2013GWです~。

皆さん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川団です。

 

4月29日~5月4日はGW休業とさせて頂いておりま~す。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません...。

GW明けの企画もちょこっとご用意していますので、よろしくお願いしますぅ。(店長)

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/dealer_info.html


メガーヌⅢ エステートGTライン 店長インプレ

皆さん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川団です。

 

4月25日にメガーヌエステートGT220が発表(5/16発売)されましたねぇ。

ステーションワゴンタイプなのに、右ハン・MTでターボという『拘り派』にはたまらない仕様。

そんなGT220の店長インプレはまだ出来そうもありませんので...

今回は昨年12月6日に発売されたメガーヌHB&エステート2.0GTラインをインプレします。

といっても、当店で持っている試乗車はエステートですので、エステートメインでのお話です。

因みにHBについてはM/C前に一度書いていますので、現行モデルとは少々違うものの

参考程度にはなりますので、ご興味のある方はこちらにどうぞ↓

http://dealer.renault.jp/renault_kodaira/?p=1981

http://dealer.renault.jp/renault_kodaira/?p=2861

 

さて、いつもの如く個人的な好みと主観たっぷりの本題で~す。

当店試乗車も1000kmを超え、ようやっと馴染んできた様子。

まず最初に私のお気に入りポイントを。

 

①乗り込んですぐに『その気』にさせてくれるレザーステアリング。赤いステッチが痺れる~。

 

②バイザー内に収まった三連アナログメーター。バイク乗りの私としては、これまた好み。

 

③ホールド感バッチリのセミバケットタイプのシート。

 座面の角が張り出してますが、適度に柔らかく折れるので女性がスカートで乗っても大丈夫。

 それに某ドイツ車のノーマルグレードよりも断然乗り心地が良い(スポーツグレードなのに)。

 

④ホイールベースがHBよりも60mm長いため、後部差席の足元が広い。

 他社さんと違ってワゴンボディ専用チューニングってのが凄い!

 

⑤機能・性能とは関係ありませんが、テールランプの中の沢山のロザンジュ(ルノーマーク)

 は作り手の拘り?を感じ、この変に無駄?な遊び心がGOOD。

⑥一番のお気に入りは、『荷物も人も走りもデザインも!』という欲張りを満たしているところ。

 

という感じですね。

で、今回も前回同様、青梅街道から奥多摩周遊道路をくるっと廻ってきました。

 

今回のモデルですぐに感じたのが、CVTの制御が変わったという感じです。

M/C前の時も国産車のCVTに比べ、発進時や急加速時の無駄な回転を抑えている

制御でしたが、今回はそれが一層明確になった印象。(公式発表はされてませんが。)

CVT特有の空転感が無くなり、ダイレクト感が強くなっってます。

加速は軽いが、アクセル踏み加減は良い意味で重く、欧州車特有の重厚感が出てます。

因みに、メガーヌRS同様、シートリフターがついてますので参考までに画像比較です。

一番上のときと一番下のときの比較ですね。カメラは私の顔の前に設置。

随分違うでしょ?これなら奥様と兼用で使うときも大丈夫です。

 

青梅街道まっすぐですと、ある程度流れて走っていると、その直進安定性を感じる事が出来ます。

前述のようにホイールベースをHBより伸ばしているので、当たり前といえばそうなのですが、

その当たり前を前提に奥多摩を走るとビックリ?と言うより感心しますねぇ。

何でこんなに曲がり易いの?、何でこんなにクイクイ曲がっていくの?って。

 

ルノースポールの専用チューニングですから当然スポーツカーとしての足回りです。

路面の小さなギャップはキッチリ拾います。しかし拾った後の収まりが柔らかく&早いので

決して不快ではく、疲労感も感じません。足もそうですがシートのお陰もあるでしょうねぇ。

流石!ルノースポール~

 

前回同様、ダムのPで記念撮影。そのまま奥多摩周遊道路へ向かいます。

アップダウン&多種多様なコーナーの連続です。

メガーヌエステートGTラインは、コーナー進入時は普通のステーションワゴンのつもりで

ハンドルを切ると、予測した以上に曲がってくれます。

普通のステーションワゴンのつもりで運転すると、インにグングン入っていく、と感じるでしょうね。

特にこういう道だとダルな感じが無いぶん、『え?スポーツカーじゃん。』と感じやすい違いです。

ステアリングへの適度な反発力と重さが伝わり、それがステアリングそのものの太さに

丁度良く、心地良い。

 

