ルノー八王子

冬タイヤにいつ交換しますか?

2015.11.30.Mon DIARY

セールスアドバイザーの田中です!

スタッドレスタイヤ交換のご入庫、または12月中の作業予約が目立つ季節になりました。

皆様は冬タイヤの準備はできていますか?

関東地方に雪マークが出てからでは遅いですから、準備するなら今がお奨めです。

昨年も量販店では「タイヤ交換○○時間待ち」なんてざらだと聞きました。

 

さて、準備ができたら交換は毎年いつ頃にしていますか?

12月初旬?年越し前?または年明けでしょうか。

私の場合は「外気温が10℃を下回りつつあったら迷わず交換」です。

というのも以前某タイヤメーカーの開発者の方からこのようなアドバイスをいただいたから。

『外気温が10℃を下回るとアスファルトの乾いた路面であっても夏タイヤは正常に機能しません。

タイヤが硬くなりすぎで乗り心地も悪く、ゴムも暖まらずグリップが得られないので危険が増します、

さらにタイヤが「ササクレ」だってしまい磨耗を早めてしまいます。

逆にスタッドレスタイヤは柔軟なゴムが適度な硬さを保つようになり磨耗も少なく、

雪道はもちろんアスファルト路面でもスタッドレスタイヤとは思えないような

快適な走りをサポートしてくれます。

「スタッドレスタイヤはもっているけど減りが早いからもったいない」

「だからなるべく夏タイヤでひっぱる」 は逆効果になります。』

このようなお話を聞けました。

現役のタイヤ開発者の言葉ですからとても説得力がありましたね。

全てのタイヤにはきちんと機能する「適温」があるのです。

タイヤ溝のパターン違いだけではないのですね。

 IMG_3988

ちなみに新品タイヤはこんなに柔らかい。

保管していた冬タイヤは状態を客観的に見極めることも大切です。

劣化して柔軟性を失った冬タイヤ、分かっていてもつい今年も使ってしまおうと考えていませんか?

はじめての輸入車、冬タイヤの商品選択はもちろんサイズの合う『ホイール探し』は意外と大変かも?

 

困ったらルノー八王子へ。

今年も工場にはお客様からご用命頂いたスタッドレスタイヤが山積みです・・・。

白い保護シートがついたタイヤは「保管サービス」をご利用のお客様分ですね。

IMG_3987

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS