チョロQ~ 新作!

セールスアドバイザー(SA)の安田です。

先日、カングーチョロQのお話を店長がさせて頂きましたが、
なんと!わざわざ関西より手作りチョロQ製作者のT・T様にご来店をいただきました。
遠いところわざわざありがとうございます。

少しの時間ではありましたが、ルノー小平でルノーの世界、
フランスの世界に浸って、楽しんでいただけたなら幸いです。

わざわざご来店いただき、さらに、新作チョロQを戴いてしまいました。
『新型トゥインゴ』です。


大人気色のスパーク・オレンジが見事に再現され、
ヘッドライトのラインなども実車と遜色ありません!どれを見ても素晴らしい出来栄えです。

しかも!
今回は『ルノー小平オリジナルステッカー』をモチーフにナンバープレートまで作って頂きました。


T・T様ありがとうございます!
こちらも、大切にカングーチョロQの隣に飾らせていただきます。

皆様、ルノー小平へ起こしの際は是非ショーケースを覗いてみて下さいね。


コレオス連載最終 ~ワインディング インプレ~

店長の中川です。

数回に分けてお送りしましたコレオス連載は今回でおしまいにします。
ラストのお話はワインディング インプレッションです。

今回走ったのは良い感じの速度で思いっきり走れる箱根のワインディング。
コレオスの他に日産エクストレイル、VWティグアンも試乗。
思いっきり比較してきました。

正直、このての車はワインディング性能が良いとは言えないのが普通。
そこを求めてはいけないのでしょうが、あえてそこを比較しました。
で、私の率直な感想ですと....。

まず日産エクストレイル。
今回試乗した固体はグレードが低く排気量も2.0。
状態もあまり良いものではなかったようで、その分を差し引いてコメントします。
加速性能は重ったるい感じですが、排気量からすればこんなもんでしょう。
ロールはかなりしますね。
最近の国産車にしては静粛性が悪く、ちょっとうるさい感じです。
一番気になったのは、ワインディングをそれなりの速度で走る事事態が『怖い...』
と感じてしまうところです。
コーナー進入時のブレーキングで安定感が悪く、進入速度の調整をすると
フロントが沈み込むと同時にリア周りの『ふわふわ感』が出てしまい、怖い印象。
但し、これは車の性格を考えると、まぁこんなものでOKなんだと思います。

次にVWティグアン。
出だしの加速は非常に気持ち良いです。
『お!こりゃ良いぞ!』とすぐに思いました。静粛性も悪くなく、安っぽい感じは皆無。
コーナーリング性能も安定しており、想像していたレベルより良かった印象です。
怖いという感じはまったく無く、ドイツ車らしいガッチリ感が安心感を与えてくれます。
そんな事を考えながら走っていると、丁度荒れた舗装路を走行しました。
ここでびっくり。
ギャップを拾いまくりなんです。速度が速いために余計に体に伝わってしまいます。
相当不快な感じです。
気持ちよく走っている最中に路面状況が悪いと、とたんに神経質になってしまう。
舗装状態の悪い有料道路などを走るとかなり疲れるだろうなぁ...という印象。
特に乗用車と比べると車高も性格も異なる為、一層気になる部分だと思います。

さて、ではコレオスはどうでしょうか?


出だしの加速性能はティグアンの気持ちよさには劣りますね~。
今回のティグアン試乗車はターボ付ですのでやむを得ないのでしょうが、でも悔しい..。
コレオスはCVTですから、発進直後の急加速では高回転時に『滑っている感』があり、
高回転を維持しながら(=ギヤチェンジの為の減速無しで)加速しつづける為、
これが『エンジン回転数の割には前に進んでいない』、と思わせてしまう原因です。

直進安定性については非常に良く、メーターを見ると出すぎている速度に驚きます。
静粛性がいい事と、安定性(ボディ剛性)が高い事が速度感を感じさせないのです。

もっとびっくりするのはコーナーリング性能です。
明らかに他の2車種を大きく凌駕しています。
流石フランス車!流石ルノー車!と運転しながら絶賛したくなるほどの驚きでした。
オーバースピードかな?と感じる速度でコーナーに進入しても
何事も無かったように『普通の顔』をして曲がっていきます。全然怖くないんです。
クラスとしてはかなり大型のブレーキローターやESPの性能が十分発揮されているにも関わらず、
そんな仕事を車がしてくれているなんて事はまったく感じないような、静かなコーナーリングです。
ジェントルですね~。

『これは普通の四駆じゃない...』と声が出てました。
個人的にはこういう道でのコーナーリング性能は期待していなかっただけに、一層の衝撃でした。

お店でご試乗いただいても、こういうシチュエーションにはなりませんが、
ほんの少しでも味わって頂ければ、コレオスの完成度の高さがご理解いただけると思います。
ご興味をお持ちの方は是非ご試乗下さい。裏切らない車だと思います。(店長)


ルノー車の足回りとコレオス

店長の中川です。

今回はルノー車の足回りについてちょっとお話します。
ルノー車の足回りは昔から『乗り心地が良い』と言われ、『しなやかな猫足』と称されて来ました。
それに加え、ワクワクするような楽しいハンドリングや欧州車ならではの高速安定性。
長時間連続して乗っていても疲れないシートなど、既にルノーにお乗りの方は十分ご存知ですね。

この乗り味を出す為に過去歴代全てのルノー車が走行テストを重ねてきた道があります。
ルノーの研究施設の側をはしる県道65号(D65)がそれです。
この道は荒れた未舗装路であり、乗り心地の評価をするには正にぴったりの道でした。
昨日発表・発売されたコレオスも、このD65テストを実施しています。
といっても、実はこの県道65号は既に殆ど舗装されてしまっています。
では、コレオスはどうやってこのD65テストを行ったか?
実はこのテストに拘ったルノーは、この道全てのデータ化を実施し、
現在でもこの道路の状況を施設内に再現してテストをしています。
コレオスはこのテストで出来上がった足回りなのです。

ところで....上の写真をご覧下さい。
ちょっと小さくて見づらいですが、一般走行ではありえないような極端なデコボコ道で、
車輪を浮かせた状態で止まっています。
この状態でもドアやトランクを開けて、更にスムーズに締める事が出来ます。
通常モノコックボディはこの状態にするとボディが歪んでしまい、ドアやトランクは開きません。
車種により開いたとしても、殆どが閉まらなくなってしまいます。
しかし、コレオスはそれが出来ちゃうんです。すごいボディ剛性です!

こんな強剛性のボディーにルノーならではの足回りを組み合わせたのがコレオスの魅力なんです。

上の写真はコレオスのリアショックです。『RENAULT』の文字が見えるでしょうか?
実はこのダンパーの位置は、このての一般的な車と違い、かなり低く、そして垂直ではなく、
斜めにセットされています。
このこのおかげで、荷室にダンパーが飛び出ないようになったため、
ゴルフバックが横向きで入るようになったり、
タイヤハウスの中に通常以上の遮音材を入れたりすることに成功しています。

乗り心地がいいだけの足回りではないんですね~!(店長)


コレオス ~いよいよ発表・発売・小ネタ~

店長の中川です。

本日5/27が待ちに待ったコレオス発表・発売日です!

いや~。長かった...。
グレード構成、価格、装備、色のバリエーション等はルノージャポンサイトにもありますので、
ここでは別のお話をさせていただきますね。

今回のコレオスネタは、ちょっと違う小ネタで。

①コレオスのバッテリーは今までのルノー車に付いていた、いわゆる『欧州車用バッテリー』
 では有りません。国産車でも使っている普通のバッテリーです。大きいですが。
 これって、些細な事のようですが嬉しい事です。だって、バッテリーメーカーの選択肢は増えるし、
 ドライブで遠くに行ったとき等の緊急時も入手しやすいんです。良かった良かった。

②コレオスのボンネットは運転席側で開閉できる。
 ルノー車は本来、左ハンドルですから、ボンネットを開ける時に引っ張るレバーが左側に付いていました。
 しかし、コレオスは右側にあるんですね~。開けやすくなって便利です。
 (開けない人は関係無いんですが...)

