おかげさまで70周年と20周年

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

この度、私共北海道日産自動車株式会社が創立70周年を迎えました。

そして同時に北海道日産自動車が50周年の時に立ち上がった、我々のルノー事業も20周年を迎える事が出来ました。これもひとえにご贔屓にして頂いている皆々様のお陰だと思っております。

 

この記念式典という事で、横浜の日産自動車グローバル本社に従業員一同で行ってまいりました。

nissan-honsyathumbnail_IMG_9349thumbnail_IMG_9351

みなとみらい地区にあるとても綺麗な建物。そしてギャラリーには最新の日産車がズラリ。我らがルノージャポンもこの建物の中にあるんですよ。

 

因みに70年前の日産車というのはこんな感じ…

rsapporo-datsan-da

1947年発売のダットサンDA型だそうです。なんだか可愛い( ^ω^) この当時の札幌はどんな街並みで、どんな道路があって、どんな車の使われ方をしていたのでしょうね。

 

70年前のルノー車はこんな感じ…

RENAULT-sapporo-4cv

同じく1947年発売のルノー4CV。日本でも日野自動車がノックダウン生産していたやつですね。新型トゥインゴと同じRRです。パリはおそらく70年前と現在とでは街並み自体はそんなに大きく変わらないのではないでしょうか?

 

そして20年前、『オートフランス札幌』としてルノー事業が立ち上がった当初の売れ筋は…

rsappo-twingo1-doaaki

rsappo-Renault_twingo_1

初代トゥインゴ。今見ても斬新なパッケージングとユニークなデザインは魅力的です。今でもご愛用いただいている方が多いのも納得ですよね。

 

そしてそして、現在2017年のルノー札幌でも…

rsappo-twingo3-doaaki

rsappo-tw3-2dai

やっぱり大人気の新型トゥインゴ。斬新なRRに生まれ変わっても、愛嬌の良さと使い勝手の良さはトゥインゴのアイデンティティとして健在です。

 

安全や環境、テクノロジーの進化、クルマを取り巻く環境も目まぐるしく変化していきますが、これを機に今まで以上により良いサービスを提供できるように努力する所存でございますので、今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。

 


RRって雪道でどうなの?

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

発売以来大変ご好評頂いております新型トゥインゴ。話題のRRレイアウトは「実際のところ雪道でどうなの?」と思われている方がとても多いと思います。thumbnail_IMG_9308

私たちも色々な路面で乗ってみて確信いたしました。
「こいつは雪道でもビックリするくらいガンガン走ります!」thumbnail_IMG_9301-twサイド

まず発進の際は後輪に荷重が掛かりグリップしてる感じがはっきり分かります。後ろにあるエンジンがしっかりと重石となり駆動輪を路面に押し付け、緻密な制御のトラクションコントロールと相まってグイッグイッと路面を掴みながら後ろから押されていく感覚はなかなか新鮮。

thumbnail_IMG_9301-twリア

そして懸念されるのは後輪駆動が故にカーブで「不意にお尻が流れ出さないか?」 いわゆるオーバーステアというやつですが、これもまったく心配無用なんです!我々も試しに広い場所でハンドルを切りながら「これでもかっ!」ってくらいに思い切りアクセルペダルを踏んでみたのですが、超優秀な横滑り防止装置が何事も起きなかったかのようにお尻が振り出すのを防いでくれるのです。
TW3透視P1010936

実はトゥインゴの前後の重量配分は45:55で、かなりバランスのいいクルマなんです。そして 「ここまで進化したのか!」 と感心してしまう程良い仕事をしてくれている横滑り防止装置のおかげもあり、お尻が流れ出すオーバーステアも頭が膨らんでしまうアンダーステアも、極端な挙動の乱れにビクビクする事無く、とにかく安心して雪道を走れてしまうんです!

その他、前後のオーバーハングが非常に短いので路面のくぼみや雪の塊にバンパーをヒットせずに済むとか、ハンドルがとてもよく切れるおかげで雪で普段より狭くなった道路を切り返しせずに回ることが出来るなんていうのも雪道を走ってみて分かった嬉しい発見でした。

thumbnail_IMG_9301

これはもう論より証拠、是非ご試乗ください!

