【ひとりごと】他車インプレッション

2020.11.02.Mon INFO

最近ルーテシアと比較されるクルマに乗ってきました

外観はカッコ良くて他にはないなと感じましたし

乗り心地も少し柔らかめで好印象でした

運転席の包まれ方が少し窮屈に感じましたが

良いクルマだと率直に思います。

 

 

 

この先は独り言です

ウキウキしてお店に行ったのに

残念だったんです。

 

ピンポイントですが

そのクルマのエンジンについて私の感想と

技術解説書から読み取れるものを書かせていただきます

あくまで個人の感想であり

間違いなどもあるかと思いますが

何卒ご容赦くださいませ。

あのエンジンは先代のものをベースに直噴化し

ブロックは鋳鉄のシリンダーライナーを入れたアルミダイキャスト製

(ルーテシアはシリンダーライナーの代わりにミラーボアコーティング

でコンパクトさと軽量化を実現しています。)

クランクとボアのセンターを7.5mmずらしたオフセットシリンダーを採用など

最新のエンジンであることに間違いはありません。

この排気量でこのシリンダー数は今の定番

どうしても大きくなる振動を打ち消すためのバランサーシャフトも当たり前。

排気処理については、ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)が

搭載されています、これは今後定番(ルーテシアにも搭載済み)になる技術です。

今後のエンジンの基本と呼べるエンジンである事に間違いはありません。

教科書の通りのエンジンが教科書通りに走る

ターボラグもないし、

低速トルクもあるし、

あのシリンダー数独特の振動もある、

低速から加速するとブルブルと震えるのもその通り、

ミッション操作をマニュアルモードにして

2,000回転から下になると明らかに振動が気になる、

オートモードはこの振動を嫌がったのかそんなセッティングの気がします。

このセグメントではあの振動はある程度容認してもらう考えなのでしょうか?

燃費が良くて金額が安ければ容認してもらう、というなら

燃費も金額もそこまで良くない

燃費はルーテシアとたいして変わらない。

金額も装備などを考えると割高。

なぜ大きなアライアンスがあるのに割高なのか。

今後はあの振動をどうするのか、そのためにエンジンマウントをどうするのか、トルクの変動による反力のモーメントをどうするのか、

今後の進化を楽しみにしています。

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS