【万が一の備え!】エマージェンシーキット【人助け!】

2020.07.15.Wed DIARY,INFO

こんにちは!

閲覧いただきありがとうございます。

 

ルノー横浜青葉のセールス『エマージェンシー谷島』です。

 

『エマージェンシーキット』とは?

EMERGENCY・・・非常・緊急事態のこと

 

万が一の事故や故障・災害等に対応できるキットです。

街中ならまだしも、アウトドアやレジャーなど、旅行に出かけ、

レッカーサービスがすぐに来れないような場所で、故障が起きた際に活躍します。

今回は、エマージェンシーキットの中身について、紹介いたします!

 

 

①三角表示板

事故や故障で車が動かなくなった場合、路肩に寄せて、ハザードを点滅。

発煙筒だけでは、後方車へ気づいてもらえない可能性もあるため、三角表示板があった方が良いです。

警察の方が、必ず三角表示板を使用しているのは、その意味もあります。

 

 

②蛍光安全ベスト

事故や故障でやむを得ず、路上で車から降りる際に、後続車から自分の存在を認識してもらうために必要です。

 

 

③LED発電ライト

発電機能がついているので、電池の消耗の心配がなく、側面のハンドルを回せば、すぐにチャージされる優れものです!

 

 

④作業用手袋

事故や故障時には何かと重宝するもの。走行直後は、エンジン周辺やタイヤも暑くなっているため、手が汚れないだけでなく、火傷防止にもなるため、必需品です!

 

私もタイヤがパンクした際に、作業用手袋なしでタイヤ交換しましたが、

タイヤが熱く、手が汚れて、作業が難航したと感じました。

 

 

⑤ベルトカッター付ガラスハンマー

水没その他で、ドアが開かなくなり、ガラスを割って脱出するときに必要になります。

フロントガラスは安全ガラスになっているので、使用するときはサイドガラスを割るのが重要です。

また、ガラスの隅を叩いたほうが割りやすいです。

 

ぜひ、助手席グローズボックス内へ入れることをオススメします。

 

 

⑥ブースターケーブル

バッテリーが上がった車を始動させるのに必要です。

バッテリーが上がってしまった時に、近くを通りかかった人が、ブースターケーブルでバッテリー上がりを直してもらった経験があります。

自分の愛車を治すこともできますが、ドライブ中に困っている人を助けることもできます!

 

 

エマージェンシーキットは、

故障が起きなかったとしても、車内に置いておくだけで、少しホッとします。

保険と同じですね!

 

また、自分の愛車だけでなく、

ドライブ中に困っている方々を助けることができるのも、エマージェンシーキットの強みです!

 

 

余談ですが、

先月、通勤途中に老夫婦の奥様が愛犬の散歩中、つまずいて頭から転んでしまった所を目撃しました。

すぐに車を停めて、血が出ている箇所をハンカチで押さえて、安静にしてもらい、

旦那様が来るまで、私にできること(応急処置)をしました。

 

ただ、なぜ私よりも近くにいた方々は、

助けに行かないのだろうと少し残念な気持ちになりました。

 

『通勤に遅れる』や『大丈夫だろう』っていう気持ちはわかります。

ただ、周りの方への関心を持ち、もっと気遣いができる日本になれば、素敵だなと思います。

 

 

困っている方がいる時に、すぐに行動できる人は、素敵です!

エマージェンシーキットで人助けを!心が広くお洒落なルノーから始めましょう!

 

 

エマージェンシーキット ¥31,900(税込)

 

 

お問い合わせ、お待ちしております!

 

 

ルノー横浜青葉

谷島(やじま)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS