直線距離にすれば

img_3623

僅か数km程でしかないのですが
元町と本牧埠頭辺りでは、全く趣きが異なるのでした。

img_3583

img_3579

Twingo だと❝迷い込んだ可哀想な仔犬❞という感じになりそうですが
このR/Sなら多少の危ない状況でも、あっさりと切り抜けられそうです。

img_3611-1

img_3687

朝の箱根や昼のサーキットに似合う車が
実は夜の埠頭でも画になるという事実。

img_3707

(残念ながら残り僅かという事実も、どうぞお忘れなく。画像はクリックで拡大します。)


スノードームの中の雪は

そして法定点検のお返しも無事に済んだOさまより

こんな写真付きのメールを頂きました。

lutecia FB転載

(クリックで拡大します)

番犬付のご愛顧ありがとうございます。

パッククルールルージュの内装に件の切手。

組写真の下段左右が「効いて」いますね!

 

昨年のご納車後にそのまま観音崎へドライブされたことをメール頂き

「ドアの凹んだ白いセリカとはすれ違いましたでしょうか?」

とご返信させて頂いたのでした。

クルマのセールススタッフからのメールでは無いなと 恐る恐るの一文、

Oさまはユーミンネタを無事拾ってまたご返信下さり、そのことも嬉しく

ありがたかったのです。

 

セリカ・ベレット・コルヴェット等々クルマの登場する曲も多いユーミンですが

卒業写真・最後の春休み そして経る時 (まだまだありますが) 等春の曲も

印象深いものが多いですね。

 

今年は既に伊豆高原の オオカンザクラ のお花見にルーテシアで行かれたとのこと。

あのスノードームの中の雪は花びらとなり、お二人とルーテシアの周りを舞ったのでしょうか。

 

うす紅の砂時計 ヨコハマではもうすぐ楽しめそうです。

4月毎に 今年もまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献(!)

http://www.kasi-time.com/item-20169.html

http://www.kasi-time.com/item-4652.html


キャプチャー アニヴェルセルご納車です

Oさま キャプチャー アニヴェルセルご納車です。

X-Trail からのお乗替えで、奥さまもより運転しやすいサイズに。

007 (2)

 

まだ小さなお子さまもいらっしゃるので、安全性も大切なポイントでした。

008 (2)

 

安全性といえば 「タイヤは命を乗せている」という素晴らしいコピーがございますね。

それにあやかって 私共では「クルマは笑顔を乗せている」と申し上げたいのです。

 

 

009 (2)

 

お納めの日にこんな素敵な笑顔を頂き、本当にありがとうございます。

引き続き「ルノーのある暮らし」のお役に立つことができれば幸いです。

 

 


ところでその後

Twingo はどうなってますか?

というお問い合わせを頂くことが増えて参りました。

IMG_9493

いつも魅力的なルノーの末っ子。
IMG_9498IMG_9499

IMG_9494

パリの街を駆け抜けるのにピッタリ。

混み合った街中から、高速まで。

ということは、ヨコハマにもうってつけの一台なのです。

IMG_9507

 

楽しみですね!

IMG_9355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そう言えばキャプチャーも

もうすぐ2年目ですね。
このデザインの良さと、意外な使い易さ
リアシートの広さ等々より
大変ご好評を頂いております。
                                                                  このクルマ ブラックのホイール以外は
限定車のルシヨンと同じ組み合わせ。
オレンジのポイントカラーが「効いて」ます。
                                                                   ブティックの前にさり気なく停めてありましたが
目を引く存在感、確実にございました。

IMG_9525

(もし宜しければ是非写真をクリックしてご覧下さいませ)


夜の散策パートⅡ

よく知らない街も
2日目は少しだけ、見知った場所になるのでした。

IMG_9419

日本でなら「GT」顔。でもフォグランプが異なりますね。                                     後ろのClioは駐車時に押されたのでしょうか?ボンネットが少し浮いています。

IMG_9428

とても便利に使えるSCENIC。
ただ路駐しているだけのクルマ達が、あるいはその背景の看板等も                   こんなに素敵に見えてしまうのは何故なのでしょう。

IMG_9431

それぞれ魅力的なスモール2台。
やはりナンバーはこうあって欲しいナと。

IMG_9426

滞在中の友人を訪ねて、ふと入ってみたくなる見知らぬホテル。                もちろんそんな友人など、パリにいるはずもないのですが。

IMG_9459

此方は昨夜と同じ路地の入口。同じような時刻でも                       路面の反射が無いとまた感じが変わるのでした。

そうこうするうちに、見覚えのある懐かしいカタチ?!

IMG_9456

昨晩の「あのクルマ」シュペールサンクとの再会です。

IMG_9449昨夜と同じ場所。ずっと彼の定位置なのかも知れませんね。

遠いパリの街の少しだけ見知った通り。                                              今でもふと、「今夜もあの場所に路駐しているのかな?」などと思ってしまうのです。        「ずっと元気で走っていてくれると良いな」とも。

 

 

 

 


お休みはどちらでお過ごしですか?

年末年始のお休みは、どちらでお過ごしなのですか?

ご実家ならば、懐かしい馴染んだ風景が迎えてくれて嬉しいですよね。

初めての旅先ならば、見知らぬ路地にも様々な発見がありそうで

それもまた愉しみのひとつかと。

ましてや海外で、貴方がクルマ好きだったとしたら…

(今更ですが、昨年の仏写真よりご笑覧頂ければと)

IMG_9312

オレンジ色の照明下のカングーにも「orange」のサインです

IMG_9316

Clioはお仕事に使われること多いみたいですね

IMG_9318

忘れてはならない初代Teingo

IMG_9324

人影も見えない午前零時。電話Boxの外は雨なのでした。

IMG_9325

そして、こういう嬉しい出会いがあったりするのですね

IMG_9327

シュペールサンク 結構きれいでしたよ。(あちら基準)

IMG_9326

こういう「ちょっとした出来事」があると

お散歩にも一区切りついて、部屋に戻るきっかけとなるのでした。

(さもないと、いつまでも帰れそうもないパリの夜ではあります)

 


きっといつまでもこのままの風景の中で。

どうもいつの間にか、「フランスの最も美しい村」指定のエリアを走っていたらしいのです。

何気なくカメラを構えると、既にこんな感じばかり。

下の写真は石造りの街並みに、赤い花・緑の芝生。そして黄色の郵便車。

(我等がカングーが「Maxi」であることにお気付きですよね!)

IMG_9362

 

時計塔の上にはやはり風見鶏。

IMG_9369

 

道標の貼ってある石壁の家の家主(?)

しっかりカメラ目線頂いております。

IMG_9372

 

こちらも、ふと目が合ったような気がして。

IMG_9377

 

通り過ぎてから、慌てて戻って撮った、どなたかの玄関先。

IMG_9382

 

そうしてまたもや「何処かへ通じる路」を、TWINGOは喜々として走り行くのです。

IMG_9385

 

美しい街並み、心地よく走るクルマ。大変印象深い小旅行でした。

私の(TWINGOに関する)幻燈はこれでおしまいであります。

ご覧頂き、ありがとうございました。

吉見  雅

 

 

 

 

ちなみに Twingo  は、東京モーターショーで展示されています。

待っているのです貴方を。会えるのです8日迄。

http://www.renault.jp/special/motor_show_2015/

 

 

 


どこまでも道が続くしあわせ。

こうなったら送電線の行きつく所まで、行ってみようなどとふと思ったりして。

IMG_9347

 

日本でも見覚えのある、魅力的なクルマたちをやり過ごしつつ

(奥の黒い初代Twingo をお見逃しなく!)

IMG_9359

 

美しい集落をゆっくりと抜けると

 

IMG_9345

 

引き続き、美しい集落にたどり着いてしまうのでした。

IMG_9355

 

こんな時間を過ごしても良いのでしょうか。

密かに幸せを感じてしまうひと時。

 

 

 

 

ちなみに Twingo  は、東京モーターショーで展示されています。

待っているのです。貴方を。

http://www.renault.jp/special/motor_show_2015/

 

 


フランスの田舎道を走ってみたかっただけなのです。

本当にもうただそれだけです。

IMG_9333

此処ではない何処かへ。

(フランスまで行っておいて、それを言いますかね?)

IMG_9334

時計塔の先には、やはり風見鶏が欲しいかナ。

IMG_9341

小さな集落を抜け、また「何処かへ通じる路」を行きます。

0.9L 3気筒ターボ。充分余裕あり。

IMG_9350

「まだまだ。もっと走れるよ!」

どうやら此奴はそう言いたいらしいのです。

 

 

 

ちなみに Twingo  は、東京モーターショーで展示されています。会えるのです!

http://www.renault.jp/special/motor_show_2015/