ご報告申し上げます

私Kanacこと 齊藤可奈子、本日3月31日をもってルノー福岡中央を退職することとなりました。

2005年4月入社以来沢山のお客様と出会い、多くのことを学ばせていただきました。

正直、運転するのは好きだけれど車というものに全く興味のなかった私がこんなにもルノーが好きになったのは、お客様からルノーの良さ、面白さを教えていただいたおかげだと感謝しております。

本当にありがとうございました。

今後は異業種へ進むために勉学に励む予定です。どうか見守っていただければ幸いです。

皆様の今後のご多幸をお祈りしまして…。

A  bientot!

 Kanacでした。  le 31 mars,2013


新緑

みなさま、覚えていらっしゃいますでしょうか?

お久しぶりです、メガネ君です。

もう、すっかり春ですね。

工場内もミドリが眩しくなってきています。


ライトウェイト祭り

こんにちはkarashimanです

引き続き私、工場で作業をしております。

贅沢に1区画  贅沢な車輌で占領しております。

雨に濡らしたくない2台なので・・・頑張りました

 

 しかもリフトがあるのにジャッキアップです。

今回はロータスエリーゼ

ロータスですが残念ながらルノーエンジンではありません・・・

今回車検で預かったのですが、

エンジンもかからず、調べると

燃料ポンプが動いていませんでした。

あまり乗っていないクルマやバイクによくある現象です。

そして珍しくもライトウェイトスポーツ車が2台もそろっております。

アルピーヌA110が830㎏で1600cc

ロータスエリーゼが780㎏で1800cc

最近の軽自動車が800㎏位なので、軽自動車に普通車のエンジンを載せていると思ってください。

ちなみに現行ルノーで一番小さいトゥインゴRSゴルディーニが、1120㎏で1600ccですから、

アルピーヌに比べると約300㎏も重いです。

排気量のあるパワーのある車と違って、

数字の上ではパワーはないように思えますが・・・

クルマ本来の性能を楽しめる

運転していて楽しいクルマだと思います。

こういうクルマで、この時期に やまなみハイウェイ を走ると最高に気持ち良いと思います。

最近はこういうクルマが減って少し寂しいです。

ところで

・・・

・・・

実は私も大きな体をしていながら、ライトウェイトなクルマを1台所有してます。

残念ながらルノー車でもなくスポーツタイプでもないのですが・・・

車体の形状で行くとピックアップになりますので、世に言う 軽トラ!?

スズキ マイティーボーイ 昭和62年式

軽さはF1並みの530㎏!!  排気量は…今では貴重な550cc もちろんキャブ車!!

車検が切れいて今現在乗っていませんが・・・毎年税金は払っています。

そろそろ乗りたくなってきたな・・・


お疲れ様!!

こんばんは PRO-V1MAXでございます。

昨日 彼は、生まれ故郷に帰ってしまいました。

9月には 彼の弟がやってくる予定です。

楽しみ楽しみ!!


たまには仕事してます・・・

お久しぶりです・・・karashimanです。

私一応、整備士なので、たまにはお客様のクルマの整備もしております。

なにかと忙しい3月、ブログを書く余裕すらありませんでしたm(_ _)m

そんな中!ルノーを代表し、アルピーヌを代表するあの名車が入庫しました。

当初の予定はキャブ調整の予定でしたが、家を出るときにエンジンがかからなかった!

ということで、バッテリーの点検も含めて来店してくださりました。

その車は・・・

 

 アルピーヌ A110 !!1974年式・・・

ということは・・・39年前のクルマになります!!

といってもまだまだ現役バリバリです。

 こんな素敵なクルマを触ることができるとはルノー整備士として幸せです。

色々調べた所、バッテリーが原因ではなく、

スターターが悪くなっておりました。

39年前のクルマとはいえ、さすが名車!部品もまだありました。

しかもラッキーなことに国内に在庫ありました!

 そしてキャブといえば、本屋で最近こんな本を見つけて、思わず買っちゃいました。

 「The キャブレター」

※キャブレターとは燃料供給装置です。

この本、キャブを勉強するには最高に解りやすく!おもしろい!?

こんな本が最近出ていたとは知りませんでした。

世の中の本当に一部の人間しか理解不能、そして買わないであろう本だと思います。

コンピュータ制御が主流の中、まだまだ頑張っているキャブレター

私はできる限り応援いたします。

古い車も新しい車も皆さんが快適に乗ってもらう為には

整備士とは日々勉強です (^。^;)