LUTECIA R.S. JAUNE PREMIUM

今週末、ルノー・スポール ワークスフェアのショールームはこんな様子です。

なんといっても主役はルーテシアR.S.の限定車、ジョンプレミアムとモナコGPでしょう!

2台のジョンシリウスがお出迎え。 メガーヌR.S.は認定中古車ですね。

さぁ、奥に展示してある車両が限定100台のジョン プレミアム。

まちに待ったイエローが眩しい!光の加減で変化する絶品カラー。

しげしげとピックアップして見て回りましょう。

ルーテシアの新ルノーデザインはひとつ一つが曲面で構成されて美しいですね。

パドルシフトからの入力はどのモードでも常に最優先。質感も操作感覚も素晴らしい!

インテリアは赤い差し色が効いてますね。とてもスポーティなインテリアです。

シートベルトまで赤色。この色使いはルノー・スポールだけ。

ハンドルのデザインだってとても凝っていて格好いいですよね。

適度に小径で太巻き、ハンドルを握るだけで気持ちが引き締まります。

シフトレバーとサイドブレーキレバー。ここにも赤いステッチが効いてますね。

サイドブレーキ下方に見えるのは「R.S. DR!VE」スイッチです。

指先一つでルーテシアの性格をガラッと変える魅惑のスイッチ。

ルノー・スポール社が仕掛けた魔法のボタン。病み付き注意。

シートは限定車の目玉仕様。 レザーシートにシートヒーター付がついて文句なし。

助手席の大切な人も喜ぶことうけあい。 革の質感はこんな感じですね。

ヘッドレストもレザーシートならでの専用デザイン。R.S.ロゴが型押しされています。

次はエクステリアを見てみましょう。

18インチのブラックホイールとレッドブレーキキャリパーの対比。

デュアルマフラーはオプションでチタンまたはステンレスマフラーを設定。

まずはノーマルを楽しみ尽くしてから。軽量マフラーの変化に驚き倍増です。

リアデフューザー。下回りを覗き込むとフラットにデザインされている事が分かります。

歴代ルノー・スポールを含め派手なお飾りエアロはありません。

モータースポールのDNAをもつルノーは風を味方につける術を知っているのです。

ルノー・スポールで是非サーキットも走ってみましょう。

車体がブレることなくビタッと張り付くような感覚にきっと驚きを感じるでしょう。

ハイパワーな1600CCターボエンジン。(タイミングチェーン)

良い意味でドライバーを楽しませる演出されているので、もう毎日刺激的です。

油断すると火傷しますが、なんとか日常でも扱いきれるこのパワー感が絶妙なのです。

フロントには安全性とデザイン性を兼ねるLEDデイライト。

後ろにつかれるとボディカラーといい迫力ありますね。

ジョンプレミアムを新車でスタートできる幸運なオーナーは僅か100人。

是非お早めにルノー八王子に足を運んで頂きたいと思います。