③コレオスのキーレスエントリー(リモコンドアロック)は日本だけ別仕様では無い!
 既にルノー車にお乗りの方はご存知でしょうが、今までのリモコンドアロックは日本だけ
 『コブラキット』と呼ばれる別体のリモコンがくっ付いてました。
 メガーヌなどのカードキータイプの場合は、『コブラキット』の代わりに能力が制限されていました。
 本国仕様のものは日本の電波法に抵触する為でしたが、これが結構感度が悪い。
 法律に合わせるとこうなってしまうのでやむを得なかった、という言わば日本仕様。

 ところが、コレオスのキーレスエントリーは本国と共通!10mくらい離れても大丈夫!
 更にこのカードキー、持ってるだけでドアノブのボタンで施錠・開錠ができ、エンジンも始動OK。
 加えてリモコンのスイッチ一つでヘッドライトを照らせる機能がある為、
 暗闇でのちょっとした位置確認等にも便利。でもそんな事より、なんかカッチョイー...。

④コレオスのフロント/バックソナーは車両の色によってボディー同色じゃない時がある。
 フロント/バックソナーは基本が黒なんですが、ボディ色が薄い色の時だけボディ同色に塗装されています。

⑤コレオスのセンターピラーはボディカラーが『ノワールディボワールM(黒M)』の時だけ
 ボディ同色に塗装されている。この色以外のボディカラーはつや消しブラックです。
 理由は....『カッコいいから』、だそうです。(店長)


コレオス ~スペック その3~

店長の中川です。

前回に続きまして今回は4WDシステムです。

肝心の4WD性能。
4WDと一口で言っても、フルタイム、パートタイム、トルクスプリット、など色々と種類があります。
センターデフロックが有るとか無いとか、拘って調べたりすると素人には難解な言葉ばかり。
なので、ここではコレオスの4WDについてだけお話します。

コレオスの4WDは『ALL MODE 4×4-i』というシステムで、
ESP(横滑り防止装置)も装備しております。
このシステムは走行速度と路面状況、ステアリングアングル、
前後左右の傾き&G等を各種センサーで感知し、コンピューター制御を行います。
基本は前輪駆動ですがAUTOモードではタイヤのグリップ力に応じて後輪にもトルク配分します。
前輪100:後輪:0~前輪50:後輪50までの間を自動制御してくれる仕組みです。

運転者が選べるモードは3つ。

①AUTOモード・・・・・・前輪:後輪のトルク配分を自動制御による最適配分(最大で50:50)。
②2WDモード・・・・・・・常に2WD(前輪駆動)。
③4WD LOCKモード・・・常に4WDでロックしている状態。雪道・泥道で活躍します。
                (時速40kmでAUTOモードに自動切替)

基本性能はこんな感じです。

その他に...
・4輪トラクションコントロール・・・・・個々にスリップするタイヤにブレーキをかけ、過大な駆動力
                     を抑えてベストなグリップ力を保つのに役立ちます。

・ヒルスタートサポート・・・・・・・・・・10%以上の登り傾斜を感知し、シフトをDレンジに入れると
                     自動的にブレーキを2秒間かけてくれ、徐々に緩みます。
                     この2秒間の間にアクセルに足を移動してスタートすれば、
                     上り坂発進も心配ありません。

・ヒルダウンコントロール・・・・・・・・4WD LOCKモードの時にスイッチONして作動させますが、
                     10%以上の下り傾斜を感知し、運転者がブレーキから足を
                     離しても自動でブレーキ制御を行い、時速7キロに保ちます。
                     運転者はハンドル操作のみでOKです。
                     バック時にも作動し、時速25kmで解除されます。

という具合。なんか最新技術満載の本格4WDって感じです。

個人的に体感して感動したのは、ヒルダウンコントロールですね。
これはすごい!(他社と乗り比べると完全に勝っています!他社とは思いっきり違います)
普通、人間の足で急な下り坂をブレーキかけると、荒れた路面の場合はタイヤロックして滑ります。
場合によってはハンドル操作が効かなくなり、車体の方向も勝手に曲がってしまう。
スキーに行ったとき等、下り坂では実用的で非常に便利な機能です。
(下の写真はヒルダウンコントロールを体験しているところです。)

さて、ここまで読まれた方で、既にお気づきの方もいるかもしれませんが....。
そうです。このコレオスのエンジン、ミッション、4WDシステムはすべて日産の技術なんです。
だからって、『乗ると日産車に近いんじゃないか?』ってご心配の方がいるかも知れません。
実は私もその1人でした(笑)。

しかし!まったく別物でした。車の味付けは日産車とは程遠いんですね~。
なにせ、エクストレイルと乗り比べましたが、全然違いました。不思議なくらいに。
走り出すと、まさしくルノーなんです。正直、びっくりしました。
あのしなやかな足回りと包み込むシート、ハンドリング。どれをとってもまさしくルノー車!
日産の技術の良いとこ取りをした車なんですね~。
試乗車が来たら、是非乗ってみてください!(店長)