【Megane R.S.】コーナリングマシン

2021.02.22.Mon INFO

皆さんこんにちは、ルノー金沢の田中です

今回は僕の好きなクルマの紹介です

それは、メガーヌR.S.シリーズです(^^)/

現行メガーヌにはこの価格帯では珍しく

4輪操舵システム「4コントロール」が搭載

されています、これはハンドルを切った時に

後輪も動くもので小回りが効いたり、

高速走行時は安定してレーンチェンジができるなど

メリットの大きいシステムなんです

反面通常のクルマより小回りが効くため

通常走行時はあまり感じませんが

楽しく走っている時には曲がりすぎる感覚があります。

特にアンダーが出るはずのポイントで“グイッ”と

後輪から回り込む感覚は

慣れないと内側に突っ込んでいきそうで怖いです。

FF車だよね?

と思ってしまうくらいリヤタイヤの存在を感じます。

タイヤに熱が入ってくるとクルマがインへと食い込んでいく感覚になります

ここからが“お楽しみ”の時間です

曲がりすぎるならアクセルを踏み足して

ブレーキポイントを詰めていける。

ブレーキからハンドルを切る、

アンダーステアが出ても少しすれば

クルマが巻き込み始め

アクセルを踏み込めるようになる。

そのポイントがつかめたら、

今度はアンダーステアが出る寸前までブレーキを追い込む。

高くなったフロント荷重と「4コントロール」の連携で

クルマの動きが巻き込むようになった時

アクセルを踏むポイントが今までより早くなっていることがわかるはずです。

そこでプッシュアンダーが出るようなら、

今度はもっと早めに向きが変わるようにアプローチも変える

こうして確かめるようにして走ると

自分の運転が精査されていく

上達していく快感を感じます。

トロフィーのグレードになるとデフを装備し

足回りも硬くなり、動きもさらに鋭くなります

ここまでくると、誰にでもおすすめ出来るクルマではないかもしれません。

でも使い方をきちんと理解すれば

誰彼かまわず牙を剥くような

クルマではありません。

優れた道具とはそうゆうものではありませんか?

メガーヌR.S.は

職人ルノー・スポールの作り上げた

包丁のようなものです。

 

 

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS