メガーヌⅢRS 右H 店長インプレ その2

みなさん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川 団です。

 

前回の『~その1』の続きです。

【慣らし終わってからの走りはどうなの?】

 1500km以上走りましたので、慣らし後の感想をば...

 前置きですが、左ハンドル車を販売している頃は『サーキットに持ち込んで走りたい』とか

 『首都高速や峠道に通って走りたい』いう本格的なお客様が多かった印象でした。

 しかし、右ハンドル車になってからはちょっと違ってきた印象なんですね。

 『普通に街乗りに使いたいし、通勤やドライブもしたいけど、時にはスポーツもしたい』

 というお声が多くなってきているんですね。

 んで、そんな普通の使い方ということで、奥多摩周遊道路をくるっと廻ってきました。

 (奥多摩周遊道路をご存知無い方、ゴメンナサイです。)

 で、なんで奥多摩かって? それは私にとっては慣れ親しんでいる道だからです。

 実は天気が良くて暖かいと、時々バイクで出没してるんですねぇ。

 自宅からは距離も丁度良いので。

 (もう500回は行ってるでしょうか..。だからコーナリングポイントがバイクっぽいかも?)

 

 メガーヌRSは高速道路をそれなりのスピードで走るとか、ハイスピードのワインディングを

 走った方が本領発揮しますが、そういうのはあちこちで紹介されておりますので、今回は

 もっと普通の感想です。

 

 普通の街乗りには硬い足?と思われる方も多いでしょうが、標準グレードのドイツ車

 の方が車種によっては硬い足だったりします。

 ドイツ車乗ってた方からは時々そんなコメントも..。

 シートがレカロのバケットタイプの為、その薄さが硬い印象を助長しますが、実はそんなに

 ガチガチでは無いんです。街乗りでも意外と疲れないんで、通勤使用もOKです。

 

 ところで、ご紹介したいのはシートリフターによる座面位置の変化レベル。

 下の写真はリフターを最高にした場合と最低にした場合の目線の位置の違いです。

 丁度、私の目の前にカメラを置いて撮影してますから、ダッシュボードの位置で比較

 していただくと分かり易いと思います。

 このリフターの変化は非常に大きく、使い方として多いお声は次のパターンです。

 ①奥様もご主人様も運転するので、お2人の座高の違いをリフターで解消。

 ②視力の衰えを感じ出しているため、車両周りも遠くも、よく見える(一番高い)状態が良い。

 ③スポーツカーなんだから、コックピットみたいに「深く埋まって」運転したい。

 というご要望ですね。夫々にご希望が異なりますが、全てに対応できますね。

 因みに、身長174cmの私の好みは真ん中あたりでしょうか..。

 

 さて、話は元に戻りますが、この車で奥多摩のような道幅の狭いワインディングを走ると

 どうなるか?という事と、そこに行くまではどうなのか?ですね。

 結論から言うと『余裕ありすぎ』というのが一番ですね。

 行くまでの道のりは普通の道のりですが、腰が痛くなることも無く1時間以上走り続けます。

 クラッチも馴染んできて、多少渋滞でもミートに神経を使うことも無いですし、MTシフトの

 アップダウンも同様に意識せずとも疲れませんね。。

 

 青梅を過ぎる頃から片側一車線で細い道になりますが、この辺りから基本的に2速と3速

 しか使いません。 

 4速以上だと速度が出すぎてしまいますし、回転を落とすと面白くないんですね。

 制限速度も低いですからねぇ...。

 低速とは言え、2~3速で走っているとコーナー出口手前からアクセルを踏み込むと、

 相当クイックに追従してくれるのが良く分かります。

 ノーズが向きたい方にグングン向いてくれるんですね。ダイレクト感を強く感じます。

 こういう狭い道幅で速度が低くても、やはりそれなりに面白く走れます。

 混まずに流れるようにスムーズに走れれば、実に楽しいです。

 ドライバーの意思どおりに車が素直にスムーズに動いてくれるため、変なストレスが無く

 疲労が少ない上に、自分の動かしたい意識どおりに動いてくれる車なので、操っている

 という感覚が強く感じられます。

 だからこそ、 高速道路じゃなくっても、ハイスピードワインディンロードじゃなくっても、

 近所の峠道や、ちょっとした街中のコーナーでも楽しめる車だと思いますね。

 

 メガーヌRS以上にハイスペックな車や直線番長みたいなハイパワー車もありますが、

 メガーヌRSの魅力はトータルバランスの良さと操っている感を感じられることですね。

 ちょっとした低速コーナーや街乗りでも楽しめ、普段使いも対応出来るという懐の深さは

 メガーヌRSの魅力だと思います。(店長)

PS.昔のインプレ集はこちらからどうぞ↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/udata/diary/2009/2009.4/2009.04.17


メガーヌⅢRS 右H 店長インプレ その1

みなさん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川団です。

 

久々の店長インプレです...。

メガーヌⅢRSが昨年の7月にM/C(日本発売)してから、半年以上が経過しました。

当店試乗車の慣らし運転が終わるのをじ~っと待っていましたが、やっと1500kmオーバー。

発表・発売直後に『店長インプレは慣らしが終わったら~』と予告していましたが、長かったぁ。

 

ま、理由は簡単なことなんです。

少なくとも1000km(出来れば2000km)以上走らせると、随分変わるからなんですね。

尚、細かい『うんちく』は当店RSスペシャリストの安田SAに任せ、ここでは私の感覚的な

(勝手な?)感想をチョボチョボと書かせていただきますね~。

 

では早速。

一番大きな変更点である右ハンドル化。

現車到着後、すぐに運転しようと乗り込んだ時に、思いっきり違和感を感じましたねぇ。

更に走り出すと無意識に左に寄ろう~寄ろう~としてしまいました(笑)。

室内のデザイン&雰囲気がM/C前と同じため、錯覚しがちだったのを覚えてます。

 

【肝心の操作系ですが...】

 ①ステアリング位置・・・・傾きやセンター位置に違和感は無くGOOD。

  

 

 ②ペダル位置・・・・・右ハンドル化で一番心配なところでしたが、変なオフセットも無く、

  適正な位置にセットされてます。但し、クラッチはあと1cm程度左にある方が私の好み。 

  

 

 ③MTシフトの操作感・・・・左ハンドルの時は1速&2速に入れるときに、肘がセンター

  アームレストに当たる事があり(あくまでも私の場合です)、シートの位置調整や慣れが

  必要でした。

  しかし、右ハンドルだと1速&2速が運転席から遠いため、肘を伸ばしてストローク

  出来ます。これは個人的には好みですね。

  

 

 因みに、相変わらずドアがデカイくせに室内側のドアグリップが使いづらいので、当店

 オリジナルのドアポケット(当店ご購入オーナー様限定販売品)を即行装着!

 

【新車降ろしたての感じは...】

 右ハンドル試乗車を登録した頃は、それまで使っていた左ハンドルの試乗車を中古車に

 降ろしたばかりでしたので、両車の違いが感じ易かったのを覚えてます。

 当時の比較では、降ろしたての右ハンドル車は操作感全体が非常に硬い印象でした。

 街中を走行中、シフトチェンジにしてもクラッチミートにしても、ちょっとスムーズさに欠けて、

 エンジンの吹け上がりというか、トルク感もちょっとおとなしげで重ったるい感じ。

 もちろん、2千回転以上廻して走ればイイ感じですけど、足も含めて動きが渋いって印象。 

 『あれ?こんなに違うっけ?』と思ったのが正直な感想でした。

 更に、500kmくらい走るまではエンストが多かった(し易かった)ですね(笑)

 クラッチの慣らしというよりは、エンジンが低回転時に抵抗感があってエンストを起こすって

 感じでしょうか。

 思い起こせば、左ハンドル試乗車の時も、降ろしたての時は同じようにエンストするお客様

 が多かったですね。

 1000km超えたあたりから徐々に低トルクが太くなってきて、2000km超えたあたりから

 乗りやすく分かり易くイイ感じになりましたね。。

 やはりこのエンジン...世代が変わっても根本的には昔っぽい味があって好きですね。

 慣らして『自分用』にするっていう気分がうっすらと感じられます。

 

今回はこのへんでおしまい。

次回は続きで『じゃぁ、慣らしが終わったらどうなの?』というお話。

尚、他の車種でも過去に『店長インプレ』書いてますので、ご興味のある方はこちらへぞうぞ↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/udata/diary/2009/2009.4/2009.04.17


メガーヌRS チタンマフラー 店長インプレ

ルノー小平 店長の中川です。

ルノージャポンよりRSスペシャリストディーラー専売商品としてチタンマフラーがリリース

されましたね。

先日の安田SAのブログでもご紹介しましたが、ルノー小平では早速試乗車に装着しました。

んで、喜びまくって走り回ってきましたので、そのインプレをご紹介しますね。

いつもの如く主観的で勝手なインプレです。

 

①装着直後、エンジンスタート・・・・

  真後ろで聞いてみると意外と静か。ちょっと予想外? 

  『お~!良い音だ!』とは、すぐには感じない...。

  どちらかと言うと、『うむ????。 ん~...なるほど、悪くないね。』って感じかしら。

  まぁ、焼けてませんからねぇ。これからでしょ~、という気分。

 

②アクセルを空吹かし・・・・

  マフラーが「変わっている感」という音は出るが、低音でジェントルな印象。大人です。

  ただし、ここで気がつきましたが、音そのものは静かな印象ですが、音の低振動が

  すごく伝わるんです。

  車の側にいる時よりも、離れた時の方が空気の響きがすごく感じます。不思議ですね。

 

③では走ってみると・・・・

  車の側で聞いている時と全然違います。かなりいい感じ。

  回転を引っ張る時も、エンブレの時も振動音がすごく心地良いですね。

  うまく言えませんが、ルーテシアRSの時はまさしく『排気音』という感じでしたが、

  こちらの方は『排気振動』という感じ。

  個人的には音量というよりも音質が気に入りましたね。

  一見大人の音量でジェントルな印象ですが、その割りには耳に入ってきて心地良いんです。

  やはり振動という表現の方がぴったりですね。

音の話ばかりでしたが、性能面ではどうでしょうか?

うちの試乗車はようやっと1000km越えましたが、丁度その頃からトルクが太くなった感じ。

このエンジンは昔っからそういう感じですね。ちょっと距離乗らないとダメだし、個体差もあるし。

でも最近、初めて試乗するお客様のエンストが減ったんですね。低トルクが太くなった証拠です。

  

さて、マフラー交換後の性能ですが、ターボ車ですから当然体感する違いが分かりやすいです。

もうレスポンスは良くなるし、パワー感やトルク感は明らかに向上しているのが分かります。

しかし、一番びっくりしたのは『エクストリームモード』で走ると、全く別物という事です!

『そうとう馬力上がっただろ~?』という気持ちにさせてくれます。

更に『エクストリームモード』だと音が全然違います。もう低振動音がすごくって、

お腹に来る感じです。かなりびっくり。

それにギアチェンジの時やエンブレ時にアフターファイヤーが『パン!パン!』って

時々鳴るんですが、気持ち良いたらありゃしない。

唯一の残念ポイントは見た目が変わらないこと....

『マフラー変わってるぞ!』と強いアピールは不要ですが、ちょっとだけ欲しいかな。

 

この製品、総じて良い買い物だと思いますよ~。

↓詳細はこちらで↓

新型メガーヌR.S.用チタンマフラー

『マフラー欲しいな~』と思っている方。是非ご来店ください。(店長)


メガーヌR.S.専用チタンマフラー装着!

セールスアドバイザーの安田です。

 

先日、ルノージャポンより発売になりましたメガーヌR.S.専用チタンマフラー。

この商品、ルノー・スポールスペシャリストディーラーだけでご購入いただけるマフラーなんです。

早速、スペシャリストディーラーであるルノー小平の試乗車に取り付けました!

ん~~~~~、外見ではわかりません・・・。

 

ということで、ちょっと乗ってきます!エンジンをスタート!

「ボボボボボボボボ・・・」

おおっ!アイドリングだけでも勇ましさがよく分かります。(個人的には好きなアイドリング音です。)

道路を走ってアクセルを踏むと、とってもレーシーなサウンド!

