ルノー小平

新型トゥインゴ ~走行性能・一般道編~

2016.10.13.Thu DIARY

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

いよいよ、新型トゥインゴで走ります!

まずは、乗り込んでエンジンをかけます。

メーターあたりを見てください。わかりますか?

かけた直後にすでに「ECOモード」なんです。

p1120281

ここはコンパクトカー。燃費を考えて、あえての「ECOモード」が標準なのでしょう。

ということは、「ECOボタン」を解除したノーマルモードが

ルノー・スポールでいうところの、「R.S.ドライブ」?

実際、車の性格は相当変わりますよ!でも、普通に街乗りするには

ECOモードで十分なパワーを感じられます。燃費も向上し、おすすめです。

信号待ちでのアイドリングストップもルノー他車種に比べて積極的に行ってくれる印象です。

p1120280

(ノーマルモードを選択して、停車すると、短時間であればその状態を保持するようです。)

 

シートポジションが高く、かなり見晴らしはいいですね!

フロントにもエンジンがない分、余計にそう感じます。

囲まれている空間だとどうしても疲れてしまいますが、

新型トゥインゴはサイドのラインも低く、サイドミラー周りもよく見えます。

p1120317

p1120318

渋滞に巻き込まれてもこれだと楽々ですね。

(この日も実際に通勤ラッシュに巻き込まれました・・・)

 

実際に走ってみると、0.9Lターボエンジン&6EDCの組み合わせが抜群!

前回、RRのブログでもご紹介しましたが、後ろから「ぐんっ!」っと押される感覚は何とも言えません。

6EDCに関しては過去のブログをご参考に!↓

https://dealer.renault.jp/renault_kodaira/?p=4680

 

走っていて信号待ちなどで止まる際、気づくのがこれ!エンジンブレーキがいい具合に効くんです!

これは昔ながらのルノーの特徴ですね。(でも、昔ほどは効きません。ここは現代版ルノーですね。)

近年のルノー車はこのエンジンブレーキの効きが緩やかになっている気がしましたが、

メガーヌⅡやルーテシアⅢの乗り味を思い出し、懐かしく思いました。

こんな下り坂も、アクセルを踏みながら下れるんです。

p1120315

あ、下ってるように見えませんが、相当下ってるんですよ。

 

駆動輪が後ろにあるため、トルクステアを感じず、相当滑らかなステアリングさばきです。

トルクステアとは、曲がるときにエンジンからの左右への力の伝わり方の差により、

勝手に車が強い力の方へ曲がろうとする力の事。

これが起こると、ステアリング操作にも微調整が必要となります。

(皆さま、無意識にやってるかもしれませんよ。)

この日も山道(道志道)を少し走ったのですが、

ハンドルをどれくらい切れば、どれくらい曲がるというのが、手に取るようにわかるんです!

p1120302

これは走りやすかったですね。狙ったところにビタッと車が動いて行ってくれるんです。

この辺りも新型トゥインゴの楽ちんなところですね。

(個人的には学生時代よくドライブしていた道志道・・・懐かしかったです。)

p1120306

 

今、ルノーからRR車のご提案!っというメリットを少しでもお伝え出来ましたでしょうか?

本当によく走ります!まだ、ルノー小平の試乗車は慣らし運転中ですが、

しっくりとエンジン、ミッションが馴染んだ時が楽しみです。

本当に楽しい車です!久々に衝動買いしそうなくらい。

軽く我が家の経済産業大臣(妻)に相談してみようかな・・・軽く・・・。

p1120300

 

次回は高速道路での走行をお伝えします。

 

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS