【絶景キャンプ】おすすめキャンプ場紹介!PART4【長野県軽井沢】

2020.09.29.Tue DIARY,INFO

こんにちは!

閲覧いただきありがとうございます。

 

ルノー横浜青葉のセールス『カングー谷島』です。

 

本日は、定休日!

ってことで、オススメキャンプ場を紹介いたします。

(実は、只今、富士宮市でキャンプをしながら、ブログを書いております。)

 

長野県と群馬県の県境にある『北軽井沢スゥートグラス』

ここは、昔から有名です。

キャンプ界のディズニーランドといってもいいでしょう。

スタッフたちの対応が本当に良く、設備もしっかり揃っているため、

日本一の高規格キャンプ場とも言われております。

 

初心者の方でも安心してキャンプができます。

 

キャンプ場は標高が高いため、夏場も涼しくキャンプができます。

 

ただ、最大の魅力は冬キャンプである2月上旬です。

 

冬場に花火大会を観ながら、キャンプができるのは、ここだけです。

 

去年のお写真を紹介します。

宴会テントは、薪ストーブを入れることができる『ノルディスク アスガルド19.6』

就寝テントは、『ヒルバーグ  タラ』

 

日中の気温は、だいたい-5度〜0度

夜になると、-10度くらいになる時がありますので、快適に過ごすためには、暖房器具はしっかり準備することをオススメします。

 

夜になると、空気が澄んでいるため、星空も堪能できます。

 

花火もしっかり観れますー!

 

夜食は、体を温めるため、基本的に鍋を囲むことが多いです。

今回は、豆乳鍋。

 

串揚げも!

 

キャンプでの食前酒は、マルティーニと決めております。

 

就寝テントは、寝袋を2つ使用して、半袖短パンで寝るスタイルです。

 

湯たんぽもあると、より快適です。

 

早朝が一番寒い気がします。

テントをよく観てみると…

氷柱ができております。

 

冬キャンプでここまで氷柱を観たのは、初めてだったので、友人たちと興奮しながら、氷柱で遊んでおりました。

 

撤収時は、地面が凍っているため、半分以上のペグがダメになりました…

 

ペグが抜けないため、お湯で溶かしながら作業したため、撤収に3時間かかりました。

 

 

最近、冬キャンプもブームになってきております。

薪ストーブ専門店でのアルバイト経験もあるため、これから冬キャンプにチャレンジしたいお客様もぜひ、気楽にご相談ください。

 

焚き火では、薪選びも重要です。

 

 

弊社では、カングーの試乗、積載量を実車で確認することができます。

 

ぜひ、お問い合わせお待ちしております。

 

ルノー横浜青葉

谷島(やじま)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS