臨時休業のご案内

10月3日(水)は誠に勝手ながら社内行事の為、臨時休業とさせていただきます。

ご不便ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。


カングー20周年記念モデルカングーヴァンタンについて

ボンジュール!!

皆様ご無沙汰しております。

なかなか時間がないのを言い訳に更新がおろそかになってしまい申し訳ございません。

最近はインスタを始めましたが、なかなかまとまった時間がとれない私としては

インスタは非常に短時間でちょっとした内容を投稿できるのでそちらをメインに更新させて頂いてます。

さて、今回はカングー20周年を記念する特別な限定車カングーヴァンタンということで

既に発売はされていますが、改めてこちらで詳しくご紹介させていただきます。

ベースはカングーZEN EDCですので車両本体価格2,599,000円です。

こちらの限定車ヴァンタンは車両本体価格2,659,000円ですので、6万円高くなってます。

それでは、専用装備を順番に写真と一緒にご紹介いたします。

IMG_7547

まずはボディカラーです。

かつてはカングーでも設定のあった赤のボディカラーはルージュパポMです。

カングーで赤を待っていた方も沢山いると思います。

深いワインレッドカラーです。

IMG_7532

そしてこちらはフロントフォグランプシルバートリムです。

通常はこちらはブラックです。

IMG_7529

そしてこちらは、ボディ同色のドアミラーです。

通常はピアノブラック塗装です。

IMG_7526

ボディ同色のサイドプロテクションモールと、カングーをデザインした凹凸のある専用のデカールです。

通常はサイドプロテクションはブラックの樹脂製で、デカールはついてきません。

IMG_7527

専用のホイールカバーです。

まるでアルミホイールみたいですよね。

IMG_7542

マルチルーフレールもついてきます。

こちらのマルチルーフレールですが、通常アクセサリーとしてご購入頂いた場合、工賃も込みで

税込45,171円です。

カタログモデルとヴァンタンとの差額6万円ですが、ルーフレールだけでもほとんど元をとったようなものです。

そしてルージュパポMがメタリック塗装ということを考えると、

通常カタログモデルではメタリック塗装が32,400円かかりますので、お買い得過ぎてお話になりません!!!

そして特別装備はこれだけでは御座いません。

更に、専用装備のご紹介は続きます。

IMG_7537

ブリリアントブラックセンタークラスターです。

通常はつや消しのブラックですが、ピアノブラックになります。

IMG_7533

運転席まわり全体ですとこのようになります。

IMG_7536

そして、久々に出ました!!!

専用デザインのファブリックシートです。

IMG_7535

 

1列目シート全体はこのような感じです。

 

IMG_7534

専用のフロントドアトリムまでつけてきて抜かり無いですね。

通常はこちらの内張りはドアの内側の樹脂パーツと同じカラーです。

IMG_7538

専用センターコンソールボックスレザー調リッドです。

ちゃんとルージュパポMのボディカラーと同じ色のステッチも入ってきます。

IMG_7543

バックソナーがリアのバンパーに4つついてきます。

障害物に近いと音で知らせてくれます。

因みに純正アクセサリーですとコナーだけの4つで工賃込みで77,242円です。

※今回のバックソナーはリアに4つです。フロントにはついておりません。

77,242円ということは、バックソナーだけでも価格差6万円分の元はとれているんですね。

 

IMG_7546

リア全体はこのような感じです。

以上がカングーヴァンタンの専用装備のご紹介です。

いかがでしたでしょうか。

お得感は伝わりましたでしょうか。

こちらの限定車ですが、散々説明をしておきながら200台の限定ということで

恐らく抽選となります。

抽選締切はまさかの明日まで!!!

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

 

 


新型キャプチャー来ました。

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

最近は春のように暖かかったり、真冬のように非常に寒かったり

雨が降ったと思ったら、翌日は打って変って快晴と寒暖差、気温差が激しいですが

体調は崩されてませんか。

私は花粉症にやられてます。

さて、今回ご紹介するのは3月5日に発表されて本日3月8日に発売スタートしました新型キャプチャーです。

IMG_6102

 

IMG_6079今回はマイナーチエンジです。

ただ、マイナーチエンジと言いましても非常に洗練されて魅力が増しました。

もっというなれば、キャプチャーの良さを最大限に活かした、他のメーカーと差別化を図れるマイナーチェンジをしております。

今回はルノーファミリーのアイコンCシェイプのデイタイムランニングライトが備わり

フルLEDヘッドランプになったりして最新の顔にフェイスリフトしました。

↓ LEDヘッドランプとその下にはLEDのデイタイムランニングライトがつきます。

IMG_6081

変更点は、今お伝えした最新のルノー顔になったこと以外にも

多岐に渡ります。

では順番にみていきましょう。

前後バンパーのデザインですが、シルバーのアクセントがつきました。

よりSUVの力強さが強調さます。

まあ、見た目がオフロードっぽくなったという訳ですが、実は見かけだけオフロードでは御座いません。

※念のため、キャプチャーは前輪駆動で四輪駆動では御座いません。

↓ 新型のシルバーのアクセントの入ったフロントバンパー下

IMG_6082

↓  リアバンパー下部もフロントと同じような意匠

IMG_6083

 

実は今回のマイナーチエンジでオフロード能力を高めてきました。

オフロード能力だけでなく、私の気持ちも新型キャプチャーを見た瞬間、高まっちゃいましたっ。

と言うのも、今回から走行モードの切り替えができるエクステンデッドグリップセレクターが採用されました。

↓ こちらの丸いダイヤルがエクステンデッドグリップセレクターです。

IMG_6090

ではエクステテンデッドグリップセレクターについて簡単に説明致します。

発進時や低速時に駆動力を向上させて滑りやすい路面でもスリップしたりスタックしたりしないで走行することを補助してくれます。

使い方は簡単です。ダイヤルを回して頂いてモードを切り替えるだけです。今どのモードに入ってるかは表示のランプが光るので確認頂けます。

そしてダイヤルのモードは3種類御座います。

標準モードは、読んで字のごとく標準的、一般的な乾燥した路面や、濡れた平坦な路面など、主に舗装路面に適しています。

続いて、ソフトグラウンドモードは、ちょっと滑りやすい時用のモードです。詳しく言うと、砂利道や砂地、枯葉が積もった状態など滑りやすい路面、またはタイヤの路面グリップが一定でなく変化の激しい路面に適しています。こちらのモードは実はカングーにもついています。

最後にエキスパートモードですが、これは一言で言えばメチャクチャ滑りやすい時用のモードです。はい、このエキスパートモードこそが、カングーにはない、新型キャプチャーの真骨頂です。詳しく言うと、路面グリップが低い状況での発進時などに適しています。エキスパート(上級者)向けのモードです。

ダイヤルの回した時の質感も非常に上質で洗練されてます。

そしてそしてオフロード性能の向上はそれだけでは御座いません。

IMG_6084

新しいデザインのホイールに収まるのは、今回からはマッド&スノータイヤです。

未舗装路でのグリップがよく、エクステンデッドグリップとで相乗効果が期待できます。

※マッド&スノータイヤは明確な規定はないようですが、冬用タイヤでは御座いません。通常のラジアルタイヤのトレッドパターンを雪道などでも走行できるようにアレンジしたものだそうです。したがって高速などのチエーン規制がある場合、タイヤチエーンやスタッドレスタイヤの代わりにはなりません。

それ以外には、キャプチャーらしさ、フランス車らしさ、というところで競合車と差別化が図られています。

では、キャプチャーらしさ、フランス車らしさって具体的に何なんでしょうか。

例えば国産車と差別化という意味で、フランス車らしさというと、国産車にはないモードでアヴァンギャルドなフレンチデザイン、国産車にはなかなかない色鮮やかなボディカラー、ヨーロッパで鍛えられた高速走行性能、フランス車特有のしなやかな足回り、スポーティなフランス車のドライビング性能だと思います。

デザインに関して言えば、ルノーはローレンヴァンデンアッカー氏が全面的にデザインを取りまとめています。

ルノーのような大衆車メーカーで、デザイナーを前面に出して、車作りをする土壌は、国産メーカーは当然ですが

ドイツ車メーカーにも御座いません。

ハッキリ言ってスゴイことです。

また、ルノーのオーナー様は他と被りたくないからと、ルノーを選ばれことが多いです。

そんなことをインポーターは考慮してなのか、人気車種であろうと絶対量自体が少ないです。

一流デザイナーによるデザイン、そして絶対量の少なさ、これって一部のスーパーカーと同じですよね。

ただスーパーカーですとウン千万円します。

でもキャプチャーなら200万円台で手に入るんです。

非常に魅力的だとは思いませんか。

↓ 今回はツートンのボディカラーのみの設定です。オランジュアタカマMとグリプラティヌMの組み合わせ

オレンジと言っても実物を見るとゴールドのような印象で、思った以上に大人っぽいです。もちろんボデ                   ィカラーも刷新しました。

IMG_6101

 

