も~いいかい?

まーーだだよ。

ん~ん・・・峠は越えたのですが・・・

その先に、思いのほか長い道のりが・・・

職人の皆さんは、夜鍋までして・・・

”営業しながら一ヶ月”の工期はアレでしたな。

そうそう、いままでご苦労さんだった設備の中に

こんなものが・・・

サービス受付カウンターの後ろにございましたアレです。

あやうく、どこかへ連れて行かれるところでした・・・。

なんとスチール製!!ズッシリきましたよ。

いやいやもうもう、もったいない!!

と、いうことで新たな「居場所」を作って進ぜよう。

先ずは台座という「椅子」を用意して・・・

どーーーーーーーーーーん!!

なんだか・・・「仁義なきナントカ」みたいに・・・

扉を開けても、そんなアレな人はおりません。


#PrayForMH370

「メッセージ掲げる各チーム(画像はメルセデス)」

依然として、消息が不明のまま苦渋の発表となったマレーシア航空370便・・・

国全体が重苦しい雰囲気に包まれているのは当然のこと。

そうなれば、F1運営にも支障きたすのも仕方がないところであるが

【FIA】はマレーシアGP開催を決行すると発表した。

歴史的な開幕を迎え、その後の展開が全く未知なる領域と化した

FUMULA ONE 2014・・・

その事態に、更なる追い討ちをかける今回の影響・・・

この状況で、ドライバー達は何を思うのか・・・

真の勝利を手にするの誰なのか?

果たしてその行方は。。。

勝利の栄光を君に・・・。


成長記録?

もはや、我が子を見るような眼差しで見てしまう・・・

父親になると、こんな感覚になるのかも・・・

で、きょうの”我が子”は・・・

点灯してるじゃーーーーーーーん!!

し・か・も!!

LED

とってもECOです!!

いやいやもう、ゾックゾクしちゃいましたよぉ~

だいぶ全貌が見えてまいりましたなぁ

え?このネタもうええわって?

す、すんません・・・いつもひとりで盛り上がって

ところで・・・

ホントに、あと4で終わるのかな?

ガッツだぜっ!職人さん!ゴールは見えてきたっ!!

RENAULT KANAGAWA ATSUGIINTER

新たなステージへ・・・。


春の息吹 2014

小田急線の窓に 今年もサクラが映る

きみの声が この胸に 聞こえてくるよ・・・

いきものがかり ”SAKURA”より


「鐘ケ嶽」/厚木市七沢(手前)と「三峰山」/愛甲郡清川村(奥)

ん~スカッと!さわやか!!

先日までの天候不順がウソのような天気が続いておりますねぇ。

でも今宵は皆さまも年度末のアレでしょうがいかがお過ごしでしょうか?

このところの陽気を肌で感じ、「春の息吹」と想う今日この頃・・・

”息吹”だけではなく、春が見られるようになりましたね。

これらの写真は、わたくしの”通勤路”で見られる景色でございますが

四月から通勤路が”変わる”ので、記念に撮影をしてみました。

”えっ!?”と思いました?

ナハハ・・・

「相模原市民」で四十年・・・

え~この度、わたくしは・・・

厚木市民」!!となります!!(宣言)

うわぁーー!なんかいっぱい飛んできたような!!

まあ、いろいろな諸事情やキッカケがございまして・・・決めました。

でもこれで、身も心もATSUGI」となれるのが、なんとも嬉しいかぎりです!!

でも、春の人事(珍事?)が終わった訳ではないので・・・

もしアレだったら、すべてパァ・・・まだ安心できませんな。

いやいや、まいどこんなBLOGですみません


還ってきた・・・であります。2

ヤ〇マ作戦的超高エネルギーレーザービーーーーーーム!!(照射)

カッキーーーーーーーン(A〇フィールド)

ギ〇ロ「な!なにいっ!!はじいただと!!」

フッフッフッ・・・

ギ〇ロ「貴様・・・チャン・グンソウだよな?」

ガロガロガロ・・・

ギ〇ロ「!!」

タ〇マ(初登場)「パターン青!使徒ですぅ~」

ギ〇ロ「な、なんだとっ!?じ、じゃあ、第一種戦闘配置!!」

錨 真司(友情出演)「こ、これが使徒!?チャン・グンソウじゃないか!!」

ギ〇ロ「そいつは使徒だ!我々の敵だ!!」

錨 真司「そ、そんな・・・イヤだよ!!」

ギ〇ロ「どうした!何故やらん?オマエが〇ぬぞ!!」

錨 真司「いいよ・・・〇んだ方がましだよ!」

ギ〇ロ「構わん!ダミーナントカを使え!!」

タ〇マ「でも、ダミーナントカにはまだ問題がありますぅ~」

ギ〇ロ「チッ!どいつもこいつもつべこべと!!」

おおおーーーーい!!そいつは「ニセモノ」でありますーーー!!

ギ〇ロ「なにー!?貴様!チャン・グンソウ!?」

胸の「赤い玉」を取れば”消滅”するであります!!

ギ〇ロ「よーーし!聞いていたか小僧!!」

錨 真司「わかりました!やってみます!・・・って、取れた・・・

ドおおおーーーーーーーーーーーーん!!(大爆発)

(消滅)

そして、再び平和(?)が訪れたのであった。

3週間後・・・

いやぁ~、一時はどうなることかと思ったでありますが

だいぶ「復旧」してきたでありますねぇ~

ん!?

中がすこし広くなった?でありますかね?

”復旧”のついでに、いろいろ手を加えているみたいであります。

ちなみに、師匠殿いわく「見た目よりもっと必要なことは・・・」

とかなんとかブツクサ言っていたでありますが・・・なんのことやら。

あっ、それからココの名物(?)の・・・

「二枚看板」

なんとも不思議なアレでありましたので・・・ひとつは引退であります。

我輩は小さい方が好きでありましたが、文字が「古い」のどうのこうので

大きい方が”現役続行”となったであります・・・。

まあ、電気も付いてるし目立つことを考えれば仕方ないでありますかねぇ。

さあさあ!

ペ〇ポンルノーお客人の皆さまには、大変ご迷惑なアレでありましたが・・・

あと、もうちょっとであります!!

・・・つづく?

※この物語は一部フィクションであります。


牡蠣しょうゆ♪

こんにちは!トッキーです。

おっとー!!大変ご無沙汰になりました顔だよ。謝る の画像

先日赤いルーテシアにお乗りのH田様に頂いたお土産♪

「牡蠣しょうゆ」

たまごにかけてもおいしい~とのことハート の画像

はい!!たまごかけごはん(*^_^*)おいしかったぁ

しょうゆとは違い、まろやかでだしがほんわかかおる・・・ハート の画像

これははまりそうですH田さま!ありがとうございました。

・・・ちょっと遅くなってしまいましたが

じゃじゃーん!!

ルーテシアRSを納車させて頂きました

フェアレディZ~からのお乗換えです

白いRSがとってもお似合いです

Kさま!これからも末永くよろしくおねがいいたします


ビバエコロジー!?

「やあ!ボク、ビバンダム!!」

「ボクの実家では、こんなタイヤも作っているんだよ!!」

なぬっ!し、しらなかった・・・ヤバイ・・・す、すんません!!

ところで、コレは誰の?・・・あ、工場長のですか。。。えっ?

なぬっ!?コレで来たんですか!?

いやぁ~この「レーサーモデル(?)」って、よく見かけるようになりましたねぇ。

かっちょイイなぁ~。でも、あまり知識ないし・・・

ウチは”クルマ屋”なんでこれ以上のお話しはアレだな。。。

ちなみに、聞くのも野暮な話しですが・・・

「1時間40分!!」

(片道)

「映画一本分」と言うことですよね?

わたくしには無理だな・・・体力もそうだし、気力的にも・・・

え?帰りは「社用車」で帰るって!?

無理だったんかいっ!!

な、なんちって

ちなみに、わたくしと青さんは最近、電車通勤しております。

「駐車場」の確保ってやつです。

まあ、あと少しの辛抱なので・・・多少の不便は、なんでもないッスよねぇ。

以上、「ECO&社内事情」が絡んだお話しでございました。

いやぁ~本当に日に日にアレなんですが、

新しい「我が家」を建てるときって、こんな気分なのかなぁ。

ホント、ワクワクすっぞ!!

RENAULT KANAGAWA ATSUGIINTER

新たなステージへ・・・。


表彰台・・・

そこには、歴代の”王者”の姿は無かった・・・。

”皇帝”の名を刻み、挑んだ・・・

新たな時代への”挑戦”だが

チームの信頼は揺るがない。

※画像は2013シーズン

そして”百選練磨”の魂は、新世代へと受け継がれていた。

FORMULA ONE 2014

開幕!!

スタート直後・・・

ブレーキトラブルにより、まったく制動できなかった。

「小林可夢偉」再びの挑戦。

そして・・・新たな試練の幕開け・・・。

「フェリペ・マッサ」新天地でのスタートに飛び火が・・・

KAMUIの追突により、レースを終了させられた・・・。

その後も、アクシデントを含む”マシントラブル”で「7台」ものマシンがリタイヤとなり

まさに、大波乱の幕開けとなった・・・そして・・・。

若き”赤い雄牛”は、予選共に堂々【2位】チェッカーを受け

母国「オーストラリア」の人々から喝采を浴び、

チームへの不安視を”払拭”した「ダニエル・リカルド」。。。

しかし、燃料流量の※レギュレーション違反があったとされ

レース終了5時間後に、結果の「剥奪」が発表された。

(※燃料流量は毎時100kgを超えてはならない。)

これを受けたRedBullRacing 陣営は、異議を申し立てる

意向を示しているのだが、果たしてその行方は・・・

新レギュレーションによる「初レース」の結果は

「FIA」の思惑通り(?)の”大混戦”となったが

予想通りの”大波乱”と、新たな”問題”を引き起こし

なんとも、後味の悪いものとなってしまった。

しかし、

この新たな試みが”ニュージェネレーション”の追い風となり、

全体的に若手の”可能性”と”速さ”が光った感があり、

ポイント獲得のドライバーのほとんどが”若手”と言え

レースとしては、非常に見応えがあったのでした。

また、RENAULT陣営の大苦戦の中、唯一「トロ・ロッソ」」の

若き二名のドライバーは見事「完走」を果たし

ポイントも「獲得」したのも、今後のレースを楽しみにしてくれた。

結果は決して望んでいたものでは無かったが、

きっと、挽回の機会は訪れると信じましょう!!

NEXT・・・


プロジェクトXG

♪ 風の中のすばる~ 砂の中の銀河~

みんな何処へ行った~ 見送られることもなく~

※2014年3月8日撮影

以前から気になっておりましたが、電線がアレですな・・・。

それから、はじめに”タイトル”と関係ない話しを少々・・・

わたくしは、こちらに移ってから二年が経とうとしておりますが

こちらの”ハンサムボーイ”は三年の月日が経ちました。

そう、「初車検」!!

もうそんなに経ちましたっけ?

いやぁ~~もう~~ホントに早いものです・・・。

ちなみに、約一年前には「タイミングベルト」を交換させていただきました!!

そして今回は、もう既に保証の”範囲外”の走行距離になっておりました・・・

それよりも、アレなのは・・・驚愕の””さ、だということ。

本当に頭が下がります・・・どうか末永く・・・ありがとうございました!!

と、こんな喜ばしい記事の後にアレでございますが・・・

いや、ホントにくだらない本題なのでこれで終了でも構いません。

ではでは・・・

例のナントカ工事は着々と進んでおり、残すところあと半月となりました。

皆さまがくつろげるショールームの他に、実はわたくし達スタッフが

使用するところも、ちゃっかりキレイにしていただいているのですが

細かいところは、セルフでやらないといけません。

で、気になったのは、PIT にございますスタッフ専用の「お手洗い」・・・

の、「換気扇」・・・

え~恐らく・・・十数年いや数十年?・・・アレしていなのでしょう・・・

(※醜い画像が含まれますのでご注意ください。)

【2014-1985=29】 で・・・今年は平成26年だから・・・

”昭和60年”

え~と、そのとき、わたくしは、小学生ですね。

ちなみに、わたくしの製造年・・・1973

・・・・

と、と、と、とにかく、分解してみました・・・

し、しかし、あまりにもアレな”何か”が出てきましたので

途中のアレは省略させていただきます・・・

インペラ?ブレード?ファン?プロペラ?

肝心要のこのアレが・・・

おみごと!!

いつも回っているような「音」はしていたのですが

回ってなかったんかいっ!!

なんだよ!超、電気のアレだったんじゃん!!

まったくもう・・・まあ、30年モノが無事なはずないか・・・

ん~一応、試してみるか・・・

え~と、どこにあったかな・・・おっ、あった!

「エーーーーーーーックス!!」

24時間は、放置しておこう。

【24時間後】

「エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーックス!!!!!」

JAPONの接着剤はスゴイね!!

いつまで持つか、わかりませんが・・・

もったいないですからね!使えるモノは使いましょう!

なんちって・・・・おわりに、CMです。

わたくし、そろそろアレかな?今年はドキドキする・・・。


GET READY !!

こんにちは!!タッキーです。

昨年の激闘を終えて、まだ数ヶ月しか経ちませんが

今年も新しいシーズンがやって参りました!!

そして今シーズンは、なんと言っても「歴史的大変革」でしょう。

またひとつ、新たな時代の幕開けになること間違いなし。

ちなみに、F1の記事は昨シーズン途中から始めましたが

今シーズンは開幕からフル参戦(?)しようかと思っております!!

ま、まあ、あまりご興味ない方は、適当に流していただいて・・・

でも、我がRENAULT陣営は今年も頑張って参戦しますので

「RENAULTな話」の種と思って、応援いただければと思います!!

とは言え・・・今シーズンのRENAULT陣営は・・・いきなり苦戦!?

開幕前の公開テストにて、RENAULTエナジーにトラブル続出・・・

各チームともに、満足のいくテストが行われなかったようです。

そして、問題を抱えたままシーズンを迎える結果となりました。

追い討ちをかけるような話ではございますが・・・

F1全チームともに全く新しいマシンで望み、昨年のタイムと比べても

全体的に、なかなか”進化を遂げた”と言う結果にはならない中

ライバルチームの順調さが大きな注目を浴びたのでした。

特に際立ったのは、「メルセデス」陣営・・・

グランプリでは、予想もしない「大差」になることも有り得ると・・・

RENAULT にとっては、提携先のアレなので・・・複雑な心境かな??

と、申しましても、フタを開けるまで分かりません!!

RENAULT SPORT F1】陣営も、諦めてはおりません!!

長いシーズンですから、必ずや遣り遂げてくれるでしょう!!

わたくしは、長々とすいません・・・

では、今シーズンのRENAULT陣営のご紹介をさせていただきましょう!!

「さらばウィリアムズ!!」

チーム名:トロ・ロッソ
チーム国籍:イタリア
チーム代表:フランツ・トスト
ディレクター:ジェームス・キー

ドライバー:ダニール・クビアト(ロシア)=左/ジャン-エリック・ベルヌ(フランス)=右

「ウィリアムズ」が”電撃的鞍替え”を行ったのは衝撃的でございましたが、

この「トロ・ロッソ」は”跳ね馬”を跳ね除け、RENAULT をパートナーに選びました。

23歳「ベルヌ」と、なんと弱冠”19歳”のルーキー「クビアト」との、とにかく若いチーム!!

