ジョワイル・ノエル~♪☆・。*

 

bonjour!小沼です。

最近更新が不定期ですみません。。

これからはしっかりとこまめに情報をみなさまにお伝えいたします! 

 

 

今回は珍しく、ちょっとした小話を・・♪

 

ルノーと言えば、フランス!

フランス語に関係するお話です☆

 

さっそくですが、みなさんは知っているフランス語ってどのくらいありますか?

フランス車ディーラーにもかかわらず、わたくしが自信を持って言える単語は、1つ・2つ・・というところでしょうか(^^;)

 

季節は冬!クリスマス!ということで、クリスマスにまつわる単語をお教えいたします♪

 

DMがお手元に届いた方、HPをご覧いただいた方はご存知かと思いますが、先週はノエルフェアを開催いたしておりました!

そのノエルとは!ご存知の方も多いと思いますが、、

フランス語でのことを「ノエル」と言います!

 

それじゃぁ、クリスマスの掛け声、「メリークリスマース♪」は?というと、、

ジョワイユ・ノエル」と言うんです!

この言葉には、「うれしい・楽しい・めでたい」というお祝いの言葉が込められているそう。

 

ちょっといつもと一味違うお祝いの言葉を覚えて、友人や恋人家族の方に使ってみてはいかがでしょうか?!♥

 

フラクリ3

 

そんなフランスはカトリックの国ですので、クリスマスはとても大事な行事なんだとか!

 

日本のクリスマスはカップルがプレゼントを交換してデートをする日、あるいは子どもたちがプレゼントをもらう日、そして友人知人、職場関係でパーティーをする日というイメージがありますよね!

それでも十分クリスマスを楽しんでいる感じはしますが、、、

クリスマスは一大イベントというフランス!

どんな過ごし方なのかとても気になります☆

行ったことがあるという方、ぜひ教えてください(`ω´)!

 

そして、フランスといえば、エッフェル塔∧

どんなクリスマス仕様になってるのか気になり、検索してみたところ、、、

フラクリ4

 

すっごくすっごく綺麗!!!一度は行ってみたい!

 

 

今週末もご来店お待ちしております

 

 

 

 

 

 


すずらんの日

こんにちは。営業の茂木です。
ゴールデンウィークも残すところわずかとなりましたが、皆さんはいかがおすごしでしょう?

当店は、昨日6日より通常営業とさせていただいております。

さて、タイトルの件、「すずらんの日」ですが、ルノーの母国、フランスでは、5月1日が「すずらんの日(Jour de muguet)」なんだそうです。

すずらんの花を親しい人や家族の幸せを祈って贈るそうです。

女性から男性に贈った場合は告白という意味に。この習慣は多くの国民から慕われていたシャルル9世が側近から幸せのシンボルとしてすずらんを贈られたことから始まりました。

この出来事にとても感動したシャルル9世はすずらんを贈られた5月1日を「すずらんの日」とし、一般にもその習慣が広まりました。「幸福が帰る」「幸福の再来」などの花言葉はこの習慣にちなんで付けられました。

すずらんの花は、誰かの幸せを願う思いが込められた、そんな習慣にかかせない幸せのお花なのです。

 


祝!!100万台達成!!

ご無沙汰しております。営業の茂木です。

タイトルの件、フランス本国のモブージュ工場で2007年から生産が開始されたカングー

めでたい事に、このたび生産台数が100万台を突破いたしました!!拍手~!

 

kangoo_0406_001

 

それに加えて、この記念すべき100万台目のカングー、何と日本に向けて出荷されるとの事です!またまた拍手~!!

100%フランス産でフレンチテイスト満載の大人気のカングー。

 

そんなこんなで、5月15日の「カングージャンボリー2016」も、楽しみになってまいりました。記念すべき年の開催です。きっと記憶に残る、素敵なイベントになるでしょう。

今から、ワクワク・ドキドキですね!皆さんのご来場お待ちしております!

5月15日は富士山麓に集まれ~!!

 

 

 


フランス語って難しい・・・。

ご無沙汰しております。営業の茂木です。

今日、12月22日は「冬至」です。

1年で一番昼の短い日です。皆様いかがお過ごしでしょう・・・?

