キャプチャー 特別仕様車展示中!!

こんにちは、SAの山崎です。
ここ数日…………暑いッス(汗) 
早くも夏が近づいてきてるのかなぁ~

ショールームには5月11日(木)に発表・発売された『キャプチャー プレミアム/エクスプレッション』の

イヴォワール×ノワールエトワールM(プレミアム)を展示中!!

20170520_10161220170520_101941

 

外見は、標準車とかわりませんがドアを開けると、

20170520_101653

 

 な、なんと待望の本皮シート(うれしい前席シートヒーター付)!!

黒系のレザーシートがより高級感を高めてくれますね。

 

今回の特別仕様車には、新型トゥインゴから採用しておりますR&Goラジオを標準装備しております。(標準車はオーディオレス)

ナビゲーションが不要な方には、かなりうれしいですよね。

20170520_101733

 

また、オプションのスマートフォン・クレードルをご購入頂ければ、

あまり知らない道などは気軽にスマホナビが使えてとても便利~!!

20170526155537

※もちろん、2DINナビゲーションもお選び頂けます。

 

特別仕様車にしかないボディカラーも魅力的ですよね。

●ルージュ・フラム×ノワールエトワールM(プレミアム)20170511_124227

 

●ブルー・マリンフュメ(エクスプレッション)

20170511_124203

 

台数に限りがございますので、お早めにご検討下さい。

まずは、《ルノー世田谷》へご来店下さい!!

皆さまのご来店を心からお待ちしております。


ルノーキャプチャー~走行編~

皆さま こんにちは SAの関です。

愛車でもある「ルノーキャプチャー」で奥多摩湖までドライブをして走行性能を私なりにまとめてみました。

 

DSC_1947

さて、1.2L直噴ダウンサイジングターボエンジン+6速EDCののパワートレイン!
低排気量ながらも力強さをもつエンジンで奥多摩湖周遊道路を走ってみました。

 

DSC_1940

乗り込むとアイポイントの高さに安心感が増します。男性女性問わず見晴らしの良さはキャプチャーを運転する上で魅力のひとつですよね!展示車などを見ると大きく感じてしまいますがクロスオーバーで全長は4,125mmなのでコンパクトな分類になりますのでぜひ、試乗をしてみてくださいね。

ようやく走行距離4,000kmを越えた愛車は、だいぶ角がとれ低速域からのトルクも太くなり、アクセルを踏み込んでいくと1速2速と次々にギアがまろやかに変わっていきます‼

1.2Lと小排気量エンジンですが、トルクと馬力の調整が取れていて物足りなさを感じず、十分すぎるくらいにパワフルな走りが体感できますよ~

納車時は、なかなか馴染まず「ん~??」と我慢をしていましたがこの走行距離数から「ルノー車らしさ」を感じられるようになりますので皆さまご安心を!!

 

都内のエレガントなシーンにも合いますが、都心から少し離れた緑豊かな風景にもキャプチャーはよく似合いますね~

キャプチャーの由来が「Catch」+「Future」〜未来をつかむ〜
その名の通り、どこにでも冒険に出て行きたいと思わせてくれる印象ですね〜

DSC_1937

 

 

DSC_1950

ワインディングでは、ステアリングを切るとフロントからリアへの車重移動がスムーズについてきます。ロールすることも無く踏ん張りが効いているな~と感心してしまいました‼

実は本国の「クリオ エステート」で使用されいるサスペンションを採用しているようです。だからクロスオーバーであっても重心の高さを意識させない ロールコントロールとなっているですね~

峠道を走る際はドライブモードで走るよりもマニュアルモードに切り替えて走ることをオススメします!エンブレまでに若干のタイムラグが出るのは今後の課題かなと思いますが。。。自分自身で操作することで、よりダイレクトな走りが実現できますよ~

 

ルノー世田谷でも試乗車をご用意しておりますので、是非ご試乗をしてみてくださいね!!

 

DSC_1952

帰り道に、猿を見かけたのでパシャリ!!

 


ルノーキャプチャー~インテリア編~

店長 長谷川です。

前回に引き続きキャプチャーの魅力についてお伝えしていきたいと思います。

今回はインテリア!

キャプチャーの素敵なところは何といってもあのフレンチエレガンスなエクステリアですが、
 

機能的かつ自由な発想でデザインされたインテリアもなかなかです。

 

 

まず運転席に座ってみるとシートの感じはクッション性がほど良く硬く、ロングドライブでも疲れを思わせない

ような心地良いホールド感が得られます。

 

このシートもうご存知の方も多いとは思いますが、ジップシートカバーで脱着可能です。

うっかりドリンクをこぼしてしまっても洗えます!!ありそうで無かったですよね♪

なので、特許を取ってます!

シートカバーIMG_2430

 

室内を見渡すとインパネ曲線とドアトリムが一連のラインを描いていておしゃれだな~と思うのと、どことなく

包まれている安心感もあります。

インパネIMG_2444

インパネは見やすくセンターにデジタル速度計で、回転計と燃料計がその左右にアナログで表示されています。

インパネIMG_2416

 

 

 ダッシュボード中央には小物入れもあり、ウェットティッシュやサングラスを入れるのに便利です。

ドアポケットの小ささを補うのに十分です。

小物入れIMG_2413

 

センタークラスターはブリリアントブラックで、ちょっとだけ高級感を演出してます。

そのまわりのプラスチック感は否めませんが、造形の美しさでカバーしてます!

ルノー車では唯一すっぽり8インチサイズまでのナビゲーションが綺麗に収まるところもポイント高しです。

純正のスピーカー音もなかなかバランスがよくて楽しくドライブができそうです♪

 

後部座席に移ってみると運転席より少し高めになっていて見晴らしがいいです。

それでもヘッドクリアランスは十分ですし、2605mmのロングホイールベース車だけあって後席の狭さは感じません。

また、シートはフラットで横の移動がとてもスムーズです。

 後部座席IMG_2440

運転席からの後方視界のためか、少し背もたれが短いですがヘッドレストで解消。

後部座席は1600mmもスライドするので、荷室を広くとることもできます。

全席シートバックポケットのデザインもおしゃれポイントです!

ゴムIMG_2421

 

後席ドリンクHDIMG_2426

 I後席小物入れMG_2427

 後席のドリンクホルダーは1つですが、小物入れも取り付けができて、フレキシブルに使用できるのもいいですね。

 

後席シートを畳むとコンパクトクロスオーバーとは思えないくらいのラゲッジ容量で、なんともここは実用的。

ラゲッジ22419       

ラゲッジ2IMG_2420(2)

 

 ラゲッジボードで仕切られ2段式になっていて普段使いしないものは下にしまってしまえば、見た目もスッキリです。

そのラゲッジボードはリバーシブルで汚れが気になる時は裏面をご使用あれ。

 

いかがでしょう、実用性も考えつつおしゃれにも拘ったインテリア!

個性的で上品な、まさにフレンチエレガンス!!

 

とまだまだ魅力は語り尽くせないですが、次回はキャプチャーの走りについてご紹介いたします。


キャプチャー ~エクステリア編~

こんにちは、SAの山崎です。

【特別仕様車】キャプチャー プレミアム/インプレッションが発売されましたね。

 

今回から、数回に分けて改めてキャプチャーの魅力をご紹介させて頂きます。

本日は、キャプチャーのエクステリアについてご紹介させて頂きます。

 

キャプチャーのエクステリアデザインは、

2011年のジュネーブショーで発表されたキャプチャー・コンセプトからインスピレーションを受け、

作り上げられました。

『筋肉質でエネルギッシュなスプリンターをイメージ』して作られたキャプチャー・コンセプト。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88capt_d

その力強いデザインをしっかりと継承されてますよね。

img_1775

フロント部からルーフまでの流れるようなダイナミックなライン。

SUVでありながら、クーペのようなスポーティーな印象を受けますよね。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e2%91%a020161028_185246-1

サイドボディーは、なんと言ってもこのくびれが豊かな曲面。

上質さと軽快感を合わせ持った印象を与えてくれます。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%8920161028_185429

写真ではなかなかこの曲面が綺麗に表現されにくいのですが、

肉眼で見て頂くと、本当に綺麗なんです。

個人的にもとても気に入っている部分です。

もし、このサイド面が平面なデザインだったら全然違う印象になってしまうんでしょうね。

 

また一番特徴的なのが、ツートンのカラーリング(インテンスグレードのみ)

これぞ、キャプチャーという感じの他では得られない個性的なスタイルを生み出しています。

ルーフ部だけではなく、Aピラーまでボディ別色にしている所もポイントですね。

実は、色によって印象が全然かわるのでボディカラー選びに迷っちゃうんですよね。

 

 

captur_gps_img_intens_exterior03%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8img_0020captur_gps_img_intens_exterior02 

 

●フロントLEDフォグランプ

キャプチャーのフロントフェイスを印象づけるのが、

イグニッションに連動して点灯するLEDフォグランプ。

ドレスアップ的な要素もありますが、実は意外と明るくて便利なんですよ~。

 %e7%82%b9%e7%81%af%e3%81%aa%e3%81%9720161028_192701

2%e7%82%b9%e7%81%af%e3%81%82%e3%82%8a0161028_192755%e6%8b%a1%e5%a4%a720161028_192907

 

●バックソナー

 車庫入れや縦列駐車の際に安心なバックソナーを装備。

2m以内の物体を検知して音で知らせてくれます。

ピッ・・・・ピピッ・・・ピピピッ・・・・・最後は、ピーーーって感じです。

標準装備なのはうれしいですね。

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc20161028_185543

 

●リアカメラ

お気づきの方も多いと思いますが、インテンスグレードには最初からリアカメラが既に装着されているんです。

ナビゲーションをご購入頂くと、連動して使用できるようになります。

ちょっとうれしい特典です。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a920161028_185734

 

皆さん是非、実際に実車をご覧下さい。

きっとルノーデザインの素晴らしさを感じて頂けると思います。

 

次回は、インテリアについてお話させて頂きます。