IMG_6091

 

IMG_6088

 

インテリアも手を加えられました。ダッシュボード下半分は白基調でツートンになりました。

そしてダッシュボード上部はソフトタッチ素材になっていて品質感が大幅に向上しました。

シート素材もクロス、メッシュ、レザー調と使い分けられていて凝った作りです。パイピングはクロスで施されています。運転席と助手席の間には、収納のついたひじ掛けもついてきます。

リアシートは前後にスライドします。

↓ 一番前にスライドした場合は荷室を広く使えます。

IMG_6107

↓ 半分くらい後ろにスライドしました。

IMG_6108

↓  めいいっぱい後ろまでスライドしました。足元空間が広大です。

IMG_6109

↓ 頭上空間も余裕があります。

IMG_6085

今回は洗濯できる着せ替えシートカバーはなくなりました。キャプチャーがデビューしたころは、散々洗濯できる着せ替えシートカバーのアピールしていましたが、どうしたんでしょう。まああえてそこは深く突っ込まないようにしましょう。

IMG_6103

↑ 荷室です。

IMG_6106

↑  リアシートを倒すとほぼフラットになります。

IMG_6104

↑ 荷室の床をパカッと持ち上げて下に収納すると荷室高が増えます。

IMG_6105

 

今回は、インテンス(¥2,699,000)とインテンスレザー(¥2,799,000)の2つのグレード展開です。

普段のお買い物にもよし、お子様の送り迎えにもよし、アウトドアに行くもよし、ゆったり長距離ドライブもよし。

マルチにご利用いただけるお車です。

今週末はショールームでご覧いただけます。

 

 

 


TWINGO GT試乗車来ました!!!

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

皆様、ついに、ついに来ましたよ。

あれが!!

そう、twingo GTのEDC(マニュアルじゃないオートマ免許で乗れるデュアルクラッチのtwingo GT)ですよ。

IMG_6009

 

限定車としてマニュアルで乗りましたが、EDCのtwingo GTに乗って改めて感動しました。

 

そして、ちょっとtwingo GTのイメージが変わりましたのでお伝えします。

勿論いい意味でイメージが変わりました。

IMG_6011

 

まず、アクセルを踏んでみた感じですが、標準のtwingoより少しパワフルかな??程度でした。

と、思ったら、ECOになってました。

あっ、twingo GTでも、標準のtwingoにもあるECOボタンがあることに驚きです。

GTなんだからRSボタンがあってスポーツモードに切り替えがあってもいいものですが。

ではECOモードを解除していざベタ踏みします。

IMG_6016

 

メチャクチャ力強い加速です。

でも、決して暴力的な加速ではありません。

非常にジェントルです。

IMG_6012

むしろ、標準のtwingoより、デュアルクラッチのギクシャク感が少なくtwingoの高級車版っと言った感じです。

そう、そうなんです。

私も勝手にtwingo GTが出た時に、twingoのスポーツバージョンかなと思ってましたが。

確かに、そうなんですが、それ以上に私が感じたのが、高級感。

普通は一般的にスポーツモデルになると、足周りガチガチだったり、スパルタンなバケットシートだったり、何か我慢を強いられるようなことを私はイメージしてしまいます。

特に腰痛持ちの私には尚更です。

IMG_6018

twingo GTに関しては、シートの形状は標準モデルと同じで、素材がレザー調のものを2種類使用していて高級感があります。

そしてシートヒーターがGTにはついて来ます。

寒い今の季節は重宝します。

結構直ぐ暖かくなるので、逆に途中でシートヒーターを切るくらいです。

乗り心地も、標準のモデルに比べてパワフルでジェントル。

IMG_6013

 

IMG_6014

インテリアに施されたステッチも標準のtwingoには無いものです。

軽自動車からのお乗り換えですと、標準のtwingoでも十分なパワーだと思います。

より、パワフルなtwingo、より快適なtwingo、より高級感のあるtwingoということで

twingo GTを検討してみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

ご予約、お問い合わせなしでご来店頂くと、場合によってはご希望に添えない場合やお待ち頂く場合が御座いますことをご了承ください。。

スムーズなご案内をさせて頂く為、ご予約後のご来店をお勧め致します。


ショールームアテンダントのご紹介です。

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

本日はルノー三鷹が誇るショールームアテンダントのご紹介です。

IMG_6019

原さんです。

折角なのでもう少しアップで。

IMG_6020

原さんです!!!

IMG_6021

原さんは笑顔が素敵で、一生懸命なところが彼女の持ち味です。

意外と天然キャラなんですよ。

そんな原さんは週4日位でショールームにいます。

因みに原さんが好きな車はルノーtwingoだそうです。

好きなtwingoのボディカラーはルージュフラムMという赤です。

何故ルージュフラムMが好きかと言うと、ルージュフラムMの赤が、とても情熱的で格好いいこと、

ボディが夕日に染まるとまるでリンゴ飴のようで幻想的な色合いということ

だそうです。

今日はそんな原さんが一番好きなルージュフラムMのtwingo インテンス EDCのご紹介です。

IMG_6027

 

IMG_6026

 

IMG_6032

ルージュフラムMのボディカラーは、インテリアが専用色です。

IMG_6034

インパネやエアコン吹き出し口のパネルの赤は、パールの入って、ちょっとマット調なのもルージュフラムMだけです。

IMG_6023

 

シートも専用カラーですが、シートセンターが他のカラーより濃い色合いが、汚れが目立ちにくくて綺麗に保てそうですね。

IMG_6031

 

IMG_6024

ルノー三鷹店ではtwingoインテンスEDCのルージュフラムMの新車在庫が1台御座います。

twingoの試乗車も御座います。

まずは、ご試乗頂いて、ご検討お願い致します。

そしてtwingo GTも試乗車のご用意が出来ました!!!

三鷹店ではtwingo GT EDCの

試乗車を予定しております。

※ご予約なしでも大歓迎ですが、ご予約のお客様優先になります。

ご予約なしの場合、お待たせする場合や、ご希望に添えない場合が御座いますことを予めご了承お願い致します。

ご予約、お問い合わせドシドシお待ちしております。


ルノー三鷹店の最新新車在庫情報!!!

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

現在ルノー三鷹店では、下記の新車のストックが御座います。

早いご納車が可能です。

トゥインゴ インテンス EDC ブルードラジェ(水色)

トゥインゴ インテンス EDC ルージュフラムM(赤色)

トゥインゴ インテンス EDC ブルーメディテラネM(青色)

トゥインゴ インテンス EDC キャンパストップ ブルードラジェ(水色)

トゥインゴ ZEN  MT ブルードラジェ(水色)

カングー ZEN EDC ブルーコスモス(紺色)

以上のようになりますが

それぞれ1台ずつですのでお早目に。

特にトゥインゴのブルーメディテラネMのお色は廃止になったので新車で手に入れる最後のチャンスだと思います。

カングーに関しては、認定中古車でZEN EDC ブルーエトワールM(水色)が

ナビ、ETC、フロアマット付という希少な1.2リッターターボ車が御座います。

皆様からのお問い合わせご来店心よりお待ちしております。

 


専用ナビ発売しました!!!

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

今回はルノーのルーテシアと、トゥインゴにそれぞれ専用の7型カーナビゲーションが出ましたのでご案内させていただきます。

メーカーはアルパインです。

写真はトゥインゴ専用のナビです。

トゥインゴのセンターコンソールのデザインに合わせたデザインになっております。

※ルーテシア用はルーテシアのセンターコンソールにスッポリ入る横長の長方形のナビです。

 

 

IMG_5850

 

IMG_5849

 

モニターの左右には大きくて操作しやすい物理ボタンがついております。

またルーテシア、トゥインゴでそれぞれ専用ナビでは

るーてシア、トゥインゴのフロントからの画像がオープニング画面として表示され、乗ってエンジンをかけた瞬間から

ワクワクさせてくれます。

また車種専用のサウンドチューニングを施しておりますので最適なサウンドをお楽しみいただけます。

豊富なメディアにも対応しております。

※ただしDVDプレイヤーは別売で助手席グローブボックス下に取り付けになります。

そして、何と言っても、ナビの表示が見やすく、なおかつ、表示が洗練されていて国産ナビっぽい表示でないところがいいと思います。

さらに極めつけは、もしもの時のメーカー保証が一般的な1年の保証期間ではなく3年なんです。

是非トゥインゴ、ルーテシアをご検討の方、もしくはもう既にお乗りで

ナビを検討中の方、新型の専用ナビをご検討下さいましたら幸いです。

ご質問など御座いましたらお気軽にご相談下さいませ。

それではまた次回まで。

 

 


トゥインゴのデカール張り替え作業

ボンジュール!!!

皆様こんにちは。

営業部の井上あきらです。

この度、トゥインゴのサイドデカール(シール)を、アクセサリーの

デカールに張り替えました。

IMG_5853

 

IMG_5851

 

IMG_5852

 

因みに、デカールをはがすとこうなります。

IMG_5854

 

IMG_5855

ちょっと何かが足りないような感じの印象を受けます。

と言う訳で、デカールで随分印象が変わるので、アクセサリーのデカールもよかったら是非お試しください。

では、皆様また次回まで。

 


しばらく乗って。メガーヌ試乗記その1

ボンジュール!!!

営業部の井上あきらです。

最近メチャクチャ寒いですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

先日メガーヌに乗ってドライブしたのですが

いやー、この新型メガーヌつくづくいい車だなーなんて感心致しました。

IMG_5110

 

IMG_5291

 

先日もお客様に言われたのですが

メガーヌの何が一番いいって、ぜーんぶ標準でついていて

追加でつけるものが、ETCとフロアマット位でも大丈夫だということ。

一般的には、車両本体価格とは別に

結局オプションで色々つけなければならないとなると、思っていた以上に金額が高くなることもありますが。

新型メガーヌに関しては

ボディカラーを何色にするかと、必要であればディーラーオプションから選ぶ位で

思った以上に標準装備が充実していてお得感満載でお求めやすくなっているのは嬉しい誤算ではないでしょうか。

では標準でどういったものがついてくるのか

一緒に見ていきましょう。

IMG_5752

標準でシルバーのアルミ?ペダルがついてきます。

左ハンドルの国、フランスの車ですが、シッカリフットレストも大きいものがついていて

快適です。

IMG_5749

豪華なシルプレートもついてきます。

IMG_5778

リアハッチにはルノーのロザンジュマークのセンターに隠れるように

バックカメラがついてきます。

そして中央近くまで来ているテールライトを見て下さい。

こんな独創的なテールライトを見たことがありません。

しかもデイタイムタンニングライトはリアもエンジンをかけると、ライトがオフでも点灯します。

IMG_5781

天気が良すぎてわかりにくいですが、夜のリアランプはメチャクチャかっこいいですよ。

IMG_5787

こちらのボタンは標準でついてきますイージーパーキングアシストスイッチです。

縦列駐車やバックでの車庫入れなどをサポートしてくれます。

※ステアリング操作は自動です。ギアの切り替え、ブレーキはドライバーの操作が必要です。

ローンチコントロールもついているような、バリバリのスポーツモデルの側面もありながら

パーキングアシストって 、、、、、。

でも、オプションならつけないという方でも、最初っからついているなら

話のネタになるのではないでしょうか。

また、運転に自信のない奥様もご購入に賛成してくれると思いますよ。

IMG_5290

 

安全装備で言えばその他に、ブラインド・スポット・ワーニングがついてます。

時速約30キロから140キロの間で走行中、バックミラーの死角ゾーンに車両を検知するとLEDインジケーターを点灯して注意を促してくれます。

安心して車線変更をサポートしてくれます。

その他にも沢山の安全装備が標準でこれでもかという位に装備されています。

IMG_5794

アルカンターラのバケットシートです。

うん千万のスーパーカーについていてもおかしくないくらい上質なシートです。

IMG_5750

ご覧ください。シート裏は2列目の乗員のスペース確保しやすいようにえぐられてますが

綺麗にステッチが入って裏まで抜かりありません。

1列目シートには2段階調整可能なシートヒーターも標準装備しております。

IMG_5751

しかも運転席には手動のランバーサポートがついてきますので、ジャストフィットで快適にドライブできます。

そして、1列目シートのひじ掛けも前後にスライドします。

IMG_5753

 

IMG_5754

ドリンクホルダーは、サイズによって稼働できるタイプでドリンクホルダーカバーもついてきます。

IMG_5757

 

IMG_5755

 

IMG_5788

結構凹凸がある立体的な今風なステアリング。

握った感じもGOODです。

少し太めの径が疲れにくいです。

IMG_5760

ステアリングの後ろには本格的な固定式のパドルシフトがつきます。

 

IMG_5762

ステアリング後ろ右側にはオーディオを選曲したり、接続して電話に出たりするコントローラーがついてきます。

イルミネーションも青、紫、黄、赤、緑の5色から選べますって高級車ですよねっ。

IMG_5764

 

 

IMG_5765

 

IMG_5763

 

IMG_5767

 

長くなりますので本日は一旦この辺で。

また次回。


TWINGO 限定車 ラ・パリジェンヌ発表発売!!!

ボンジュール!!!

営業の井上あきらです。

皆様あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

お正月はいかが過ごされましたでしょうか。

さて、1月10日(水)にTWINGOから待望の限定車第二弾が出ました。

前回のノクターンも非常に人気で早々完売いたしました。

今回もとても魅力的な限定車ですぐ売れちゃいそうな予感がします。

TWUNGO ラ・パリジェンヌです。

価格はキャンパストップが216万円、ノーマルルーフが204万円です。

通常のカタログモデルよりも15万から17万円高くなってます。

なーんだ、高いんじゃん。

と思った方。

そんな短縮的な発言は慎んで下さいっ。

中身をみて下さい。

その上で15万から17万の値上がり以上の価値があるかご確認下さい。

IMG_5746

 

IMG_5723

 

IMG_5722

 

IMG_5737

 

IMG_5739

こちらのラ・パリジェンヌは250台の限定です。

250台の内訳ですが、キャンパストップが100台で、ノーマルルーフが150台です。

 

では、写真と一緒に今回の限定車の特別装備などをご紹介していきます。

IMG_5720

専用のサイドデカールがついてきます。

通常のアクセサリーとして、別のデザインのデカールがカタログには御座いますが

工賃も含めると8万円くらいと意外に作業に手間のかかる高価な代物です。

IMG_5741

16インチのアルミホイールです。

カタログモデルのインテンスですと15インチのホイールがついております。

16インチのアルミホイールはアクセサリーとしてお選びいただけますが

約16万円と工賃それにタイヤも16インチを揃えるとなると

25万から30万円くらいはかかるのではないでしょうか。

もう既にこの時点でラ・パリジェンヌがお得なのがわかっていただけると思います。

センターキャップは専用のもので、ボディ同色です。

お伝え忘れてましたが、ボディカラーはヴェールピスタッシュという専用カラーです。

ピスタチオをイメージした薄い緑のお色です。

IMG_5740

 

タイヤハウスを囲むようにブラックの樹脂が施されてます。

16インチの大きいホイールと相まって、コンパクトなTWINGOに大きいホイールをより強調して素敵です。

IMG_5744

 

キャンパストップの場合は、専用の模様が入ります。

ノーマルルーフの場合はボディ同色で柄は入りません。

IMG_5728

 

キャンパストップを開けた状態です。

非常に解放感があります。

IMG_5727

2列目からの景色です。

IMG_5721

 

前から見た状態です。※ルーフは閉じてます。

IMG_5742

 

ラ・パリジェンヌ専用のボディ同色のサイドプロテクションモールです。

IMG_5731

 

1列目のドアを開けると専用のシルプレートがついてきます。

 

IMG_5730

 

専用のピアノブラックのアクセントです。

 

IMG_5725

メーターの上のひさし?部分にもステッチが入ります。※カタログモデルは樹脂むき出しです。

IMG_5734

 

ドアにもカタログモデルにはないステッチが入ります。

そして注目すべきは、カタログモデルではボディ同色や白のさし色が入ったドア内側ですが

ラ・パリジェンヌでは黒一色で、ステッチと相まって落ち着いた大人な印象です。

IMG_5733

こちらのセンターにつく取り外し可能な収納ボックスも

カタログモデルでは、蓋が白やボディ同色のカラーがつきますが

黒でシックになってます。

IMG_5735

そのことで専用シートとインパネ周りのボディ同色の加飾が

一際強調されています。

IMG_5732

黒い部分がレザー調で、ボディ同色部分はまた別の素材でできてます。

白いパイピングもカタログモデルにはないものです。

IMG_5736

カタログモデルには無いシートヒーターが1列目には備わります。

今のような凍えるような寒い時には重宝します。

 

IMG_5726

勿論2列目も1列目と同じようになってます。

IMG_5739

カタログもでるには無いプライバシーガラスがついてきます。

特にリアのハッチがプライバシーガラスがあることで全面真っ黒で

よりTWINGOのお洒落なスタイリングを引き締めてくれます。

と言うことでご一緒にご覧いただきましたが、ラ・パリジェンヌの15万から17万円の

値上がり以上の魅力は伝わりましたでしょうか。

即完売の可能性が非常に高いお車です。

是非お早目のお問い合わせ、ご来店お待ちしております。