Takatori-jou

皆様ごきげんよう。今日もエエ天気でしたねぇ~秋も本番になる頃、体調には充分ご注意頂き、元気よく楽しんで行きましょう。

さて先日、
DSC_0151_1久々に乗りました\(^o^)/~4月に6回目の車検を受け、あんま乗ってない。。。(^o^;)。

今回は津~奈良県宇陀~吉野を抜け

DSC_0157_1ここ高取町へ。なぜかって?そう、でございます(笑。

戦国(室町末期)時代には大きな進化をしました。の様な形から今も残っている石積による城郭をもっている城へ。城を建てる場所も山地から平地へ~平城や平山城が戦国末期からの築城スタンダードになりました。なので、、、

DSC_0163_1そう、江戸時代を乗り越えてきた山城というのは、なかなか面白いものがあります(^^)。

DSC_0167_1この高取山に建つ城、高取城はその中の1つ。日本三大山城?と言われているようです。

DSC_0170_1壷阪山側の駐車場?(笑)に単車を停めていざ山城へ。

DSC_0174_1まぁ、登山道って感じでしょうか~。河川や人工の堀を防御に使う平城(平地に有る)に比べ、山城は自然の山を利用しておりますので、まま、こんなもんです(^^)。

DSC_0175_1DSC_0181_1

昔はどんな人が歩いて登っていたのかなぁと思いつつ歩くこと10分、壷阪口門跡が見えてきます。

DSC_0182_1ここから城内

DSC_0300_1DSC_0188_1

二ノ丸に入る大手門。どの門から城内に入っても、城の最深部に行くには、必ずこの大手門を通らなければならない造りになってます。

DSC_0200_1DSC_0202_1

二ノ丸二ノ丸は平時の城の中枢。立派な御殿が建っていたかも(^^)。

DSC_0275_1DSC_0267_1

二ノ丸から本丸へ~本丸手前にあった多聞櫓跡、立派な石垣が残っています。

DSC_0204_1DSC_0220_1

そこから本丸天守台を~ここも立派な石垣が残っています(^^)。この上には、小天守付の天守閣が、四隅には三階櫓が建ち並ぶ見事なお城やったみたいです。

DSC_0228_1DSC_0233_1

クマに案内され本丸山城の本丸にしてはかなり広いです。

DSC_0238_1井戸の跡。

DSC_0235_1DSC_0241_1DSC_0247_1天守台は高取山の頂上でもあります(^^)。

DSC_0250_1DSC_0234_1

ここからは奈良盆地が一望できまた、密教の聖地であった吉野、高野山に睨みを利かせる事ができる重要な所でもあったようです。

DSC_0263_1高取城山城なのに江戸時代にも改修を続け残ってた。明治になって多くの城が廃城になってますがこの城もその1つ・・・非常に残念。。。。また行こ(笑。

 




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469

↓ 山城Link(笑。

http://dealer.renault.jp/renault_yokkaichi/?p=10565

http://dealer.renault.jp/renault_yokkaichi/?p=4821

http://dealer.renault.jp/renault_yokkaichi/?p=1457

 

 


oogaki

皆様ごきげんよう。いや~暑いですねぇ・・・うだるような夏日が続いておりますが、お元気にお過ごしでしょうか。もう梅雨って明けたんですかねぇぇ(汗。

昨日、岡山国際サーキットで行われた“ルノーパッションデイズ”、ご参加された皆様お疲れ様でした~楽しくオーバーヒートされたのではないかと思います(^^)。来年は行きたい!ですねぇ~。

 

DSC_0216さてさて、先日も暑かった~。417年前に大合戦が行われた方向に向かって~

DSC_0219DSC_0221

いなべ市 御弁当谷(おべんとうだにやないです、ごべっとうだにと読みます(^^))を通り~

DSC_0225養老山脈(二之瀬越)を抜けると~

DSC_0224そこは岐阜県海津

DSC_0233DSC_0236

ここからの下りはまたエエ山道なんですよね~。

DSC_0247DSC_0248養老を抜け~

DSC_0251目的地到着(^^)。

DSC_0252DSC_0254

結構渋い路地を抜け~

DSC_0255DSC_0257
公園?だれ?

DSC_0258おぉ階段?

DSC_0261DSC_0263

出たー\(^o^)/ はい、今回はここ大垣城にやってきましたのですよ。

DSC_0265DSC_0267

大垣城は、1600年関ヶ原の戦いの前哨戦、抗瀬川の戦いで西軍が拠点とした城として有名。

DSC_0264昭和11年には旧国宝指定されたようですが、戦火にて焼失。。。もったいないですな。

DSC_0271DSC_0274

現在の大垣城は、外観復元天守として戦後建てられました。

DSC_0278DSC_0280

まぁ、なかみは鉄筋コンクリート製なんですがね、外見を昭和11年に指定された旧国宝大垣城の復元版なので感じは良いです。

DSC_0289DSC_0293

ではいざ~本丸は全くの公園で多く見るとことは無いです^^;。

DSC_0294DSC_0297

はい(^O^)/

DSC_0298に似合わない洋風なドアを開け中へ~

DSC_0320そこは洋館のような佇まい^^;

DSC_0300DSC_0299DSC_0303DSC_0306DSC_0308DSC_0315

中はお約束の資料館になっているのですが、ここの展示はただ単に武器や防具等を陳列してあるのではなく、映像やジオラマ、色々な資料を見ながら417年前の大垣城を思い描いて貰おうとの思いが伝わってくる企画になっていて、中々面白いです(^^)。

DSC_0310展望室から関ヶ原方面。当時の城代は合戦の行方をどんな心境でどう見ていたんやろなぁ~と思ったり(^^)。

DSC_0319DSC_0322

を出て、城下を散策~

DSC_0323大垣共立銀行通り?ですかね^^; 影響力、半端ないですな。。。

DSC_0327DSC_0329

この日はめちゃめちゃ暑く、少し歩くだけで汗だくに・・・(*_*)。

DSC_0335大垣は水の都、自噴する井戸がいたるところにあります。ここは大垣城の大手門があったとされる近くの自噴井戸で、大手いこ井の泉と呼ばれているんだそう。冷たくておいしい水が湧きだしています。

DSC_0334DSC_0341

またこの井戸のとなりにあるのが、大垣名物 水まんじゅうの老舗、金蝶園さん。大垣に来たら食うておくべきでしょってことで、

DSC_0342DSC_0340

スタンダードなあんこイチゴを、もちろん氷水といっしょに(^^)。まんじゅう+氷水、一見ミスマッチと思いきや、これうまし!水の都の銘菓水まんじゅう、あなどれませんなぁ。

DSC_0326DSC_0330
DSC_0333DSC_0349

ひとしきり歩いて~

DSC_0354DSC_0357

空を見あげると、ちょっとやばし!急ぎ撤収ー(`・ω・´)ゞ。この時、犬山城では落雷により鯱が欠け、名古屋市辺りはゲリラ豪雨に有っていたと。。。

DSC_0266もうちょっと城郭が残っていればなぁと思いましたが、歩いて散策するには、なかなか良いとこ大垣。暑さ?と水まんじゅうを求めて行ってみてください(^^)。





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469

 

 

 

 

 

 


azuchi-jou

皆様ごきげんよう。今年も5ヶ月が過ぎ6月、、、月日が経つのは早いですねぇ~。日中暑く朝夕冷えるこの時期、体調を崩しやすいですのでどうかご自愛のほどを。。。

DSC_9045さてさて、初夏一発目のブログ~得意の滋賀に向けて走っておりました。鈴鹿峠は雨でも

DSC_9050滋賀に入ると雨もやみ、ちょいちょいお日さんが顔を出す~鈴鹿の山は天気を2分するからすごいなぁと思いつつ~

DSC_9055来たのはここ

DSC_9057滋賀県近江八幡市にある安土城考古博物館。はい、まさに“城話”でございます(笑。

DSC_9059DSC_9062

今回の特別展は「信長のプロフィール」と題して、織田信長の歴史みたいな催し、弟信包や子信雄など、三重にも縁があるのも面白かったです。

DSC_9134で、天気も次第に良くなってきたところで、久々に登城しようと・・・・(^^)。

DSC_9070DSC_9076

発掘され綺麗に整備された大手道。私が初めて来た20数年前は、お寺に通じる普通の参道でした(^^)。

DSC_9129DSC_9075

立派な大手道の左右には、(伝)羽柴秀吉の屋敷跡や(伝)前田利家の屋敷跡が有り、安土城の正面玄関は威風堂々やったんやろなぁと思います。

_20170510_165525

DSC_9079大手道を上から。結構登ってきたのが分かります。

_20170510_165651

DSC_9084こういうのも城の石垣には有りですね~。奈良の郡山城跡にはよく見られる光景。

DSC_9085DSC_9087

ここから左に折れ右に折れと、敵に攻められても真っ直ぐ登って来れない工夫がされています。

DSC_9090階段をあがると、少し開けた所に出て

DSC_9092またさらに階段を上がります。

DSC_9094DSC_9097

ここは、城郭の中心部分に入る入口の1つ黒鉄門跡。一際大きな石が積まれ、名のごとく鉄壁の造りやったのでしょうなぁ。

DSC_9101ここは二ノ丸に有る信長さんのお墓。

DSC_9105DSC_9106

ここは、安土城の中で一番広い本丸御殿跡。現在は礎石が分かるように整備されてなんとなく御殿がイメージできます。

DSC_9110DSC_9111

この御殿に繋がるように建てられていたとされる安土城天守閣につながっていく階段。

DSC_9059DSC_9117

ここが天守閣跡。天守台も大きく礎石も多いし、立派なモノが建ってたんやぁ・・・。

DSC_9120天守からの展望。遠くに見える山は比叡山。

_20170510_165615 

DSC_9132_20170510_165445

数年ぶりに登城しましたが、またさらに整備され見所ありになっていました。また数年後いってみよ。





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469

 


ueda-jou

皆様ごきげんよう。早いもので今年も残りあと僅かとなりました。残りわずかな2016年、健康にご留意いただき元気に過ごしていきましょう!

さて~今年最後のブログは・・・

dsc_738210月の終わり長野道を北上しておりました。

dsc_7384着いたところはココ!はい、でございます(^^)。それも2回連続の“真田・・・(笑。

dsc_7389ここは、真田昌幸が造ったといわれる上田城NHK真田丸のOPに出てきてた城は、岡山県にある備中松山城ですのでお間違えなく。。。(^^)。

dsc_7385ちょうどこの立ってる位置が尼ヶ淵になり、むかしは川が流れていたそうな。

dsc_7386川岸の崖の上に建つ西櫓。これが上田城で一番古い建物になります。

dsc_7403本丸を囲う

dsc_7413dsc_7412

堀には石垣もなく素掘りで、出た土は本丸側(左側)に積み上げ本丸の土塁になっています。石垣がある堀は多く見れますが、素掘りの堀はなかなか見れませんよね~。まぁ、池みたいなもんですが。。。

dsc_7411はい(^^)。

dsc_7401ここは二ノ丸から上田城本丸に入る正門で、奥に見えるのが平成になって復元された東虎口櫓門。もちろん、木造復元なんで良いですねー(^^)。

dsc_7406左右の東櫓北櫓は、明治時代に売却されたモノを買い戻し移築復元したものなのだそうです。

dsc_7395櫓門の石垣には、“真田石”と言われる大きな石が使われています。

dsc_7427本丸は、きれいに整備された公園(*_*)。と、

dsc_7417真田神社という神社があります。

dsc_7418境内の隅には、真田井戸と言われる井戸があり、

dsc_7419井戸には抜け穴が造ってあったとか。。。ほんまかいな?(゜o゜;

dsc_7398dsc_7408

この上田城の築城は真田昌幸ですが、徳川を二度やっつけたこともあり関ヶ原の後、徳川方に徹底的に壊されたモノを江戸初期に仙石氏が再建し、後に移封してきた松平氏が修復しながら明治まで続きました。廃城後、公園となり今に至るそうです~。

 

 

ルノー四日市は今日が仕事納め、今年もルノー四日市のブログを見ていただき有難うございました。来年もお付き合いのほど、何卒宜しくお願い申し上げます。新春は1月3日からの営業でございます。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

 




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469

 
 

 


edo-jou

九州熊本大分地方の大きな地震により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


皆様ごきげんよう。今週で4月も終わりですね。弊店、明後日の4月27日(水)~5月1日(日)までの5日間をGW休店日とさせて頂きます。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承のほどを。。。2日(月)から平常営業させて頂きます。

DSC_4761さて、東京・・・むかし江戸と呼ばれたところ。そこには徳川家将軍の大きな城がありました。誰もが知っている皇居はその江戸城跡地であります。ってことで、今回もネタでいきますよって~(笑。

DSC_4718大都会ですなー江戸は(笑。千代田区の高層ビル群。。。三重にはないなーこんな高いビル。。。ここは東京駅から歩いて15分くらいの内堀通り大手門交差点。この反対側には。。。

DSC_4759皇居東御苑(江戸城跡)があります。この皇居東御苑は、現在、特別史跡として一般に公開されております(^^)。

DSC_4719ここは大手門。お城の正門にあたります。

DSC_4721大手門の重要な部分。そこに使われる石垣もそれはそれは素晴らしく、積み方もぜつみょーです(^_^)。

DSC_4726門を反対から見ると・・・高麗門の造りと高層ビルがミスマッチ(笑。江戸時代、ここで働いていた侍をタイムスリップさせて見せてあげたい光景(^^)。

DSC_4727渡櫓門。大手門全体の建物は復元されたモノですが、大阪城(これも徳川家が造ったもの)の規模はないものの良い感じです(^^)。ここをくぐると三ノ丸に入ります。

DSC_4729大手門から入って本丸目指して歩いてくると、最初に出くわす石垣がこの大手三ノ門跡の石垣。一個一個の石もデカく、綺麗に整形した石の目が横に通るように積まれています。むかしこの門の前には堀があって、木橋が掛かっていたようです。

DSC_4736奥行きのある枡形の中には、同心番所という検問をしていた事務所があります。

DSC_4735ここには櫓門があったんでしょうなーぁ・・・基礎の台がめっちゃ大きい(・o・)。この門をくぐると二ノ丸に入ります。

DSC_4737三ノ門を抜けると、百人番所があります。江戸城最大の検問所で、日中夜、先鋭の侍による監視が行われていたのだそうです。

DSC_4738百人番所を過ぎると、中之門跡。これがまた立派な巨石が使われています。大阪城もすごいですが、ここはさらにキレイが付きます。さすが将軍さんの城ですな。この中之門は、櫓門で枡形形式の門では無かったようです。

DSC_4741中之門を過ぎると、本番所があります。またまたここも検問所で、身分の高い武士団によって監視されていました。

DSC_4742ここが本丸に入る為の最後の門、中雀門跡です。ここでは、御三家と言えど門前で駕籠をおりて徒歩で入らなければならなかったところ。門柱が建っていた基礎の部分もなんかスゴイです(^^)。

DSC_4745ここからは、本来本丸御殿(大奥なんかも)があった所なんですが、今は公園になっていて写真も撮ってない・・・広い公園でした(笑。

DSC_4746これが本丸にある天守台(天守閣の基礎)です。これも今まで見た天守台の中では一際デカいもので、石の色が変わった色をしておりましたした(^^ゞ。全体像の写真はありません。

DSC_4750限られた時間でしかなかったのでここまでしか見れてませんが、さすが将軍さんの城ですなぁ。日本一の城やったんがよくわかります。

DSC_4749この皇居東御苑(江戸城跡)、外人さんには人気があるらしいのですが、人が少なく東京観光の穴場かも~江戸上洛の際にはぜひ行ってみてください!宮内庁監視下の元、誰でも入れます(笑。

DSC_4755いまし「表参道」より『江戸城跡』が熱いかもカモですよぉ(^^)。

 

四日市Facebook!!
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469