ルノー小平

新型トゥインゴ ~走行性能・高速道路編~

2016.10.15.Sat DIARY

 

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

続いては高速道路での走行。

「こんなに小さくて高速道路は大丈夫なの?ちゃんと走るの?」

っと、大きめの車から乗り換えご検討の方によく聞かれます。

答えは・・・全く心配ありません!むしろ、スゴイです!

 

高速道路に乗って、アクセルを踏んだ瞬間に、RR特有の後ろから「グンっ!」っと

押されるような加速を体感できます。

その後、100km/hまでの加速はとってもスムーズ。

p1120288

 

中央道を走りました。右に左にコーナーを駆け抜けますが、抜群の安定感です。

コンパクトカーに乗っている気がしません。

クラス最大級のホイールベース(2490mm)のおかげでしょうか?

思わず、「これ、いい!」と叫んでしまいました。

ルノーのクルマ作りには毎回感心させられます。

p1120287

 

スピードメーターを見ていただくとよく分かるのですが、

100km/hを示す位置が真上!針が真っ直ぐ上を向くんです。

(さすがに、走りながら写真は危ないので・・・実際に納車後走ってご確認を!)

p1120308

針が上を向くのは日本の高速道路に合わせた訳ではないんでしょうけれど、

「走るぞ!」っと言う気にさせてくれます。

私だけ?気分の問題ですかね?でも、気分も大事ですよね!

 

高速道路に乗って驚いたことがもう一つ。

とっても室内が静かなんです!エンジン音も全く気になりません。

むしり、周りの雑音が少ない分、一般道よりも静かかも。

これは意外でした。

100km/h走行でも「R&Go」アプリのタコメーターは2400回転。

900ccのエンジンでこの静かさは優秀ではないでしょうか。

 

中央道を走っていると、よく言われるのが、談合坂辺りの上り勾配の走行について。

「小さいエンジンで大丈夫?ちゃんと上るの?」

これもよく頂くご質問ですね。

ちゃんと試して来ました。答えはもちろん、「しっかり上ります!」です。

p1120290

ただ、アクセルペダルは少し踏み込み気味になりますので、

高速道路の坂道を楽に上ろうとするならクルーズコントロールを使う事をオススメします。

p1120292

 

パリでもそうですが、トゥインゴはシティカー(街乗り車)と思われがちです。

が、しかし!実は長距離、高速走行にも強いオールマイティカーだと感じました。

 

いかがでしたか?

新型トゥインゴの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

まだまだ、今回のブログで紹介したのはごく一部。

もっともっと、トゥインゴの魅力はたくさんありますよ。

皆様にも、ぜひ見つけて頂きたいと思います。

ルノー小平ショールームで現車を見ながら、一緒に探しましょう。

お待ちしております。

 

※最後に燃費について。

【走行距離】 237.1km (高速道路約3割、一般道約7割)

【平均燃費】 15.3km/L

(オンボードコンピューター上の数値です。エコモード、エアコン常時オン)

p1120313

 

これは私が運転した場合なので、ご参考までに。

慣らし運転中と言うこと、朝夕の渋滞にもつかまりながら、街中を走ったことを考えると、

この数値はまずまずなのでは?と思います。

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS