2009年 有難うございました。

店長の中川です。

早いもので2009年ももうじきおしまいですね~。
当店の営業も今年は本日までで~す。
新年は1月3日(日)からの営業とさせて頂きま~す。

今年1年間、当店(及び当店HP)をご利用頂きまして、本当に有難うございました。
来年もスタッフ一同頑張って参りますので、宜しくお願いします!!!

最後に来年の予告を少々...

①1月3~4日は独自企画としまして、新車・中古車ご購入のお客様にオリジナルレリーフ
 をプレゼントさせて頂きます!これは結構レアモノですよ~!
②ご好評頂いておりました当店オリジナルの『旧型カングーアラカルトキャンペーン』ですが、
 新年からはパワーアップして登場です!
③1月9日には一部のショールーム展示車を特別価格で販売します!

詳しくはトップページの『当店からのお知らせ』をチェックしてくださいね。
それでは皆様、良いお歳をお迎えくださいませ。
来年もどうぞ宜しくお願いします。(店長)


2DINナビ取付完了

店長の中川です。

長らくお待たせしました....。
新型カングー用ルノージャポン純正2DINナビの取付が完了しました~。

取り付けたのは2種類。
ノワールメタル(黒)ATの試乗車にはHDDナビ。
ベールカクトゥス(緑)MTの試乗車にはSDナビ。
やはり2機種の違いが見たいもので、つい両方とも付けてしまいました...。

さて、早速感想を。

ノワールメタル(黒)ATの試乗車には新型カングー発売当初に設定されたカロッツェリアのHDDナビが
元々エアコン操作パネル前面付いていました、今回はそれとの付替えでの感想になります。

2DINタイプですので取り付け位置は2機種とも同一です。モニターまでの距離も同じですね。
以前設定されていたエアコン操作パネル前面にモニターを付ける場合と比較すると、視線移動が
非常に少なくて済みます。顔そのものを動かす必要が無くなりました。
運転者が前を見て運転している状態で目線のみチョッと移動すればモニターを見る事ができます。
このあたりは旧タイプよりも安全で良いですね。

デメリットは....
①A4サイズのファイルが置けた場所の約半分がナビ設置により塞がってしまった。
②設置位置が遠い事による視線移動の減少と引き換えに、タッチパネルの操作が遠くなった。
という感じです。

『A4サイズのファイルが置けたのに...』というのは物理的な問題ですのでやむを得ません。
では、タッチパネル操作時の距離感はどうでしょうか?

今回の純正取付ブラケットはモニターを(最上部で)3cm弱程手前に出しています。
小さな事ですが、この数cmが意外にも貢献しています。いじってみると良く分かりますよ。
手を伸ばしてタッチする時に、『この数cmが無かったら...』と想像して比較すると
上半身の動きが結構異なる事に気が付きます。

男性・女性による体格差やシートポジションをどの程度の高さ、前後位置で座るか?
によっても上半身の動きや使いやすさに個人差はあると思いますが、参考に写真をご覧下さい。

手を伸ばしているのは私ですが、身長173cmでこのくらいの前傾姿勢になります。
私の個人的な見解ですと....。
『この距離なら使えるかな?』という感じでした。

因みに2機種で異なるのは....
HDDナビは純正のサテライトスイッチと連動できる為、ボリューム等の簡単な操作は
タッチパネルまで手を伸ばす必要がなく、ハンドル横の手元でOKです。
それにリモコンも付属していますのでこちらを使ってもOKです。

SDナビは車両側の純正サテライトスイッチ機能は使えず、リモコンも無い為、タッチパネルでの
操作のみとなります。その分安いですが...

如何でしょうか?ご興味のある方は、是非ご来店下さい。
実物での比較がやはり一番ですから。
ETC、バックカメラ、VICSユニットも付けてますので、こちらも参考に見れますよ~。(店長)


試乗会

店長の中川です。


明日・明後日(12/19-20)はルーテシアRSの試乗会をまたまた実施しま~す!
前回同様、ルノー八王子のルーテシアRS試乗車と当店のトゥインゴRS試乗車を
入れ替えての実施となりますので、トゥインゴRSご試乗希望の方、この2日間はお許しくださいね。

ルーテシアRSは不思議なもので、試乗する度に感想が変わります。
実は私がそうなのです....。
トゥインゴRS程、極端で分かりやすい味付けでは無い分、乗る度に新たな発見が有ります。
まぁ、ルーテシアRSに限らず、試乗すると大なり小なり前回気が付かなかった一面が見えるものですが。
しかし、ルーテシアRSはそれが非常に多いんですね~。間口が広い車ですね~。
そんな事を感じたい方は、是非ご来店下さい。

発売当初にご注文頂いた車両もようやく日本に到着し、ご納車出来るようになりました。
これからは街で見かける事も増えると思います。
色で悩んでる方は実車の色比較がし易くなるかもしれませんね。(店長)


ルーテシアRS ~サーキット走行~

セールスアドバイザーの安田です。

さて、いよいよ走行についてのお話です。
エンジンとミッションの部分で少し、シフトフィーリングなどをお話いたしましたが、
今回はルノー・スポールの真骨頂、サーキット走行についてです。

乗り込んだ時はトゥインゴRSとは少し様子が違い、
ドアの厚みやシートに座った瞬間の安定感。
どっしりと落ち着いた印象を受けました。
「ずいぶん大人のスポーツカーだなぁ・・・」と思いながらシート調整。
トゥインゴRSが『動』のスポーツカーとするなら
ルーテシアRSは『静』のスポーツカーといったところでしょうか。

しかし、その印象はコースに入った瞬間に全くの間違いであることがわかりました。
1速から2速へシフトチェンジがカチっと入る気持ちよさ。
2速で一気に加速。4000回転を過ぎた辺りからの猛々しいエキゾーストノートに
ワクワクしながらステアリングを握っていました。

コースを2周したのですが、1周目は
シャシーがどうとか、ステアリングの感覚がどうとか、サスペンションがどうとか、
正直、全く気にせずに夢中で走ってしまいました。

とにかく・・・

乗っていて楽しい!!!!!

面白い!!!!

ワクワク!!!!

ゾクゾク!!!!

身体が震えるほど楽しい車です!

「あ、いけないいけない、研修なんだからしっかり勉強しないと。」
と思いつつ2周目に突入。
冷静になって乗っても何とも面白い!

シャシーはがっちりとしていてコーナリング時でもぶれません。
足回りがしなやかで粘ってコーナリングしてくれます。
この辺は以前 ~足回り・ブレーキ~ のブログでお話しましたが、
サーキット走行でも違わずの走りです。

コース上に急なコーナーが何箇所かあったのですが、
ステアリングを切った分だけ、素直に反応してくれるので、
素人の私でもクリッピングポイントを上手く捕らえて走ることが出来ます。
しかも、自然吸気エンジン(NA)なので、アクセルも踏んだ分だけ素直に反応してくれる。
NA好きの私にはたまらないフィーリングでした。
この辺のコーナリングのよさはサーキット以外の公道でも体感していただけると思います。

今回まで、数回に分けてルーテシアRSをご紹介してまいりましたが、
ルーテシアRSというマシンについて、少しでも知っていただけましたでしょうか?
速いのは当たり前ですが、1つ1つの操作、動きが何とも楽しい!
加速、減速、コーナリング。
街乗りでも十分にワクワクを体感できる1台だと思います。
普段はフランス車らしいしなやかな乗り味、華麗なボディラインを備え、
いざとなったらとてつもなく猛々しく走るモンスターマシン。
『静』と『動』、2つの性格を兼ね備えた至極の1台ではないかと思います。


ルーテシアRS ~エンジン・ミッション~

セールスアドバイザーの安田です。

お待たせしました。いよいよルーテシアRSの
エンジンとミッションについてのお話です。

エンジンはメガーヌなどで使用している2000ccのF4型をベースに
ルノー・スポールが独自の味付けを施しました。

最高出力 148kw/202ps 7100rpm
最大トルク 215N・m/21.9kgm 5400rpm

なんと1リットル当り100ps越え!
パワーウエイトレシオは6.1kg/ps。このセグメント最高の値をマーク。
ちなみに・・・ゴルフ6GTIは6.6kg/ps、ミニクーパーSは6.9kg/ps。

この数値だけ見ても、ルーテシアRSが圧倒的にリードしています。

実際に試乗し、エンジンを確かめました。
「スポーツカーは低回転時のトルクが少し少ないんじゃないかな・・・」と、気にしてました。
しかし!乗ってみると全く違和感無く使えます。

少しアクセルを踏み込んで回転数が上がっても、エンジンの余裕を感じます。
5000回転前後でエンジンのうなり、マフラーの排気音が
なんとも心地よいサウンドを奏でてくれる中、
「まだまだエンジン回りますよ~、元気ですよ~。」
とエンジンが教えてくれるような気がします。
この『余裕』が『車への安心感・信頼感』につながる気がします。
トゥインゴRSのエンジンのように『やんちゃなエンジン』とは
少し印象が違い『懐の深い大人のエンジン』という感じでしょうか。

次にミッションについて。

ミッションはルノー・日産体制で共同開発された新しいミッション(TL4型)です。
もともと、フランスはMT車の多い国で評判ですが、日産の技術が入り、
さらに信頼感も増したのではないかと期待しています。

乗った時のミッションの入り方もカチっカチっと入り何とも気持ちいい!
そう!『気持ちいい』と言う表現が一番合う気がします。
1速で始動し、
2速で引っ張り加速、
3速にサッとスマートに入れてさらに加速。
この流れるようなギアチェンジが何とも気持ちいいんです!
スポーツカーを操ってるぞ!という満足感と走る楽しみを与えてくれるミッションです。
この辺りは是非とも試乗し、体感していただきたいところですね。
(ルノー小平でもルーテシアRSの試乗会を定期的に開催していく予定ですので、ご期待下さい!)

【ルーテシアRS ギア変速比】
1速 3.364
2速 2.105
3速 1.519
4速 1.206
5速 0.971
6速 0.811
後退 3.292
最終変速比 4.312

次回、最終回はサーキット走行についてです。