ルーテシアⅣ ph2 ~走行編~

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

新型ルーテシア試乗車の準備が完了し、慣らし運転を兼ねて少し走行してきました。

今回は一般道がメイン。

「小平→秩父→長瀞→東松山→川越」と、ぐるっと走って帰ってきました。

私が感じたph1との違いをお伝えいたしますね。

P1120809

 

①シートの座り心地が抜群!

ベロア調のシートが乗り込んだ瞬間に「ガチっ」と体を固定してくれます。

私は乗り込んだ瞬間に、少し体の位置の微調整がしづらいかな、と言う印象でした。

少しお尻をずらしたくてもずれないくらいにしっかりです。

 

しかし、そのしっかりと支えてくれる感覚が走行中は抜群。安定感があります。

芯が一本ある中にもルーテシアⅡのようなフワッと包み込んでくれる感覚もあるんです。

ph1と比べて変化していますね。絶妙!個人的には好きな感覚です。

 

②足回りの動き方

この辺りは感覚的なところも大きいですが、足回りのショックのいなし方がさらに上手くなったなぁ

と言う印象です。シートのクッションのせいでしょうか?表面の生地のせいでしょうか?

体に揺れが伝わる感覚がph1よりも柔らかくなった印象です。

これはルノー小平の他のスタッフも感じたようですよ。

R0130760

 

③直進安定性が抜群!

道路の状態が良かったせいか、ルーテシアが進化したのか、

ステアリングを握る感覚が変化した気がします。

グッと握らなくても、軽く両手を添えてステアリングを握るだけで、ビタッと安定して走るんです。

この辺りは足回りとの関係も大きいんでしょうね。

R0130759

 

とても感覚的な部分が多いですが、全体としてはph1のルーテシアⅣを

上手く進化させたような印象です。

ぜひ、試乗車もご用意しておりますので、お試し下さいね!

 

※今回走行した際の燃費です。

オンボードコンピューターの表示は7.0L/100km(1リッター辺り約14.3km)でした。

(常時エアコンオン、ECOモードオフ)

私が運転した際の燃費ですので、ご参考までに。

R0130762


Comments are closed.