームへの不安視を”払拭”した「ダニエル・リカルド」。。。

しかし、燃料流量の※レギュレーション違反があったとされ

レース終了5時間後に、結果の「剥奪」が発表された。

(※燃料流量は毎時100kgを超えてはならない。)

これを受けたRedBullRacing 陣営は、異議を申し立てる

意向を示しているのだが、果たしてその行方は・・・

新レギュレーションによる「初レース」の結果は

「FIA」の思惑通り(?)の”大混戦”となったが

予想通りの”大波乱”と、新たな”問題”を引き起こし

なんとも、後味の悪いものとなってしまった。

しかし、

この新たな試みが”ニュージェネレーション”の追い風となり、

全体的に若手の”可能性”と”速さ”が光った感があり、

ポイント獲得のドライバーのほとんどが”若手”と言え

レースとしては、非常に見応えがあったのでした。

また、RENAULT陣営の大苦戦の中、唯一「トロ・ロッソ」」の

若き二名のドライバーは見事「完走」を果たし

ポイントも「獲得」したのも、今後のレースを楽しみにしてくれた。

結果は決して望んでいたものでは無かったが、

きっと、挽回の機会は訪れると信じましょう!!

NEXT・・・


GET READY !!

こんにちは!!タッキーです。

昨年の激闘を終えて、まだ数ヶ月しか経ちませんが

今年も新しいシーズンがやって参りました!!

そして今シーズンは、なんと言っても「歴史的大変革」でしょう。

またひとつ、新たな時代の幕開けになること間違いなし。

ちなみに、F1の記事は昨シーズン途中から始めましたが

今シーズンは開幕からフル参戦(?)しようかと思っております!!

ま、まあ、あまりご興味ない方は、適当に流していただいて・・・

でも、我がRENAULT陣営は今年も頑張って参戦しますので

「RENAULTな話」の種と思って、応援いただければと思います!!

とは言え・・・今シーズンのRENAULT陣営は・・・いきなり苦戦!?

開幕前の公開テストにて、RENAULTエナジーにトラブル続出・・・

各チームともに、満足のいくテストが行われなかったようです。

そして、問題を抱えたままシーズンを迎える結果となりました。

追い討ちをかけるような話ではございますが・・・

F1全チームともに全く新しいマシンで望み、昨年のタイムと比べても

全体的に、なかなか”進化を遂げた”と言う結果にはならない中

ライバルチームの順調さが大きな注目を浴びたのでした。

特に際立ったのは、「メルセデス」陣営・・・

グランプリでは、予想もしない「大差」になることも有り得ると・・・

RENAULT にとっては、提携先のアレなので・・・複雑な心境かな??

と、申しましても、フタを開けるまで分かりません!!

RENAULT SPORT F1】陣営も、諦めてはおりません!!

長いシーズンですから、必ずや遣り遂げてくれるでしょう!!

わたくしは、長々とすいません・・・

では、今シーズンのRENAULT陣営のご紹介をさせていただきましょう!!

「さらばウィリアムズ!!」

チーム名:トロ・ロッソ
チーム国籍:イタリア
チーム代表:フランツ・トスト
ディレクター:ジェームス・キー

ドライバー:ダニール・クビアト(ロシア)=左/ジャン-エリック・ベルヌ(フランス)=右

「ウィリアムズ」が”電撃的鞍替え”を行ったのは衝撃的でございましたが、

この「トロ・ロッソ」は”跳ね馬”を跳ね除け、RENAULT をパートナーに選びました。

23歳「ベルヌ」と、なんと弱冠”19歳”のルーキー「クビアト」との、とにかく若いチーム!!

そして、共にあの【World Series by RENAULT】出身者!!

「若さゆえの・・・」アレがないように、RENAULTで培った”魂”で走りきれっ!!

「執念(?)の復活!!」

チーム名:ケータハムF1チーム
チーム国籍:イギリス
チーム代表:シリル・アビテブール
ディレクター:マーク・スミス

ドライバー:小林可夢偉(ジャパン)

ドライバー:マーカス・エリクソン(スウェーデン)

世界最高の舞台にが還ってきた!!おかえりKAMUI!!待ってました!!

ファンの支援を受けて、F1復帰を果たした”カムイ”は、人々の期待を胸に””となれるか!?

一方、F1ファーストシーズンにして、F1界の”マー君”こと「マーカス・エリクソン」

過去、「全日本F3」にフル参戦しタイトルも勝ち取った、JAPAN ゆかりのルーキーは

”侍ウォーリアー”と絶妙なコンビネーションを築くのか!?

とにかく、楽しみが増えました!!

「世界最速のフォーク!?」

チーム名:ロータスF1チーム
チーム国籍:フランス
チーム代表:ジェラルド・ロペス
ディレクター:ニック・チェスター

ドライバー:ロマン・グロージャン(フランス)

ドライバー:パストロール・マルドナド(ベネズエラ)

各チームが様々な”新ノーズ”を発表した中、世界中の”ド肝”を抜いたこのフォーク型・・・

早速、他チームから異議が出てしまったが、結果は・・・OK!!

