ジャケ買い、衝動買い、大人買い!?

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

私たち、ルノー車を販売したりメンテナンスするのが仕事な訳ですが、もちろん 『ルノー好き』 でもあります。WEBでルノーの話題を見つけると当然見てしまいますし、テレビやラジオから 「ルノー」 という単語が耳に入ると思わず「何っ?」と敏感に反応してしまいます。

私の場合は書店でルノー車が表紙を飾っている雑誌なんかを見つけると、無意識に手に取ってしまい中身を見ずにして購入!新発売のミニカーやグッズも即ゲット!これがシリーズ物だったりすると有無を言わさずコンプリート!

IMG_0075カーマガジン

と、行きたいところですが予算的に厳しい現実もあり…

IMG_0135チョロQ2

保管場所にも限りがあるわけでして…

IMG_0130チョロQ1

このチョロQは全部揃えたかったのですが、泣く泣くカングー2つに留めました。

雑誌やミニカーなど欲しい物は沢山あれど、自制心を持ってお買い物することを私の中では 「大人買い」 と言っています(笑)

 

IMG_0136ルーテシア大人と言えば…

マイナーチェンジしてちょっと大人っぽくなったルーテシアを展示中です。新色の『ルージュ ドゥ フランス』がまた深見があってイイ色なんです。内装なんかも質感がアップして更に上質になりました。

お近くへお越しの際にはぜひショールームへお立ち寄り下さい。


おかげさまで70周年と20周年

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

この度、私共北海道日産自動車株式会社が創立70周年を迎えました。

そして同時に北海道日産自動車が50周年の時に立ち上がった、我々のルノー事業も20周年を迎える事が出来ました。これもひとえにご贔屓にして頂いている皆々様のお陰だと思っております。

 

この記念式典という事で、横浜の日産自動車グローバル本社に従業員一同で行ってまいりました。

nissan-honsyathumbnail_IMG_9349thumbnail_IMG_9351

みなとみらい地区にあるとても綺麗な建物。そしてギャラリーには最新の日産車がズラリ。我らがルノージャポンもこの建物の中にあるんですよ。

 

因みに70年前の日産車というのはこんな感じ…

rsapporo-datsan-da

1947年発売のダットサンDA型だそうです。なんだか可愛い( ^ω^) この当時の札幌はどんな街並みで、どんな道路があって、どんな車の使われ方をしていたのでしょうね。

 

70年前のルノー車はこんな感じ…

RENAULT-sapporo-4cv

同じく1947年発売のルノー4CV。日本でも日野自動車がノックダウン生産していたやつですね。新型トゥインゴと同じRRです。パリはおそらく70年前と現在とでは街並み自体はそんなに大きく変わらないのではないでしょうか?

 

そして20年前、『オートフランス札幌』としてルノー事業が立ち上がった当初の売れ筋は…

rsappo-twingo1-doaaki

rsappo-Renault_twingo_1

初代トゥインゴ。今見ても斬新なパッケージングとユニークなデザインは魅力的です。今でもご愛用いただいている方が多いのも納得ですよね。

 

そしてそして、現在2017年のルノー札幌でも…

rsappo-twingo3-doaaki

rsappo-tw3-2dai

やっぱり大人気の新型トゥインゴ。斬新なRRに生まれ変わっても、愛嬌の良さと使い勝手の良さはトゥインゴのアイデンティティとして健在です。

 

安全や環境、テクノロジーの進化、クルマを取り巻く環境も目まぐるしく変化していきますが、これを機に今まで以上により良いサービスを提供できるように努力する所存でございますので、今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。

 


こいつがいないと始まらない!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

お正月休み中に大雪に見舞われることもなく穏やかな年明けとなりました。

私たち自動車ディーラーの人間にとって、正月休み中に降り積もった雪の除雪で新年からコテンパンにやられるかどうかはとても大きいですから(笑)

thumbnail_img_9138

以前このブログでもお伝え致しましたが、ルノー札幌の裏側の、クルマを置くスペースが格段に広くなりました。正確な数字では無いのですが、今までの3倍位になったイメージです。

今までも除雪は結構大変でしたが、クリスマス前の大雪で、広くなった敷地を除雪しながら心底思ったことがあります。

 

それは…

 

fullsizerender1

こいつがいないと始まらない!

 

img_9150

fullsizerender2

当たり前ですが人の手だけでは到底無理。冬の間だけウチにやってくるこいつは馬力は24.3psとメガーヌR.S.の10分の1以下、小柄なボディは可愛らしくも見えますが、この「オレンジブル」がどれだけ頼もしい事か!

今年は12月の大雪のせいでスタートからフル稼働してもらっていますが、ルノー札幌除雪部隊には無くてはならない存在なんです。


50年ぶり

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

50年ぶりだそうですよ…。img_8837
札幌で12月に積雪が90cmを超えたのが。img_8838

雪には慣れている筈の札幌でも、この師走の忙しい時期に交通も生活も色々なところで大混乱。

私たちは丸2日は朝から晩まで雪かきしてました。もうヘロヘロです。

 

そうそう、お知らせさせていただきたい事があるのです。

今まで「駐車場が一杯で車を停められない!」とよくご指摘を受けていたのですが、お蔭様をもちまして駐車場の敷地を広くする事が出来ました!これで駐車場に車が置けない事は大分解消されると思います。

駐車場の敷地が増えたということは………

img_8901

そうです、雪かきをする面積が増えた!という事なんですね(笑)

皆様、良い年をお迎えください。

 

 

 


余計な心配

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌は記録的な大雪だったり、その後のツルツル路面で走り辛かったりと、クルマには酷な状況の数日間でした。

私は路面状況が酷くなると毎年考えてしまう事があります。

それはABSやESP等の有り難さ。
この時期はABSもESPもお世話にならない日なんて1日もないと言っても過言ではありません。
この手の電子制御デバイスも年々進化しており、発進の際のトラクションコントロールなんて一世代前と比べたらかなり緻密に制御されている感じがします。「ああ、助かった」とか「何とか発進出来た~」なんて時はつくづく技術の進歩に「感謝、感謝」です。

そして同時に考えてしまうのが、その手のデバイスの耐久性。
おそらく雪の降らない地域で使用されるクルマの殆どが、普通に運転している分にはABSも使う事が無ければ、横滑り防止装置やトラクションコントロールなんて下手したら一生使わないで終わる、なんて事もあるのではないでしょうか?そんな使用状況と比べたら、雪国のクルマたちはその手のデバイスに一日に何度もお世話になるわけでして、「こんなに頻繁に使っても大丈夫?」なんて、ふと考えてしまうのです。逆に何年もABSもESPも作動した事がない使用状況下のクルマたちはいざとなった時に本当にちゃんと作動するの??とついつい余計な心配をしてしまいます。

img_3711

まっ、おそらく自動車メーカーや電子制御デバイスのサプライヤーの方に言わすと 「まったく心配には及びません!」 「絶対大丈夫ですっ!」ってレベルの話なんでしょうけどね(笑)

年末の忙しい時期ではありますが、くれぐれも安全運転で行きましょう!

 


来ちゃった…この季節が…。

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

まあ、遅かれ早かれ必ずやってくるものでもありますが、遂に来てしまいました…この季節が。毎年毎年忘れる事無く必ずやってくるんですよね。当たり前なんですけども(笑)。

img_8680

皆さん、風邪など引かぬよう身体に気をつけましょう。そして今が旬の海の幸、山の幸をたらふく食べて、皮下脂肪を蓄え来たるべく冬に備えましょう(笑)


めでたい!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

4月も中旬に差し掛かり、新しい生活を迎えた方々も少しだけ慣れてきた頃でしょうか。当社のすぐ近くにも小学校があり、入学したてのピカピカの一年生が元気に登下校している姿を見かけます。より安全運転を心がけないといけないですね。

ところで、入学式などで必ず登場する 「紅白幕」 。伝統的に祝い事で使われ、「めでたい」 とか 「縁起が良い」 イメージですよね。最近少なくなりましたが、ディーラーの新型車発表展示会などでもショールームを紅白の幕で囲ったりしていました。我々日本人は 『赤』 と 『白』 が組み合わさると、なんとなく嬉しくなるようDNAに組み込まれているものなのでしょうか? 『紅白饅頭』 なんて赤と白の饅頭が並んでいるだけなのになんだか 「ありがたみ」 を感じてしまいますものね(笑)。

ところで、今度のカングーのキャンペーンはこんな可愛らしいCABANA製スペシャルシートカバーがプレゼントになるんです!img_11これはかなり 「ありがたみ」 を感じませんか?

「あっカワイイ!」 と女性の方に特に評判が良いです。余談ですが、うちの嫁曰く、ヘッドレストを外して後ろから私が顔を出したら 「きっと、くいだおれ太郎みたいに見えるね」 ですって… (ーー;)IMG_3920

marine_present2

青と白の組み合わせもお洒落!pre1

『KANGOO Marine Collection Campaign』 期間中にカングーをご成約かつ登録いただいたお客様に、このどちらかのシートカバー1セットと、TOMSの人気の定番シューズ 「STRIPE UNIVERSITY」 のお好きなカラー1足をプレゼント!

 

そして、もう一つご紹介したい『紅白』が。

ルーテシアの試乗車をリニューアル致しました。 IMG_7083 IMG_7084

赤いほうが〔 ゼン1.2L 〕、白いほうが〔 ゼン0.9L 〕。新たにアイドリングストップが付いてトランスミッションも更に洗練された1.2Lターボも、900㏄とは信じられない程軽快な走りを5MTで満喫できる0.9Lターボも、どちらもお試しいただけます。

 

シートカバーも試乗車も紅白で、「こいつぁ春から縁起がいいわい!」(←このセリフの春は本当は新年の意味なんですけどね)


マニュアル率高し!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

先日お客様からお聞きしたお話なのですが、電車の中で高校生と思われる男子数人が運転免許の話をしていたそうです。 「どこの教習所行くの?」 とか 「いついつから通う予定~」 とか、18歳の男子ではよくある会話ですよね。そしてその中の1人が 「マニュアル免許を取る」 と言う発言をしたそうです、そうしたら周りの男子からは 「おーっ」 とか 「お前も好きだねぇ」 みたいな反応で、珍しがられていたそうなんです。

ああ、そんな時代なんですねぇ(涙)。私は 『男子は当然マニュアル免許』 と勝手に思っておりました…。もちろん、私は 「オートマ限定免許」 なんて無い時代に免許を取得しておりますが(笑)。 調べた訳では有りませんが日本で販売されているクルマの恐らく9割以上はAT車というこのご時勢、マニュアル車に乗れなくてもまあ困る事はそんなに無いかも知れませんしね。IMG_7034

そんな中、私の昨年度の販売実績を確認していたところ、なんとカングーで65%、ルーテシアで50%の比率で 『マニュアル車』 をご購入頂いていたのです。これは結構スゴイ事だと思うのです!! 『マニュアル車=スポーツモデル』 といった図式ではなく、あくまでも『普通のクルマのマニュアル車』 という感覚でお求め頂いているお客様が殆どなんです。もちろん 「マニュアル車が好き」 とか 「運転の楽しめるクルマが好き」 という方々ではあるのですが、特別マニアックな方々と言うわけではありません。

別にマニュアル車が偉いという訳では有りませんが、自らの手でコキコキとシフトチェンジするのはやっぱり楽しいですし、シフトチェンジのタイミングなどを考えながら運転している時の 『クルマを操っている』 感やスムーズに運転出来ている時の 『気持ち良さ』 を味わえるのはマニュアル車ならではの醍醐味ではないでしょうか。

どうですか、これから免許を手にする男子諸君!マニュアル車はなかなか楽しいものですよ!

そしてこれから免許を手にする女子諸君!マニュアル車を運転できる女の子はカッコいいですよ!

そして、マニュアル車がお好きな皆々様、ルノー札幌ではルーテシア0.9Lターボ5MTの試乗車をご用意しておりますよ!IMG_7044

試乗すると、この排気量が900㏄しかないクルマがこんなによく走るのか! と目から鱗が落ちる事請け合いです!


祝、北海道新幹線開業!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。
3月26日、遂に北海道新幹線が開業しました。当日は各メディアで大々的に取り上げられ、大いに盛り上がりを見せていました。

img01-SINKANSENN

以前よりちょっと気になっていた事があるのですが、それは北海道新幹線のカラーリング。E5系車両の特徴でもある上半分のグリーン、img02 img03そして北海道新幹線オリジナルの中央部分の帯状のパープル。

『常盤グリーン』と『彩香パープル』と言う名称だそうです。

これってカングーの限定車アクティフ ペイサージュの『ヴェール メール』と『タンタシオン・ヴィオレ』に似ているような気がしませんか? untitled2 untitled1

カングー アクティフ ペイサージュのカラーは 「ブルターニュ地方の風景 」 のイメージなのですが、実はこれは表向きで、導入を検討する会議の席に「次の限定車はタイミング的に北海道新幹線で行きましょう!」と強く提案した鉄道好きの方が絶対いたに違いありません(!?)

IMG_7011

でもそれだったら、アクティフ ペイサージュのもう一色が北海道新幹線の下半分の『ホワイト』じゃなくて 『ブルー ヴィブラート』なの はどういう事よ?となりますよね。untitled3

私はこのブルーにも鉄道ファンの熱き想い、鉄道愛を感じずにはいられませんでした。tr015

それは北海道新幹線の開業に伴い、28年間の歴史に幕を下ろし、日本最後のブルートレインとなってしまった 『急行はまなす』 に敬意を表して(?)のブルーだったのではないでしょうか(笑)

このアクティフ ペイサージュのカラーは“鉄道ファンの担当者”の想いがぎっしり詰まった入魂の3色だったのですね。
私は気合を入れて “撮ったり” “乗ったり” するほどの鉄道ファンではないのですが、北海道に新幹線が来たというのは、やはり嬉しいですし乗ってみたいと思ってしまいます。

 

ところで、3色の限定カラーで登場したカングー アクティフ ペイサージュですが、北海道新幹線の中央のラインのパープルに似ている 『タンタシオン・ヴィオレ』 だけ、IMG_7012若干ですが在庫がございます。鉄道ファンで尚且つカングーにも興味がお有りの方(?)はお気軽にお問い合わせください!

 

 


かぜのまち

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌市の小中学校ではインフルエンザが猛威を振るっており、学級閉鎖や学校閉鎖が相次いでいるみたいですね。

実は私、今まで生きてきてインフルエンザにはかかった事が(記憶に)無いです。

もしかしてかかっていたけど気付いてなかった?! 〇〇は風邪引かない!? イヤイヤイヤ、さすがに私でも風邪くらいは引く事は有るのでそんなに〇〇ではない…??

まあ、皆さんインフルエンザや風邪には十分にお気をつけください!

 

ところで、 『風のまち』 と言われる寿都町まで出かける機会がありました。寿都町までは片道140㎞程の道のりです。流れに乗って普通に走り、小樽~余市~仁木~岩内と順調に寿都へ到着。ブゥンブゥンと力強く回っている大きな風車が迎えてくれます。IMG_6748

もしかしてクルマに風車を付けると走行しながら発電できるのでは??(笑)

因みに寿都町のカントリーサインはo0170023410262758383これ。

地方自治体として日本で初めて風力発電施設を建設した町だそうです。1952年に記録した最大風速49.8mは北海道で観測された風の中では一番強く、全国でもなんと4番目の記録なんだとか。

IMG_6777

寿都町は漁業の町でもありますね。

私の中では冬の日本海はなんとなく演歌のイメージ。フレンチポップと演歌の組み合わせ(笑)

 

今回はルート的に一般道をのんびり走って行くつもりだったので、久々に愛車ルーテシア1.2Lターボの燃費がどのくらいまで伸びるかチャレンジしながら走っていました。以前に4.4L/100㎞(22.7㎞/L)を記録した事があったので今回は4.3L/100㎞(23.7㎞/L)を目指す事に。全般をecoモードで走行してみたのですが、結果は…IMG_6769

4.7L/100㎞(21.2㎞/L)と残念ながら目標には及ばず…。

以前の4.4L/100㎞を記録したときとは違い走行抵抗の大きいスタッドレスタイヤだという事を考慮するとこんなものでしょうか。

このルーテシアの美点は燃費の良さはもちろんですが、コンパクトなボディなのにどっしりとした安定感とどこまでも行けてしまいそうな疲労の少なさ。長距離ツアラーとして非常に優れているのが個人的にはとても気に入っています。

 

DSC_0652 DSC_0655

続々と登場したカングーやキャプチャーの限定車ですが、お客様のもとへお届けするクルマ達が続々と到着しております。この写真のカングー アクティフ ペイサージュ [タンタシオン ヴィオレ] は本当に綺麗な紫で、皆様に「写真より断然イイ!」とお褒め頂いています。 このカングー は納車までは少々時間が有りそうですので、しばらくの間は当店にお立ち寄りいただければ 『ムラサキカングー』 をご覧いただけると思います。

一度お眼にかかってみたいという方、ぜひお立ち寄りください!

興味があるという方、ぜひお気軽に(そしてお早めに)お問合せください!