小さなフレンチ。

遥か彼方で産声をあげて半年・・・

生まれ変わった小さなフレンチは

遥か彼方の大きな生まれ故郷で

巣立ちのときを迎えたのでありました。

本国での発売が開始されましたが

国内導入時期は現在未定でございます。

期待を胸に、声を大に

皆さまの想いが強ければ、

はやく来るかも知れませんね。


新たな挑戦。

RENAULT SPORT テクノロジーのすべてを注ぎこみ

欧州におけるモータースポーツの礎となるべく万進し

世界の「頂点」を目指す若者たちの”登竜門”でもある

World Series By RENAULT

ジャン・エリック・ベルヌ/F1トロ・ソッロ(左) ダニエル・リカルド/F1レッドブルレーシング(右)

※画像は2010年シリーズ

そして、RENAULT SPORT

2015年に向け”新たな挑戦”として

「新シリーズ」の幕開けを予告するのであった。

Technical data

エンジン:NISMO V6 3.8L

最高出力:500PS

最高トルク:60.5kgm

レイアウト:リヤミッドシップ

ドライブ:リヤホイール


系譜の先にあるもの。


最速への軌跡。

こんにちは!!タッキーです。

いやぁ~~最近なんだかひとの記事をシェアしてばかりで・・・

まったくオリジナリティーに乏しく、もはやBLOGじゃないですな・・・(いつもか?)

大変申し訳ございませんが、今回も動画貼り付けただけのソレです・・・

と、その前に!!FRANCE語のパレードで訳ワカメなので

以前もやりました、[YouTube]の『翻訳ワザ』を

復習いたしましょう!!

役に立つかどうかはアレですが・・・

でもまあ・・・翻訳のレベルは非常にアレです・・・

まったく分からないよりはイイかな?

さあ!それでは遥か彼方より「最速への軌跡」どうぞ!!

え?

このクルマがJAPONに来るのか来ないのかが知りたいんだ!!って?

いやぁ~まったくその通り!ですよねぇ~

ん~~・・・

フッ・・・

フッフッフッ・・・

あーーヤバイ!ヤバイ!アレするところだった!!

いやいや、なんでもないです!!

まだお話しできることは、なーーーーんにも無いですよぉ・・・


「終わりなき挑戦」2

まだ記憶に新しい

苦渋を舐めた、あの悲劇的歴史を

払拭すべく彼らが立ち上がった。

そして

遥か彼方の世界で、再び歴史が動く・・・

2014.05.15

Nürburgring

GERMANY

RENAULTの世界を救う英雄・・・

そして、歴史を取り戻した男・・・

その名は・・・

LAURENT HURGON

(ロラン・ウルゴン)

その激闘を、いまここに!!

※投稿の画像および動画に登場したモデルは

欧州特別仕様車であり、詳しいスペックや日本導入予定など、

アナウンス出来る情報は現在ございません。

大変恐縮ではございますが、どうかご了承くださいませ。


リバウンドを制する者は世界を制する。by ゴリ


T2R7O5PR.HS.Y


「終わりなき挑戦」

モータースポーツを生業とし

世界のファンを魅了し続ける

【 RENAULT SPORT 】

彼らは、究極の”SPORT”を追及するため

果てしなき道のりを選択した。

「終わりなき挑戦」

それは、そこから始まった・・・。

JUNE 17 2011

そして、

2014

再び世界の頂点を目指し

始動する。


アドレナリン!!

世界の「R.S.人」は、世界のどこかで集い

アスファルトから伝わるPASSOINを、ステアリングを介して

クルマと対話するのであった。

洗礼された、眩いばかりのマシンたち・・・。

「人類皆兄弟」世界は広いが、やることはどこも変わらない。

人々は何を感じ、どんな対話をしているのであろう。

また、そこで見たであろうR.S.の魂とは?

RENAULT SPORTが”世界”に挑み、追及する「世界」・・・

それは、それを所有しハンドルを自分の物とした者だけが味わえるのか。

こんにちは!!タッキーです。

遥か彼方であった『走行会』みたいですが、くぅ~たまりませんな~

ってか!お二人ともお久しぶりッス!!

R.S.親善大使は、今日も熱く語ったのでしょうねぇ~

そうそう、いつも世界のどこかで活躍しているのです!!

なにをしているかというと・・・

「ジャン・ラニョッティー」

リポーターに・・・

デモランに・・・

一発芸!?・・・

日に日に若くなっている?

そして・・・

「マーガレット・ラフィット」

WORLD SERIES by RENAULTMEGANE Trophy」元ドライバー

リポーターや番組MCなど幅広い活動もしている。

でも、本業はやはりレーシングドライバー。

今シーズンは「GT TOUR」なるFRANCE国内レースに参戦!!

JAPONでいうところの「SUPER GT」みたいですね。

いやぁ~相変わらずお美しくて・・・元気に活躍しているようですが、

実は・・・

数ヶ月前、参戦したラリーレースでクラッシュ・・・しばらく静養を余儀なくされていたのです。

ん~復帰できてなによりなにより!!

そうそう、

お二人とも久々の登場ですが、久々といえば・・・

MARK」も”新たなステージ”で無事にスタートを切ったようですね!

元「赤い雄牛」は同年代なので、いまでも応援しております!!

若干脱線いたしましたが・・・

[RENAULT SPORT]の世界をお送りいたしました。

いやぁ~モータースポーツってほんっとにイイもんですね!

それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

あれ?混ざった?


覗いてごらん未来の星を。

こんにちは!!タッキーです。

さあ、今年も始まりました「ジュネーブ・モーターショー」

今回はなんと言っても、あの”後継機”の発表!!

突然舞い込んできたような「BIGNEWS!!」に、わたくしはホントに舞い上がりました!!

「モデルチェンジ」というのは、いつもドキドキでねぇ・・・

そのクルマのアレが左右されるのは、まずその「

新しいモデルの基礎なる”初めのデザイン”は、

その後の結果の「すべて」と言っても、過言ではないでしょう。

その基礎がしっかりしていれば、途中で大きく変える必要もないとわたくしは思います。

まあ、中には途中で変えて良くなることもございますが、その逆が一番怖いのです・・・。

あのコンセプトカー「TWIN’Z&TWIN’RUN」も気に入っておりましたので

いやいやホントに今回のアレは、わたくしにとっては「YES!!

LUTECIA派のわたくしですが、わたくしにとっての”後継機”候補に

名乗りを挙げた一台となりました!!

皆さまも、様々なご意見ご要望があるとは思いますが、

なんといっても、早く「JAPON導入!!」の一報を聞きたいものですね!!

オネガイシマス!!

さあ!話は遥か彼方へ戻して・・・

そこは・・・FRANCE のお隣さんのSwitzerland。

そして・・・

昨年と、ほとんど変わらないレイアウトでしょうか?

それにしても、”ウチ”の出店・・・大きいでしょ?

一般公開前の「3月4日」には、メディア向けに公開されて

我がRENAULT陣営は、そこで”NEW TWINGO”の発表イベントを執り行いました。

もちろん、プレゼンターはこの方!!

スーツに”ノーネクタイスニーカー”といった独特のスタイルは、アッカー氏のポリシー?

今日はめずらしく”メガネ”で・・・知的に・・・ホントに紳士な感じで、なによりです。

わたくしも、同じくメガネですが・・・知的?・・・いや・・・←悔涙?

【renault.com】の「LIVE中継」で拝見しておりましたが、初めに”ラジコン”が出てきたときは・・・

RENAULT は、シャレっ気たっぷりのちょっと変わったアレなんです。

決して”気取らない”のも、わたくしが好きになった理由のひとつかなぁ~

ではでは、このへんで・・・

例のバーチャルナントカへご案内いたしましょう!!

遥か彼方で「未来の星」達の見事な共演でございます・・・

▼▼▼▼▼VIRTUAL TOUR :GENEVA 2014▼▼▼▼▼

※クリックしても開かない場合は「更新(F5)または【↑↓】をクリック」してみて下さい。