ルノーフェチ写真館 パート2!!!

ボンジュール!!!

営業の井上アキラです。

今回は記念すべきルノーフェチ写真館第2回目です。

本日の写真は正直撮るのに苦労しました。

一応20枚以上撮った内の1枚です。

カングーのフロントガラスの形状です。

IMG_6691

最近は空気抵抗も考慮している形状のフロントガラスが多いですが

カングーのフロントガラスも曲面ですが空気抵抗は多いのかと。

と言うのもカングーで雨の日走るとフロントガラスの水滴が

空気抵抗の為か一般的な最近の車より

水はけが良い感じです。

化粧品のCMに出れるんじゃないかと思うくらいの

ピチピチお肌にも負けないくらいのフロントガラス。

なかなか写真では伝わりにくいですが

真中が膨らんで球状になっていて

オシャレです。

是非一度現車でご確認下さい。

ご来店お待ちしております。

 

 


カングー実燃費計測~ 果たして結果は???

皆様ボンジュール!!!

営業の井上アキラです。

IMG_6662

今日は天気が良くて気持ちイイですねっ。

昨日は社用車のカングーATで帰宅して翌日出勤しました。

やっParis,カングーでのドライブは快適でしたっ。

 

今回の目的はカングーの実燃費を計測すること。

夜仕事終わりにお店のある三鷹から多摩川沿いを川崎区方面に時速50から70キロで流れにのって1時間弱走行しました。

燃費はリッター12でした!!!

普段ネットなどでリッター5とか6とか恐ろしいこと書いてあったので

余り期待はしてませんでしたが

燃費って思ったよりいいと何だか得した気分になりませんか??

 

翌朝の通勤は夜より車が多かったです。

時速50キロ位でたまに渋滞での走行でした。

でも燃費はリッター11でした!!!

 

ただ都内でストップ&ゴーが多いともう少し燃費は落ちそうです。

と言うことでカングーの実燃費計測でした。

 

 

 

 


カングー試乗記 パート参!!!

ボンジュール!

営業の井上アキラです。

今回は前回のカングー試乗記に続き

カングーの可能性についてお伝えしていこうと思います。

 

ネットなんかにカングーの色々な使い方を紹介しているのが既にありますので

ここでは中々ネットにも載っていないような

あくまでも(天使でも)私なりに良かったと思った使い方なども紹介して

カングーの可能性を探っていこうと思います。

 

まず圧倒的な一列目の広大な居住空間ですが、中々言葉だけでは上手く表現しきれません。

例えば、こんなことができます。

先日ラジオをかけてカングーを乗って信号待ちで停車した時に

ラジオからAKBの歌が流れました。

無意識のうちにAKBのダンスの振り付けを停車中踊ってました。(上半身のみ)

ギアをパーキングに入れてサイドブレーキをして次の信号待ちで

ビヨンセがラジオから流れてきたので踊れるか試してみましたが

踊れちゃいました。

これで朝の通勤の渋滞中や、連休の旅行の渋滞も時間の有効活用?できそうです。

カングーはダッシュボードまわりや、足元にも余裕があるのでなせる技なんでしょうね。

因みに、一番驚いていたのは

信号待ちで隣に停車していた車の人。

驚いていると言うか完全に引いてました。

カングーは窓ガラスも広々していて隣の車から丸見えだったんでしょう。(泣)

また、カングーの圧倒的な居住空間を利用して、センターコンソールの書類を置く場所に

IPadを立て掛けたりDVDプレイヤーを置いてゆったりとくつろぎながら

アベック(死語?)でレンタルビデオを鑑賞したり

ドラマや映画をアプリで鑑賞したりとナウい(これも死語?)使い方もできます。

IMG_6561 IMG_6563

 

以前ミスタービーンが

彼の小さい愛車の中で着替えるというコメディがありましたが

カングーなら、マイカー通勤している方でしたら

寝過ごした時なんかに

パジャマ着たままスーツを持ってカングーに乗り込めば

会社に到着する頃にはスーツに着替え終わってるなんてことも可能です。

更に、ダッシュボードまわりや足元、高い天井を活かして

停車中運転席に成人男性が座った状態で

向かい合わせに運転席に座っている成人男性の膝の上に別の成人男性が

座ることができるんです!!!

まあ普段生活していて中々そういうシチュエーションになることはないですよね(汗)。

ただカングーオーナーさんに以前このお話をしたところ

実は1年後に家族が増えましのたよウフッ

と言われました。

夫婦で試してみたらより一層愛が深まった結果なんだとか。(笑)

 

あっ、愛が深まるで思い出しましたがカングーって女性ウケが非常にいいんですよ。

サービスエリアで女性に可愛い車ですねってよく声掛けられます。

実際当店には沢山の女性のお客様もカングーを見に来られます。

実用的なのにオシャレで、乗り心地も非常にいいから

女性目線の車選びには候補になるんでしょうね。

しかも気取ってないところが女性にウケるんでしょうね。

 

 

以前カングーには目線に近い高さに大きなドアミラーがあることはお伝えしました。

IMG_6566

女性の方などは、そのミラーを使ってお化粧も出来ちゃいます。

くれぐれもバックミラーの上についた広角の小さいミラーを使ってお化粧はされないようにしてください。

IMG_6564

桃太郎電鉄のボンビー、もしくは最近?流行の子犬の顔がアップになったカレンダーの写真みたいになりますから(汗)。

因みに、この広角ミラーなんですが、本来は運転中にシートに座ってる子供や、後に積んだ荷物が荷崩れしていないかを見る為らしいですが

意外にそれ以外にも便利です。

カングーのバックミラーはカングーのフロントガラスの広大さに比べると小さめですが

広角ミラーも活用すると結構見やすいんです。

まあ、大きいミラーをつけるのもアリですが

この広大なフロントガラスが

標準のミラーなら引き立ちます。

 

 

カングーには珍しい形状のサイドブレーキがついているのをご存知でしたか。

IMG_6560

フランスではカングーが郵便局の配達で使われていて、1日300回以上サイドブレーキを引くのに

負担が少ないように考えられているんだとか。

このサイドブレーキ、信号待ちなどに筋トレ感覚でバーベル風な使い方などもできます。

メリットは気軽に運動不足を解消できること。

デメリットは、流石よく考えて作られているだけあって筋トレ効果は非常に薄い。

ただ、ついでに夜のテレビの通販で買った家で置き場所のないホコリの被った腹筋マシーンなんかも

リアシートをフラットにして置いたらトップアスリートのトレーラーの中に作った移動式プライベートジム同様に完全に移動式プライベートジム。

更に、2列目の天井に3つある収納にはプロテインをイッパイいれてみるというのはいかがでしょう。

IMG_6562

海外のトップアスリート顔負けの

プライベートジムのセレブ感覚を味わっていただけます。

 

最後になりましたが何といっても燃費は大事ですよね。

実際カングーでは慣らし運転するまでは燃費はそれ程良くないです。

が、しかりそれでも私はカングーは経済的ですよって皆様に声を大にして言いたい!!!

例えば、普通なら3回にわけないと運べない荷物も一度で運べますので時間と燃費の節約になります。

日持ちするものならスーパーで

一気に1年分の食料買い出しができます。(個人差ありますが)

実際、コストコや業務スーパーに5人フル乗車で行って今流行りの爆買いツアーなんてのもいいじゃありませんか。

電気屋では宅配を頼まなくても家電を積めます。(サイズにもよりますが)

ある程度の引越しなら自分で引越しできますので引越し代が安くなったり引越し代がかかりません。

旅行先で宿をとれなくてもリアシートをフラットにして簡単に快適に車中泊ができるので宿代も浮かせることが可能ですし、浮いた宿代で次の日の宿をランクアップしていつもよりゴージャスな宿泊だって可能です。

アクセスの良い駐車場は割高なので、自転車をカングーに積んで(自転車にもよりますが、そのまま自転車を積めます)

アクセスの余り良くないリーズナブルな駐車場に停めて自転車移動して

駐車場代を安く抑えれる上に、自転車でフットワークの軽い移動ができます。

ついでに自転車移動すると近くに住んでる地元民と間違われて、得したことがあると言う報告も頂いております。

どーですか。

カングーって経済的でしょう??

 

ということで、少しでもカングーの魅力は伝わりましたでしょうか。

 

当店には現在カングーの試乗車と展示車が御座います。

是非お得な決算前のこの機会にお立ち寄り下さい。

ご来店お待ちしております。

 


ルノーフェチ写真館 記念すべき第一回!!!

皆さんボンジュール!!

営業の井上アキラです。

 

さあ、今回から新しく始まりましたこのコーナー!!!

私の独断と偏見で

ルノー車のここのこのラインが好き

とか

ルーテシアのここが芸術的〜

とか

カングーのこのアングルのここが萌え〜って写真を集めて皆様に共感していただこうじゃありませんか!!

という押し付けがましい?コーナーです。

 

既にルノーのコアなファンの方からは

「そんなのもう知ってるよ!」とかヌルく感じられる部分も多々あるかもしれませんが

それでもいいじゃあありませんか!!

そんな方は、この記事を読んで

ご自身のマニアック具合をより一層自画自賛できる素晴しい機会じゃありませんか!!

、、、、。

 

と言うことで早速

 

シートのヘッドレスト

IMG_6556

 

現行のルノーの車全般に言えますがこの枕の凹みが絶妙にフィット。

結構安全性を考えてか、ヘッドレストが異様に背もたれより出っ張っているものが他メーカーで多いですが

ルノーは衝突安全性世界一の自動車メーカーでありながら

ヘッドレストが張り出していなく自然な姿勢で運転できるので私は結構好きです。

また運転以外にも仮眠だって快適そうなヘッドレスト。

何ならルノー車を買ったら

車に乗らない時は

車から取り外して

夜寝る時に枕としても使えそう?

と言いたいくらいスバラシイ!!!

 

カングーのボンネット両端の絶妙な膨らみと、ボンネット全体の形状。

この曲線が美しいですよねっ!!

まさにアートです。

洗車する時はいつもこのラインに惚れ惚れします。

IMG_6542 IMG_6543

ついでにルノーのロザンジュの下の黄色い部分の曲線も私は好きですが

皆様どうですか。

IMG_6549

ルーテシアやキャプチャーと違い、現行のカングーはルノーの最新デザインになる前の

モデルをベースに主に顔だけを最新デザインにしていますが
私はこの新しいデザインでは

一番カングーの顔が好きです。

 

室内から見た時の太いAピラーの根元。

IMG_6545中々他の車でこの極太形状はないですよねっ。この太さ安心感がありますが、意外に見切りもいいです。

 

ルーテシアRSトロフィーの下回り。

IMG_6553 IMG_6538 IMG_6539床に張り巡らされたアンダーカバーかっこいいですよね。

ルーテシアのサイドのプレスライン。

IMG_6547

とても素敵な影ができます。

ルーテシアのリアハッチのプレスライン。(すみません。写真はありません。)

最新のメガーヌのリアランプとも共通性を感じるようなデザイン。日本でも発売されないかなあ〜。

 

以上、第1回ルノーフェチ写真館でした。

是非ご来店頂いて現車でご確認してみて下さいね。

ご来店お待ちしております。

 

 

 


ルーテシア RS トロフィー高速試乗記

皆様ボンジュール!!

営業マンの井上朗です。

IMG_6552

最近は雨やら、雨が止んだと思ったらまた雨やら、雨が多いですねっ。(この原稿執筆中は雨でした。今日は天気も良く快晴ですね。)

でも、無問題(もうまんたい)!!

“やまない雨はない!!”

憂鬱な天気は続きますが

人生前向きに行きましょうじゃありませんか!!

“でも、その雨がやむまでの夜が

さみしくて耐えれなかったら?”

そんな時は是非ルノー三鷹でルノー車を見て癒されてくださいね。

ついでにせっかくなんで気に入って頂けたら是非買って下さいねっ。笑

IMG_6541

 

さて、ルーテシアRSトロフィーですが、以前初めて乗った時は足回りの硬さが特に印象的でした。

例えるなら、シャシースポールがラーメンで言うと”硬め”で

トロフィーは”ハリガネ”もしくは”粉落とし”と言うところでしょうか。

ずっとそういうイメージで、この車はそういうもんなんだなぁと乗ってきました。

で、今回トロフィーを高速道路試乗することになったキッカケですが

ある方から

「トロフィーを高速道路で走らせたらね、あの足回りの硬さが最高にいいんだよ。

足の硬さが乗り心地が悪かったりとデメリットにはならず

むしろ高速で安定して走るし曲がるし

路面の状況はシートとステアリングから適度にドライバーには伝えるけど、不快なショックはシッカリ吸収してくれるので

トロフィーのあの足回りの硬さはむしろピッタリでベストなんだよ。」

のような内容の話を聞いたのがキッカケです。

思い立ったが吉日、早速自分で確かめてみよう!!ってことでの今回の高速道路試乗を決行しました。

IMG_6551

トロフィーで高速道路と言うことで、調子に乗って飛ばし過ぎないようスピードリミッターで80キロに設定して法定速度で走行することに。

普段一般道では、トロフィーでアクセルベタ踏みで

シッカリ加速できる機会が中々ありません。

ですので、一般道から高速道路に入っての合流は、ゆっくりの発進から合流時一気にアクセルベタ踏みして、アッと言う間に80キロになりました。

フロントタイヤが空転するんでは

ないか(ノーマルモードでしたので電子制御がシッカリ効いてるはずですが、それでもパワフル過ぎなのかちょっと空転してたと思います)というくらいの猛烈な加速で、グワァァーンとすざましいエンジン音でアッと言う間の一瞬の体験でした。

先輩から聞いた通り、普段街乗りでは、かたい足回りで

乗り心地の面で快適性(ドライバーは運転していると走りを楽しめるので余り問題では無いが、特に同乗者の)が気になってましたが

高速なら正にピッタリのかたさだなぁと実感、衝撃的でした。

 

しかも、このトロフィーのいいところは200キロ以上余裕でスピードが出るハイテク満載の高級サルーンやスーパーカーと違い

法定速度くらいのスピードで走っても十二分に楽しい車だと言うこと。

トロフィーは安心して、安定して高速走行はしてくれますが

その安心感、安定感がドライビングのワクワク感を削いだりしていないようです。

もちろんスピードを出して飛ばそうと思えば幾らでもぶっ飛ばすことはできますが。

それに何といってもこのオシャレで可愛い(かなり女性受けも良いらしい)ルーテシアのデザインに

フロントにバリバリのF1風ブレードが付いて

リアの芸術的なディフューザーやマフラー

、床に張り巡らされたアンダーカバーなどのバリバリのスパルタンなパーツの不釣り合いな組み合わせが何とも萌え〜です。

一見オシャレでカワイイ車だなぁと思ったら

実は、、、、のギャップ。

 

とまあ、今回の高速道路試乗の感想ですが

こんなオシャレで可愛くて、格好良くて、日常をワクワクさせてくれる車を本当にこんなお手頃なお値段で売”ルノー”?

って言うのが正直な感想でした。

因みに下道、高速道路とで合わせた平均燃費はリッター15でした。

 

と言うことで、ルノー三鷹には

ルーテシアRSトロフィーの試乗車あります

皆様のご来店お待ちしております。


キャプチャーINTENS試乗記

ボンジュール!!

新人営業マンの井上です。

 

最近朝が明るくて、昼間も暖かくなってきて

春の予感がしますね。

さあ今回ご紹介するのはキャプチャーです。
IMG_6567 IMG_6578 IMG_6580 IMG_6579

このキャプチャー、何と言ってもその一番の魅力は

このオシャレなデザイン!!!

デザインコンシャスでありながら

他のどのコンパクトクロスオーバーにも負けないような優れたパッケージングが

なんと言ってもこのキャプチャーの一番の魅力だと思います。

↓こちらの画像はキャプチャー2周年限定車です。ステアリングの模様が専用デザインです。通常オプションのナビは限定車では標準でわずか2万UP。ナビだけでも20万以上しますので非常にお得です!!