そして、”ICE MAN”抜けた後、ウィリアムズから電撃移籍のマルドナド!!

「マッサ」を獲得し、順調な仕上がりをみせる”元チーム”を尻目に・・・今どんな心境なのか。

そしてそして!男の”浪漫”こと、ロマン・グロージャン!!

昨シーズン中盤からの上位快進撃で、自らファーストシートを獲得したと言っても過言ではない!!

新チームメイトとは、共にF1「四年目」のシーズン。ただ、違うのは・・・彼は”1勝”していること・・・。

肝心のマシンがアレなのだが・・・今季こそ「初勝利」を見せてくれっ!!

ちなみに、本家の「LOTUS」は・・・こんなモノを作ったそうな・・・

AKIRA” に出てきそう・・・

「5連覇にむけて・・・」

チーム名:レッドブル・レーシング
チーム国籍:オーストリア
チーム代表:クリスチャン・ホーナー
ディレクター:エイドリアン・ニューイ

ドライバー:セバスチャン・ベッテル(ドイツ)

ドライバー:ダニエル・リカルド(オーストラリア)

「絶対王者陥落!?」「新たな問題勃発!?」「今季は捨てる!?」・・・

既に、様々な憶測やNEWS が流れており、”連覇”が掛かるチームに暗雲が・・・

トロ・ロッソから”若き獅子”を迎え入れて、チーム内の「問題」は解決したのだが

もっと深刻な「問題」が発生してしまったのは、予想外であり紛れもない事実である。

ただ、チームとしては冷静に捉えており、グランプリに向けて淡々と準備をしているよう。

そして、4連覇中の王者ベッテル本人は・・・

「常に同じポジションにいられるとは、今までにも思ったことは無い。」

「いつも、僕にとって”チャレンジ”の舞台さ!」

この逆境にも、冷静さと謙虚さを失わないこの26歳の”若者”は

F1シーズン8年目にして既に”ベテラン”の境地に入ったのか・・・

絶対王者」の称号は、まだまだ揺るがない気がするところである。

と、いうことで!ホントにフタを開けてみないと分かりません!!

そして、ますます面白い展開となり、眼が離せないこと間違いなし!!

とにかく、今シーズンもRENAULT陣営を応援します!!

FORMULA ONE 2014

3月16日(決勝)

いよいよ開幕!!


REDBULL RACING《》2014

GET READY ?

FINALLY!!

THAT TIME HAS COME!!

INFINITI REDBULL RACING

This is new car

“RB10″

こんにちは!!タッキーです。

REDBULL RACING 10年目の記念すべきスタート!!

ついに、そのときは来ました!!そのベールを脱いだ、新型”RB10

既に様々な声が聞こえてきましたが・・・予想に反して”イイ”と思っております。

ま、まあ、前と比べられたら・・・アレですけど

以前だって”段差”がどうのこうのあったじゃないですかぁ。。。ねぇ。

こんどは”スッキリ”したでしょ?

F1マシンは”芸術”とも言われておりますが、今回は安全性を重視しただけ。

それに関しても、関係者から様々な意見があるみたいですが、

問題があるとなれば、また来年・・・検討するでしょう。

さあ、それよりも我々の最大の楽しみは、なんと言っても

最高峰のドライバー達が最高の舞台で繰り広げる

熱き男達の”魂の戦い”!!

そして、その裏にある熱き男達の”ドラマ”!!

さらに!4連覇達成の絶対王者「セバスチャン・ベッテル

MARK抜けた後、今年は”若き獅子”を引き連れて

また一歩、あの”皇帝”に近づくことができるのか!!

2014年3月16日オーストラリア開幕決勝!!

RENAULTエンジンの雄叫びが世界に轟く!!


フォーク型!?

FORMULA ONE GRANDPRIX 2014

開幕まであと2ヶ月!!

その主役となる”マシン”がそのベールを脱ぐ!!

マクラーレン・・・フォースインディア・・・

そして、今期も最大のライバルとなるであろう、フェラーリ・・・

その各チームが次々と”新型”を発表した。

そして!!

我ら、RENAULT FAMILY から先陣を切ったのは!!

こんにちは!!タッキーです。

F1BLOG連発で、すいません

え?地上波でやんないし、興味無いって?

なななな!なんと言うことを!!

老いも若きも男も女も・・・RENAULT人なら興味を持たなきゃ!!

今年は、日本人ドライバー「小林可夢偉」選手も復帰決定したし、

アレやコレやソレやそんなこんなで・・・ねッ!

それに、

WE ARE FAMILY」なんですからッ!!

そして、どーーーですか!この”新型E22”!!

まあ、なんと言っても「新レギュレーション」対応の”ノーズ”でしょうね!!

ん~~”オールドタイプ”とも言えるこのフォルム・・・

予想していたより、よかった!ちょっとホッとした。

で、LOTUS はこの個性的な”左右非対称”のフォーク型!?

いやぁ、単なるデザインなのか?機能性なのか?不明ですが・・・

各チームのアイデンティティが出でいるのでしょう!!

さあ!”浪漫”こと、ロマン・グロージャン!今年は初勝利なるか!!

楽しみです!!