『ステーションワゴンだぞ』、『ホイールベースが長いぞ』という事を完全に忘れます。

コーナーリング中にハンドルを切り増ししても、ちょっと強引なライン取りをしても、静かに

何事も無かったように安定してビタッと曲がってくれます。

とってもジェントル~。大人です。

この『静かに』というのがトゥインゴRSのキャラクターと違うところですね。

急なコーナーリング中でのロールはそれほどしないんですが、ボディ剛性が異常に硬い、

という印象ではないんです。剛性が高いのは分かるんですが、『角が取れている硬さ』

と表現すれば良いでしょうか...これもジェントルな印象に一因です。

 

そして、CVTの完成度の高さに驚きました。

アクセルは意識して踏み込まないと無駄な回転はしないように設定されており、

MTモードで走ると切り替えのダイレクト感がGOOD。

特に長い下りでエンブレをかけながら走ると、シフトダウン&アップの繰り返しになりますので、

反応の速さと正確さに驚きます。

普通の道を走っていると8段ATくらいの滑らかな感じですが、こういう道だと違いますね。

通常のトルコンATに無理やりMTモードをつけるとシフトアップ&ダウン時のタイムラグや

無駄な回転が気になりますが、メガーヌのCVTは違います。

切り替えが早く、『え?こんなに早いの?』と感じます。

狙ったポイントで狙った動きをしてくれるのでストレスが無いんです。

それに長い下り坂でのエンブレはトルコンATのように滑りませんから変な神経は使いません。

この車で山道を走るときは是非MTモードを使ってくださいね。とっても気持ち良いですから。

 

 

メガーヌエステートGTライン...

『家族で旅行もしたいがスポーツカーも乗りたい。

それもただのスポーツカーもどきのエアロがついて色が変わっただけの車じゃなく、

ちゃんとタイヤの角まで使って、楽しく&気持ちよく、更に安全安心に走れる車が欲しい。

MTスポーツ車に乗るほどでもないが、MTスポーツ車みたいな楽しさをAT車で味わえる

車が欲しい』という、私のような欲張りな方、この車がピッタリですね~。

 

さて、今回は長くなりましたが如何でしょうか?

迷っていた方は是非どうぞ。

因みにメガーヌエステートGT220はやがて試乗車が到着予定です。

こちらもお楽しみに~。(店長)


トゥインゴG-RS店長インプレ

皆さん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川です。

 

今回は久々の店長インプレネタです。

トゥインゴ ゴルディーニRSがM/Cしてから8ヶ月が経過しましたねぇ。

んで、うちの試乗車も2000kmを超え、ぼちぼちイイ感じになってきましたので、

いつもの如く主観的且つ身勝手なインプレをご紹介します~。

 

前回のメガーヌRS同様、今回も奥多摩周遊道路をクルリと廻ってきました。

青梅街道から小河内ダムに向かう道中は青梅駅を過ぎたあたりから小さなコーナーが連続。

トゥインゴRSの最大の面白さは、時速30~50km程度でもとっても面白いところです。

いやぁ、これは乗ってみないと感じてもらえないんですが、普通の道を普通に走っていても

面白いんですね。 何ででしょう??? メガーヌRSとの大きな違いです。

そんなトゥインゴG-RSでコーナーの連続を走ると、思わずニヤけてしまう面白さが

たっぷりなんですね。

 

で、この車で私の好みのところですが....

 

①2~3速でブンブン回して走っていると、大したスピードではないのに、なんかとっても

 レーシーな気分が味わえる。ちょっとバイクっぽい面白さ。

 

②車体がコンパクトだから、左ハンドルに不慣れな人でも右側の感覚が掴み易い。

 狭い道でも道幅をキッチリ使った走り方ができる。

 

③ライン取りという程の走り方をしなくても、かなりラフに適当な扱いをしても頭で描いている

 動きをキチンとしてくれる。

 

④シフトはちょっと昔っぽい『スコッスコッ』という感じで適当に入ってくれる。

 

⑤やはりNA。シフトダウン時の吹かし音や引っ張った時の気持ち良い音色は最高です。

 試乗車はOPのステンマフラーが入ってますので、トンネル走行中に音で酔いしれました(笑)

 

⑥OPでセンターアームレストをつけているんですが、意外に結構使えます。

 普段、邪魔な時は上にもちゃげておけば良いですが、降ろして使う時は肘を乗っけたまま

 シフト操作が出来る位置に丁度来るんですね。渋滞時なんかには良いですねぇ。

 

という感じが私のお気に入りポイント。

 

さて、小河内ダムで記念撮影をし、鼻歌交じり?で奥多摩周遊道路へ向かいます。

 

途中、左側に奥多摩湖を眺めながら走行。 

左ハンドルだとこんな眺めも独り占め。でも逆から走ると一番遠くなるけど(笑)...

そしてそのまま奥多摩周遊道路へ突入。

軽い傾斜の上り坂をトゥインゴG-RSはテンポの良いコーナーリングで走ってくれます。

この時のエンジン回して使い切る音が最高にGOOD。

足はまさしくしなやかにストロークしてくれるが、相当キッチリ踏ん張ってくれます。

コーナーリング中にブレーキの踏み増しやステアリングの切り増しなんてことがあっても、

不安な気持ちなど感じずに、感覚どおりの運転を受け付けてくれます。

アクセルの踏み増し時なんて、とってもワクワク~って感じさせてくれますねぇ。

『好きなように走ってくれ~』と言ってくれているようです。 なんと愛らしい...

 

 

 

プライベートではバイクで走り慣れた道のりですが、トゥインゴG-RSはメガーヌ以上に

操っている感を強く感じさせてくれる車ですね。

難しいことは考えず、気持ちの高揚感を歓迎しつつ感覚で運転して楽しむには最高の車です。

実は以前、この車で高速道路を走ったことがあるんですが、高速道路も面白いですよ~。

エンジン回る回る。楽しい楽しい。ガソリン使いまくりッって感じでしょうか。

 

そして、本日2013年4月25日はトゥインゴRSカップの発表日です(発売は5/9)。

もっとクイックでもっとガンガン走りたい方にはカップの足回りは最高です。

お待たせしました~。RSスペシャリストディーラー専売、日本限定30台です!

色はジョン・シリウスのみ!  早い者勝ちです!  どうぞ~  (店長)


オリジナルレザーシートカバー、こんな事も出来ますよ。

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

先日、いつもお世話になっておりますI様にご納車をさせて頂きました。

カングーⅠからカングーⅡへのお乗換えです。

そこで、こだわっていただいたのが、ルノー西東京オリジナルのレザーシートカバー。

新車ご購入時のセットオプションとして販売させていただいている商品です。

 

色の配色をお聞きしている最中に

「いいですね!やりましょう!作らせてください!」

と、私が乗り気になってしまいました。

そこで出来上がったのがこちら!!!

どうです?トリコロールシートカバー!

座面には真っ白を使わずにベージュっぽい白を使用。

なぜかというと、レザー独特の汚れを目立たせないようにあえて真っ白を避けたんです。

左右の色も鮮やかな青、赤を使わず、わざと少しトーンを落とし、落ち着いた色使いに。

素敵です!!

 

もちろん、その他、内装の小物にもこだわっていただきました。

 

 

I様、素敵なレザーシートカバーを作らせて頂き、ありがとうございました!

今後とも末永く、お願い申し上げます。


新アレンジ_センターキャップ発売

皆さん こんにちは。  ルノー小平 店長の中川団です。

 

いや~...なんか久々のブログで、ちょっと感慨深いのと...反省しているのとで...

とっても複雑な心境です。

3月~4月のように、期の変わり目はデスクワークがいつもの5倍ぐらいになりまして、

ヒ~ヒ~言っている間に月日が経ち、ブログの更新もご無沙汰しておりました...

考えてみると、毎年同じ話してますねぇ。(笑)

 

定期的にご覧頂いている皆様、サボっちゃってすいませんですぅ。

それに、『今日は店長と話そう!』と思って折角ご来店いただいても、お話出来ない日も多く、

申し訳ありませんでした(泣)。

 

さて、話は変わりますが、新商品のご案内で~す!

その名も・・・『色んなセンターキャップ』 

カングーⅡの鉄っちんホイール用の純正センターキャップを利用しての商品です。

以前はシルバーメッキタイプのロザンジュマークを移植した商品を販売しておりましたが、

今回はオリジナルレザーハンドルの色に合わせてカラーリング。

ボディーと同じ塗料ですので手入れも同じです。

 

実はこの商品、当店で新車をご購入頂きました山形県在住のK様のご依頼で制作しました。

完成品の状態がとってもイイ感じなので、当店のオリジナル商品ラインナップに追加させて

頂くことにしましたぁ。

(K様ありがとうございました)

如何ですか?

ご自身のカングーも足元をお洒落にしてみては?

価格等詳細はこちらからどうぞ↓ (店長)

http://www.renault.jp/dealer/renault_kodaira/service.html#service_98