ルノー小平

ルーテシアGT デビュー!&ファーストインプレッション

2014.07.10.Thu DIARY

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

突如とルノー・ジャポン公式ホームページに現れた「2014.07.10 DEBUT!」文字から数日・・・

出ました!大人気ルーテシアシリーズに『ルーテシアGT』の登場です!

このグレードは

「サーキットまでも行かないけど、街乗りでノーマルグレードよりもキビキビとした走りを楽しみたい。」

と言う方にピッタリの1台だと思います。

 

まだまだ、慣らし運転中なのですが、ちょこっと乗ってみました。

①足回りの動き方がとってもルノー車らしい!毎度ながらスバラシイ!

フロントスプリングをノーマルグレードよりも40%固く、

フロントダンパーの減衰力を30%高めているので、

コーナーの粘り感はインテンスに比べてもしっかりと粘ってくれる印象です。

それでいて、段差を越えた時や悪路を走った時にはしなやかに吸収し、

体への突き上げ感をいなしてくれる。

(シートが専用シートのせいか、インテンスよりもしなやかな印象でした。)

 

②インテリアの落ち着き感が好み!(個人的に)

 

 

グレーをあしらったパネルを中心にとっても落ち着いた印象のインテリアが素敵です。

それでいてスポーティ!シート柄には「RENAULT sport」マークをイメージしたような柄。

抑えるところは抑えています。(ちょっと写真じゃわかり辛いですね・・・)

 

③「R.S.ドライブ」+「マニュアルモード」+「パドルシフト」が気持ちいい!

1.2ターボエンジンにこれが付いてくれたのは嬉しいですね!

「R.S.ドライブ」ボタンを押すと、スポーツモードになり、少しアイドリング回転数がアップ。

シフトチェンジタイミングはルーテシアR.S.のスポーツモードと同じ0.17秒に。

エンジン制御も変わります。

ESC(横滑り防止装置)はルーテシアR.S.の場合は、介入速度が遅くなっていましたが、

GTはスポーツモードにしても標準状態のまま。このあたりは安心・安全ですね!

(ちなみにルーテシアR.S.のような「レースモード」はありません。)

 

さらに「D」レンジからシフトを左に倒し、「マニュアルモード」にして「パドルシフト」での運転。

これが街中の運転で楽しい!楽しい!

素早い反応で欲しいところでシフトアップ!シフトダウン!

メーターパネルでも何速に入っているかが一目で確認でき、シフトチェンジを迷いません。

慣らし運転が終わってもう少しエンジン回転をあげられるようになると、

1.2ターボエンジンを最大限に使って走る「使いきり感」が出てますます楽しくなるのでは???

と、期待を寄せたファーストインプレッションでした。

 

ルノー小平では7/12(土)、7/13(日)に「LUTECIA GT DEBUT FAIR」を開催致します!

試乗車も準備してお待ちしておりますので、ぜひぜひご来店下さいね!

(混雑時はご案内までお時間を頂く場合がございます。申し訳ございませんがご了承下さい。)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS