カングーⅡ用リアサイドバイザーでました。

店長の中川です。

うちのオリジナル商品ではありませんが....

ルノージャポンが日本仕様にだけ作ってくれましたよ~。偉い!

リア用のサイドバイザーです。

新車ご注文時に『リア用は無いの?』と結構お声を戴くんです。

本国オプションだと、フロンと用しか設定が無いんですよね。

『どうせ付けるならリアもセットで』とお考えの方、如何でしょうか?

但し、残念な事にリア用だけ単品購入できないんですね。

フロントとリアのセットか、またはフロントのみだそうです。

『なんてこった~、ルノージャポン...』という感じです(笑)

 

因みバイザー本体には『Kangoo』の文字が...『いい~!』という感じです。

詳しくはこちらで↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/service.html#service_70

(店長)


試乗車オプション取り付け

店長の中川です。

メガーヌRSの発売以来、沢山のご試乗のご来店を有難うございます。

あまりに多くのご来場の為、お待たせしたり十分なご説明が出来ずにすみませんです。 

さて、RSの話は当店RSスペシャリストの安田に任せるとして...。

 

以前、ビボップの試乗車を下ろした時に、『沢山オプション取り付けます~』とお話しましたが、

うちの工場長が多忙の合間を縫って、ようやっと作業してくれました。

 

 

やれやれ、という感じです(笑)。

いろいろ付けましたので、標準カングーへの応用をご検討の方も是非見に来てくださいね。

標準カングーの試乗車も、センターアームレストを革巻きにしましたよ。

ついでにブルーアルジョンの展示車もレザーコレクションとスタイリッシュインテリアのフル装備。

 

実際の仕上がりを見たい方は是非ご来店ください。

他で時々似たようなのを見ますが、板金屋さんが塗っただけの単なる『塗ってある』という

仕上がりとは随分違いますよ!

 

正に純正ラインオプションか?と思うような美しい仕上がりです。当店独自の拘りです。

詳しくは試乗車・展示車ページで↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/model.html

 

そうそう、メガーヌRSもどんどん付けていきますよ~。お楽しみに~。(店長)


メガーヌR.S. ~エクステリアをご覧頂くポイント~

セールスアドバイザーの安田です。

 

発売前から、様々な場所でお披露目されていたメガーヌR.S.

雑誌にも沢山載っていますので、エクステリアは十分にご存知の方もいらっしゃると思いますが、

今回は実車でエクステリアを見る時の私のオススメポイントをご紹介!(あくまで主観です・・・)

カタログやWeb画面だけではなかなか見えないラインが沢山見えてきますよ。

 

まずはフロント。

これはよく雑誌などでも見ますよね。

正面に立ち、3メートル離れたところで、しゃがんでご覧下さい!

丸みを帯びたヘッドライト&フェンダーラインがより綺麗に見え、ダイナミック!

 

 

さらに目立たないところですが、このバンパーのちょっとした盛り上がりライン!わかります?

マニアックなラインですが、これが絶妙なんです!

 

次にボンネット。

 

横から見るとかなりピラーに向かって盛り上がるラインが見えます。

このラインがルーフを伝わり、リアハッチのガラスをぐるっと一周し、

逆サイドからボンネットに戻ってきます。

 

そして、サイドライン。

 

これも実はぐるっと一周つながっているラインなんです。

フロントのフェンダーからリアに向かって延び、テールランプを通って一周。

 

ドア下のサイドプロテクションモールもじっくりご覧下さい!

 

何とも絶妙なラインを作り出しています。

 

最後にメガーヌと言えばここ!リアビュー&テールビューです。

何と言ってもこの角度がポイント!先代のメガーヌを思わせるような特徴的なライン!

ん~、やっぱり写真だとやっぱり分かりづらいですよね・・・ぜひ、ここは現車でご確認を!

 

そして、真後ろから。

言わずと知れたディフューザー&センターマフラーです。

これだけで最大40kgものダウンフォースを生み出すんですから・・・やっぱり凄い車です!

 

おススメポイントはここ!

テールランプの下にあるこのえぐれたライン!これはなかなか写真では伝わりません!

 

さらに、テールランプの端からハッチバックの中心に向かっている上下2本のライン!

 

さらにさらに!ハッチバックについている『MEGANE』ロゴの両端に位置する2本の縦ライン!

 

こんなに複雑に縦横のラインが入り乱れているのに、とってもバランスのいい魅惑的なデザイン!

やっぱり、ルノーのデザインは素晴らしい!メガーヌR.S.のリアビューを見て、改めて思いました。

前、横、後ろ、何処から見ても非の打ち所のない均整美。まさに、芸術作品ですよ!

自宅の車庫に止めておくだけでも絵になりますよね。

 

一度、メガーヌR.S.をご覧になられた方も、

ぜひ、今一度、この沢山のラインをじっくりとショールームにてご確認下さいね!


メガーヌR.S. ~本国の高速パトロール隊~

セールスアドバイザーの安田です。

 

今日はフランス本国でのお話を。

2010年末より、フランス本国の憲兵隊『Gendarmerie(ジョンダルムリー)』が
高速パトロールカーとしてメガーヌR.S.を70台採用しました。
実は憲兵隊は以前にアルピーヌ A110やA310、ルノー21ターボなども使っていたんですよ。

今回、採用されたメガーヌR.S.は日本導入と同じシャシー・カップ仕様。
その理由は・・・

①LSDにサポートされた高速走行時の正確なハンドリング
②エンジンパワーを可能な限り伝達する18インチタイヤ
③高速での運転を安全にこなす協力なブレンボ製のブレーキ
などなど。

2011年からは憲兵隊所有の高速パトロールカーは全てメガーヌR.S.となります。
(因みに2006~2010年まではスバルインプレッサWRXを使用していました。)

↑こちらがパトロールカー(写真は19インチ仕様です。)

 

高速道路でのパトロールカーがメガーヌR.S.だなんておしゃれですよね。


メガーヌR.S. ~R.S.モニター~

セールスアドバイザーの安田です。

 

今回は『R.S.モニター』のご紹介。

ブースト計、スロットル開度、トルク、ブレーキ圧、オイル温度などなど

ドライビングをサポートする様々な情報を表示します。

これぞスポーツカー!といった装備です。スポーツカー好きにはたまりませんね!

しかも、純正装備なのでとても見やすい位置にあるのも嬉しいところです。

 

使い方は・・・

ハンドルの右後ろに付いているこのサテライトスイッチを使って操作をします。

サテライトスイッチと言うとオーディオのボリュームやラジオチャンネルの操作をするスイッチですが、

その上についているボタンを2つ同時押し!(テレビゲームみたいですね。)

↑こんな感じです。

 

押すとこのような表示が出てきます。

英語でズラッと書いていますが、

簡単に言うと『十分周りの状況に注意して使ってね!』といったところでしょうか。

これを見ていて事故に合ったなんて・・・悲惨ですから・・・。

 

切り替えはサテライトスイッチの裏のボタンを使います。

これを押していくと以下のような表示に切り替わります。

 

①上から、ブースト計、スロットル開度、エンジントルク、エンジン出力と推奨ギア。

私も試しましたが、推奨ギアに合わせて走ろうとすると、結構アクセルを踏まされます・・・。

狭い道では注意して下さいね!

 

②エンジン出力、油温、吸気温、ブレーキ圧、時計、外気温

外気温計は外気温3℃~-3℃の間の時に「℃」マークが点滅し、

「道路が凍結してるかもしれませんよ!気をつけて!」と親切に知らせてくれます。

(実は、この機能はメガーヌR.S.以外のルノー車にもほとんどついているんですよ。)

 

③ラップタイム計

 

3周分のラップタイムの保管とベストラップを表示します。主にサーキット用ですね。

これは一般道ではなかなか使いづらいかも・・・オーナー様!いい使い方があったら教えて下さい!

サテライトスイッチの一番下の突起したボタンを使ってスタート!

その後、ボタンを押すごとに1周目、2周目・・・と、ラップタイムが計れます。

(ラップタイムはエンジンOFFにするとリセットになりメモリー機能はありません。)

 

④0-100㎞/h、0-400mタイム、推奨ギア

時速100㎞/hに達するまでの時間の計測と、

スタートから400m進むまでの時間の計測、いわゆる『ゼロヨン』ですね。

ん~、この機能は安全な場所で使って下さい。

 

⑤加速Gセンサー

瞬間Gのかかり具合とGのかかり具合の記録が表示されます。

 

⑥アクセルペダルマッピング、エンジン回転数調整

 

先日、ご紹介しましたアクセルペダルマッピングを設定する画面です。

ESPをスポーツモードかOFFモードにして操作します。

操作はサテライトスイッチ裏のダイヤルを回して行います。

 

どうですか?この機能!ゲーム感覚なところがとても面白くて、

私も大人ながらワクワクドキドキ、子供がおもちゃを与えられた時のような感覚になりました。

でも、こちらに気をとられすぎないように、安全運転で・・・お願いします!

 

次回は・・・