カングーで行くB級グルメ旅 ~喜多方・会津若松編~

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

日本列島を寒波が襲来し、毎日寒い日が続いておりますね~。

 

 

太平洋側に位置するルノー水戸はおかげさまで平穏でございますが、

 

 

各地では雪による影響が多数出ている模様です。

 

 

皆様もくれぐれご用心を・・・

 

 

さて、話はかわりますが、先日、今年初のカングーで行くB級グルメ旅に出かけてまいりました。

 

 

今回の訪問先は福島県の会津地方。

 

 

会津といえば美味しいものがたっくさんありますよね~

 

 

みなさんは何が思い浮かびますか~

 

 

私はなんといってもまずは喜多方のラーメンです。

 

 

喜多方は水が美味しい町、そんな美味しい水があるから、美味しい麺とスープができるんですね~

 

 

と、いうことでいざ喜多方へしゅっぱーつ!!

 

 

国道349号線を北上、福島県に突入!!

 

 

途中までは茨城県と変わらない風景。

 

 

順調〜♪♪

 

 

804E672B-0119-42F8-BDFF-5A1F6DE1C1B2

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、会津が近づくにつれあたりの様子が・・・

 

 

大丈夫かな〜

 

 

6B4FC888-B9D9-4888-80DA-FB49EFE3407D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧雪路を幾箇所か抜け、

 

 

3E88513A-383B-4C97-AE3F-1578C744A42D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着きました〜♪♪♪

 

 

到着したお店がこちら、今、喜多方で人気のラーメン店“喜一”

 

 

0E295FAE-2553-43FD-9C1F-D734E0BBA976

 

 

 

 

 

 

 

 

喜多方のラーメン店は昔ながらの佇まいで営業している店舗が多いのですが、

 

 

こちらの喜一は外観も洒落た感じで、店内も明るくまさに今時のラーメン店って感じです。

 

 

C8B8BF0C-D585-400E-BB9D-85EF5400CDCC

 

 

 

 

 

 

 

 

お品書には醤油系・塩系・味噌系とレパートリーが広く、オールラウンダーの様相。

 

 

6B77B6CC-8789-4239-8916-637BEC5A83A9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前の店舗リサーチによれば、どれもハズレなしのようなのですが、

 

 

なかでも今、喜一で一番人気なのが塩系らしく・・・

 

 

ということで、今回はネーミングもこだわりが感じられる“Sioラーメン大盛り”をチョイス!!

 

 

若干こちらにも後ろ髪を引かれましたが、次回のお楽しみに。

 

 

E90EE1F8-10FB-4FE6-ADE1-C7C228883EA5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダー後、待つこと5分程、

 

 

配膳されたラーメンがこちら

 

 

54564D5A-8279-4294-A863-80DF45CA9C53

 

 

 

 

 

 

 

 

Sioラーメン大盛りです。

 

 

まずは清楚な器からスープをすくい上げ一口、

 

 

ん〜透き通るルックスには似合わず、しっかりと深みのある味わいのスープ。

 

 

そこに喜多方ラーメンを象徴する平打ち多加水太縮れ麺がビルトイン。

 

 

そして、その上にお代に見合わないチャーシューが4枚もパイルダーオン!!

 

 

勿論、添えられたネギもメンマもしっかりとその役目を果たしています。

 

 

あ〜美味しかった〜

 

 

あっそうそう、こちらの喜一は“朝ラー” もやっているらしいので、ラーメン好きの方は朝一喜一で朝ラーをキメてその後、昼ラーも良いかもしれませんね。

 

 

お腹いっぱいでカングーに乗り込み次に向かった先は会津若松にあるお肉屋さん“扇屋精肉店”

 

 

60B8CD26-7538-426F-84CF-C9BA8D1DE22E

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の次なる会津のお目当、そう“馬刺し”です。

 

 

このお店は親爺さんと息子さんで切り盛りするお店。

 

 

2F1E4873-4AF9-4DB8-9443-C708BD473373

 

 

 

 

 

 

 

 

画像では分かりづらいかもしれませんが、“馬”を中心とした商品展開をしているお店です。

 

 

今日ははなから馬刺しをゲットする予定だったのでクーラーボックスに保冷剤も仕込んでカングーに搭載してまいりました。

 

 

しかし、扇屋精肉店に着くと思わぬハプニングが・・・

 

 

なんと、まさかの“馬刺し無し”

 

 

じぇじぇじぇ!