IMG_6570

 

↓こちらのシートカバーも通常のインテンスと異なるデザインです。それ以外に画像に無いですがシルプレートもついてきます。 IMG_6571

最近はこの手のコンパクトクロスオーバーと呼ばれる車が非常に人気がありますが

その中でもキャプチャーはかなり後発組。

ですので、他メーカーの車を徹底的に研究に研究をし尽くして、シッカリ市場調査してつくったんだとか。

 

各社さまざまなコンパクトクロスオーバーを作ってますが

正直SUVの形を優先することで色々なことが犠牲にされているのは否めません。

 

その例を挙げると沢山あります。

例えば、

◦SUVにしたことで前の見切りが悪くなる。

◦車高が高くなったことで運動性能や走りが犠牲になる。

◦車高が高くなったことで乗り降りがしずらくなる。

◦車重が重くなって燃費が悪くなる。

◦外からみるよりもかなり中が狭く窮屈になる。

・・・・・・・などなど。

 

一方キャプチャーは、ハイブリットが設定されている訳ではないので

とびっきり燃費が優れているという訳ではないですが

この素晴らしい走り、乗り心地にしてこの燃費、非常に経済的です。

 

<キャプチャーの魅力>

◦燃費も犠牲にすることなく経済的!!!

◦運転席に座った時の見切りが非常に良い!!!

◦いい意味で普通に乗れ、ストレスなく運転できる!!!

◦後席が前後にスライドするので後席の居住性が同クラス最大級!!!

↓後席も乗り降りラクラクです。

IMG_6573              ↓後席足回りです。ご覧ください広々しています。 IMG_6572

◦荷室は荷物がしっかり積めるし、後席を倒すとさらに積めますし

後席を前にスライドすれば後席を潰さず荷室を多くとれる!!!

↓ラゲッジフロアボード下にも収納できます。

IMG_6574              ↓ラゲッジフロアボードを下にスッキリ収納できますので使わない時も邪魔になりません。 IMG_6575              ↓ボードを下に収納した状態です。 IMG_6576              ↓2列目を倒すと広大な荷室になります。 IMG_6574 IMG_6574 IMG_6577

◦4WDの設定は無くFFだけの割り切ったつくりをしているが

最低地上高をしっかり20センチとっているので荒れた道路なども

こする心配せずちょっとした悪路も運転できる!!!

 

 

さあ、では早速乗り込んでみます。

非常に乗り込む時のシートなどの高さが絶妙で

乗り降りが楽です。

これなら小柄な方や御年配の方も乗り降りがしやすいですね。

 

ルノーお決まりのカードキーをさしてエンジンスタートボタンを

押してエンジン始動。

それでは発進します。

 

最新の6速エフィシェント デュアル クラッチはゆったり走ると非常に滑らかな変速で

いつギアチェンジしたのかわからないくらい。

しかも低速からトルクがあるため想像していたよりも力があります。

アクセルをめいっぱいを踏み込んでいくとさすがはターボ

力強い加速をします。

このクラスでこの走り素晴らしいの一言です。

またこちらのキャプチャーもフランス車の例にもれず

非常に足回りが優秀で荒れた舗装路、道路のつなぎ目も

快適そのものです。

高速で走行もしましたが、静粛性も高く

直進安定性があるため120キロで走っても

ストレスを感じませんでした。

あっと言う間の試乗でしたが

このキャプチャーのデザイン以外の魅力は

正直乗って頂かないとお伝えするのが非常に難しい(泣)。

ですので是非一度試乗にお越し下さい。

 


カングー試乗記 その弐

皆様ボンジュール!!

前回はカングー試乗記その1を

書かせて頂きましたが

読まれた方々から

試乗記って言って、殆ど試乗しないでほぼカングーに乗り込むまで

の内容やん!

と鋭いご指摘を頂きました。

またさらには

カングーZENなだけに

ゼンゼン駄目よ!

という苦情を頂きました。(ただ言いたかっただけ?)

 

と言うことで今回試乗記パート2では、より深くカングー試乗記書いていきまーす。

えっ、より深くってパート1は別に深くなかったって?

安心して下さい。履いてますから

ではなくちゃんと書きますから。

カングーなだけに勘ぐらないでくださいねっ(寒)。

ただ普通の試乗記なんてネットに天文学的な数ありますよね。

なので後半では、より深くカングーの魅力を伝えれるようカングーの可能性を探っていきます。

 

 

前回の続き~

 

実はカングーには、ディスクブレーキが前後についてます。

皆様ご存知でしたか?