もちろん、馬力、トルクアップはありますが、このサウンドだけでも十分満足できます。

 

現在、本国のルノー・スポールではなんと、このマフラーを装着して、

ドイツのニュルブルクリンクサーキットのFF世界最速タイムにチャレンジすべく

準備をしているそうですよ。

 

このマフラー・・・ホンモノです!気になる方、ぜひルノー小平へ!


メガーヌRS 店長インプレ

店長の中川です。

久しぶりに私の勝手なインプレを。

今回はメガーヌRSです。例によって相当個人的な見解ですのであしからず。

 

あちこちで細かいスペックやインプレも随分見かけますので、視点を変えて箇条書きにしますね。

(特にスポーツ走行については言うまでも無く、あちこちで絶賛していますので省きます。)

 

①シャシーカップだが、レカロシートの乗り心地も良く、足そのもののセッティングも

 硬すぎず柔らかすぎずGOOD。後席の座面は厚みがあり、その乗り心地は結構ジェントル。

 やはりドイツ車とはこの辺が違う。これならお子さんが乗ってても跳ねないですよね。

 

 

②後部座席の空間は外から見るよりも実際は結構広く、座るとその印象が変わる事に驚く。

 クウォーターウィンドが小っさいのは否めませんが...。

 

 

③クラッチは『重い』というよりも『遊びが無い』という感じ。

 慣れれば踵を着けて足首の動きをメインで踏んだ方がスムーズで楽チン。

 

④シフトノブを動かす時にアームレストの蓋に肘があたる。

 これも慣れると肘を上げて手首だけでストロークするとスムーズ。

 

⑤左右ドアのウェストライン(P/W開けた時の一番下の部分)が低い為、座面が高いと

 勘違いしやすいが、実はこのお陰で車幅を捉えやすくしている。

 

⑥お世辞にもバックがし易いとは思えない。見えない。リアカメラは欲しいところ。

 

⑦貧乏ランプ(給油ランプ)点灯時のアラームが他の車種と異なる。

 『ピポッ!ピポッ!ピポッ!』と可愛く洒落た音が3回鳴るが、他の車種みたいに

 催促された気がしない。

とこんな感じですね。『インプレ』とは言えない内容かもしれませんが...(笑)。

 

性能そのものはもちろんですが、スポーツカーとしての高揚感を出させる固めの足やエンジン音、

細部の質感、高価な部品、それに数々の演出などはメガーヌⅡより明らかにアップしています。

しかし、乗り心地や町乗りでの扱い易さは犠牲にせず、普通に乗れる車に仕上がっています。

これなら助手席や後部座席に乗る人から不満も出ませんよ。

メガーヌⅡでは物足りなかった人、Ⅲは凄いですよ~!

 

ところで、うちのメガーヌRS試乗車に最近変化が出てます。

もうじき走行距離1000kmになるんですが、700km超えたあたりから、トルクが太くなり、

加速感にとっても体感できる変化が出ています。降ろしたての時とは全く違いますね。

やはり試乗車は降ろしたてよりもチョッと経ってからの方が良いのでしょう。

 

さて、話は変わりますが、『左ハンドルってどうですか?』と時々質問を戴きます。

購入検討しているが、左ハンドルで躊躇している、という事ですね。

一言で言ってしまえば、『慣れますから大丈夫です。』という事です。

但し、慣れることと好きな事は違います

『好きな人は、もう左しか乗らない』となりますが、

嫌いな人は『左は乗れるけど、選べるなら右の方が良い..』となります。

ご来店戴ければメリット&デメリットを詳しくご説明しますのでよ~く考えてお決め下さいね。

 

因みに私は...左は嫌いじゃないですけど、選べるなら右の方が良いですね。

好き嫌いというよりも環境の問題です。自宅の駐車場は左だと乗り降りするのがちょっと面倒で。

 

ついでに付け加えますが、私のお気に入りのデザイン個所は、なんと言ってもお尻のデザイン。

テールランプの下が凹んでいて、そのままリアゲートまでプレスラインが続いており、

10cmほど上にも同じ方向のプレスラインが入っています。

更にリアゲート『MEGANE』エンブレムの左右横にプレスラインが縦に入ってます。

この4本が美し~い!

 

 

相変わらず写真写りが悪いですが、実車を見て惚れ惚れしますね。

毎度の事ですが、板金屋泣かせのデザインはルノーの拘りを感じます。(店長)