 

 

息子さん曰く、あと一時間後には間違いなく入荷しますとの事。

 

 

ならばという事で、馬刺し購入後に予定していた立ち寄り先に行って、扇屋精肉店に戻ることに・・・

 

 

向かった先は扇屋精肉店からほど近いところにある国の重要文化財“さざえ堂”

 

 

BEAB9323-8D4C-4334-B58D-5334A80EF194

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは内部に螺旋状のスロープが施されたお堂です。

 

 

さざえ堂は寛政8年(1796)に飯盛山に建立されました。

 

 

上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造により、たくさんの参拝者がすれ違うこと無く安全にお参りできるという世界にも珍しい建築様式を採用しています。

 

 

8DFBCB41-7E2C-4F4B-9B6E-595692B8D6E6

 

 

 

 

 

 

 

 

側面から観るとさざえ堂といわれる所以がわかりますよね。

 

 

1EF21C47-561E-44B4-A7F7-D7D104831D26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さざえ堂のある飯盛山といえば白虎隊

 

 

DB263CFC-D214-494E-862B-FFC3AED26058

 

 

 

 

 

 

 

 

お参りもしてきました。

 

 

散策する事一時間、先ほどの扇屋精肉店に戻ると、ショーケースにはお目当の馬刺しが。

 

 

皆さんもご存知の通り、馬刺しといっても様々な部位があります。

 

 

扇屋精肉店ではモモ、ロース、ヒレを扱っています。

 

 

今日は息子さんのオススメもあって馬刺しの食べ比べをすることにしました。

 

 

まずはこちらがポピュラーなモモ

 

 

E243C7D7-EF5E-4245-93C8-4D80E8990B64

 

 

 

 

 

 

 

 

歯ごたえがしっかりある部位です。

 

 

スライスは薄め、さすがプロ。

 

 

こちらはロース

 

 

BA0DF94C-6C1B-4A81-A401-4049C841AC16

 

 

 

 

 

 

 

 

モモと比べると幾分しっとりしたした舌触り。

 

 

そして、こちらが希少部位ヒレ

 

 

243B494F-1FDD-4851-8426-8D1F0C59F65B

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはとにかく柔らかなのでカットは厚め、切り方で肉の旨みが全く変わってきます。

 

 

どれも勿論美味しいですが、

 

 

私の好みはヒレかな〜

 

 

以上、カングーで行くB級グルメ旅2018初回版でした。

 

 

明日もルノー水戸では、新春フェアを開催しております。

 

 

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

 

 

CF395415-AAE7-4985-9CA1-ECC83C8503F4

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カングーで行く歴史探訪 〜日光東照宮〜

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

ここしばらく私のブログは“秋”がテーマ

 

 

・・・って、ダレ?

 

 

“秋”じゃなくて“食”がテーマだって言ってるのは?

 

 

確かに若干その感は否めないが・・・

 

 

じゃ〜って事で今日は、

 

 

カングーで深まり行く秋を堪能しに一路栃木路へ。

 

 

ルノー水戸から北西に100キロあまり、

 

 

今日の目的地は日光東照宮であります。

 

 

E679EBCB-E26A-4D7F-88C2-5DAD049921B2

 

 

 

 

 

 

 

 

2年ぶり位に訪れましたが、あいかわらずいつ来ても沢山の人・人・人ですね〜。

 

 

異邦人もたっくさんで、まさにワールドワイドです。

 

 

ところで、みなさんは日光東照宮といったら何が一番先に思い浮かびますか?

