前田家 part2

みなさんこんにちわ。

虫の音色も夏から秋へ。

短い夏が終わりを告げようとしている新潟県。

今年は冬が長いんじゃないかという噂です。

土田です。

早速、金沢旅行2日目を綴っていこうと思います。

..

2日目、幸い二日酔いもなく、旅館の朝食を堪能。

愛しの金時草もあり、ご飯をおかわりしまくる土田。

ご馳走様でした。

2日目の予定はまずは長町。

この長町、加賀藩の武士たちが住んでいた武家屋敷が忠実に再現された町並みが有名なんです。

驚くのは、今でも地元の方々が住んでるということ。

景観を守るため、新築や増築はしちゃいけないんでしょう。

歩いていると、ボランティアガイドさんに遭遇。

その名も「まいどさん」。

おそらく右側のご夫婦が申し込んだと思われますが、これは好機。

土田も何食わぬ顔でついて行ってみました。

おかげさまで、この長町の歴史が少し理解できました。

良い子はマネしちゃいけません。

さらに歩くと、外国のお方を発見。

ニヤニヤして近づくと、「コンニチワ~」と言われ私はすかさず

「ハロ~」と答えてあげました。

さすが私。

とっさに英語が出てくるあたりがさすが私。

日本語で挨拶されているのに英語で返すなんてさすが私。

撮影してるところを撮影したらめっちゃ笑ってました。

たぶん日本人のイメージダウンに大いに貢献したと思います。

ごめんなさい。

旅のテーマが「非現実」の私にぴったりだった長町。

みなさんもいかがでしょうか。

続いては、長町より徒歩10分ほどの金沢城へ。

あまりの猛暑でまともに歩くのが辛く、ガンガンクーラーの効いてる大型店を経由しながら目的地へ。

着いてみてびっくり。

大いに登らなければいけません。

最後の2枚のぶれっぷりが疲れを表しています。

そして、着いたぞ金沢城!!

あまりに疲れすぎて入館のチケット売り場で30分ほど休んでお城へ。

正直に申し上げますと、城内はなんていうか..

あの…

その…

えっと…

シ、

シンプルな感じでした…。

ただ最上階からの景色はなかなかでしたよ!

そんなこんなで、金沢城を堪能し次の目的地へ。

続いてはお隣の兼六園へ…

と思ったんですが、時間の都合でパス。

もう少しお年を召してから再度来ることにしました。

今話題の21世紀美術館へ。

しかしここでもお得意のバカっぷりを発揮。

金沢城からはほぼ歩かず着くはずの21世紀美術館なのですが、下図をご覧ください。

わかります?

簡単な図ですが、こんな感じの配置なわけです。

みなさんのご想像通り、私は赤線のルートを行ってしまいました…

しかも!

問題なのは、自身満々で赤線のルートを辿ったということです。

めっちゃドヤ顔で。

…。

まぁそんなこんなで汗だくで21世紀美術館へ到着です。

ここは、当然有料で入館し楽しむことができるのですが、実は無料でもかなり楽しめるスポットなんです!

屋外には多数の作品が展示され、屋内でも自由に観覧できる作品がいくつかあります。

そーです。

お金をかけずに楽しむ。

それが目的です。

….

…。

画像はこちら↓

・なんかアスレチックなやつ

・なんかカラフルなやつ

・水を通して下の階が見れるやつ(下の階はおそらく有料)

・なんかカラフルなやつ part2

・なんか金なやつ 「雲を測る男」 的な作名だったはず

とまぁこんな感じです。

他にもいくつかありましたが、写真を撮り損ねたので紹介できません…

ちなみに、それぞれの作品に、作者の何らかの意図があると思います。

どっかに説明はあると思いますが、芸術は見た人の感性で感じるものだと思っております!!!

….

…。

はい。

お次は、前回のブログでちらっとお話しした「東茶屋街」。

こっちのほうが規模が大きいらしい。

また移動です。

今回は少し距離があります。

しかし土田には余裕が。

旅を続けるうちに発見した、とっても良い移動手段が。

それは…

レンタル自転車。

この金沢の町。

観光者に向けて、ところどころにレンタル自転車の駐輪場が設置してあります。

お値段は1日200円。(詳細な条件があったはずなので要確認)

多少なら歩きで我慢できますが、さすがに今回はきつそう。

さて、一番近い駐輪場はどこかな~とガイドブックをペラペラ。(美術館に置いてあった無料のやつ)

ふむふむ。

自転車でおおよそ10分。

オッケーオッケー。

余裕余裕……

ん?

自転車の欄の下にもう1個おススメの移動手段がある。

なんだ?

..

..

……

「金沢周遊バス」

…….

..

….

周遊バス?

説明書きには

「金沢の観光スポットを回るバス。1回のご利用200円。1日乗り放題で500円の1DAYパスも発売中!」

なるほど。

試しに停車場所を見てみると

金沢駅、近江市場、香林坊、長町、片町、西茶屋街、金沢城、21世紀美術館、東茶屋街etc…

すべて停まる…

自分が行ったとこ全部停まるぅぅぅぅぅぅぅぅ!

しかも安い!

….

..

めっちゃ歩きましたよ?

めっちゃ汗かきましたよ?

しまいにはTシャツ新品買っちゃいましたよ?

セットした髪の毛もうグチャグチャですよ?

……

..

….

知らなかった…。

最初から乗ってればよかった…

まぁ…

なんていうか…

これも…

旅の醍醐味と思って良しとしよう!

ってことで気を取り直して周遊バスにて東茶屋街へ!!

やはり規模は大きいし人が多い。

今でもここでお座敷遊びが…

お座敷遊び。

経験したことありますか?

もちろん私はないですが、一度は経験してみたいです。

昼を食べようと決めていた店が改装中というトラブルもありましたが、もうそんなことではめげません。

違うお店でお茶をいただいて、またもや茶屋の資料館へ。

今回は、再現したものではなく、当時のままの建物へ。

「建物が古いので十分ご注意ください」の注意書きにはびっくりしましたが、再現の建物ではなかったので当時のお座敷を感じれて良かったです。

いたるところに和スイーツのお店があるので、甘党の方にはそれだけで楽しいかもしれません。

さて、いよいよ旅は佳境に向かい、最後の目的地、近江町市場へ。

お得意の金沢周遊バスにて。

到着が夕方ころになり、朝市的な雰囲気はありませんでしたが、それでも魚や野菜が軒先にずらり。

特に「のどぐろ」はやはり有名らしくどの店にも一匹単位で売られていました。

相場がわからなかったので手は出してませんが、午前中に立ち寄ればものすごい活気のありそうな雰囲気でした。

写真を撮ろうと思ったんですが、腹が減りすぎて回転寿司屋に直行してしまい撮れませんでした…。

そのまま、駅近くに停めておいた車に乗り込み帰宅の途につきました。

今回もなかなか弾丸でしたが、近いようで遠い金沢。

満喫できてよかったです!

と、いうことで、気分を一新してショールームにてお待ちしております!!

皆様のご来店心よりお待ちしております。


前田家

みなさんこんにちわ。

お盆も終わり、平穏が戻りつつある日常な今日この頃。

連休ボケで仕事に身が入らない…なんて方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私はというと、毎年恒例のよそ様と少しずれた連休をいただき旅行に行ってきました。

九州!!と初めは思っていたのですが、飛行機の時間に拘束されるのが嫌で、車で行ける場所を選びました。

諸々行きたいところがある中で今回選んだのは、岐阜 白川郷からの小京都 金沢。

長岡から車で3時間、そして非日常を感じられそうということで選びました。

来たる出発の日。

朝6時に起床し7時に出発。

途中トンネル地獄を抜け、休憩しつつ10時半頃白川郷に到着。

着いての感想は…

山。

めっちゃ山です。

ほんとに山と山の間を切り開いた集落というような感じでした。

ちなみにラジオは入りません。

さてさて、大混雑の中車を駐車し、いざ合掌造りの町並みへ。

なにか昔懐かしいような新しいような…

早速心が洗われました。

実は私、全くの知識不足で、この家々にはまだみなさん住んでられるんですね…。

めちゃくちゃいじったワゴンRとか絶対女の子が乗ってるだろみたいなファニーなラパンがあったりと少しギャップが面白かったです。

当日は超快晴。

雨男の私的にはすごくうれしかったのですが、あまりに暑すぎちょっと休憩。

今回は車なのでビールの雰囲気だけ楽しみました。

お昼前ということもありいい匂いに釣られて昼飯、といきたいところでしたが、金沢まで我慢。

徒歩で周って約2時間あれば存分に世界遺産を堪能できます。

いざ駐車場を出てみると、駐車待ちの県外ナンバー車で大渋滞。

10~11時頃に入ると割かしスムーズに駐車できるみたいです。

そのまま少し離れた小高い展望台へ。

うん。

この高さからの景色もなかなかです。

しかし、明らかに豪雪地帯。

長岡出身の私もさすがに冬は大変なんだろうな~と思ってしまいました。

ここで話は少しそれて積雪の話。

ちょっと気になって過去からの日本の積雪のランキングを見てみました。

ランキング20のうち、新潟県は最多の9地点がランクイン。

やはり新潟は日本一の豪雪地帯だった…(新潟の1位は守門)

さてさて、メガーヌのクーラーをガンガン効かせつつメインの目的地、金沢へ。

白川郷からはおおよそ70km。

1時間ほどで着いちゃいます。

ここで一つトラブルが。

あまり旅行の下調べが好きではない私は、金沢だから金沢ICだろうと高をくくっていました。

いざ付近まで着いてみると…

・金沢森本ICまで〇〇km

・金沢東ICまで〇〇km

・金沢西まで〇〇km

なるほど。

そーゆーパターンですか。

金沢が3つあるパターンですか。

こりゃ勘ですね。

完全に勘ですわ。

と、いうことで己の野生の勘を信じ、金沢東ICを降りることに。

ん?

よくわからん…。

正解かどうかがよくわからん…。

とりあえず近くのコンビニにてiphoneのナビアプリを起動。

目的地の旅館まで約15分。

…おそらく正解だったはず。

なんかモヤモヤしたまま旅館へ。

(途中大きな一方通行の道路に侵入していしまいめっちゃ焦ったのは内緒です。)

旅館に到着し、ひとっ風呂浴びていよいよ金沢散策に出発。

まず向かったのは、徒歩20分ほどのところにある西茶屋街。

金沢には、西茶屋街・東茶屋街とあり、とりあえず近い西茶屋街へ向かいました。

通りは1つの通りしかないのですが、さすがに風情があります。

天気も良く最高でした。

呑気に歩いていると、ある建物を発見。

なんかの資料館?

入り口には「入館無料」の文字。

こりゃ入るっきゃない。

玄関にはいると、とても涼しい。

そしてボランティアらしきおじいちゃんが2人。

金沢の茶屋街の歴史を随所随所説明いただきました。

なんか和みました。

その資料館の2階には、現在も夜な夜な繰り広げられるお座敷遊びの部屋を再現した一室が。

なるほど。

雰囲気は伝わってきますね。

ちなみに一枚目の写真はあまりの涼しさにお腹を壊し、激痛に耐えながら撮った一枚なのでなんか構図がおかしくなってます。

二枚目以降は完全復活した土田が撮ったものです。

ここのはお年を召されたお客さんしかいませんでしたが、気にせずお次の目的へ。

次は、内心めっちゃ楽しみだった通称「忍者寺」。

どーです?

名前だけでワクワクするでしょう?

外観は普通のお寺。

有料で寺の内部の案内してくれるツアーがあり、事前に申し込みしておきました。

内部は撮影禁止だったので写真はありませんが、なるほど、忍者寺の名前に違わぬカラクリっぷり。

片側からしか開かない脱出路や、簡単に取り外せ、落とし穴にできる床。

階段の隙間に貼られた障子は、敵の侵入がわかるようにだったり、お城まで続いているという伝説の井戸。

楽しかった…。

実はこのお寺。

加賀藩藩主、前田利家より続く三代目藩主、前田利常により創建された妙立寺というお寺で、代々のお殿様が崇拝し、隠れ家として使用していたことから多くのカラクリが作られたらしいです。

忍者寺というのはあくまで通称で、実際忍者が使った事実は一切ないとか。

案内のお姉さんも説明がうまく、とても面白かったので是非お勧めです!

ちなみに、30分おきに行われる案内ツアーは連日超満員で飛び込みでの受付はほぼ不可能とのことだったので事前の予約を!

忍者寺の興奮か、ただの歩きすぎかで有り得ないほどの汗をかいてしまった私。

2日分の服しかなく、急遽金沢市最大の商業地、香林坊地区へ。

109があったり有名ブランドが数多くあったりと、横浜に近いようなオシャレな感じの地区でした。

土田チョイスでオシャレなTシャツを購入し、一旦旅館へ。

時間は早くも午後7時。

今夜の酒席を選んでいざ出発!

ついて早々疲れもあってか酒に飲まれる土田。

おいしいものいっぱい食べたんですが、かろうじて撮れた写真がこちら

….

..

はい。

反省してます。

いろいろ食べた中で、加賀料理として有名らしい「ぢぶ煮」は特においしかったです。

新潟でいうとのっぺといったところでしょうか。

この中に入っていた加賀野菜「金時草(きんじそう)」はめちゃめちゃ土田のツボにはまり、感動しました。

ネバネバしていて、噛むとシャキっとした食感です。

最高でした。

後から聞いた話ですが、金時草ではない名前で新潟のスーパーでも売られているらしいです。

なんて名前かは忘れました。

あとは、のどぐろなどの魚介が豊富でした。

この後、疲れかアルコールか、かなりフラフラして旅館に帰ったところで記憶はストップしています…。

楽しい楽しい金沢旅行。

2日目は、次の機会に…。


あなたのことが寿司だから

みなさんこんにちわ。

今日の夕飯は親戚一同と寿司らしいです。

サーモン土田です。

今日の朝、久々に3才(たぶん)と1才(たぶん)になる甥っ子が帰省していて顔を合わせたんですが、1才(たぶん)になる下の子は私の顔を凝視してました。

おそらく彼の脳内では

(なんやこいつ… わし会ったことあるっけ? おかんと仲良く話しとるし… 誰や….)

的な感じだったと思います。

3才(たぶん)の上の子は「おじしゃ~ん!!」なんて言いながら恥ずかしがっていました。

無事育ってます。

そんな誰も興味のない身内話はいいとして、先ほどネットで面白いものを見つけました。

ルノーのCMなんですが、おそらくフランス国内もしくはヨーロッパで流れているものだと思われます。

F1ピット編

レースクィーン編(個人的に好き)

ドッキリ的で面白いですよね。

世界には面白いCMが数多くあります。

そんな動画をいろいろ探してみるのも連休の一興かもしれませんね。

それではお寿司が待っているのでこのへんで…


ジャンダルムリ

みなさんこんにちわ。

ひとまず暑さが落ち着き、恵みの雨が降り続く今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか。

私はというと照りつける太陽に焦がされた腕に悩みを抱えております。

というのも、真っ赤になって痛いとか、皮がむけてボロボロ、てなことではなく、日焼けのグラデーションに悩んでおります。

わかります?

私の左腕です。

Yシャツをめくって作業をしていてふと気づいたら腕の半分が焼けてる…

これは変だってことで、慌ててもっとめくって日に焼いてみたら太陽が空気読んだらしく、うっすらしか焼けなかった…

おかげでこのザマです。

恥ずかしくって半袖着れません…。

いっそ海でも行って全部焼いてやろうかなんて思ってるんですが、実は海があんまり好きではなく行ってません。

さらに最近のこの天気。

完全に地球に遊ばれてます。

どーも土田です。

さて、先日後輩の加糖君から珍しくプレゼントをいただきました。

そうです。

メガーヌRSのミニカー。

しかもトミカ。

高級品です。

ドンキで買ってきたらしいです。

やるじゃん加糖。

そしてこのメガーヌRS、20台限定の特別車として発売された「ジャンダルムリ」。

ジャンダルムリです。

ジャンダルムリとは、フランスの国家憲兵隊のこと。

その国家憲兵隊の高速道路警備隊が2010年から使用しているのがメガーヌRSなんです。

このジャンダルムリは、高速で違反者を追いかけるために歴代、その時の名車を採用してきています。

アルピーヌA110、アルピーヌA310、ルノー ターボ…。

ちなみにこのメガーヌRSを採用する前は、スバル インプレッサだったらしく、決してルノーびいきなわけではないようです。

特に改造等されずそのまま使用されているらしいです。

ここで、この限定車が発表された東京オートサロンでのルノージャポンの大極社長のコメントが秀逸でしたので紹介します。

「ノリみたいなものです。正月ですからいいんじゃないかな。こういうことをやるのもルノー・ジャポンと理解してください」

さすが…。

なんかこの一言にすべてが詰まっているような…。

まぁ、なんていうか、そんな感じです。

このミニカー、対象年齢は3才以上だったのでなんとかなりそうです。

最後に先日の納車紹介をさせていただきます。

ルーテシアをご購入いただいたA様。

今回は前モデルのルーテシアからのお乗り換えをいただき、ルノーtoルノーというキャンペーンを使用し、より良い条件をお出しできました。

是非たくさん走っていただき、ルーテシアの魅力を周りの方にもお伝えいただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。


世にも奇妙なあれ

みなさんこんにちわ。

8月6日。

夏もまだ始まったばかり。

こんな猛暑いつまで続くんでしょうか。

折角なので少し涼しくなりそうな話を…。

私の実話なんですが、ちょうど去年の今頃。

長岡駅周辺での飲み会を終え、たまたま歩いて家まで帰ることに。

どんな酔った足でも30分もあれば間違いなく着くいつもの道。

意気揚々と歩きはじめ、最初の交差点に差し掛かったところで携帯に着信が。

さっきまで一緒に飲んでいたやつからで、なんだろうと思い出てみると、なんてことはない他愛もない話。

そんな話今じゃなくさっきの飲み会、もしくはまた今度会ったときに話せばいいじゃんなんて思いましたが、こちとら暇で相手をしていました。

少し話していると、急にプツッと一瞬電波が悪くなり、

「もしも~し。もしも~し。」

「聞こえる?あぁ聞こえるか。よかった」

ほんの一瞬の出来事で、なにごともなくまた会話を開始していました。

よくしゃべるやつだな~と思いつつ歩いているといつの間にかもう家の近く。

少しくらい酔ってるし、電話しながらだったから早く感じたんだなと思い

「そろそろ着くからじゃ~な~」

的な感じで電話は終了。

部屋に入り、携帯充電しようと思い画面を見たらまた着信が。

ほんのついさっきまで電話していたやつでした。

まだ話し足りないのか…と渋々でてみると…。

「おまえ今まで何してたの?急に電話切りやがって。何回も電話したんだぞ~」

ん?

….

自分「いやいや、今までずっと電話してたじゃん。」

相手「は?用があったのに話す前にお前切ったじゃん。」

自分「切ってねーよ!そーゆーのいいから。」

相手「5回ぐらい電話したのに繋がらないしよ~。」

へ?

恐る恐る携帯の着信履歴を見てみると…

さっき電話してたはずの時間に着信が数件。

しかも自分が話してた相手から。

…なにこれ。

さっきの誰?

少しパニックになったので一旦電話を終了。

冷静になろうと深呼吸をし、ふと家の時計を見たときに更に衝撃的なことが…。

私が駅を出たのが11時30分。

遅く歩いても30分で着くはずの家路。

時計の針が指していた時間は

午前2時15分。

..

家に帰ってきてせいぜい10分。

12時も過ぎてるだろうから寝ようと思っていたはずなのに…

まったく状況を飲み込めず、どんなに辻褄を合わせようともつながらない…

誰に聞いてもなにもわからない…

あの空白の時間、自分は一体何を…

この日のことは今になっても解決していません。

なにかに襲われたわけでも、その後怖いことがあったわけではないので気にはしていませんが、まったく未体験のことでした。

どうです?

涼しくなりました?

それではこのへんで…

あれっ自分車の営業だよな….


戦災復興祭

みなさんこんにちわ。

灼熱の8月。

毎年のことながら、「いつもこんなに暑かったっけ?」

と思ってしまいます。

でも、こんなに連日35℃の「真夏日」になることはなかったはず。

まぁ気温に関して愚痴っててもしょーがありません。

と、いうことでとある作戦をたてました。

その名も、心頭滅却すれば火もまた涼し 作戦。

入念に練られたその作戦の内容は、「暑くないっ」って思うようにすることです。

まさに完璧。

ペンタゴンもしくはCIAあたりからも問い合わせがありそうなこの作戦。

早速実践してみたいと思います。

それでは外へ…。

….

….

….

….

暑い!!!

めっちゃ暑い!!!

なにこれ暑い!!

退散!!

….

….

ふぅ。

暑かったです。

さて、毎度のくだらない話は置いといて。

長岡では、一昨日より長岡祭りが始まっております。

祭りのメインイベントは、日本三大花火に数えられる長岡大花火大会。

説明するまでもないとは思いますが、8月2、3日にわたって行われる花火大会です。

少し気になったので、この長岡祭り、そして長岡花火の起源を調べてみました。

今から69年前の1945年8月1日。

夜の10時30分から2日の0時10分までの1時間40分もの間。

アメリカ軍のB-29戦闘機から長岡市中心部へ多量の焼夷弾が投下されました。

この長岡空襲によって長岡中心街の8割が焼失。

人たちは皆恐怖に怯え、1485人の命が奪われました。

この空襲からわずか1年後の1946年8月1日に始まった戦災復興祭が長岡祭りの始まりと言われています。

実は、長岡花火の始まりはこれとは別で、1879年9月14、15日の千手町八幡様のお祭りに、長原などの遊郭関係者がお金を出し合い350発の花火を上げたことが起源とされています。

本格的に花火大会になったのは1906年。

長岡花火となったのが1951年のことです。

ちなみに、この長岡花火とは別に、8月1日22時30分には慰霊の花火として尺玉が上がり、長岡中心を流れる柿川では灯篭流しが行われています。

そんな長岡花火。

昨日も打ち上げ場所近くまで行き見ていました。

大小の花火が次々打ち上げられ、会場は大盛り上がり。

そしてもはや長岡花火の「顔」になったフェニックスの打ち上げが始まりました。

今年は例年よりも打ち上げ時間が長く、そのあまりの迫力に会場中から驚嘆の声が上がってました。

打ち上げが終わり会場中の大拍手のなか、隣にいる連れを見てみると…。

泣いてました。

その時は笑って終わりましたが、今思えばフェニックス花火も復興の花火。

しかもまだ10年しかたっておらず鮮明に当時の記憶が蘇ってきます。

私が住んでいる町も半分以上の家が倒壊、損壊していました。

誰とも連絡がつかず不安になった記憶があります。

そんな思いを持って改めてフェニックス花火を思うと、様々な感情がこみ上げてきますね。

今日は昨日とは反対側で観覧する予定なので、精一杯感動してこようと思います!!

そして、連日ラジオなどで言っていますが、長岡祭りは日本一マナーの良い祭りを目指しています!!とのことなのでマナーを守って楽しんできます!

もしどこかで見かけたら遠慮なくビールを買い与えてあげてください!!