 


余計な心配

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌は記録的な大雪だったり、その後のツルツル路面で走り辛かったりと、クルマには酷な状況の数日間でした。

私は路面状況が酷くなると毎年考えてしまう事があります。

それはABSやESP等の有り難さ。
この時期はABSもESPもお世話にならない日なんて1日もないと言っても過言ではありません。
この手の電子制御デバイスも年々進化しており、発進の際のトラクションコントロールなんて一世代前と比べたらかなり緻密に制御されている感じがします。「ああ、助かった」とか「何とか発進出来た~」なんて時はつくづく技術の進歩に「感謝、感謝」です。

そして同時に考えてしまうのが、その手のデバイスの耐久性。
おそらく雪の降らない地域で使用されるクルマの殆どが、普通に運転している分にはABSも使う事が無ければ、横滑り防止装置やトラクションコントロールなんて下手したら一生使わないで終わる、なんて事もあるのではないでしょうか?そんな使用状況と比べたら、雪国のクルマたちはその手のデバイスに一日に何度もお世話になるわけでして、「こんなに頻繁に使っても大丈夫?」なんて、ふと考えてしまうのです。逆に何年もABSもESPも作動した事がない使用状況下のクルマたちはいざとなった時に本当にちゃんと作動するの??とついつい余計な心配をしてしまいます。

img_3711

まっ、おそらく自動車メーカーや電子制御デバイスのサプライヤーの方に言わすと 「まったく心配には及びません!」 「絶対大丈夫ですっ!」ってレベルの話なんでしょうけどね(笑)

年末の忙しい時期ではありますが、くれぐれも安全運転で行きましょう!

 


やっとキター!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

9月15日にようやく発売となった新型トゥインゴ。ショールムに展示すると、ショールーム全体がパッ!と明るく華やかな雰囲気になるくらいのパワーを感じるデザインです。thumbnail_img_8425寸法でいうとかなりコンパックトなのにこの存在感!

RRのレイアウトも含め非常に注目度が高く、お問い合わせも沢山いただいておりました。我々も現車を目のあたりにして 「やっとキター!」 と軽く興奮してしまいました。そのくらい期待が高かったニューモデルだったんです。そしてまた、その期待を裏切らないところが 偉いところで、「待ってた甲斐があったヨー!」  と長いこと待たされたのも忘れるくらい色々な魅力にあふれています。

これは一見の価値有り!ここ最近の輸入車の中では一番の注目株ですぞ!thumbnail_img_8412

 

 

 


栗尾さんのコーチング

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌も平年より8日も早くソメイヨシノが開花したそうです。ゴールデンウイークにお花見が出来るなんていうのは北海道の特権ですよね。

私の中ではゴールデンウイークと言えば 『花見』 『ドライブ』 『春スキー』 が3大イベントとして君臨しており、3つを全部いっぺんにやってしまうなんていうのは贅沢極まりない事と捉えております。

そんな訳でゴールデンウイーク前ではありますが、3大イベントを楽しむ為に 「キロロ スノーワールド」 まで足を伸ばしてみました。

今回はその際にコーチングを受ける事に。

…と言ってもスキーの話ではありません。

今回小変更を受けたルーテシアにEcoドライブのコーチング機能が備わったのです。

とりあえず、ここではそのコーチを「栗尾コーチ」と呼ばせていただきます。

栗尾コーチはドライバーの走り方のEco度をデータで表示してくれたり、Eco走行に効果のあるアドバイスをしてくれるのです。

それらの栗尾コーチの働きをチェックするという重要な任務(?)の為、最近導入した試乗車のルーテシア0.9Lターボを駆り、栗尾コーチのアドバイスを受けながらキロロまでドライブです。

国道5号線を使い、割りとゆったりとしたペースで小樽方面へ。まずは栗尾コーチに褒められました(笑)IMG_7167

『あなたは自動車の慣性を十分に活用できていますす』IMG_7166

『あなたのギアチェンジシフトは優秀です』

ちょっとうれしい(笑)

 

そして小樽から毛無峠を経てキロロへ。それまでと違い峠道は燃費も多少落ちてしまいます。

栗尾コーチのアドバイスは

『上り坂でもアクセルは一定に保ち、下り坂ではアクセルを完全に開放しましょう』ですって。

…が、しかし、ここでは栗尾コーチのアドバイスに反し、ちょっとだけワインディングを楽しませてもらう事に。このルーテシア0.9Lターボ、こまめにシフトチェンジをしながらワインディングを走らせるととても小気味良く、パワーも十分!ハンドリングも軽快で実に楽しいんです!IMG_7180 image1

暖冬だったとは言え、キロロはまだまだ雪がたっぷりで春スキーを満喫。「パウダースノー、でもなまら寒い」 よりも 「暖かくてガラガラに空いている春スキー」 のほうが最近は「楽でイイよねー」と思ったりしてしまいます。駄目ですねぇすっかり軟弱になってしまって(笑)

ヘロヘロになるまでガンガン滑って…なんて事は全く無くホドホドの怪我しない程度で切り上げました(笑)。

『ドライブ』 と 『春スキー』 は楽しんだので、後は桜を探しに行こうかと思ったのですが、小腹も減ってきたのでここはやっぱり 『花より団子』。 小樽市内の新倉屋本舗へ立ち寄り団子を購入。どの味の団子も美味しいのですが、個人的には『醤油』が一番!これは譲れません(笑)IMG_7192 IMG_7190

甘物も摂取したので、一路札幌市内へ。札幌市内に入るとストップ&ゴーが多くなり、頻繁ににアイドリングストップ機能が働き、最初は少々煩わしくも感じたものの、これだけ信号などで止まっている時間があると 「これは確かに有効だわ」 と思いはじめ、逆にアイドリングストップしないとなんだか 「もったいない」 感じるうようになってしまいました。

こういう時の栗尾コーチのアドバイスは

『200ヤード先に赤信号、アクセルから足を離し、他の車が停車していくのを待ちましょう』 だそうです。ナルホド。IMG_7197

IMG_7195

 

最終的に134.1㎞を走行し5L/100㎞。丁度20㎞/Lという燃費で終了。Ecoスコアリングは「71点」だそうです。この0.9Lターボの実力からすると燃費はまだまだ伸ばせる余地が有ります。

『1速や2速のギアを維持しないで、できるだけ早く高速のギアを使用してください』

『必要以上にアクセルやブレーキを踏むのはやめ、一定の速度で運転しましょう』

『あまり加速しすぎない。急いでも時間の節約になりません。代わりに燃料を節約しましょう』

栗尾コーチのアドバイスもなかなか参考になります。中には 「そんなの分かってるよ」 という事もありますが、燃費は良いに越した事は無いですからね。

 

ゴールデンウィークは車で遠出される機会も多いかと思います。ちょっと意識するだけで燃費改善が割と簡単にできますので是非試してみてはいかがでしょうか。

 


めでたい!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

4月も中旬に差し掛かり、新しい生活を迎えた方々も少しだけ慣れてきた頃でしょうか。当社のすぐ近くにも小学校があり、入学したてのピカピカの一年生が元気に登下校している姿を見かけます。より安全運転を心がけないといけないですね。

ところで、入学式などで必ず登場する 「紅白幕」 。伝統的に祝い事で使われ、「めでたい」 とか 「縁起が良い」 イメージですよね。最近少なくなりましたが、ディーラーの新型車発表展示会などでもショールームを紅白の幕で囲ったりしていました。我々日本人は 『赤』 と 『白』 が組み合わさると、なんとなく嬉しくなるようDNAに組み込まれているものなのでしょうか? 『紅白饅頭』 なんて赤と白の饅頭が並んでいるだけなのになんだか 「ありがたみ」 を感じてしまいますものね(笑)。

ところで、今度のカングーのキャンペーンはこんな可愛らしいCABANA製スペシャルシートカバーがプレゼントになるんです!img_11これはかなり 「ありがたみ」 を感じませんか?

「あっカワイイ!」 と女性の方に特に評判が良いです。余談ですが、うちの嫁曰く、ヘッドレストを外して後ろから私が顔を出したら 「きっと、くいだおれ太郎みたいに見えるね」 ですって… (ーー;)IMG_3920

marine_present2

青と白の組み合わせもお洒落!pre1

『KANGOO Marine Collection Campaign』 期間中にカングーをご成約かつ登録いただいたお客様に、このどちらかのシートカバー1セットと、TOMSの人気の定番シューズ 「STRIPE UNIVERSITY」 のお好きなカラー1足をプレゼント!

 

そして、もう一つご紹介したい『紅白』が。

ルーテシアの試乗車をリニューアル致しました。 IMG_7083 IMG_7084

赤いほうが〔 ゼン1.2L 〕、白いほうが〔 ゼン0.9L 〕。新たにアイドリングストップが付いてトランスミッションも更に洗練された1.2Lターボも、900㏄とは信じられない程軽快な走りを5MTで満喫できる0.9Lターボも、どちらもお試しいただけます。

 

シートカバーも試乗車も紅白で、「こいつぁ春から縁起がいいわい!」(←このセリフの春は本当は新年の意味なんですけどね)


微笑みがえし

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌もようやく雪解けが進み、雪掻きやツルツル路面から開放され、だいぶ春らしさを実感出来るようになって来ましたね。

春といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

『桜』 『卒業・入学』 『タイヤ交換』 etc…。色々あるとは思いますが、春は 『転勤』 『就職』 『進学』 などに伴う 『引越し』 のシーズンでもありますよね。

机、本箱 運び出された荷物のあとは、畳の色がそこだけ若いわ~♪

私も過去に就職で本州に引っ越した時や、本州から北海道に戻ってきた時などの引越しをこの時期に経験しており、あちらこちらで運送屋さんのトラックが目に付くようになると、「ああ、春だよねぇ」 なんて実感が沸いたりします。

 2年ほど前になりますが、身内の引越しがやはりこの時期にあり、片道50㎞程の割と近い距離だったのと単身の部屋からの搬出だったので、荷物もそれ程多くないだろうという見立てで業者さんに依頼せずに自分たちで引越し荷物を運んだ事がありました。

一般的には小型トラックや1BOXバンのレンタカーでも借りようか?なんて話しになるのでしょうが、「我が家にはカングーがあるじゃないか!」とカングーで決行する事に。むしろ、元々働くクルマであるカングーの本領を発揮する場面でしょ!と言わんばかりに(笑)

実際ダンボール箱などはスクエア荷室が次々と飲み込み、実に効率よく大量に積めて大助かり。テレビや衣装ケースなども余裕シャクシャク。そして、普段カングーの使い勝手を散々説明している私ですら驚いたのが、2人がけのソファーや洗濯機までもが難なく運べた事。これは商用車を自家用で使われている方ならまだしも、全長が4m20~30㎝程の乗用車でこんな事が出来ちゃうクルマなんて他にはないんじゃない?と思うのです。

IMG_1087

さすがに1回で運びきるのは無理だと最初から考えていたのですが、数日に分けて3~4回位運べば終わるかな?という予想は見事に外れ、2回で見事に運び終わった時は嬉しくなってしまいました。大活躍のカングーに「やるな~!」と思わずニヤついていると、カングーもなんだか誇らしげにニヤッと微笑み返しているようにも見えました(笑) 
 FullSizeRender(2)

大きな荷物を運ぶ事が多い方や近々引越しを予定されている方(?)、ぜひ一度カングーの荷室の広さを見にいらしてみてください!

 


かぜのまち

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌市の小中学校ではインフルエンザが猛威を振るっており、学級閉鎖や学校閉鎖が相次いでいるみたいですね。

実は私、今まで生きてきてインフルエンザにはかかった事が(記憶に)無いです。

もしかしてかかっていたけど気付いてなかった?! 〇〇は風邪引かない!? イヤイヤイヤ、さすがに私でも風邪くらいは引く事は有るのでそんなに〇〇ではない…??

まあ、皆さんインフルエンザや風邪には十分にお気をつけください!

 

ところで、 『風のまち』 と言われる寿都町まで出かける機会がありました。寿都町までは片道140㎞程の道のりです。流れに乗って普通に走り、小樽~余市~仁木~岩内と順調に寿都へ到着。ブゥンブゥンと力強く回っている大きな風車が迎えてくれます。IMG_6748

もしかしてクルマに風車を付けると走行しながら発電できるのでは??(笑)

因みに寿都町のカントリーサインはo0170023410262758383これ。

地方自治体として日本で初めて風力発電施設を建設した町だそうです。1952年に記録した最大風速49.8mは北海道で観測された風の中では一番強く、全国でもなんと4番目の記録なんだとか。

IMG_6777

寿都町は漁業の町でもありますね。

私の中では冬の日本海はなんとなく演歌のイメージ。フレンチポップと演歌の組み合わせ(笑)

 

今回はルート的に一般道をのんびり走って行くつもりだったので、久々に愛車ルーテシア1.2Lターボの燃費がどのくらいまで伸びるかチャレンジしながら走っていました。以前に4.4L/100㎞(22.7㎞/L)を記録した事があったので今回は4.3L/100㎞(23.7㎞/L)を目指す事に。全般をecoモードで走行してみたのですが、結果は…IMG_6769

4.7L/100㎞(21.2㎞/L)と残念ながら目標には及ばず…。

以前の4.4L/100㎞を記録したときとは違い走行抵抗の大きいスタッドレスタイヤだという事を考慮するとこんなものでしょうか。

このルーテシアの美点は燃費の良さはもちろんですが、コンパクトなボディなのにどっしりとした安定感とどこまでも行けてしまいそうな疲労の少なさ。長距離ツアラーとして非常に優れているのが個人的にはとても気に入っています。

 

DSC_0652 DSC_0655

続々と登場したカングーやキャプチャーの限定車ですが、お客様のもとへお届けするクルマ達が続々と到着しております。この写真のカングー アクティフ ペイサージュ [タンタシオン ヴィオレ] は本当に綺麗な紫で、皆様に「写真より断然イイ!」とお褒め頂いています。 このカングー は納車までは少々時間が有りそうですので、しばらくの間は当店にお立ち寄りいただければ 『ムラサキカングー』 をご覧いただけると思います。

一度お眼にかかってみたいという方、ぜひお立ち寄りください!

興味があるという方、ぜひお気軽に(そしてお早めに)お問合せください!


5色のシートの限定車

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

 最近、限定車と言えばルノーの十八番(?)となりつつありますが、誰もが 「ハッ」 とする程斬新な限定車が初代セニックにあったのをご存知でしょうか?

セニックは5つのシートが独立しており、後席に至ってはそれぞれを取り外す事も出来るというのが大きな特徴で、1997年にはメガーヌと共に「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」の栄光にも輝き、その画期的なアイディアは多くの自動車メーカーに多大な影響を与えました。

そのセニックならではの特徴を活かし、1998年にルノーの100周年を記念して限定100台で販売されたのが 「100th Anniversary」 です。なんとそれまでの常識を覆し5つのシートそれぞれを違う色にしてしまったのでした!

IMG_6399

FullSizeRender

今までに見た事のない自由な発想。そしていかにもフランス車らしいとても楽しい雰囲気。世の中には色々な限定車がありますが特に大掛かりな事をしていないのに、これほどインパクトのある限定車ってなかなか無いのではないでしょうか。

当時私は、日本車には絶対無い(出来ない)発想に 「これはヤラレタ!」 「フランス車ってスゴイ!」 と思ったものでした。

 

 

こちらの限定車もなかなか個性的です。

キャプチャーの発売2周年を記念した限定車 「キャプチャー アニヴェルセル」 展示中。

展示車のベージュ サンドレM+イヴォワールの組み合わせは、シックな佇まいでちょっと大人の雰囲気のキャプチャーです。IMG_6431

展示はしていないのですが、ルーテシアで人気のルージュ フラムM+ノワール エトワールMの組み合わせも魅力的!untitled-CAPANNI

ゼヒお立ち寄りください。

 

 


ヴェール ロマラン

こんにちは。ルノー札幌の谷野です。

 

ここ最近何人かのお客様にご指摘を受けたのですが、

「発売になった時にはもう既に完売って、どうやって買えばいいの?」

…もっともです。本当に仰る通りです。

 カングーの限定車の事なんです。

 

ここ暫くカングーの限定車は事前にご予約頂いていたお客様の分で日本導入台数が売切れてしまうという状態が続いておりました。

本当に受付開始と同時に完売になってしまい、せっかくお申し込み頂いた方の分が確保出来なかった、なんて事態がおきてしまったり…。

本来は現車をご覧頂いてじっくりご検討いただくって言うのが理想だとは思うのですが…。

 

そんな(お叱りの)声を受け、反省を踏まえ、今回なんとか1台確保いたしました。

画像

『カングー クルール ヴェール ロマラン AT』です。

このカングーのキャラクターにマッチしているとても鮮やかなグリーンです。

グリーン好きな方にはガツンと響く色ではないでしょうか。 

画像 003 画像 004

もちろん、メーカー在庫は既に完売となっておりますので、この1台が売れてしまうと「あのグリーンのカングー欲しかったのにィ!」と言われても、もうご用意できません!!画像 001

 

因みに『カングー アクティフ ペイサージュ』という限定車も発表になっており、こちらも個性的なカラーのラインナップとなっておりますので、今ならこの一味違うカングー達を吟味いただく事が出来ます! untitled1 untitled2 untitled3

 これをお読みになってチョッとでもご興味がお有りでしたらルノー札幌の営業スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

どうかお見逃しなく!