 

 

なにせ見所がたくさんありますからね〜

 

 

私、正直ここに朝から晩までいられます。

(^ ^)

 

 

まずは表門をくぐって左手に進むと、まずはこれでしょう。

 

 

神厩舎の『見ざる言わざる聞かざる』いわゆる三猿です。

 

 

3F201D7C-B69F-4351-8B69-38A826C7AECA

 

 

 

 

 

 

 

今春、改修が完了し、“新”三猿となってます。

 

 

メディア等でも賛否が様々な今回の改修ですが、

 

 

正解は誰も知らないのだから・・・

 

 

その時代に想いを馳せて鑑賞することに意味があると茂野は思います。

 

 

そこから先に歩を進めると、見慣れたこのアングル。

 

 

933C29B4-CB74-4053-B411-A0A2A67CFBE5

 

 

 

 

 

 

 

 

陽明門を遠巻きに、訪れた多くの団体客が記念写真を撮るアングルです。

 

 

かくゆう茂野も小学校の修学旅行でこの地を訪れ、ここで記念写真をパシャリ!

 

 

しました。

 

 

BDB54087-715A-477A-8B05-884CCAF39509

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが国宝「陽明門」です。

 

 

春から4年ぶりに一般公開されています。

 

 

陽明門をくぐって右手に進むと坂下門があります。

 

 

坂下門といえばみなさんご存知の左甚五郎作眠り猫ですよね〜。

 

 

AA942422-984F-4184-8F59-9AF2D81CA6AE

 

 

 

 

 

 

 

 

この眠り猫も今回の改修で目の空き加減がメディアを中心に 着目されました。

 

 

その目が、画像が遠くて見えなくてすみません。

 

 

ご存知の通り、この坂下門は立ち止まっての撮影が難しいポイントなのでこんな感じになってしまいました。

 

 

この門の上は徳川家康公が眠る奥宮拝殿、 奥宮宝塔とつながります。

 

 

青色吐息で登った207段の階段のその先、

 

 

奥宮拝殿で引いたおみくじをご披露して続きはまた次回。

 

 

37505074-F1F3-45F3-9FA8-4FD4EE1C64A3

 

 

6BD556C2-5C2D-48EA-8115-575B12CFBA64

 

 

 

 

 

 

 

 

EBCAC278-2CA9-468A-A4B6-053733138630

 

 

 

 

 

 

 

ルノー水戸

水戸市千波町1949-1

029-284-7000

営業時間  午前9時30分〜午後7時  サービスは午後6時まで。

【定休日】火曜日・第一水曜日

 


カングーで行くB級グルメ旅 〜ごぜんやまらーめん〜

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

もはやシリーズ化している感のあるカングーで行く2017味覚の秋ブログ。

 

 

今回ご紹介するのはおそらく、日本全国みんな大好きな、

 

 

あれ、

 

 

そう、

 

 

ラーメン!(^ ^)

 

 

でも、今日ご紹介するのはラーメンを『作って出してくれる店』ではありません。

 

 

ルノー水戸のある水戸市を流れる那珂川

 

 

その上流にそのお店はあります。

 

 

あっそうそう、この日は寄り道しながらのぶらり旅、

 

 

ということで途中、道の駅ひたちおおたに寄り道〜

 

 

すると、いましたカングー仲間〜(^ ^)

 

 

20968222-3410-4959-9A4A-64F6A138465F

 

 

 

色もおんなじジョン アグリュム(^ ^)

 

 

たまに出先でカングーに会うとなんだか他人じゃないみたいって気持ちになるのは私だけ・・・なのかな〜。

 

 

なんとなくホッコリ

(^ ^)

 

 

さて、さて、道の駅ひたちおおたでは朝ごはんを食べて来なかったのを思い出し、

 

 

焼きたてのフランスパンをゲット!!

 

 

12FBB349-AA90-4229-8ABB-0C2E5405C7A5

 

 

 

そしてパンをかじりながら向かったのが、こちらのラーメン店。

 

 

2DC83793-4A97-494E-BC7A-AC2F1CDE5987

 

 

じゃ〜ん!!

 

 

そう、知る人ぞ知る常陸大宮市野口にあるごぜんやまらーめんです。

 

 

ここは製麺所さんがやっている麺の直売所。

 

 

0B6D3872-79D6-4153-971D-A88B6F1206D9

 

 

 

お店はこの右奥にあります。

 

 

いたって普通の家の庭先って感じなんですが、

 

 

お客さんがじわ〜り、じわ〜りやって来ます。

 

 

58DD7EC8-31EC-4453-943D-197E767F893D

 

 

 

そして、こちらが商品棚、ここでの買い方はまずスープを選びます。

 

 

今は18種類位あるのかな!?

 

 

その後、お会計所でスープの数だけ麺を買います。

 

 

しばらくぶりにいったのですが、

 

 

いまはスタンダードの細麺に中太麺が加わったようです。

 

 

603F148D-202A-41D6-A4BD-838BFD53D215

 

 

 

 

ということで今日は細麺 10食分を購入しました。

 

 

そうだ、今度これをルノー水戸の来場プレゼントにしてみよっかな〜

 

 

受けるかな!?

 

 

どう思います?

 

 

皆さまのお声をお聞かせください。

(^ ^)

 

 

12B7203B-4FC6-4CCE-963C-B01C624B2A29

 


カングーで行くB級グルメ旅 〜立ち食い字屯 老ち園〜

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

いゃ〜食欲の秋真っ盛りですね〜

(^ ^)

 

 

皆さんは食欲の秋、謳歌してますか〜

 

 

今回は「ん〜そういえばまだ食欲の秋を感じていないな〜」ってあなたにルノー水戸最新の“メガ盛り店情報”をお届けいたします。

 

 

ルノー水戸から北北西にカングーを走らせること27キロの場所にそのお店はあります。

 

 

お店の名前は『立ち食い字屯老ち園』

 

 

お店の名前を見てピン!と来たあなた、そう、時々テレビやラジオに出る城里町のあのお店です。

 

 

D0CEBB60-00AA-4DFC-B5E1-3116CCD8B973

 

 

そしてこちらが 『立ち食い字屯老ち園』の店舗外観。

 

 

国道にこそ面していますが、おおよそここが、“食堂”だと気がつく人が果たしてどの位いるのか・・・

 

 

 

ACE94872-9FFC-47D8-9AC6-A8271617CC5C

 

 

昭和な雰囲気の店内に入ると、右手の壁にはテレビで見たことがあるタレントさんと店主さんが写る写真やサイン、

 

 

地元ラジオ局のキャスターのコメント等がズラリ!

 

 

へぇ〜

 

 

そして、こちらが立ち食い字屯老ち園のメニュー!

 

 

ん〜シンプル!

 

 

5AD8AD34-2C14-4D6F-BA05-A7276AE233EC

 

 

 

画像が見ずらかったらごめんなさいね。

 

 

右端の短冊には店主の茶目っ気あふれるこんなコメントが。

 

 

『当店まだ未熟の為 時間がかかります 御急ぎの方は他店へどうぞ』って。

 

 

大概のお客さんは配膳に時間がかかるのは承知の上で来店しているので、

 

 

「ハイハイそれでは急ぎますんでよそに〜」

 

 

ってお客さんはいるはずもなく・・・

(^ ^)

 

 

・・・ということで我々一行が注文したのは、

 

 

『限定 御前山名物 天ザルそば』800円と、

 

 

『天プラ(小)ザルうどん』500円を注文

 

 

それから・・・

 

 

待つこと・・・

 

 

・・・何分待ったんだろ。

 

 

そしてお待たせしました〜と、

 

 

おばさんが配膳してくれたのがこちら

 

 

じゃ〜ん!!

 

 

1C7E2102-DC3A-44A4-8D56-93FF9623F701

 

『限定 御前山名物 天ザルそば』800円

 

 

B2F708E7-EEB2-4548-A267-30B78871E5FD

 

『天プラ(小)ザルうどん』500円

 

 

さぁ〜画像をご覧になった皆さん、

 

 

いかがですか?

 

 

「画像だけでお腹いっぱ〜い」

 

 

ってつぶやきが飛び交っている気がしているのは私だけ?

 

 

百聞は一見にしかずです。

 

 

秋の常陸の国をドライブがてら出かけて見ては!?

 

48DB17BA-7098-4120-92E8-AFF94CF48108

 

 

 

 

 


カングーで行く秋の味覚狩り

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

先日、運動不足の解消も兼ね、秋の味覚を求めて近所の山を散策にいってきました。

 

 

24B4DA7C-3420-4B59-AFF3-E1298918865F

 

 

この時期の山には秋の味覚がたくさんあります。

 

 

ちなみに私のこの日のお目当は“むかご”

 

 

あっ、皆さんむかごってご存知ですか?

 

 

茨城あたりでは一般的にヤマイモのツルになる1センチ前後の豆のようなものをいいます。

 

 

塩ゆでにしたり、お米と一緒に炊き込んでむかご飯にしたりして食べる秋の味覚の一つです。

 

 

本来ならこちらがむかごと画像をお見せするのが一番なのですが、

 

 

今年は不作なのか、すでに他の方に“収穫”されてしまったのか、ぜ〜んぜん取れず、したがって実っている所の画像が撮れませんでした。

 

 

なので、途中から狙いを変更〜

 

 

っていうかただ落ちてたのを見つけて拾い始めただけなんですがね〜

(^ ^)

 

 

それはこちら〜

 

 

33A6D210-AC84-4597-86D3-78BC83A95C5E

 

 

そう、山栗です。

 

 

09E3F1AF-EFA6-4265-87F6-9E80F587B44E

 

 

木に実る山栗もいっただきぃ〜

 

 

そして、秋の山といえば、メジャーなのはこちらかな?

 

 

じゃ〜ん!!

 

 

B72D9AB6-8743-425A-844E-F60B60BEDC81

 

 

キレイな色ですよね。

 

 

8787F5B8-B314-4589-B5F5-4D69586A931D

 

 

でも私はキノコは採りません。

 

 

なぜって、毒キノコがわからないから〜

(^ ^)

 

 

この時期茨城県では必ずと言っていいほど、毒キノコを食べて食あたりのニュースが数回流れます。

 

 

“君主危うきに近寄らず”

 

 

実際にはかなり近づいていますが、

(^ ^)

 

 

そして、見上げるとこんなスイーツもぶら下がっています。

 

 

F7D66DA5-5EDD-4888-B742-5F0C77B5C92F

 

 

わかりますか?

 

 

3F1095B7-AF8E-489C-979C-135915997ACE

 

 

そう“アケビ”です。

 

 

98CBF189-8E88-4B24-A7EE-48992191A34B

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、中の白い実を食べます。

 

 

トロ〜ッとして甘くてまさに自然のスイーツなのですが、

 

 

種がやたら多いのがたまにきずです。

 

 

ということで、山を散策すること一時間あまり、

 

 

今日の収穫はらこちら、

 

 

3177A0F7-EE59-42EE-996B-6A7CE8BD86BB

 

 

そしてこちらは本命のむかご。

 

 

D5E545D5-F00C-4D65-AC2B-32A7CDD25C6E

 

 

実は、我が家の庭にも少しはむかごがなっておりまして・・・

 

 

この後、栗はゆで栗に、むかごは塩ゆでとむかご飯で美味しくいただきました。

 

 

皆さんもたまには都会の喧騒から離れ、自然へ飛び込んでみてはいかがですか。

 

 

5CB9CCAF-89FE-43FD-90D1-A421745790CD

 

 

 


ビーチin茨城

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

梅雨の合間の晴れ・・・

 

 

にしてはだいぶ長々と真夏日が続いてますね~

 

 

なにやら梅雨の時期にこれだけの暑さが続くのは記録的なことらしいです。

 

 

今日は7月15日(土)ルノー水戸のある茨城県では今日2017海水浴シーズンの幕開け、

 

 

“海開き”です。

 

 

茨城県内には変化に富んだ18ヶ所の海水浴場があります。

 

 

環境省が選定した『快水浴場百選』では関東から選ばれた海水浴場7ヵ所のうち、

 

 

なんと5ヵ所が茨城県内の海水浴場です。

 

 

自然がいっぱいのわれらが茨城~

 

 

みなさんも夏の思い出のワンシーンに茨城の海を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

IMG_3952

 

 

 


カングーで行くB級グルメ旅 〜 ガトー・プーリア編〜

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

毎日暑い日が続いておりますが、

 

 

みなさまお変わりなくお過ごしですか。

 

 

カングーで茨城県内をのんびり巡るぶらり旅

 

 

さて、今回は美味しいスイーツを求めてルノー水戸から南へ約50キロのところにあるつくば市のガトー・プーリアへ伺ってきました。

 

 

IMG_3897

 

 

いかがです?

 

 

お店のたたずまい、まるでヨーロッパ。

 

 

IMG_3895

 

 

 

そして、 このお店の名物といえば上下の画像にもあるチーズ・ズコットとエクレアです。

 

 

IMG_3893

 

 

このお店は遠方からもお客さんが集まる名店です。

 

 

この日は平日でタイミングが良かったので、

 

 

ご覧のようにショーケースの中にチーズ・ズコットがたくさんありましたが、

 

 

土日ともなると整理券が発券されるとか。

 

 

エクレアもしかり、

 

 

IMG_3903

 

 

今日は、エクレアとチーズの味が更に濃厚なプレミアムチーズ・ズコット に更にシェフ特製のチーズソースを奮発してみました。

 

 

IMG_3904

 

 

まんまるで綺麗でしょ〜♪

 

 

勿論、「うんめ〜♬」のは当たり前!!

 

 

そうだ、今度、ルノー水戸にご来店のお客様にお出ししてみよっかな〜

 

 

どうでしょ菊地君。

 

 

IMG_3608

 

 

 

 

 


カングーで行く『ひよっこ紀行』茨城県久慈郡大子町編

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

現在NHKで放送中の連続テレビ小説ひょっこ。

 

 

これまで劇中の谷田部みね子(有村架純)が生まれ育った奥茨城村を訪ねるべく、

 

 

高萩市、常陸太田市をカングーで駆け抜けて来ました。

 

 

今回はその第3弾、“久慈郡大子町編”です。

 

 

大子町といえば、ご存知の方も多い茨城県ロケ地のメッカです。

 

 

この日も大子の道の駅には来訪者を歓迎するのぼりがたなびいていました。

 

 

IMG_3826

 

 

さて、ひよっこは大子町でもあちらこちらでロケが行われたようですが、

 

 

今回は第2回放送でみね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)が学校帰りに語り合ったベンチや、

 

 

IMG_3822

 

 

第15回放送で奥茨城村聖火リレーのスタート・ゴール地点となり、2人がブランコに乗った“広場”を訪れてきました。

 

 

こちらがみね子と時子が“立ちこぎ”したブランコ

 

 

IMG_3823

 

 

そして、こちらがみね子が聖火のトーチを持って駆け上がった石段。

 

 

IMG_3819

 

 

そしてこちらは石段を登りきってきたみね子にちよ子(みね子の妹)と進(みね子の弟)がエールを送った場所。

 

 

IMG_3820

 

 

ここでは子どもたちが野球もしていましたね。

 

 

IMG_3821

 

画像はほぼ実際の放送アングルで撮っているつもりなのでユーチューブで見比べてみて下さいな。

 

 

そして、こちらはひよっこのロケ地ではありませんが、

 

 

大子町でロケ地と言ったら、

 

 

そう、

 

 

旧上岡小学校(うわおかしょうがっこう)

 

 

IMG_3828

 

 

旧上岡小学校は、1879年(明治12年)4月20日に創立され、2013年3月31日に廃校になりました。

 

 

学校の廃止で役目を終えた木造旧校舎は現在、地元有志が組織した保存会により維持管理されています。

 

 

建物3点は国の登録有形文化財に登録され、窓ガラスは全部昔のガラスで、学校の備品もそのまま残されています。

 

 

最近のでは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』でしょうか。

 

 

大子町はこうしたロケ地の他にも見どころ等がたくさんあり、

 

 

近くには日本三大名瀑の一つ袋田の滝や、日帰り温泉もある袋田温泉もあります。

 

 

皆さんもたまには都会の喧騒から離れ、のんびりした時間を過ごしに大子町を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

勿論、みやげ話はルノー水戸へ。

 

 

IMG_3616

 

 

 


カングーで行く『ひよっこ紀行』茨城県常陸太田編

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

カングーで行く『ひよっこ紀行』今回は、

 

 

ルノー水戸のある茨城県水戸市から北へ約32キロ、常陸太田編です。

 

 

ロケ地へ向かう道中の国道349号線常陸太田市に入ると、

 

 

昨年の7月オープンしたばかりの道の駅『ひたちおおた』が現れます。

 

 

IMG_3756

 

 

常陸太田といえば、水戸黄門が隠居をした地、

 

 

という事で記念フォトは当然これ、

 

