Center cap

皆様ごきげんよう。今日は温かったですねぇ~昨日とは大違い。天気も良かったし風もなく小春日和でした~春近しでしょうか(^^)。

 

さて、カングー2(デカングーともいわれてますな)にお乗りの方で、よくご購入頂くアイテムが有ります。

P1030322これ!部品ナンバー8200 381 353センターキャップです(^^)。日本にいろんな輸入車が入って来ていますが~センターキャップを買っていただける新車ブランドは、唯一 カングーだけかなぁって。。。(*´艸`*)

P1030323この最初に装着されてるこのホイールキャップを変えるわけです。

P1030324よーく似合うのですが、このセンターキャップ硬質プラスチックで出来てて割れる危険性が大なのと、

P1030325裏側にフィン(羽)状のスリーブみたいなのが付いてて、これが取り付けの際、ジャマになって、付けるのに時間がかかるのが難点。。。(*_*)。

P1030326なので私は切っちゃいます(^^)!

P1030331必要最小限でカット!カット!

P1030332こんな感じ~。これだとスリーブの役目もし、付けやすくなるし~割ってしまうのも少なくなるし~(*´艸`*)

P1030341特にリア側は、このハブ(錆が見える部分)の出っ張りが大きいため、余計にはめにくくなります~で割れます。。。(´Д⊂グスン

P1030343簡単に装着!(*´艸`*)。『これはハマらへんわー』って断念された方、一度試してみてください。

 

P1030342私は5箇所、フィンを1/3くらいカットします(^^)。 あっ!あくまでも自己責任でお願いしますね(笑。

 

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


Wrapping

皆様ごきげんよう。良い天気の週末でしたねぇ。ゴールデンウィーク最初にふさわしいお天気でしたが。。。
今日から5月2日金曜日まで休店日を頂いております。何卒、ご了承下さい。



さて先日、自動車用ラッピングのプロ中のプロ、P.G.Dの御三方に来ていただき自動車ラッピングの実演をして頂きました。私も見るのは初めてです(^^)。

カングーのルーフをラッピングする前にデモンストレーション(^m^)。

台紙を剥がして

エンジンフードを少し貼ってもらうのですが、台紙を剥がしてあるので接着面がひっつくかと思われましたがそんなことなく、布みたいに自由に動かせる事が可能で、位置決めが出来ます(・o・)。

包まれるとこんな感じ。貼る面に水は一切使いません。

これ、接着面細かい線が入っているの分かりますか?この線が中にはいった空気を逃してくれるのだそうです。

ここまでわずか5分程度。

今度はクチャクチャに剥がします。しかしシワになっても少し熱を加える

復元します(・o・)。

次はフィルムを切るデモ。剥がしてフィルムの下に紐の付いた特殊なテープを貼って

紐を引きながらフィルムを切っていくと・・・

こんなキレイに(;・∀・)。えーっ!!ってくらいの切れさばき・・・まぁ、プロですからな。。。

これがその不思議ちゃんなテープ。

さぁ、KANGOOのルーフです。台紙を剥がして

位置決めて貼って(ラッピング)していきます。

おおっ

おおおぉ

細かい所を仕上げていきます。コレが時間かかるそうです。

ドライヤーで100℃まで温めて完了。ここまで40~50分位でしょうか。

ちょーきれい(・o・)。『すごいなぁ~』って言葉しか出てきませんでした(*^_^*)。

・・・(@@)。

、ウチの試乗車にも貼っていただきました。(と言うか包んでもらいました(≧∇≦)/)

カーボン調のフィルムでエンジンフードを。。。

R.S.のボディカラー“ルージュ=フラム”があまりにもキレイやから、フード全体を黒くするのではなく、サイドのキャラクターラインで切ってもらいました。

仕上げの熱入れです。

完成!職人技をマジマジと見せていただきました(^-^)。フィルムの下に文字を置けば、エンボス調の感じにもなり、非常にデザイン性に富むアイテム

フィルムのカラーも選びきれないくらい有ります。お乗りのルノーを、オリジナリティ高いモノにコーディネートしてみては如何でしょうか。お手伝いさせて頂きます(^-^)。







四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


SUN VISOR with MIRROR

皆様ごきげんよう。年末年始は、温かったですねぇ~、いい年を迎えて頂けたのではと思います。
新しい一年の始まり、年もFacebook共々がんばっていきますので、どうか見てやって下さいm(_ _)m


ではでは~今回はこれ!
カングー2の“サンバイザー”ネタです。
これはカングー1のサンバイザー。両方にバニティミラーが付いています(^^)。ちなみにバニティとは、化粧を意味します。

カングー2にお乗りで、『運転席サンバイザー、ミラー付いてへん(´・ω・`)。助手席側は付いてるのにぃ・・・』と思われた方みえませんか(^^)?

そーなんですよね。以前からお問い合わせも頂いたことあったのですが、部品検索エンジンで検索しにくく、出来てませんでしたm(__)m。




今回、左ハンドル車にお乗りの方から『右ハンドル車用の左側バニティミラー付サンバイザーが欲しい』との事で車を見させて頂いたところ、左ハンドル車は、右(助手席)のサンバイザーはミラー付。左はミラー無しなんです(^_^;)。


ってことで、右側ミラー付サンバイザーの部品検索に成功(^O^)!( I 様、ご協力有難うございます)

交換後。

こ~んな感じ(^^)。特に女性の方には便利なパーツかな。って思います。

もちろんカードフォルダーも付いてます(・∀・)!




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


paint

皆様ごきげんよう。昨日はカングージャンボリー2013でしたね。ご参加された皆様、
如何でしたでしょうか(^^)?。フェイスブックの投稿をみてみると、心配された天気も
何とか持ったようで、楽しめたのではないでしょうか。
来年は、お客様のご要望もあり、R四日市カスタマー御一行様って言うのをしようかなぁ
っと考えております~( ´艸`)。

さて先日、買って頂いたTWINGO R.S.-cupの納車整備をしておりました。オーダー
頂いたのは、R.S.マフラー取り付けの他に、キャリパー塗装。マフラーは水谷に
お任せして、キャリパー塗装を手伝っておりました(^o^)!

キャリパーを外し、塗装の為の下準備です(事故修理じゃないですよ)。塗料が飛んで
ボディ、他のパーツに付かないように、マスキングは広範囲かつ

入念にやります(`・ω・´)ゞ

新車なので、サビ取りは省略して、塗装面の油脂分を除去します。

もちろんトルクメンバーも。

油脂除去が終わったフロントキャリパー。ピカピカでしょ(^o^)。

さらに、各キャリパーのピストン及びシールに塗装が飛ばないよう
マスキング。

塗装

塗装完了ーっ。乾燥と上塗りすること2日。。。^^;

こんな感じに完成(^^)。

ジョン=シリウスとブラックホイールによく似合います(^O^)/。
ご興味のある方、いかがでしょうか。なるべく新車時が良いと思います。




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


RSF01

皆様ごきげんよう。エエ天気が続いてますね~。最高気温は軒並み25℃以上
GW時の寒さはいったい何やったんでしょ(-_-;)。暑くなるこれから、紫外線、
熱中症などの対策をして、元気にすごしましょう!

~実は今回のブログ、14日火曜日にアップしたのですが、思わぬ障害が起こりまして・・・^^;
遅くなりました。では、再アップします!!~


さてこの度、ルノー・ジャポンからメガーヌ3R.S.用『鍛造アロイホイール』が発売されました。
“RSF01”とよばれるこの鍛造ホイールは、18インチ用のみ
重量は8.35kg(純正装着ホイールより3kgも軽い
また、純正サイズと同じ オフセット65なので、タイヤに掛かるモーメントに変化は無く、ジャストフィティング出来ます(^O^)/。


デザインを担当したのは、私のようなバイク乗りならお馴染みですが、 イタリアの“マルケジーニ”。
バイクでは『これマルケ!ええなぁ。』ってくらい有名(^^)。今回、数十年ぶりに四輪のホイールデザインを手掛け、製作期間一年を費やした意欲作なんだそうです。


マルケジーニのブランド入り。四輪のアルミホイールで、デザイナー名が入っているモノは見たこと無いです( ・`ω・´)!

ボルトホール周りのスリッド。

スポークの細部の造形美。

上がRSF01、下がSiFo製軽量鍛造アロイホイール。RSF01が非幾何学的デザインのに対し、SiFoではF1のホイール同様、高スペックからくる三次元デザインというところでしょうか。


ルノー・ジャポンの自信作、軽量鍛造アロイホイール『RSF01
価格は、73,500/本です。

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469