 

さて、冬至が終われば、天皇誕生日が来て、24日は皆様待望(?)のクリスマスイブ。

街のあちらこちらで、老若男女が「メリークリスマス!!」を連呼しまくるのでしょうね。(もちろん、当店は通常通りの営業です・・・。)

 

で、この「メリークリスマス!!」ですが、もちろん英語でございます。

これをルノー流にフランス語にしてみますと・・・。

「Joyeux Noël !」

となるそうです。

発音は、「ジョワイユ・ノエル!」

ちなみに、「あけましておめでとう!」は・・・

「Bonne année et bonne santé !」

発音は、「ボナネ エ ボンソンテ!」

なんだそうです。

 

文字が書いてあるのに発音しなかったり、アルファベットの発音とちょっと違ったりと、やっぱりフランス語って難しいです・・・。

フランス語に限らず、外国語は全般苦手な私ですが・・・。

 

世界中を飛び回るサンタクロースって、いったい何ヶ国語を使いこなすのでしょうかね?

あ・・・、みなさんが寝ている間に活動するんだから、喋れなくても問題ないのか(笑)。

 

 


今年も始まります!!!

日本全国雨模様ですが、皆様いかがお過ごしでしょう?

早く梅雨明けして、すっきり爽やかな夏空を見上げたいものです。

さて、夏といえば毎年この話題。
そう!今年も世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の季節がやってまいりました~!!!

え?知らない?

 

え~。ご存知無い方の為に簡単なご説明おば・・・。tdf-ph

【ツール・ドフランス概要】※ウィキペディアより引用
毎年7月に23日間の日程で行われるステージレースで距離にして3300km前後、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走り抜く。フランス国内でのレースが中心だがイギリス、イタリア、スペイン、ベルギー、モナコなど周辺国が舞台になるステージもある。ステージ数は1993年以降「プロローグ」を含めて全21ステージが定着しているが、それ以前はもっと多いステージ数で争われることもあった。平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアルステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされているが、山岳の比重が大きくなることの多いジロ・デ・イタリアやブエルタ・ア・エスパーニャに比べて平地ステージと山岳ステージのバランスがとれた構成となっている。
スポンサーの名を冠した9人編成(最低6人)のチームが、20~22チーム参加する。出場する選手の国籍はヨーロッパだけに限らずアメリカやオーストラリア、カザフスタン、コロンビアなど多様である。
総合成績1位の選手には黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ」が与えられるほかスプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。
賞金総額は2009年の場合で約320万ユーロ、うち総合優勝者に45万ユーロとなっているほか、各ステージ優勝やスプリント賞・山岳賞などに細かく賞金が設定されている

と、以上が「ツール・ドフランス」の概要であります。

 

世界三大スポーツ大会の1つとされておりまして、世の自転車好きが毎年楽しみにしている大会なのです。世界三大スポーツ大会とは、「オリンピック」、「サッカーワールドカップ」、そしてこの「ツール・ド・フランス」を言います。この3大大会のうち、唯一毎年開催されるのが「ツール・ド・フランス」です。

今年の開催日程は、7月4日~7月26日の23日間。大会期間中はNHK BS1にて17:00~17:25に大会速報が放送されます。今年のチャンピオンは一体誰が獲得するのか?乞うご期待!!

 

 

 

 


名車復活!?

出ましたねぇ~。

アルピーヌ セレブレーション

a110-60-1 a110-60-2

 

無類のA110ファンとしては、涙ちょちょぎれる話題ですよ!!かっちょいい~!!

やっぱりA110のスタイルは今の時代でも充分通用しますね!(※意見には個人差がございます。)
今はまだコンセプトモデルだとしても、実走行可能ってことは、もしかしたら、どこかでお目にかかれるかもしれないって事でしょ?今秋のTMSに展示されたりしませんかねぇ・・・。(ルノージャポン、大極社長お願いいたします!!)

 

これがベースのロードバージョンの導入、ぜひお願いしたいものです。(出来れば、庶民にも手の届く範囲での価格希望です!)


超低空の虹

たまにはクルマ以外の話題を

 

先週パリで見られた、超低空の虹です。

虹は、必ず太陽の正反対方向を中心に、42度の所にリング状に現れるので、太陽が空の高い位置にある時に、上手く雨粒が光を曲げてくれると、こんな風景が見れるのだそうです。