MICHELIN XI3

東海地区もそろそろ雪がやってきます・・・

今年おすすめのスタッドレスタイヤは、やっぱりミシュランXI3ですね~

このシーズンニューモデルになったXI3はますます、高性能

都会派ボーダーやスキーヤーに大人気!

高速走行の安定感は最高ですよ。






end

ルーテシアRSのスタッドレスセット

さあ!冬本番ですね

かねてより、ルノー名古屋東ではウインターシーズン用にスタッドレスとホイールのセットをご案内しておりますが

今回は自信をもってご紹介したいのが

ルーテシアRS用のこのセット

価格は ¥140.016 (税別・工賃別)

限定5セット *取りに来られるお客様のみへの販売

 

内容はスポーツテックmono10とピレリーアイスコントロール

ホイールカラーはハイパーシルバーですよ~安っぽくない、イイ感じです。

当然新品商品です。

早い者勝ちとなりますので、ご了承ください。

*その他車種でも、ギリギリ価格で設定していますので、お気軽にご相談下さい。






end

ルーテシアにPNDをインストール

みなさん。こんにちわ!

久々に力作をご披露します。

今回はルーテシアRSにパナソニックゴリラ5インチモデルをインストール

前々からチャレンジしたかった題材でユーザー様とのマッチングで実現

なかなかの完成度でユーザー様も制作者も大満足

純正のラジオモニターカウルを改造し、オリジナルの面影を残しつつ

カッコ良く仕上げるのに一苦労しましたが

ドーム部分をカット分離し、プラ板で足付け

そこからパテを使用し肉もり。成形

実際には何度となく失敗し、やり直しを繰り返しましたが、イイ出来です

車輌に装着する際に変な力が加わったのか?成形部分が割れてしまった時は少し泣けてきましたけど、めげずに完成までこぎつけました。納車時に「ここまで仕上げてくれるとは思わなかったョ」と言って頂いた時は、思わず笑みがこぼれましたが。

オリジナルラジオモニターはセンターコンソールの下側に移設、こちらも なかなか形が決まらず私の弟子が苦労してましたかね~

最後に塗装仕上げをして完成。






end

GOODRIDGE

今回特注制作で

ルーテシアRSへのGOODRIDGEステンレスブレーキホース制作しました。

もちろん、メーカー発注による確かなせいひんです。

価格はフロントSetで¥19.950(税込)

ブレーキング性能を安定化させハードブレーキングでも安心して踏み込めます。

ステンレス製の素材ですので耐久性と放熱性を兼ね備えていますので、フェード予防にも役立ちますよ

*その他、ご希望車種にワンオフ制作承ります。






end

あたらしいサービスです!

現在RSオーナー様が激増の中、少し他と差を付けたいとお考えのオーナー様が増えてまいりまして、

こんなサービスを提案しましたら

なかなか好評なので

ご紹介いたします(^^

一見?ん?と思われるかも知れませんが

この車両には、カーボン風ラッピングが施されている個所がございまして

これが、シックでカッコイイと評判。例えば

フロントバンパーブレード(¥39.900)

ルーフトップ(¥44.100)

とても、レーシーにドレスアップいたします。

素材は3Mの屋外用ダイノックシートで専属の職人さんが加工貼り付けを行いオリジナルの様に完璧に仕上げて行きます。

この他にもルノーエンブレムのカーボンルックや、ドアミラーカバーのカーボンルックなども可能ですよ。

シルバーカーボンシートを使えば

 

この様な仕上がりも可能!

ペイントでない所が、人気の秘訣かもしれませんね~






end

ルーテシアRSにLSD

先日ルノー岡崎にヘルプに行った時の事です

ピットの奥で岡崎店店長が珍しくツナギを着てなにやらゴソゴソ・・・

 ←この人

「何してんの?」と聴いたら「へへへ・・・ちょっと頼まれたからな~」と

よく見るとトランスミッションをばらしているではありませんか!見上げるとルーテシア3RSが!

と、言う具合で、今回はルーテシア3RSにLSD(ノンスリップデフ)装着のお話。

使用したのはQuaife製のヘリカル式LSDで以前からよく利用するメーカーの製品で

今回も採用。選択肢が少ないのでしかたがないのも有りますが機械式に比べると、サーキットユースだけではなく

街乗りでも支障のないワンウエイのタイプは、有る意味ベストのような気がします。

「踏めば行きたい方へグイグイ引っ張って行ってくれる、頼もしい奴!」と岡崎店長談

たしかにQuaife製はパンチは少ないかもしれませんがパキパキ音も無いし滑らかなんだけど、トラクションがかかると

ガツンと効いて来る感じがありますからね。

作業は当然トランスミッションを分解してデフの入れ替えを行うわけですが

これまた、簡単そうで なかなか神経を使う作業!一番大きいのがデフで、これを入れ替え。

左を右に替える訳ですが、外側のファイナルギアやベアリングは再使用

なんてことない、鉄の塊りに見えるかもしれませんが、「これが大事な物なんです」岡崎店長談

ところで、何故?店長の岡崎店長がツナギをきてLSD取付?と不思議に思う方もいらっしゃるかと思いますが

実は彼は元メカニックで、しかもただのメカじゃなくチューニングやレーシングカーをいじり倒すメカニック!

ですから、この日は水を得た魚の様に生き生きとキラキラでしたよー

で、気になるお値段ですが

「30万円くらいかな~コミコミで」だって?「それじぁだめじゃん!ちゃんと値段だしてよ」と聞き直すと

「輸入品やから、為替の具合で上下しよるから難しい、今は円強いからいいけど、今後わからんよ~」

「リスクの無い価格にすると高こなるし・・・」岡崎店長談

要は相談?てことで・・・

興味のある人はルノー岡崎・ルノー名古屋東までお問い合わせください(^^






end

お助けグッズ

みなさん

今日、ご紹介するグッズは有ると便利なリアビューモニターとカメラのセットです

NAVIはないけど、バックカメラが欲しいとか

この車、死角が有るのでひやっとするとか

見えない所や見たいところを、カバー!

普段は普通のバックミラーとして使って、必要な時にモニターON!

2チャンネル入力できるのでその他にも映したいものを見る事もできるし

カメラと追加して

こんな事や

あんな事、が可能になります。

今回は、メガーヌRSで右斜め後ろが見えなくて・・・と言う声にお応えして

広角レンズ付きカメラとバックミラーモニターのセットで

工賃別 ¥43.890-(税込)でご紹介になります。






end

ルーテシアRSのパーツ

しばらくぶりの更新です。

今日はルノージャポン公認のスポールカーボンディフィューザーのご紹介です

もはや、新車のルーテシアRSを正規物でに入れる事が難しくなりましたが

アフターパーツは逆に今、大変ホットです!

マフラーやリジカラ・ホイールと個性と走りを極めたい面々がこっそり装着

ここで、マニアックなアイテムとして『カーボンディフィューザー』

リフトアップを押さえ、安定した走りが定評ですよ






end

スポーツ派の貴方に・・・

最近、話題のリジッドカラーです。

このパーツは車輌の下回り特に足を支えている部位の連結部の補強パーツになる訳ですが、少しだけ説明させて下さい。

足回りを支えているサスペンションなどは上部がストラット、下部はロアアームとなるのですが、そのロアアーム基礎部分にメンバー(サブフレーム)が有り、リジッドカラーはボディーとメンバーの連結部に用いるパーツです。連結はボルトで固定されているのですが、取付穴とボルトの径の隙間をこのリジッドカラーで埋める事により足回りのガタつきを少なくしてホールド感を高める目的で取付します。その効果は高速走行時の安定感やレーンチェンジの安心感などに表れ、通常走行時でのハンドリングにもシッカリ感を持たせてくれると好評な半面、街乗り時で路面などが悪い時、ゴツゴツした感じがノーマルより大きくなる傾向があります。したがってこのパーツはスポーツ性は向上しますがコンフォート性は若干損なわれるかもしれませんね。

 






end

Akrapovic

ずいぶん、と ごぶさたしてしまいました。
すいません。
久しぶりの更新です。

今日は、Akrapovicのマフラーシステムのお話。

まずは
取付、風景をご紹介します。

取り外しです。ノーマルマフラーが一本物なので切断から

カラッポになったところで、センターパイプから取付します

こんな感じ

なかなか、クオリティーの高いサブマフラー

次にエンドマフラー。これを取付

ジョイントパイプの調整で完了

みえない所ですが、マフラー屋さんの誇り

最後にエンドカバーとデフィューザー取付で完成

今回取付をしましたAkrapovicのエキゾーストシステムはパーツ価格¥213.150税込です。取付後の感想ですが、正直かなり良い品だとおもいました。製品の品質仕上がりはかなり上質でバランスの取れた形状で、メーカーの自信が伺えるマフラーです。

インプレッションはまず、エンジンスタートした時から感動で、運転席に座っていながらマフラーエンドの出口から心地イイ音が噴出してきているのがわかり、チタンとは違うしっかりとしたパイプからならでわの締った音が楽しめます。全体的にはフロアー下からのザツミの有る音も無くなり、若干大き目になった音も気にならない、かえって高級スポーツ感が出た気さえしてきます。

いざ、発進していくと、下から有り余るようなトルク感と共に気持ちのイイ音が後ろから巻き込んでくるようなサウンドがスポーツ心をクスグリます。思い出してみて下さい。以前、自動車に乗る時むやみに加速したり、シフトダウンしたり、楽しくてたまらなかった頃を(すいません、おやじ臭い例えで) あんな気持ちを思い出させてくれる、サウンドを楽しめます。

勿論、トルク感・レスポンス共にアップしていると思います!






end