ルノー小平

ルーテシア4 店長インプレ~その②~

2013.12.16.Mon DIARY

皆さん こんにちは。 ルノー小平 店長の中川団です。

 

前回の続きです。

前回はデザイン、エンジン、ミッションについてコメントしましたが、今回はそれ以外を。

 

早速ハンドリング&乗り心地。

街中でのステアリング操作は軽くて扱い易いのですが、ルーテシアⅢのような電動を意識

させる(時々)軽さは皆無です。

しっかりと反発力があって、どの回転位置でも安定感があり、油圧っぽさすら感じなくも無い。

この感じは高速道路では一層顕著です。 こんなに重厚な感じになるのか!というほど。

 

また、足回りは流石ルノー。 以前にも増してルノーっぽい。

特にインテンスは17インチなのに、こんなに乗り心地良いの?って思えます。

ご試乗戴いたお客様もやはり同様のコメントを戴きます。『不思議だねぇ。17インチなのに』

 

既存のルノー車同様、低速ではギャップを拾いがちですが、ちゃんとその意味があります。

ギャップを拾った後の収まりが非常に早いので、路面状況が把握し易いのにも関わらず、

不快感が無い、という矛盾したことをやってのけます。流石~

更に時速50km位を境に、その乗り味の『しっとり感』が速度と共に増して行きます。

今までのルノー車と同じ『味付け』方向ですね。

 

ルーテシア4はⅢに比べるとロー&ワイドになっている分、スポーティーな味付けです。

ロールはそれなりにしますが、Ⅲよりは収まりがもっと速く、ストロークが少ない感じでしょうか。

ただ、街中でもワインディングでも高速道路でも、共通して言えることがあります。

『気がつくとスピードが出てる。』って事です。

例えば、競合他社の同セグメントの車種数台とワインディングを走り比べても、その余裕は

明らかでした。

他ブランド車が『その気』で構えて走っている場面でも、ルーテシア4は片手&鼻歌で

普通の道のような顔をして走れます。明らかに限界域が高いと感じます。

楽しんで余裕に走れるんですね。

まぁ、後から出た車ですから当然でしょうが(笑)。

 

このすばらしいハンドリングで、疲労感の無いフカフカのルノーのシートで長距離ドライブしたら

フランス車の文化を一緒に購入したものと同じです気分~。

 

さて、その他の気になったポイントを少々。

①坂道発進時にバックしないよう2秒間静止する『ヒルスタートアシスト』が付いてます。

 これは勾配10%又は5.7°以上の時にDレンジで作動しますが、作動する角度かどうか

 運転者にはわかりません。

 つまり、作動すると信じていると角度が足りずに作動しない場合があり、ちょっと焦って

 しまう時がある。 これは常に作動するように改良して欲しいなぁ。

 

②フロントバンパー内側のラジエターの前に空気抵抗を低減して燃費向上を目的とした

 コントロールドフラップ(上下に可動)が付いている。

 これは基本的には時速140kmを境にフラップの開閉をしますが、エアコンの作動状況と

 外気温にも左右されて開閉が自動で動くんです。

 意味と役目はわかりますが..運転者には作動状況が目視できないのですね~...

 例えばメーター内で光るとか、何か無いと作動がわからないなぁ。

 どうもフランス人は気にしないらしい...(笑)

 因みにルーテシアRSには付いてません。

 

③ESM(エナジースマートマネジメント)

 減速時にオルタネータを最大に稼動させてバッテリーを充電する回生機能と、バッテリー

 からの電源供給機会を増やしてエンジンの負荷を軽減し、燃料消費を節約するシステム

 が付いています。これは非常に細やかな気配りですね。

 コントロールドフラップと共にとっても良い機能ですが、やはり作動状況が見えないのが

 難点ですねぇ。 折角とっても良い機能なのに~。

 

④本国と同じカードキーが完全に使えるようになったのはGOOD!

 

⑤インテンスに標準の運転席用センターアームレストはイイ感じです。

 ルーテシアⅢの時はオプションだったので、大きすぎて邪魔でしたが今回のはGOOD。

 小ぶりで角度調整も出来て、更に小物入れにもなるし。

 

⑥ECOモード

 燃料消費を抑えるためにエンジントルクやアクセル操作に対する制御を行うことにより、

 燃料消費を最大で12%抑えることが出来ます。

 これは通勤で使う方にはとってもいい装備ですし、オン/オフもスイッチ一つで簡単。

 

⑦ステアリングが上下&前後(チルト&テレスコ)に調整できるので、ご夫婦等で使うのに

 便利ですね。 加えてシート座面の上下も手動で動かせますので尚GOOD。

⑧スピードリミッター&クルーズコントロールが標準装備。流石!素敵!いい~!

⑨標準モニター横のUSBにiphoneを繋げて、モニターのタッチパネルで操作してみると

 使い易くって良いですね。充電も出来るしアプリでナビも出来るし、素直に便利です。

 これでも十分ですが、やはりちゃんとしたナビが使いたい方は後付けが必要です。

 これについては当店試乗車で2種類装着してみました。参考にしてくださいなぁ。

 

とまぁ、いっぱい書きましたが...私の総評はこんな感じです↓

取り回しの『楽さ』や車庫サイズの関係から小型車が欲しい人とか。

小型車と言っても前後共に大人が長距離座っても疲れない広さがあり、トランクも広い車。

更に維持費を考えると排気量は1500以下で、『力』は2000CC並みが欲しい。

でも燃費は良くって、経済的な車。

とはいってもハンドリングは楽しく、スポーティーさも味わえるが、乗り心地が良い車。

欲を言えば最先端のエンジンとミッション&装備品が付いてて、デザインもカッコ良くって、

所有している喜びを味わえて、人から見られても自慢できる車。

そしてメンテナンス費用に不安が少なく、車両自体の購入価格もリーズナブルな車。

という色々と全方位的に満たしてくれる車だと思います。

 

なにを隠そう、久々に欲しい...と思っている今日この頃です。(店長)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS