RENAULT EV

皆様ごきげんよう。毎日暑いですね~。お元気にお過ごしでしょうか。
先週の金曜日、四日市は雷の嵐に見舞われました。あんなに多くの雷が
落ちるのを見たのも初めて
で、まさに、積乱雲の真っ只中に放り込まれた
感じ。これも、地球環境の変化が絡んでいるのでしょうかね。

さて先日、新型ルーテシアの研修に行っておりました。

集合場所は横浜の日産ビル。

集合の時間まで、日産ギャラリーで見たかった車をー。

これ。日産のバッヂ付けていますが、ルノーのtwizyって車です(^^)。
このtwizyは、電気自動車で、マイクロモビリティとして販売されています。

全長2.34m、全幅1.24m、全高1.45m、車重500kg、前後二人乗り。バイクみたいな感じ(^O^)
ドアは無く(オプションで装着可能)、スクーターと自動車の間の子みたいな自動車。航続距離は約100km、最高時速は80km/hとアナウンスされています。

おっ!なんや見たことあるスイッチレバー(^^)。

おっ!見たことあるハザードスイッチ(^^)。

フロントサスペンション。小さいながら、ちゃんとしたサスペンションになっています。サスペンションの開発はルノー・スポールテクノロジーでされています。

リアサスペンション。小さいけどフロントと同じく、マークファーソンストラット式+スタビライザー付のリアサス(^O^)。

ブレーキは4輪ともディスクブレーキと本格的な作り。

一番小さなルノー(バッジは日産になってますが)twizy。この電気自動車は、現在ヨーロッパ各国で販売されています。

早くルノーEVも、日本の道を走ってもらいたいもんですね(^ρ^)。

モデル=R西春ロイヤル Nさんでした(笑。

次回は、新型ルーテシアです~(^O^)!

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


kagoshima de 2

皆様ごきげんよう。先々週の極暑な日々から、少しいつもの夏らしい暑さに戻って来たでしょうか。
朝、夜は幾分涼しい気がします。夏真っ盛り、水分補給を万全にされ楽しく(ない?)夏を満喫
しましょう(^^)!

さて、鹿児島2dayです(^^)~。
朝一番乗り朝食を済ませ、鹿児島の街を散策に出発!(`・ω・´)ゞ
ここ鹿児島市は、幕末に大きく歴史を動かした薩摩藩の本拠地。見るモノ多しです!

路面電車(^^)。軌道の芝生がホンマきれい

交差点は、普通の路面軌道と同じで、こんな感じです。

ホテルから1㌔半~。路肩で気になったのは

これ!ここしか見れやんやろなぁ^^;

山積み(^_^;)。

で、やってきたのは
ここ。

薩摩藩島津家本城、鶴丸城跡(^O^)。出たぁ!って思いましたでしょ(笑。
鎌倉時代から続いてきた島津家、江戸時代になって築いたのがこの鶴丸城

小松帯刀、大久保利通、西郷隆盛など維新の立役者もこの橋をわたっていたのかな(^^)。


蓮がきれい。


この枡形の石垣には、西南戦争時の多くの銃痕が残っています(^^)/。

本丸跡は、現在、資料館が有るだけです。

本丸の南側の石垣。

この石垣の下(桜の木がある所)は、江戸時代本丸と二の丸を分ける堀があった所。
先ほどの蓮の堀がこちらにも延びてました。

鹿児島市役所。なんとなく剛健な感じ。。。

では、しやくしょまえ駅から市車に乗ります(^O^)。

おっと、これは行く方向が違う、、、

来ました~加治屋町まで160円。って言うか、どこまで行っても160円。勿論乗り換えても160円(^^♪~PARISの地下鉄と一緒ですな。

加治屋町は、維新で活躍した下級武士が多く住んでいた所。幕末、維新後の有名ドコロが
ゴロゴロいました。

東郷平八郎(日本海軍の父)さんも。

村田新八さんも。

大山巌日本陸軍の父)さんも。


大久保利通さん(^^)に

西郷隆盛さん(^^)。

甲突川ちかくの加治屋町には多くの偉人さんが住んでいたんですね~。東郷平八郎が薩摩出身だったとは今まで知らなかったです。。。

ではまたこれに乗ってホテルへ戻り~

みんなで桜島へ出発!

市内から桜島まではフェリー。20分くらいで到着します。

道の駅。

なんか妙に長いスイカが売ってます(^・^)。

桜島はミカンも特産でアイスをチョイス。

車は展望台へと~

これトンネルではありません。退避壕で噴石から逃れる~(・o・)。

中はこんな感じ。意外と短い。。。。

噴煙を上げる桜島~(^・^)~。

大迫力!よく見ると吹き上げられた灰が山肌に降っているのがわかります。

見る所どこも溶岩。ここは活きているんだぁって思えます(^O^)。

売店も南国情緒でいっぱいです。

電話ボックスも噴石対策されてます。

次回、もっと激しく活動している時に来てみたい。。。(^・^)

最後にここへ。

デカイ!(^-^)

小松帯刀さんも。

日本の歴史を動かした偉人さんの町、鹿児島。至る所でお目見え出来ます。また、
地球を感じられる桜島、温泉。美味し食べ物と焼酎。鹿児島はもう一度行かねばなるまい(^^)。

ちなみに、津~セントレア~鹿児島空港~鹿児島市内往復で20,040円です!です!
これ、すぐ破れます・・・・(*_*;。



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


kagoshima de 1

皆様ごきげんよう。先週ホンマに暑かったですねぇ。二重になった高気圧の中に
日本全体が包まれ。。。って天気予報は言うてましたが、今週は少し和らぐようです。
引き続き、くれぐれも体調には十分ご留意下さいませ。

さて、先週のつづきとまいりましょう(^^)。鹿児島空港に到着した我々。
空港から市内行きの高速バスに乗って、鹿児島中央駅へ。

これ維新の群像鹿児島市内には、至る所に幕末に活躍した人々の像があり、それを探すのも楽しみの一つ(^.^)。

バスターミナルに着くと、真ん前に、。、

(゚д゚)!あるわけですわ。飛んで火に入る虫の如く、たかりにいきました。
60代くらいのご夫婦でされている店で、オススメの“鰯のさつま揚げ”を買い、しばしお店の人と話をと、、◯☓△●▼。殆ど分からへん(*_*)。。。
でも、これがエエんですよ!なんせここは薩摩ですので!

ここで、R鹿児島のWさん、R松山のUさん、R神戸Ơさん、R東京有明Iさん
合流(^^)。

鹿児島中央駅を出て~市内。鹿児島市内は市電が走っているのですが、写真のように線路が中央分離帯の役目をしており、きちんと車と電車が分離されています。車で走っていても走りやすく、珍しい市電のスタイルだと思います。
しかも、線路のところどころに芝が植えられキレイ

駅も芝が敷かれててエエ感じ~♪この市電、何処まで乗っても160円也(^^)。

おっ!警察仕様(・∀・)!

街路樹は“ヤシ”。ここは南国やしな!って感じでしょ。

ここは、ランチに入ったレストラン。ここもヤシでいっぱい(^^)。
ジャングル化しております。

ランチは~
これ。“鶏飯”と言って奄美地方の郷土料理。右の皿に盛られている具材をご飯に入れ、鍋に入っている濃厚な鶏ガラのスープをかけて食べる料理です。

奄美地方、旨しでした(^-^)。

ここから一路南下します~。

着いたところは
ここ。R大分Nさんと合流(^^)。

指宿来たからにはここへと(^^)。

『やけど注意』!な、ちょー危険な波打ち際(-.-;)。

初!砂の温泉。めちゃめちゃ熱い~砂蒸し。。。汗も半端無い;;;

埋まること10分、出た後は、汗と砂っ砂っになります。。。^^;

火照った体に、指宿温泉サイダー!指宿の味?は、しませんでした(笑。

指宿に居たのは、ほんの1時間ほど。弾丸ツアラーは~

再びヤシを見ながら北上。鹿児島市内へ向かいます~

ヤし。

やシ。

市内に戻り~

日本の最南端のルノー店舗『ルノー鹿児島』を見学(^^)。なので、決して鹿児島へ遊びに行った訳ではなのですよ(笑。



店舗の外も中もキレイ。ウチも見習わなければ。。。
(-.-;)



鹿児島市内に帰って来て、会議の会場まで街を歩きます。

お~!!これは、竜馬とお龍やないですか!日本人初と云われる新婚旅行を鹿児島でした二人の像です。

会議の会場に着きましたぁ。ここでR福岡中央Tさん、R鹿児島Iさん合流~。
ほんまに会議ですよ会議!

鹿児島の黒豚のしゃぶしゃぶ。普通はポン酢でしょ?しかしそばつゆで食べます。まぃう~(*´∀`*)。

二次会議、R鹿児島Wさん合流。薩摩ゆえ焼酎バーで。総計R9店舗12人の集まり。皆さん、熱い話し合いになりました!あまりの熱気に写真が。。。。(^.^)。
この後も会議は続いたようですが、あいにく私は、翌朝早くから“kobayashi-project”があったので、皆さんと別れ一路ホテルへ。。。

途中、行きしに居た竜馬さんとツーショット。

・・・・( ゚д゚)おつかれさつまでした。

来週へつづきます~。



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


hikouki

皆様ごきげんよう。いやぁ~暑いですねぇ;;;梅雨明け早々
こんなに暑いのかっ(*_*)って感じです。。。外に出られる際には、
熱射、熱中症に気を付けましょう!

さて先日、津エアポートライン中部国際空港に向かっておりました~。

久々の空港。久々の飛行機♪。so.実は私し、飛行機好きなんです(^^)。

中部国際空港(セントレア)には、昨年の秋、FIAのドゥニ=ジェブリエと会った時以来です。

空港の雰囲気も好きなんですよね~。


おっ、忍者が^^!

今回乗る飛行機は~『Jet star』。ローコストキャリア(LCC)の横綱さん。手続きカウンターは一番奥の『Oカウンター』、さすがLCCですな(^^)。手前オレンジの発券機に、ネット予約した予約番号を打ち込みすると、 航空券が出てきます。簡単~♪。。。さぁ、何処へ行くかと申しますと。。。

鹿児島!(^^)!

せっかくなんで、飛行機待ちの時間、ここで英気を養います(^O^)!

給油中。。。。。(^-^)

保安検査を済ませ、搭乗ゲートに向かいます~。LCCゆえ、搭乗ゲートはもちろん

一番遠い所。でもまぁ、関空のPeachよりはエエかな。。。搭乗ゲート使えるし。。。。

JALボーイング737。これもLCCがよく使う機体の一つ。737と言うと古い感じがしますが、初期ものと比べるとほぼ違う機体です。

こちら、Jet starエアバス320。B737よく似ていますよね。ちなみにエアバスの本社はフランスにあります(・∀・)。

今回セントレアからの同行者は、R岐阜のYさんと、写真のR浜松のAさん(^^)。

オレンジ好きの私は、Jet starのカラー、結構好きです。

シートは22の窓側、ちょうど主翼(ウイング)の後ろになります。この位置は主翼が一番良く見える所で、飛行機の動きがよく分かります(^^)。

誘導路(タキシングウェイ)を走りだしてまもなく、主翼後部にあるフラップが降りてきます。

フラップ高揚力装置といわれ、離着陸の時に動かして飛行機を浮かす力(揚力) 上げる装置です
これが無いと滑走路から離陸出来ません。

中部国際空港の滑走路(ランウェイ18)、3500mあります。離着陸する方向は、その時の風向きによって違い、この日は、鳥羽方面に滑走しました。

滑走が始まり、主翼にあたる空気が高速に流れるようになると、飛行機を持ち上げる力=揚力が発生します。離陸速度に達すると、(パイロットが操縦捍を引き上げ)リフトオフ=空へ飛び立ちます。

離陸上昇中の主翼。知多半島の端くらいでしょうか、このあたりで、フラップを上げ主翼を元の状態に戻します。機体の速度速くなるとフラップが邪魔になるためです。

ウェイポイントTOBBA付近。翼は通常の状態に戻されています。奥に見えるのが渥美半島の伊良湖岬。

ウェイポイントESPAN付近。下は志摩国定公園のリアス式海岸

オレンジに塗装された羽根の端の事を『ウイングレッド(翼端板)』と言い、ウイングの端に発生する気流の渦を整流させ、結果、燃費を向上させることができます。最近どの飛行機にも装着されています。

ウイングレッドの前方付け根(凹んでいるように見えるところ)には、航空灯が取り付けられています。航空灯は、船舶で言う『舷灯』左が紅右側が緑と決まっていて、まわりの航空機に、こちらがどの方向に進んでいるかを知らせています。

少し浮き上がってるのは、スポイラー機体の速度を下げる装置です。国内線でこれが頻繁に作動してると、そろそろ着陸でしょうか。

鹿児島空港に着陸寸前。フラップが最大になっています。

着陸時スポイラーを最大にしエアブレーキをかけている所。同時にゴォーと、かなり大きな音がしますが、あれは、ジェットエンジンを逆噴射させている音。エンジンに大きな負担がかかるので、数秒間しか使えませんが、機体がさらに大きく減速します。

翼の動きが分かると飛行機がどう操縦されているかが分かります。見ていると楽しいし、安心します
(〃∇〃)臆病者なんで。。。ってわけで、これから鹿児島の話が始まります~(°∀°)。

おっ!せごどん。来たでぇー(^∇^)!



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


kyoto fushimi

皆様ごきげんよう。梅雨の中休み第二弾に突入でしょうか、
しかし晴れると暑いですね(*_*)。熱中症に気をつけて、今週も頑張りましょう。


さて、江戸時代末。後の日本に多大な影響を与えた坂本龍馬
京都市の外れに、坂本龍馬がよく通ってたと言われる宿屋があります。
ちょっと行ってみました(^^)。

坂本龍馬が住んでいる?

ここ伏見にある『寺田屋』は、現在でも宿泊可能なのだそうです(^O^)。

幕末に起こった寺田屋騒動の殉職者碑

です。


中は古びた小じんまりした旅館


右から武市半平太、吉村寅太郎、坂本龍馬、寺田屋の女将お登勢、龍馬の妻(楢崎龍)。

龍馬直筆の書。


竜馬の部屋。

弾痕?(/_;)

刀痕?!(・_・;)などなど。

寺田屋に潜伏中の竜馬が新撰組に乗り込まれた時に、お龍が龍馬に知らせるために
駆け上がったと言われる階段などもあり、実に興味深い。。。(^^)。


でも鳥羽・伏見の戦いでこの辺りは焼け野原になったそうです。。。本当の寺田屋はどうかにせよ、
古い旅館でなんとなくそう思える所(^^)。一度皆さんも思いを馳せに行ってみては。。。



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469