ルノーの始まり。

こんにちは、ルノー山口つあきです。

先日、ルノーオーナー様のお嬢様から
“ルノーってどういう意味ですか?”とご質問をいただきました。
Y様、ありがとうございました!

 

みなさまはパリのモンマルトルという地をご存知でしょうか・・・(私はルノーファンになって初めて知りました)

330px-Butte_Montmartre_from_centre_Pompidou

モンマルトルは今も観光地として人気の場所ですが、

19世紀頃から沢山の美術家、詩人、劇作家、小説家などが生活・制作活動をしていたそうです。(その中にはゴッホやピカソも。)

ルノーの創設者であるルイ・ルノーも、ここにいました。obj_history_01_pc

1898年のクリスマスイブ、三輪車ベースの改造車で、13%の傾斜がある坂道を登った。

のがルノーの歴史の始まりです。

その坂道はその日まで、馬なしで自走する車で登るのは不可能なことだったので、まわりで見ていた人たちは冷かし半分…
なのに、坂を登った後には試乗希望者が殺到。その日のうちに12台の注文が入ったそうです。

この馬力の秘密はルノー氏が発明したダイレクト・ドライブ・トランスミッション!
これは後に特許を得て、世界中の自動車メーカーに採用された技術なのだそうです。

いつかにパリに行けたら、この丘にあるルノー氏のプレートを見てこようと思っています!

◇Toby Confinement◇


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

TrackBack URI :