サービススタッフ修理話

テクニシャンの角澤です。

今回よりサービススタッフから整備、修理に関するお話を時々お送りさせて戴きたいと思います。
私達が普段お客様のお車をお預かりして、どのような作業をさせて頂いているか?
と言うのは、案外お客様が見る機会は少ないですし、今後ご紹介する内容によっては、
ご自分の愛車に当てはまるような事があるかもしれません。
是非参考にご覧下さい。

まず初回の今回は、スロットルチャンバー(スロットルボディ)の交換です。
車両はカングー。左ハンドルのマニュアル車ですので正規の日本仕様ではなく、並行輸入のお車ですね。
問診させて頂いた内容では、信号で止まろうとするとエンストすると言う事です。
アイドリングで、レーシング(エンジン回転を上げたり下げたり)をした後の
エンジン回転数が低く、エンストしてしまいます。

以前にも、並行物のカングーで同じ現象の車両が有りましたが、めったに無い珍しい現象です。
走行距離は今回と差ほど変わらす5万キロ前後でした。
この時はスロットルの清掃をし一ヶ月くらいは良かったのですが、時が経つと再び同じ現象となり、
結局スロットルチャンバー(スロットルボディ)の交換になりました。

そして今回のお車も同じ現象。
お客様にご説明・ご相談の結果、スロットルチャンバー(スロットルボディ)の交換となりました。

夏場の『お客様お待ち作業』はエンジンを冷ます時間が無い為、
ボンネットを開けると凄い熱気です。
作業は、エアークリーナーBoxを外すところから始めます。
スロットルリンクがプラスチックの為、割らないようにそ~っと外します。
そしてスロットルチャンバー(スロットルボディ)そのものを交換します。
後は取り外しの逆手順で組み付けて終わりです。
作業時間は大体30分くらいです。

交換後の、ロードテストは調子良くバッチリです!


Comments are closed.