そして、共にあの【World Series by RENAULT】出身者!!

「若さゆえの・・・」アレがないように、RENAULTで培った”魂”で走りきれっ!!

「執念(?)の復活!!」

チーム名:ケータハムF1チーム
チーム国籍:イギリス
チーム代表:シリル・アビテブール
ディレクター:マーク・スミス

ドライバー:小林可夢偉(ジャパン)

ドライバー:マーカス・エリクソン(スウェーデン)

世界最高の舞台にが還ってきた!!おかえりKAMUI!!待ってました!!

ファンの支援を受けて、F1復帰を果たした”カムイ”は、人々の期待を胸に””となれるか!?

一方、F1ファーストシーズンにして、F1界の”マー君”こと「マーカス・エリクソン」

過去、「全日本F3」にフル参戦しタイトルも勝ち取った、JAPAN ゆかりのルーキーは

”侍ウォーリアー”と絶妙なコンビネーションを築くのか!?

とにかく、楽しみが増えました!!

「世界最速のフォーク!?」

チーム名:ロータスF1チーム
チーム国籍:フランス
チーム代表:ジェラルド・ロペス
ディレクター:ニック・チェスター

ドライバー:ロマン・グロージャン(フランス)

ドライバー:パストロール・マルドナド(ベネズエラ)

各チームが様々な”新ノーズ”を発表した中、世界中の”ド肝”を抜いたこのフォーク型・・・

早速、他チームから異議が出てしまったが、結果は・・・OK!!

そして、”ICE MAN”抜けた後、ウィリアムズから電撃移籍のマルドナド!!

「マッサ」を獲得し、順調な仕上がりをみせる”元チーム”を尻目に・・・今どんな心境なのか。

そしてそして!男の”浪漫”こと、ロマン・グロージャン!!

昨シーズン中盤からの上位快進撃で、自らファーストシートを獲得したと言っても過言ではない!!

新チームメイトとは、共にF1「四年目」のシーズン。ただ、違うのは・・・彼は”1勝”していること・・・。

肝心のマシンがアレなのだが・・・今季こそ「初勝利」を見せてくれっ!!

ちなみに、本家の「LOTUS」は・・・こんなモノを作ったそうな・・・

AKIRA” に出てきそう・・・

「5連覇にむけて・・・」

チーム名:レッドブル・レーシング
チーム国籍:オーストリア
チーム代表:クリスチャン・ホーナー
ディレクター:エイドリアン・ニューイ

ドライバー:セバスチャン・ベッテル(ドイツ)

ドライバー:ダニエル・リカルド(オーストラリア)

「絶対王者陥落!?」「新たな問題勃発!?」「今季は捨てる!?」・・・

既に、様々な憶測やNEWS が流れており、”連覇”が掛かるチームに暗雲が・・・

トロ・ロッソから”若き獅子”を迎え入れて、チーム内の「問題」は解決したのだが

もっと深刻な「問題」が発生してしまったのは、予想外であり紛れもない事実である。

ただ、チームとしては冷静に捉えており、グランプリに向けて淡々と準備をしているよう。

そして、4連覇中の王者ベッテル本人は・・・

「常に同じポジションにいられるとは、今までにも思ったことは無い。」

「いつも、僕にとって”チャレンジ”の舞台さ!」

この逆境にも、冷静さと謙虚さを失わないこの26歳の”若者”は

F1シーズン8年目にして既に”ベテラン”の境地に入ったのか・・・

絶対王者」の称号は、まだまだ揺るがない気がするところである。

と、いうことで!ホントにフタを開けてみないと分かりません!!

そして、ますます面白い展開となり、眼が離せないこと間違いなし!!

とにかく、今シーズンもRENAULT陣営を応援します!!

FORMULA ONE 2014

3月16日(決勝)

いよいよ開幕!!