ルノー小平

ルノー ウインド ~エクステリア&インテリア~

2011.09.28.Wed DIARY

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

今回はウインドのエクステリアとインテリアのご紹介。

まずは、エクステリアから。

実はこのウインド、エクステリアのデザインは日本人が手掛けているんです。

オープンカーと言うと、オープン時とクローズ時の両方のスタイルを

綺麗にデザインするのは難しいそうです。

しかし、ルノーのオープンカーはメガーヌカブリオレもそうでしたが、

クーペスタイルもオープンスタイルも本当にバランスのとれた綺麗なデザインだなぁと

見れば見るほど思います。

 

特に私のお気に入りはドアの形状とルーフからドアに繋がるライン。

 

見た瞬間に「あっ!」と声を上げてしまいました。

個人的に大好きな車、ランボルギーニ ミウラ(←他車ですが・・・)のラインと瓜二つ。

後々、話を聞くと、やはり、70年代のスーパーカーのラインをイメージしてデザインしたそうです。

運転時の見切りがどうとか、視界がどうとかを抜きにして、

こういった憧れのスーパーカーのデザインを取り入れてくれるところは車好きの心を擽りますよね。

 

次に、インテリア。

一番の特徴は、やはり運転席に座った時のハンドル回りでしょう。

デザイナーの方が相当なバイク好きだそうで、そのバイクのエッセンスをふんだんに取り入れた

3連メーターやクリアーメーターフード。(レッドメーターフードはオプションで通常はブラックです。)

 

コックピットに座った瞬間に走行性能への期待感が高まります。

その他にも近未来的なデザインがたくさん施されています。

 

 

 

もう一つの特徴が大ぶりでふわっと包んでくれながらもしっかりとホールド性のあるシート。

座った瞬間に心地よさを感じます。

シートに関しては言う事はありません!さすがルノーです!

 

こういった特徴的なデザインを見てるだけでも、楽しく、ワクワクするウインド。

その走行性能は?・・・次回お話致しますね。

 

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS