前と後ろへの関心

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

本当に本当に、「大変お待たせいたしました m(_ _)m 」という感じになってしまった新型『トゥインゴ』。

9月15日の発売日に先駆けて「全国キャラバン」という事で当ルノー札幌にも新型トゥインゴがやってきたのですが、いやぁ~、我々もビックリするくらい沢山の方に見に来ていただきました!本当に嬉しい限りです!

IMG_8090

「カプチーノ」と言うボディカラーなのですが、これがなかなか素敵なブラウンなんですよね。

雑誌やWEBでも随分と取り上げていただいているので、ご来店された皆様はRRレイアウトだというのは周知の事。そんな方々が現車を見て興味をお持ちになる所は、面白いほどこの2点に集中しておりました。

 

①後ろのエンジンルームを見てみたい。

②前のボンネットの中はどうなっているの?トランクなの?

 

そこに興味が湧くのはよく解ります!ではご説明させていただきます。

IMG_8325

まずエンジンルームですが、リアの荷室に敷かれている厚めの遮音・遮熱材の付いているカーペットをめくり、ボルトを外して蓋を開けます。そうすると後方に49度傾けて搭載されている0.9Lターボエンジンが現れます。この傾きがエンジンの高さを抑える事と室内スペースを広げる事に効いているそうです。IMG_8323 twi07

ボンネットはこの写真のようにスライドして半開きになります。この開き方が今まで見たことのない形態で、ボンネットは後方か前方にヒンジが付いていて大きくガバっと開くという概念が見事に覆されます。そしてトランクスペースなのかな?と思われがちなこの部分はバッテリーやクーラント液やウオッシャー液のタンク等が納まっており、それより前側はラジエターとクラッシャブルゾーンなのです。つまり、荷物は積めません。

 

新型トゥインゴを展示した2日間でこの2点をご説明する為に、我々スタッフはエンジンルームとボンネットを何度開けたことか分かりません。お蔭様でスムーズに開け閉めが出来るようになりました(笑)。 この2点への関心は新型トゥインゴの大きな特徴であるRRレイアウトという斬新なパッケージングならではですよね。

発売日の9月15日以降にはもちろん展示車をご用意する予定になっております。もう少々お待ちください!

画像 009

 


個性派の2台

こんにちはルノー札幌の谷野です。

日本で販売されるクルマのAT車比率っておそらく95パーセント近いのではないでしょうか。そもそもMT車の設定すら無い車種の方が珍しくありませんから。

でもでもそんな中、ルノーは(ルノー札幌は)MT車の販売比率が異常なほど高いのです。その月によって半分以上がMT車なんて事もあるくらいなのです。渋滞が少なく、都市間の距離が長い北海道の交通環境がMTを苦としないし、むしろMT車の方がテンポよく走れて楽しいよね、なんていうMT車フリークの方が多いのでしょうね。

そんなMT派の方に個性的で超オススメな中古車2台をご用意いたしました。

1台目は 『カングー クルール』 の5MT。発売されるとすぐに完売になってしまうカングーの限定車 『クルール』 の 『クラージュ ジョン』 という鮮やかな黄色です。無塗装のバンパーと黄色のコントラストがとってもお洒落です。余談ですが、中古車のオークションではカングーの場合、〔黒バンパーのMT車〕というのが〔カラードバンパーのAT車〕より人気が高いことも多いのです!画像 007 画像 005 画像 006

初年度登録:2013年3月 車検2018年3月 走行距離:3.3万km 車両本体価格:172.8万円(消費税込み)

 

2台目が 『ウインド』 。 「左ハンドル・2シーター・マニュアル」となかなかマニアックにも見える 『ウインド』 ですが、手ごろなサイズですしルーフの開閉は超簡単。乗ってみると軽快で爽快で快感なんです!実はトランクが広いなんていうのも意外なオススメポイント。新車当時の販売台数が少なく、イタリアのお馬や牛さん等の高級スポーツカーよりもレア度高し!かもしれません。画像 004 画像 003 画像 002

初年度登録:2012年5月 車検2017年5月 走行距離:1.2万km 車両本体価格:156.6万円(消費税込み)

 

 

画像 001タイプは全然違いますがどちらも乗って楽しいMT車!どちらも個性全開です!詳細はお気軽にお問い合わせください。