オートサロン2013

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

東京は寒い日が続きます。ルノー小平でも、先日降り積もった雪がまだ溶けずに残っております。

話によると、都心よりも奥多摩方面よりも小平近辺の平野部が一番積雪が多かったんだとか。

この辺りでも、スタッドレスタイヤが必須になってくるんでしょうか・・・。

 

さて、話は変わりますが・・・先日、幕張で開催されましたオートサロン2013に行ってきました!

平日の金曜日だと言うのに、駐車場は満車状態。

もちろん会場内も人、ヒト、ひと・・・

いやぁ、日本人、やっぱり車好きが多いんでしょうね。(私も含め・・・ですが。)

後から聞くと、平日にもかかわらず、約6万人もの人々が訪れたそうですよ。

 

きっちりと仕事モード!・・・で行ったつもりが、しっかりと楽しんでしまいました・・・。

やっぱりいいですね!車の祭典。いつかはパリサロンにも行ってみたいですね!

(個人的にはサスペンションメーカーさんが気になり、いろいろ見て回りました。)

 

 

 

で・・・もちろん、こちら!ルノーブースです。

メガーヌR.S.とトゥインゴゴルディーニR.S.を展示し、賑わっていましたよ。

やはり、ルノー・スポール社が手がける本格的なスポーツマシン、注目度は高かったですね!

 

 

他には参考出展の商品がズラリ!

 

 

 

ルノー・ジャポンの担当の方と語らいながら、ルノー・スポールのその後ももちろんですが、

ルノー車の今後の展開が益々、楽しみになりました。ご期待下さい!


メガーヌⅢRS 右H 店長インプレ その2

みなさん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川 団です。

 

前回の『~その1』の続きです。

【慣らし終わってからの走りはどうなの?】

 1500km以上走りましたので、慣らし後の感想をば...

 前置きですが、左ハンドル車を販売している頃は『サーキットに持ち込んで走りたい』とか

 『首都高速や峠道に通って走りたい』いう本格的なお客様が多かった印象でした。

 しかし、右ハンドル車になってからはちょっと違ってきた印象なんですね。

 『普通に街乗りに使いたいし、通勤やドライブもしたいけど、時にはスポーツもしたい』

 というお声が多くなってきているんですね。

 んで、そんな普通の使い方ということで、奥多摩周遊道路をくるっと廻ってきました。

 (奥多摩周遊道路をご存知無い方、ゴメンナサイです。)

 で、なんで奥多摩かって? それは私にとっては慣れ親しんでいる道だからです。

 実は天気が良くて暖かいと、時々バイクで出没してるんですねぇ。

 自宅からは距離も丁度良いので。

 (もう500回は行ってるでしょうか..。だからコーナリングポイントがバイクっぽいかも?)

 

 メガーヌRSは高速道路をそれなりのスピードで走るとか、ハイスピードのワインディングを

 走った方が本領発揮しますが、そういうのはあちこちで紹介されておりますので、今回は

 もっと普通の感想です。

 

 普通の街乗りには硬い足?と思われる方も多いでしょうが、標準グレードのドイツ車

 の方が車種によっては硬い足だったりします。

 ドイツ車乗ってた方からは時々そんなコメントも..。

 シートがレカロのバケットタイプの為、その薄さが硬い印象を助長しますが、実はそんなに

 ガチガチでは無いんです。街乗りでも意外と疲れないんで、通勤使用もOKです。

 

 ところで、ご紹介したいのはシートリフターによる座面位置の変化レベル。

 下の写真はリフターを最高にした場合と最低にした場合の目線の位置の違いです。

 丁度、私の目の前にカメラを置いて撮影してますから、ダッシュボードの位置で比較

 していただくと分かり易いと思います。

 このリフターの変化は非常に大きく、使い方として多いお声は次のパターンです。

 ①奥様もご主人様も運転するので、お2人の座高の違いをリフターで解消。

 ②視力の衰えを感じ出しているため、車両周りも遠くも、よく見える(一番高い)状態が良い。

 ③スポーツカーなんだから、コックピットみたいに「深く埋まって」運転したい。

 というご要望ですね。夫々にご希望が異なりますが、全てに対応できますね。

 因みに、身長174cmの私の好みは真ん中あたりでしょうか..。

 

 さて、話は元に戻りますが、この車で奥多摩のような道幅の狭いワインディングを走ると

 どうなるか?という事と、そこに行くまではどうなのか?ですね。

 結論から言うと『余裕ありすぎ』というのが一番ですね。

 行くまでの道のりは普通の道のりですが、腰が痛くなることも無く1時間以上走り続けます。

 クラッチも馴染んできて、多少渋滞でもミートに神経を使うことも無いですし、MTシフトの

 アップダウンも同様に意識せずとも疲れませんね。。

 

 青梅を過ぎる頃から片側一車線で細い道になりますが、この辺りから基本的に2速と3速

 しか使いません。 

 4速以上だと速度が出すぎてしまいますし、回転を落とすと面白くないんですね。

 制限速度も低いですからねぇ...。

 低速とは言え、2~3速で走っているとコーナー出口手前からアクセルを踏み込むと、

 相当クイックに追従してくれるのが良く分かります。

 ノーズが向きたい方にグングン向いてくれるんですね。ダイレクト感を強く感じます。

 こういう狭い道幅で速度が低くても、やはりそれなりに面白く走れます。

 混まずに流れるようにスムーズに走れれば、実に楽しいです。

 ドライバーの意思どおりに車が素直にスムーズに動いてくれるため、変なストレスが無く

 疲労が少ない上に、自分の動かしたい意識どおりに動いてくれる車なので、操っている

 という感覚が強く感じられます。

 だからこそ、 高速道路じゃなくっても、ハイスピードワインディンロードじゃなくっても、

 近所の峠道や、ちょっとした街中のコーナーでも楽しめる車だと思いますね。

 

 メガーヌRS以上にハイスペックな車や直線番長みたいなハイパワー車もありますが、

 メガーヌRSの魅力はトータルバランスの良さと操っている感を感じられることですね。

 ちょっとした低速コーナーや街乗りでも楽しめ、普段使いも対応出来るという懐の深さは

 メガーヌRSの魅力だと思います。(店長)

PS.昔のインプレ集はこちらからどうぞ↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/udata/diary/2009/2009.4/2009.04.17


メガーヌⅢRS 右H 店長インプレ その1

みなさん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川団です。

 

久々の店長インプレです...。

メガーヌⅢRSが昨年の7月にM/C(日本発売)してから、半年以上が経過しました。

当店試乗車の慣らし運転が終わるのをじ~っと待っていましたが、やっと1500kmオーバー。

発表・発売直後に『店長インプレは慣らしが終わったら~』と予告していましたが、長かったぁ。

 

ま、理由は簡単なことなんです。

少なくとも1000km(出来れば2000km)以上走らせると、随分変わるからなんですね。

尚、細かい『うんちく』は当店RSスペシャリストの安田SAに任せ、ここでは私の感覚的な

(勝手な?)感想をチョボチョボと書かせていただきますね~。

 

では早速。

一番大きな変更点である右ハンドル化。

現車到着後、すぐに運転しようと乗り込んだ時に、思いっきり違和感を感じましたねぇ。

更に走り出すと無意識に左に寄ろう~寄ろう~としてしまいました(笑)。

室内のデザイン&雰囲気がM/C前と同じため、錯覚しがちだったのを覚えてます。

 

【肝心の操作系ですが...】

 ①ステアリング位置・・・・傾きやセンター位置に違和感は無くGOOD。

  

 

 ②ペダル位置・・・・・右ハンドル化で一番心配なところでしたが、変なオフセットも無く、

  適正な位置にセットされてます。但し、クラッチはあと1cm程度左にある方が私の好み。 

  

 

 ③MTシフトの操作感・・・・左ハンドルの時は1速&2速に入れるときに、肘がセンター

  アームレストに当たる事があり(あくまでも私の場合です)、シートの位置調整や慣れが

  必要でした。

  しかし、右ハンドルだと1速&2速が運転席から遠いため、肘を伸ばしてストローク

  出来ます。これは個人的には好みですね。

  

 

 因みに、相変わらずドアがデカイくせに室内側のドアグリップが使いづらいので、当店

 オリジナルのドアポケット(当店ご購入オーナー様限定販売品)を即行装着!

 

【新車降ろしたての感じは...】

 右ハンドル試乗車を登録した頃は、それまで使っていた左ハンドルの試乗車を中古車に

 降ろしたばかりでしたので、両車の違いが感じ易かったのを覚えてます。

 当時の比較では、降ろしたての右ハンドル車は操作感全体が非常に硬い印象でした。

 街中を走行中、シフトチェンジにしてもクラッチミートにしても、ちょっとスムーズさに欠けて、

 エンジンの吹け上がりというか、トルク感もちょっとおとなしげで重ったるい感じ。

 もちろん、2千回転以上廻して走ればイイ感じですけど、足も含めて動きが渋いって印象。 

 『あれ?こんなに違うっけ?』と思ったのが正直な感想でした。

 更に、500kmくらい走るまではエンストが多かった(し易かった)ですね(笑)

 クラッチの慣らしというよりは、エンジンが低回転時に抵抗感があってエンストを起こすって

 感じでしょうか。

 思い起こせば、左ハンドル試乗車の時も、降ろしたての時は同じようにエンストするお客様

 が多かったですね。

 1000km超えたあたりから徐々に低トルクが太くなってきて、2000km超えたあたりから

 乗りやすく分かり易くイイ感じになりましたね。。

 やはりこのエンジン...世代が変わっても根本的には昔っぽい味があって好きですね。

 慣らして『自分用』にするっていう気分がうっすらと感じられます。

 

今回はこのへんでおしまい。

次回は続きで『じゃぁ、慣らしが終わったらどうなの?』というお話。

尚、他の車種でも過去に『店長インプレ』書いてますので、ご興味のある方はこちらへぞうぞ↓

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/udata/diary/2009/2009.4/2009.04.17


2013お初です。

あけましておめでとうございます。 ルノー小平 店長の中川団です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、2013年お初のブログでございます。

『新年初売り』というと、あんまり輸入車っぽくないですが...

当店は1月3日から、いわゆる”初売り”ですぅ。

今年も初日からご注文が相次ぎ、誠にありがとうございました。

輸入車なのに日本的感覚・表現ですが、縁起の良い買い物をして頂いた気持ちがしますぅ。

引き続き、ご商談のお客様にはお得な(シークレット?)独自キャンペーンをご案内しますので、

年末決算のタイミングを見計らっている皆様はそろそろご来店くださいませ~!

 

ところで、ちょこっとお知らせです。

①試乗車のカングー(グリ・メタン)ですが、ACベンチレーターリングとACスイッチパネル

 をボディ同色にスタイリッシュインテリア化してみました。

 

 写真だとちょっと分かりづらいですが、標準色だともうちょっと明るいグレーですので、

 実車で見ると違いが分かりますよ。

 

 更にレーザーシートカバーもグリ・メタンに合わせてチョイス。

 お好きなカラーで制作の見本にしてくださいね~。

 因みに現在日本在庫完売中のグリ・メタンAT車の在庫は当店では持ってますよ~

 もちろん、即納可能です!

 

②中古車にメガーヌHBプレミアムのエアロが登場!当店試乗車でしたから、オプションは

  てんこ盛りで程度バッチリ!

 

  同じく中古車のトゥインゴRS(右ハンドル)はタイヤ新品交換&車検2年付き!

  探していた方は是非中古車ページを見てくださいね~ (店長)

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/ucar.html