クープ・デ・ザルプとR5・アルピーヌ


今日、限定車の「クープ・デ・ザルプ」が来ました。
エクストリームブルーの伝統的なフレンチカラー。
久々にオールドルノーを感じさせるクルマです。
特にそれを一番感じたのが、鍛造アロイホイール。

初期の頃R5・アルピーヌやゴルディーニに装着
されてたホイールのデザインを思い出させます。
といっても、そんなこと言うのは私だけでしょうか。

しかしながら現物を見てしまうとそうしてもR5を
思い出してしまいます。

そんなノスタルジーをクルマに求められている方
是非、現物をお確かめ下さい。
明日より、ショールーム内に展示致します。

ルノーの名車「ルノー5」の正統派後継車種は
むしろ、ルーテシアよりも、トゥインゴのように思えて
なりません。


Comments are closed.