新登場!シルバースチールホイール(16穴タイプ)

セールスアドバイザー(SA)の安田です。

先日、いつもお世話になっているカングーオーナーのT様よりご連絡を頂きました。

「ルノー小平ホームページに掲載しているシルバースチールホイール(8穴タイプ)ではなくて、
 16穴タイプのものは取れるのでしょうか?」


 
こんな時、ルノー小平スタッフは
『ルノージャポンで純正設定していない部品でも、ルノーの純正部品なら取れますよ。調べますね!』です。

結果・・・・・・

入荷しました!16穴タイプのシルバースチールホイール。
(詳しくはサービスページにてご紹介中です。)

日本仕様に標準でついている黒いスチールホイールの色違いです。
シルバーグレーの塗装がされており、何とも上品でお洒落なホイール。

T様、カングーに装着したところを楽しみにしております。
是非、見せて下さいね!


新型カングー

店長の中川です。

『カングージャンボリー』に行かれた方は、現地で新型カングーをご覧になったと思いますが、
正式な発表・発売までもう少しのところまで来たようです。正にカミングス~ン!ですね。

この新型カングーですが、日本での色の名前がフランス語読みになるそうです。
そう言えば....
ついこの間発売されたコレオスも同じようにフランス語読みでした。

今後、新たに発売される車の色は順次フランス語読みになるそうですが....。
個人的感想ですが、これが結構読めません(笑)。

何を隠そう、フランス車を売っていてもフランス語は話せません!という状態ですので、
少々右往左往しています。発音が難しいですね....。
それに英語ですとイメージが湧きますので、どの色か瞬時に頭に浮かぶんですが、
フランス語ですと普段使わない単語ですので、日本語の色と結びつきません。
暫くは『ウ~ン...』と考えてからお話するようになってしまいそうです...(笑)。

でも、この読み方、フランス車らしくっていいですねー。やっぱりルノーはこのくらいじゃないと。
拘りというか...思い入れというか...。
フランス人が考えた、フランス文化から出た色ですから、やはり本来の名前の方がいいですね~。
由来がわかったり、感心できる意味があったりと、また一つルノーらしさが楽しめます。
こんなところもルノーらしさの表れなんです~。

新型カングーが出るまで、どんな色がどれくらい設定されるのか?
どうそ楽しみにして下さい。(店長)

PS.
『当店からのお知らせ』をご覧の方は『カングー YELLOW LIMITEE』発売は既にご存知かと
思いますが、現行カングーの魅力を思いっきり表現した車ですので、是非見に来てください。
ルノー西東京(小平・八王子)だけでしか手に入らないオリジナル限定車です~!
因みにカングーリミテの『リミテ』は現在販売中のルノージャポン限定車トゥインゴリミテからのパクりです(笑)。


オンボードコンピューター

セールスアドバイザー(SA)の安田です。

殆どのルノー車にはメーターパネルかダッシュボード上に
オンボードコンピューターと呼ばれるものが付いています。
非常に便利な機能ですのでオーナー様にはご納車時にご説明させて戴いておりますが、
使い慣れるまではご質問を頂くケースもありますので、改めてご紹介させて戴きます。
使い方を忘れてしまったら、このブログを見に来て下さいね。

運転席前のメーターパネルの中にディスプレイがあります。
(車種によってはダッシュボード上のディスプレイのケースもあります)
操作ボタンは運転席の右側のレバー、ワイパーを操作するレバーの先端に付いています。
(ボタンの位置は2009.06.12のブログ「メーターチェックの裏技」をご覧下さい。)
このボタンを押すたびに様々な情報が順番に表示されます。

どのような情報が表示されるかというと・・・

・総走行距離を示すオドメーター(km)
 今まで車両が走行した距離数が表示されます。
           ↓
・区間走行距離を示すトリップメーター(km)
 リセットしたところからの走行距離を表示します。
           ↓
・リセットボタンを押したところからの区間燃費消費量(L)
 リセットしたところから何リッターガソリンを使ったかを表示します。
           ↓
・リセットボタンを押したところからの区間平均燃費(L/100)
 100km走行するのに何リッターガソリンを使ったかを表示します。
           ↓
・瞬間燃費(L/100)
 現在の走行状態での燃費を表示します。
 100km走行するのに何リッターガソリンを使うかを表示します。
 走行速度が30km/hに達しないと表示されません。
           ↓
・航続可能距離(km)
 リセットしたところから残り何km走行可能かを表示します。
 リセット後400m以上走行しないと表示されません。
           ↓
・リセットボタンを押したところからの区間走行距離(km)
 リセットしたところからの走行距離を表示します。
           ↓
・平均時速(km/h)
 リセットボタンを押してからの平均時速を表示します。
 リセット後400m以上走行しないと表示されません。
           ↓
・オイル交換やメンテナンスまでの航続可能距離(km)
 次回のオイル交換までの航続距離を表示します。
           ↓
 一番最初の項目に戻ります。

夫々の項目は積算数値のリセットが出来ます。
リセットの仕方は車種により異なりますが、
メーターパネルに付いている黒い突起のボタンを押したり、
オンボードコンピューターのボタンを長押ししたりと様々です。

また、距離を走れば走るほど航続可能距離や平均燃費は正確に表示されます。
ただし、あくまでも目安ですので、
「残りガソリンでギリギリまで走ろう!」
なんていうチャレンジはお控え下さいね。急にガス欠でストップしてしまうかも・・・。
沢山ガソリンスタンドはありますので、早め早めの給油をお勧め致します。

※(年式によりオンボードコンピューターが付いていない車種もあります。
  また、車種によっては表示される情報が異なる場合があります。ご了承ください。)


エアコン潤滑剤(NC200)

先日、自分のクルマにエアコン潤滑剤(NC200)を注入してみました。


エアコン潤滑剤はパワーロスの低減、
レスポンスや燃費の向上に効果があるとされています。
タフな条件の下で使用されるクルマのエアコン。
負担を少しでも軽減できればと思ったのが注入のきっかけです。

注入施工時間はものの数秒、早速会社からの帰り道にエアコンON。
いきなり大きな違いは感じられず、「まあこんなもんでしょう。」と思っていました。

しかし休日に遠出をした時の事です。
上り坂や追い越し時にエアコンON時のエンジンの負担が、以前より減っているのを感じました。
まだ少し涼しい季節ですが、肝心の冷えを確認できる真夏が楽しみです。

クルマを労わるアイテムとして、¥3150(税込)はそんなに高くないのでは?


カングー用ゴムマット

セールスアドバイザー(SA)の安田です。

今日は当店の隠れた人気商品カングー用『ゴムマット』のお話です。

お車ご購入時にフロアマットはオプションで付けられる方がほとんどですが、
雨の日に乗ると水がしみ込んだり、泥がつくと掃除が大変だったりします。

ルノー小平では皆様のご要望に声にお応えし、
『ゴムマット』をご用意致しました。
ゴムマットならお手入れも簡単。
汚れたら水洗いも簡単にでき、すぐに乾きます。
アウトドアが趣味の方や釣りが趣味の方にも最適。

ルノージャポンWEB SHOPで販売中のものはフロントマットのみですが、
それとは違い、フロント&リアのセットとなります。

左ハンドル用の為、通常のフロアマットのようにぴったりと装着するには
少し加工が必要となります。
加工しなくても、もちろんお使いいただけます。

ちょっとしたカスタマイズ、気分転換にもなりますよね。
お洒落は足元から。