 

IMG_3732

 

 

店内に入ると、すぐの場所にありました。

 

 

IMG_3730

 

 

“ひよっこ” お土産コーナー

 

 

ここでは茨城県内の名産品が販売されていました。

 

 

道の駅『ひたちおおた』を後にして、カングーを一路北へ進めること十数分1ヶ所目の目的地に到着。

 

 

IMG_3736

 

 

どうですこの古き良きたたずまい。

 

 

煉瓦造りで切妻屋根の建物と寄棟屋根の建物がつながった外観が特徴のこの建物は旧町屋変電所です。

 

 

IMG_3738

 

旧町屋変電所は、明治42年1月に日立製作所の前身である久原鉱業所日立鉱山によって建設された水力発電所の変電施設です。

 

 

ひょっこでは第15話 『明日に向かって走れ』の中で奥茨城村で開催された聖火リレーの役場建物として登場。

 

 

劇中では煉瓦の上の窓から“奥茨城村聖火リレー大会”の懸垂幕が下げられ、

 

 

この建物の前で助川時子(佐久間由衣)が聖火のトーチを受け取りました。

 

 

ロケーションを変えてお次はこちら、

 

 

IMG_3743

 

 

この橋は助川時子がトーチを持って渡ったはしです。

 

 

そしてこちらは谷田部みね子の同級生角谷光男(泉澤祐希)からトーチを受け取ったランナーが渡った橋です。

 

 

IMG_3751

 

 

この辺りが撮影アングル。

 

 

実はこの橋、角度を変えて見るとこんな感じで、

 

 

IMG_3749

 

 

通称“地獄橋”

 

 

川の水かさが増すと、水中に没してしまう橋です。

 

 

ざっと駆け足でご紹介した“常陸太田編”でしたが、いかがでしたでしょう?

 

 

勿論、今回はご紹介しなかったロケ場所もこの近くにいくつかあります。

 

 

えっ?

 

 

何処か教えてって?

 

 

良いですよ〜

 

 

ルノー水戸の茂野を訪ねて来て頂ければいつでもお教えいたしま〜す。

\(^o^)/

 

 

 


カングーで行く『ひよっこ紀行』茨城県高萩編

Bonjour

 

 

ルノー水戸の茂野です。

 

 

みなさんは四月から始まったNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』をご覧になっていますか?

 

 

『ひよっこ』は茨城県北西部の山あいにあるドラマ上の架空の村奥茨城村で育った谷田部みね子(有村架純)が、

 

 

困難に直面しながらも成長していく姿を描く、

 

 

波乱万丈の物語です。

 

 

ドラマの前半では奥茨城村ののどかな風景やそこに暮らす人々が生き生きと描かれています。

 

 

という事で先日行ってきました、

 

 

ルノー水戸から北へ約64キロにある

 

 

奥茨城村の谷田部みね子の家と近所の橋に  ٩(^‿^)۶

 

 

えっ?

 

 

どこにあるのかって?

 

 

えっと〜

 

 

ん〜

 

 

言えません。

 

 

だって家は普通に人が住んでいますし、

 

 

行くまでの道のりは車がすれ違えないほどの幅員なんです。

 

 

でも、画像は紹介いたします。

 

 

IMG_3644

 

 

街中からどんどん山あいへ

 

 

IMG_3645

 

 

文字通りこれが“旗じるし”

 

 

IMG_3646

 

 

カングーでギリです。

 

 

この先にあるのが、谷田部みね子の家です。

 

 

IMG_3649

 

 

 

ほら、

 

 

先ほども言ったように実際に人がお住まいになっているので、

 

 

車から降りて面と向かって画像を撮るのはのは チョット気がひけ、

 

 

カングーの車内から“パシャリ”

 

 

そしてこちらは、第7話で稲刈りの翌日再び東京へ出稼ぎに戻るみね子の父実(沢村一樹)とみね子の母美代子(木村佳乃)がいっしょに歩いた橋

 

 

IMG_3658

 

 

 

以上、今回は茨城県県北 のひよっこロケ地をご紹介いたしました。

 

 

次回機会がありましたらまた別のひよっこロケ地をご紹介いたします。

 

 

乞うご期待。

 

 

IMG_3616