ルノー小平

メガーヌR.S. ~一般道走行編~

2011.03.07.Mon DIARY

セールスアドバイザーの安田です。

 

メガーヌR.S.発売からもうすぐ1ヶ月・・・お蔭様でインポーター在庫も殆ど完売状態です。

やはり、乗って頂くと走りに惚れ込む方が多いですね。そんな『走り』のお話を・・・。

 

色んなところで既にジャーナリストの方たちのインプレッションが出ていますよね。

サーキットを走ったり、ワインディングを走ったり・・・。

でも、私がお話しするのは普段の生活でよく使う一般道&高速道路走行でのお話です。

実際に走ってみて私が感じたままを書かせて頂きますね!

 

試乗車の慣らし運転を兼ねて、山梨まで行って来ました。

 

今回は、一般道走行のお話。

・・・の前に出だしでクラッチが結構すぐに繋がります。

ここはスポーツカー、ダイレクトな反応が楽しめますが、ちょっと慣れが必要かな?と。

シートポジションは完全にクラッチが切れるまで踏み込める位置をおススメします。

 

駐車場から道に出るとすぐに感じることが出来ます。

ご存知、カップ・シャシー・・・普通に街中を走るにはやはり足回りは固めです。

とは言え、ドイツ車や日本車のガチガチに足回りを固めたスポーツカーに

お乗りの方からすると「心地いいね!」と言われる事が多い乗り味です。

それはなぜか?・・・もちろん、足回りは固めに作っていますが、フランス車らしくしっかりと動きます。

 

さらに、18インチホイール&ミシュランタイヤ「パイロットスポーツ」とレカロシートのおかげですね!

 

この「足回り」「タイヤ」「シート」3つのバランスが最高にいいんです!

やはり、車はバランスが一番ですね!

(実は・・・LSDの設定もこの18インチホイール&ミシュランタイヤで行っているんですよ。)

 

シフトは「カチッ!カチッ!」とショートストロークでしっかり入り、とても気持ちいいです!

ただ、街中(都内)では3速4速辺りまでで充分!

低回転も街中でちゃんと使えますよ。3速で踏み込んでもグンッと加速していきます。

トルクのかかり方やパワーの出方、エンジン音、マフラー音を楽しむなら、

5速6速まで使うよりも楽しく走れました。

 

では、この5速、6速を何処で使うのか・・・これは次回お話する高速道路走行で。

いよいよ、250psのターボエンジン、ESPスポーツモードの本領発揮ですよ!

お楽しみに!

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS