われ泣きぬれて雪とたはむる

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

奄美大島で115年ぶりの雪とか長崎市では49年ぶりに積雪の記録を更新したとかいう話を聞くと、今回の西日本を襲った寒波、本当に強力なものだったんだなぁと思いました。

普段雪かきをする事が無い地域に雪が積もると雪かきってどうしているのでしょう?もちろん道具なんて無いですよね?クルマに積もった雪を下ろすのはどうしてるのでしょう?

スミマセン、ちょっと疑問に思ってしまったものですから…。

まあ、我々雪国に住む人間も、いくら備えがあるとはいえ雪は降らなければ降らない方がやっぱり楽ですからね。しかしここは雪国札幌。1月の初旬まで 「今年は雪が少ないねぇ」 なんて言っていたのにちゃんと平年に追いつきそうな勢いになってきました。

ルノー札幌のあるこの辺りの地区は路肩に『流雪講』という設備が有り、マンホールの蓋みたいのを開けると地下に水が流れていて雪かきした雪をそこに流すようになっています。 IMG_6485 IMG_6471

「雪をどんどん入れればいいんだから楽チンでしょ」 とお思いになるかもしれませんが、これがめちゃくちゃ大変!敷地内の雪をホイールローダーで集めてくると結構な重さとまあまあの大きさの山が出来ます。それを人力で流雪溝に投入しなくてはならないのですから。しかもサラサラのパウダースノーならまだしもベッチャベチャの重たい雪やガリッガリに凍った塊などは最悪。なかなか投入口から落ちてくれませんから。一晩にドカッと降られた日には朝から始めてお昼過頃までかかる事も。汗でびしょびしょになるし、やってもやっても終わらなくて泣きたくなります。まあ、運動不足解消にはもってこいですけど(笑)。

 

雪国では通常、雪かきした雪を車道と歩道の間にどんどん積み上げていくんです。そうなると冬場は道路からショールームの中が全く見えなくなってしまうのですが、当社はこの流雪溝のおかげでいつもバッチリ展示車が見えるようにしています。

IMG_6544 IMG_6534

 

只今そのショールーム内にはカングーの限定車、アクティフ ペイサージュの 『ヴェール メールM』 というグリーンを展示中です。実はカングー1で設定のあったボディカラーでして、その時は 「シー グリーン」 と言っておりました。その名のとおり 「海の緑」 の意です。この時期の北海道の厳しくて寂しい海(笑)ではなく、フランス北西部の大西洋に面したブルターニュ地方の風光明媚な美しい海を連想させるきれいなグリーンです。IMG_6553

キャプチャーの限定車 アニヴェルセル も展示中ですので、ぜひ足をお運びください!


5色のシートの限定車

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

 最近、限定車と言えばルノーの十八番(?)となりつつありますが、誰もが 「ハッ」 とする程斬新な限定車が初代セニックにあったのをご存知でしょうか?

セニックは5つのシートが独立しており、後席に至ってはそれぞれを取り外す事も出来るというのが大きな特徴で、1997年にはメガーヌと共に「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」の栄光にも輝き、その画期的なアイディアは多くの自動車メーカーに多大な影響を与えました。

そのセニックならではの特徴を活かし、1998年にルノーの100周年を記念して限定100台で販売されたのが 「100th Anniversary」 です。なんとそれまでの常識を覆し5つのシートそれぞれを違う色にしてしまったのでした!

IMG_6399

FullSizeRender

今までに見た事のない自由な発想。そしていかにもフランス車らしいとても楽しい雰囲気。世の中には色々な限定車がありますが特に大掛かりな事をしていないのに、これほどインパクトのある限定車ってなかなか無いのではないでしょうか。

当時私は、日本車には絶対無い(出来ない)発想に 「これはヤラレタ!」 「フランス車ってスゴイ!」 と思ったものでした。

 

 

こちらの限定車もなかなか個性的です。

キャプチャーの発売2周年を記念した限定車 「キャプチャー アニヴェルセル」 展示中。

展示車のベージュ サンドレM+イヴォワールの組み合わせは、シックな佇まいでちょっと大人の雰囲気のキャプチャーです。IMG_6431

展示はしていないのですが、ルーテシアで人気のルージュ フラムM+ノワール エトワールMの組み合わせも魅力的!untitled-CAPANNI

ゼヒお立ち寄りください。

 

 


冬来たりなば春遠からじ

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

皆さんお正月はどう過ごされましたでしょうか。
私たちは比較的長くお休みを取らせていただきました。

 

我々雪国のディーラーでは、仕事始めと言えば 『雪かき』 が定番です。

しかも、年末年始が大荒れの天気だったりすると、数日分の雪が降り積もっており、昼頃まで汗だくになりながらの『新年早々の雪かき』 なんて事も珍しくありません。

が、今年のお正月休み中に殆ど積雪が無く、穏やかな新年のスタートとなりました。

IMG_6373今シーズンは昨年11月末に記録的な積雪があった以来、豪雪地札幌でも本当に雪が少なくて、なんだか札幌らしくないと思う反面、生活する上では非常に助かっております。

冬期間だけリースのタイヤショベルの出番が少ないのは、はたして良い事なのか、悪い事なのか…。

 

ところで、『豪雪地帯』の定義って皆さんご存知でしょうか?

これは「50センチの積雪が年間100日以上あること」だそうです。

当然、札幌市は楽々クリア(笑)!

もちろん札幌以上に豪雪な地域も沢山ありますよね。

しかし、これに「人口200万人規模の都市で」、という事になると、実は世界的に見てもたいへん稀だそうです。 

そう聞くと、そこで生活している私たちはもしかして「スゴイかも!?」と思いませんか?

  冬の間も特に生活に支障をきたすことなく過ごしているし、普通にクルマも使います。時にはウインタースポーツや雪まつりなどのイベントを通し、雪と上手に向き合っていますよね。 

当たり前ですが、まだまだ厳しい冬は続きますし、今の所少ない積雪も最終的には帳尻を合わせるべく巻き返し(?)を図ってくるんでしょう。ニヤリとしながら爪を磨いている冬将軍の顔が目に浮かびます(実際にお会いした事はありませんが 笑)。

 皆様におかれましては、どうか風邪など引かれませぬようお気を付けください。
そして我々ルノー札幌スタッフ一同、インフルエンザにも負けず、除雪での腰痛にもめげず、元気イッパイがんばって行く所存ですので、本年もなお一層のご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。IMG_6390