「子どもの時間」が過ぎてしまう前に。

IMG_9104-3
       

                                                        
「さよなら子どもの時間」
というタイトルからして既に魅力的な本のことを、ふと思いだしたのでした。
「だれでもいつかは、じぶんの子どもの時間に、さよならするときがあります」
と始まる魅力的ないくつかのお話達。
秋の夜長に、読み返してみたくなる類の本です。

DSCN2500
                                                                

さて、無論このページをご覧になっているのは
もはや親御さんの側の方ばかりかとおもいます。
そして、かつて子供だった皆さまならご存知のとおり
今度は親として送るご自身のお子さまの「子供の時間」も
それは結構な速さで、過ぎて行ってしまうのですよね。

ペイサージュ画像 002

                 
それぞれのご家族にとっての「お子様が子供の時間」
二度と来ない かけがえのないその時期に、家族の相棒となり得るクルマ。
休日のお出かけでは長距離でも疲れず、遊びに行けばベースキャンプになります。
くりかえす普通の日々でも使い勝手の良さはお墨付き。
                                                                 
自信を持ってお奨め致します。 「KANGOO」

IMG_9541-1


仕事を終えた金曜の夜。

DSCN5297
                  

                                                  
ルーテシアRSと過ごす週末の始まりです。

                                                                                                                                                           

                        

ルーテシアRSをまだお持ちでない方は
この連休に、是非ルノー横浜港南へ!


本日は、お日柄もよく

DSCN5293

とても良いお天気の中
K様ルーテシアのご納車でした。
ルージュフラムのお色が、日差しによく映えています。

新しい愛車とお引き合わせして、お喜びいただけると
此方も本当に嬉しくなります。
この度は誠にありがとうございました。
末永くご愛顧賜りますように。


「愛車遍歴」お伺いしても宜しいでしょうか?

お客さまとのお話の中で、ご趣味やクルマに対する考え方など
ご提案の参考とさせて頂きたいとの思いから、これまでの「愛車遍歴」を
お伺いする事がございます。

DSCN5133

                                                                                                     
すぐに何台も思い返される方、少し考えて隣のお連れ様にご確認なさる方
それぞれです。共通しているのは少し「遠い目」をなさった後、比較的楽しそうに
回想されるところでしょうか。

IMG_9508

                                                                                                         
その時の自己対話、もしくはお連れ様との会話は
「仕事が○○していた頃だから…」「上の子が〇年生で…」
或いは「知らない。ソレには私乗ってないもの」等々。
その方の人生の振り返りにちかい事になってしまうのですね。

IMG_9450
                                                                                                  

                                                                                                                                                                                                            
「クルマのある人生をつくっている」
とまで申し上げる立場にはございませんが
(素敵なコピーだと素直に思っています)お車選びから始まるお手伝いの中
「ルノーのある暮らし」のお役に立つことができれば幸いです。

DSCN1164-1
                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                
偶々撮ったTWINGO の写りこんだ写真。
フェイスブック ネタになるかどうか思案する中
いつしか何故かそんなことを思っておりましたというお話でございます。

IMG_9280-1

                                                                                                   
(写真はクリックで拡大致します)


キャプチャー カンヌ ご納車です

H さまの新しい愛車は キャプチャーカンヌ

ブランナクレ(パールホワイト)のボディーが

夏の日差しに輝いています。

ホイールとサイドプロテクタは涼しげなブルーのアクセント。

つい二度見されてしまう、この夏のカンヌなのでした。

DSCN5121

 

キャプチャーは前から気になっていて…」とのこと。

これからはご自身が、どなたかの前を駆け抜ける番ですね。

 

この先の「キャプチャーのある暮らし」

お役に立つ事ができれば幸いです。

 


直線距離にすれば

img_3623

僅か数km程でしかないのですが
元町と本牧埠頭辺りでは、全く趣きが異なるのでした。

img_3583

img_3579

Twingo だと❝迷い込んだ可哀想な仔犬❞という感じになりそうですが
このR/Sなら多少の危ない状況でも、あっさりと切り抜けられそうです。

img_3611-1

img_3687

朝の箱根や昼のサーキットに似合う車が
実は夜の埠頭でも画になるという事実。

img_3707

(残念ながら残り僅かという事実も、どうぞお忘れなく。画像はクリックで拡大します。)


スノードームの中の雪は

そして法定点検のお返しも無事に済んだOさまより

こんな写真付きのメールを頂きました。

lutecia FB転載

(クリックで拡大します)

番犬付のご愛顧ありがとうございます。

パッククルールルージュの内装に件の切手。

組写真の下段左右が「効いて」いますね!

 

昨年のご納車後にそのまま観音崎へドライブされたことをメール頂き

「ドアの凹んだ白いセリカとはすれ違いましたでしょうか?」

とご返信させて頂いたのでした。

クルマのセールススタッフからのメールでは無いなと 恐る恐るの一文、

Oさまはユーミンネタを無事拾ってまたご返信下さり、そのことも嬉しく

ありがたかったのです。

 

セリカ・ベレット・コルヴェット等々クルマの登場する曲も多いユーミンですが

卒業写真・最後の春休み そして経る時 (まだまだありますが) 等春の曲も

印象深いものが多いですね。

 

今年は既に伊豆高原の オオカンザクラ のお花見にルーテシアで行かれたとのこと。

あのスノードームの中の雪は花びらとなり、お二人とルーテシアの周りを舞ったのでしょうか。

 

うす紅の砂時計 ヨコハマではもうすぐ楽しめそうです。

4月毎に 今年もまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献(!)

http://www.kasi-time.com/item-20169.html

http://www.kasi-time.com/item-4652.html


キャプチャー アニヴェルセルご納車です

Oさま キャプチャー アニヴェルセルご納車です。

X-Trail からのお乗替えで、奥さまもより運転しやすいサイズに。

007 (2)

 

まだ小さなお子さまもいらっしゃるので、安全性も大切なポイントでした。

008 (2)

 

安全性といえば 「タイヤは命を乗せている」という素晴らしいコピーがございますね。

それにあやかって 私共では「クルマは笑顔を乗せている」と申し上げたいのです。

 

 

009 (2)

 

お納めの日にこんな素敵な笑顔を頂き、本当にありがとうございます。

引き続き「ルノーのある暮らし」のお役に立つことができれば幸いです。

 

 


ところでその後

Twingo はどうなってますか?

というお問い合わせを頂くことが増えて参りました。

IMG_9493

いつも魅力的なルノーの末っ子。
IMG_9498IMG_9499

IMG_9494

パリの街を駆け抜けるのにピッタリ。

混み合った街中から、高速まで。

ということは、ヨコハマにもうってつけの一台なのです。

IMG_9507

 

楽しみですね!

IMG_9355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そう言えばキャプチャーも

もうすぐ2年目ですね。
このデザインの良さと、意外な使い易さ
リアシートの広さ等々より
大変ご好評を頂いております。
                                                                  このクルマ ブラックのホイール以外は
限定車のルシヨンと同じ組み合わせ。
オレンジのポイントカラーが「効いて」ます。
                                                                   ブティックの前にさり気なく停めてありましたが
目を引く存在感、確実にございました。

IMG_9525

(もし宜しければ是非写真をクリックしてご覧下さいませ)