じゃあね!

このところ、運転中に聞いているラジオから、

桜が登場する歌ばかり、流れてきます。

♪春はお別れの、季節です、みんな旅立って、いくんです♪

おニャンコクラブ世代なもので、この歌大好きです。

そんな「桜待ち」の季節に、ご報告です。

カウンターテーブル上の水槽で、

ちびっ子たちに見つめられていた、ショールームのアイドル

ザリガニの海老蔵くんが、

4月1日にひっそりと「旅立ち」ました・・・・

一昨年の夏の終わり頃に、500mmのペットボトルに入って、

ルノー横浜青葉へやってきた、海老蔵くん。

半年で2度脱皮し、大きくなりました。

新鮮な金目鯛を水槽に入れれば、

飛びついて「踊り喰い」。

でも意外な好物は、ほうれん草で、

「本当に、雑食なんだなー」と

私たちもいろいろ楽しませてもらいました。

♪じゃあね、そっと手を振って、じゃあね、じゃあね

ダメよ、な~いたりしちゃ♪

海老蔵くんファンの皆様、

今までご声援、ありがとうございました。

            (セールスアドバイザー なんじょう)      


お久しぶりです

「あれ~、まだ生きてるんだ~」

オイル交換にご来店のお客様から、ときどきこんな事を言われます。

ショールームに住んでいる、ルノー横浜青葉のアイドル(?)

海老蔵クンに向けられる言葉。

すみません、海老蔵日記での近況報告も

すっかりご無沙汰しておりました。

冬場で水温も低いせいか、ふさぎ込んだ様子が続いています。

丸い入り口の蛸壺ハウスの中で、うつらうつらしているのでしょうか。

わかりにくいので、角度を変えてみます。

今までにブログに登場した写真と比べると、

ボディカラーが、若干くすんだような・・・・

そして、ごはんをあまり食べてくれていません。

海老蔵クンが、ルノー横浜青葉に連れてこられてから、

1年半近く過ぎたでしょうか。

一体何歳で、ザリガニの平均寿命がどのくらいなのか、

全くわからないのですが、

本格的に暖かくなったら、活発になってくれるでしょうか。

最近、新鮮な魚(注:弊社代表の釣果)をもらってないぞ!なんて、

拗ねて見せているのなら、「可愛いやつ」なのですけれど。

どなたかザリガニの生態に造詣の深い方、

飼育方法のアドバイスなど、いただけないでしょうか。

大分以前TVで、青魚を食べさせると、青いザリガニなる、なんて

映像を見て、驚いた記憶があります。

試してみたい!

もちろん、止めておきます。


引っ越しました

久しぶりに、ショールームのアイドル「海老蔵くん」の近況報告です。

まずは、こちらをご覧下さい。

おなじみの水槽の様子です。

最近、水草(ニセモノ)を投入し、「らしい」雰囲気になったのですが、

なんだか窮屈そうな感じです。

砂を掘り返したりしている姿も、時々目にしていました。

そ・こ・で・・・・・

大きい水槽を用意してみました。

状況もわからず、「万歳ポーズ」の海老蔵くんです。

いつもと違う雰囲気を察してか、決めポーズもだんだんダイナミックに。

そして、ワープ!!

「なんだ、ここは?水も浅いし、いつもあるいている所と違うぞ」

「行き止まりじゃないか!出せ、出せ~!!」

ジャブ~ン

「あれ、なんだここ?お家が2つあるぞ。」

流木風の元のお家と、タコツボタイプのお家、両方を並べることが出来ました。

水槽も2回り程大きくなったので、歩き回る海老蔵くんの姿を楽しめます。

お子様の「夏休みの観察日記」の題材に、いかがですか?

そのためには、頻繁にルノー横浜青葉へお運びいただかなくてはなりません。

そして、何度も何度もショールームで車を見るうちに、きっと・・・・

あなたは、ルノーに乗りたくな~る、乗りたくな~る!!

試乗したら、欲しくな~る、欲しくな~る!!

そんなご来店を、お待ちしております。

営業的なオチで、失礼いたしました。


肥えたザリガニ

以前から「何屋だ・・・・」というブログタイトルで、ショールームで行われる「お魚解体ショー」をご紹介しております。

当ショールームに、新鮮な魚が届いた時、真っ先に味見を担当するモノが決まっているんですよ。

それは・・・・海老蔵くんです。

以前は、金目鯛に大喜びしていたのですが、最近はあまり関心を示さなくなっていました。

そこで、今回は・・・・

同系色でわかりにくいのですが、口元の赤身は「まぐろ」です。

かなりの勢いで、噛み千切っていました。

ちなみに、ハサミの下の緑色は、好物のほうれん草です。

もしも、海老蔵くんがしゃべったら・・・・・「まぐろうまい」と言ったかどうか?

普段は、お坊ちゃまとして「セレブ」扱いされている海老蔵くんですが、まぐろをムシャムシャ食べている姿は、「雑食のザリガニ」そのものでした。

うーん、「ワイルド?」

後日談。

通常食べている、市販の「ザリガニの餌」に、反応してくれません。

教訓「むやみやたらと美味しいものを与えては、いけません」

だんだん、舌が肥えてきたようです。


散歩

5月になりました。

今日は思い切って、海老蔵くんを水槽から誘い出してみました。

タコツボ・ハウスごと、水槽から引き上げたところ・・・・

なぜか、後退してお家から脱出。

「外の空気に、ちょっと感動」

「さあ、新しい世界へ、お散歩だ」

のっし、のっし。

「遠出だぞ、お家が小さくなってきた」

ん?・・・・・

「危険な感じがするぞ、逃げよう」

および腰で、またまた後退。

「良かった、お家にたどりついた」

「テーブル一周とはいえ、冒険はつかれるのだ」

・・・・・

と海老蔵くんが言ったかどうかは、わかりません。

水槽に戻したところ、大量の泡を吐き出していました。

もしかして、苦しかったかな?

(注)決していじめたりする気持ちはありません。ただ、海老蔵くんの歩きまわる姿が、見たかったんです。

不定期に、海老蔵くんを散歩させております。

ご来店時に、見られたらラッキー?かもしれません。