私は昨日知りました(笑)。

嘘のような本当の話(ディスクブレーキの話は本当です)と

本当のような嘘の話(もう少し前から知ってました)なんですねっ。

話が脱線しましたが

国産の商用車は普通リアはドラムブレーキが主流なんですね。

ブレーキしかり、座り心地の良いシートしかり、安全性しかり

国産の商用車だからお金掛けない的な造りとは考え方がZENZEN違いますよねっ。

実際ブレーキもシッカリききます。

あとステアリング(ハンドル)のフィーリングが非常によいですね。

運転する前に想像していたよりステアリングが非常に軽いのですが、高速での直進安定性もよかったです。

ステアリングの軽さをわかりやすく伝わるように例えるなら

昔オンボロのレンタカーで

大雪の翌日初デートにドライブに行った時

すげーハンドル軽いーしかもコーナーでロール(左右の傾き)ないー

と思ってたら

助手席から

ねぇねぇ滑ってるよ。ぶつかるよ、と。

冷静に見渡すと確かに滑ってるみたいだ。

低速だったこともあり、慌てて車から降り2人で車をせき止める。

笑い話としては滑ってはないのかもしれないが、ある意味車と一緒にヘビーな滑りをみせました。

とまあその時氷の上でタイヤが滑って軽かったくらいステアリングが想像していたより軽いんですよ。

わかりやすい例えですよねっ。

あっ、因みにオンボロレンタカーは溝に落ち停車しました。

 

↑本文と画像は関係ありません。

ただ幸い?彼女は落ちず、それっきりです(泣)。

 

話は戻ってカングーの直進安定性ですがどれ程素晴らしいかと言うと

ハンドルを離してタイタニック的な水平に手を広げても結構真っ直ぐ走りました。(危ないので絶対真似しないで下さいね)

 

 

後高速では、苦手な虫を人差し指でツンツン突く時のような力加減で片手で指1から2本軽く触れるだけでも運転できました。(危ないので一応全部添えて下さいね。力がいりませんから。)

 

本当カングーの走りは、乗るまで想像していた国産商用車的なのとまるで違い非常に快適に楽しい運転ができ感激しました。

 

と言うことで

話が長くなってしまいましたので

カングーの可能性の話は

パート3で

 

さて皆様、今当店ではカングーZEN6MTの当店のオリジナルモデルが展示してあります。

な、な、何と1台限り!!!

それとカングー アクティフ ペイサージュも在庫がエメラルドグリーンのものがあります

 

な、な、な、何とこちら1台限り!!!

気になった方は、考える前にまずはお気軽にお問い合わせ下さい。


今週末NEW ルーテシア デビュー フェアー開催です!!!

IMG_6642 IMG_6643 IMG_6646お、おまたせしましたっ。

つ、つ、ついにNEW ルーテシア デビューしました。

IMG_6644

 

えっ??あんまり変わってなくない??

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

大きく変わりました!!!

正直、私も今回の変更は焼き肉とバーベキューの違いのような

(焼き肉は焼きながら食べる、バーベキューは焼いてから食べるというわかりにくい違いがあるようです)

わかりにくいものかと最初思ったのですが

乗ると

あれ??ルーテシアってこんなに加速がよかったかなあ??

と思いました。

どうやら調べてみたら最大出力、最大トルク、変速比も一新され

乗りやすくなっているんだとか。

それ以外には、RS系についているステアリングがインテンスのグレードでも

採用されました。(ZENのステアリングは’いZEN’と変わらないようです。)

IMG_6661

 

それ以外にはシートのカラーデザインが変わり、シートに座っている状態で

素敵なシートのカラーが目立つようになっています。

IMG_6649

あと何と言ってもダッシュボードのカラーリングが何ともオシャレで可愛いですよね。

IMG_6648

 

その他変更点は

○ アイドリングストップの追加

IMG_6650

○ センターコンソールのディスプレイの機能追加

です。

IMG_6653 IMG_6654 IMG_6656

因みに、この情報は無いのですが、私がNEWルーテシアに乗って

感じたことですがギアをチェンジしたら

以前のルーテシアとは違うフィーリングなように感じました。

ギアレバーがカチッ、カチッと入りました。

 

是非皆様もお越し頂いてご確認下さい。

あとは若干お値段が変更になりまして

インテンスグレードでメタリックですと16600円お求めやすくなりました。

是非この機会にご検討下さい。

皆様のご来店心よりお待ちしております。