明石に玉子焼を食べに。

DSC_0202

DSC_0203 DSC_0205

一月のさぶい中、わざわざ明石へ思いつきで行ってきました。24個で850円。10個めあたりから味に飽きてきましたが、大阪のたこ焼きのようにソースや天然塩もあり24個カンショクでっす。明石のタコフェリー乗り場(現在はありません)前の本家きむらやです。日祝日は店の前に人が並ぶほどの人気店。


ルージュ・フラムMのタッチアップペイントで遊んでみたw

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
で新年のお休みいただいたことでこんなことやってみました!

DSC_0037

タッチアップペイントでこの子を塗装してみました。 

 下準備としてまず解体します。今回はボディーだけを塗装します。

DSC_0038

 DSC_0040下地にサーフェサーをかけて表面をきれいに整えます。

ルージュ・フラムMのタッチアップペイントは、2色セットです。下地の塗料にクリアレッドを重ねるキャンディ塗装法をしていきます。

 DSC_0041こちらが、下地のレッド

で、下地を模型用レベリング溶剤でエアブラシ用の濃度に調整します。今回は、メタリック塗装に適したものを用意しました。

DSC_0043メタリック粒子の大きい塗料です。

ですので見た目は、シルバー色がかなり強くなりますので ルージュ・フラムMとはかなり違った色に見えます。

で、ここで登場するのが カラークリアレッドです!

DSC_0044顔料の少ない色素塗料なので色を重ねて発色させるキャンディ塗装をします。

 塗装→乾燥→塗装→乾燥→塗装→乾燥→トップコート(クリア)と計4回の塗装です。

DSC_0047下地のメタリック粒子が整いきれいな赤になってきました。

その後、細かいところの塗装を筆でちょこちょこっと・・・・ものように組みなおして・・

で完成は こちら!DSC_0054

ルーテシアGTのルーフに乗せてパシャリ

少し、暗くなってしまったのですが、ちゃんとルージュ・フラムMです。

(暗くなった原因は、下地のサ-フェサーにヘビーグレーを使用したためかと ^^;)

この子は、現在ショールームの隅っこで 人知れず待機してます、ショールームで探してみてください!

 

 

*注・・・ 今回の塗装は、模型用具を活用したもので車両本体の塗装には、引用できません。


ドリンクサービス機導入いたしました。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

本年もお客様によりよいサービスができるようにがんばってまいります。

と・・そこで新年よりフリードリンクサービスを開始いたしました。ご来店いただきましたお客様に自由にお使いいただけます。

DSC_0074 操作につきましては、スタッフにお聞きください。

DSC_0075

ご来店、お待ちしております。