新型メガーヌR.S. 試乗車準備OK!!

ご来場をお待ちしてます!


きたよ!新型メガーヌR.S. 標準仕様

限定車トロフィーに遅れること数週間、待ちくたびれたぞメガーヌR.S.!

週末の試乗会に向けて急ピッチで整備中!!

やっぱりR.S.は工場内でも迫力が違いますね。R.S.ディーラーならではの雰囲気に浸れます。

newデザインの18インチマットブラックホイール、カッコいいでしょ!

発売日にオーダーいただいたお客様の車両もほぼ一緒に入荷!

○○様!見てますか?納車まで楽しみにお待ち下さい。

今回のMCでホワイトはメタリックになったんですよ。色の変化は独特ですね。

いつ見てもこのリアビューは惚れます。

インテリアもトロフィー同様に質感UP!

もうじき触れますからね!乗れますからね!


ガソリン給油時の注意点

ガソリン給油時には注意点があります。

わざわざオレンジ色シールで「△警告」と目立つように書いてある、その文言は?

拡大したのがコレ。↓

『燃料を給油口付近まで入れないで下さい。

十分に給油し、ノズルの自動停止機能が作動した後は、

手動操作で追加の給油をしないで下さい。』

つまりオートストップがかかったら継ぎ足し給油はしてはいけませんよ、ということ。

これって無意識にやってしまいそうですよね!

わざわざ警告しているのだから何かしらの不具合があり得るのでしょう。

セルフで給油するなら守れるけれど、フルサービスのガソリンスタンドでは

「止まったところでいいですよ」という一言を忘れずに。

まぁ、それ以前にノズル径と給油口の径がほぼ同じだから、覗くにもどこまで入ったか分かりません。

気づいたときには吹き出てしまう場合もあるので、これまた要注意。

point:欧州車はガソリン車とディーゼル車では給油口の径を変えているそうです。

これによって油種を誤って給油することがなくなるわけですね。

日本では軽自動車だけに「軽」油を入れる方も意外と多いそうです。


きたぞ! 白ゴルディーニ 

いまルノー八王子ではトゥインゴ ゴルディーニR.S.の試乗会を開催中。

しかも26日(日)までは希少なブラングラシエ(白)を用意!

見慣れない白ゴルだけど、実際に見るとなかなかイイんじゃない?

ストライプのGロゴもキラキラ輝いてなんだかゴージャス。


ルノー規格のオイルについて

 

 ルノーは自車に使用するエンジンオイルに関して、

ACEAなどの国際規格とは別に独自の厳しい「ルノー規格」を定めています。

 このルノー規格を取得するには、ルノーが定めるエンジンベンチ試験、

実走試験をクリアしなければなりません。

例えば、ルノーのエンジンを使用した非常に厳しいエンジンベンチ試験があります。

(⇒油温を145℃に設定し、5,050rpmで75時間エンジンを回すなど)

これらの試験によって、エンジン各パーツの摩耗や汚れ、オイルの耐久性能などを測定します。

更に、世界で最も厳しいと言われるヨーロッパの排ガス規制(ユーロ5)もクリアしております。

これら全てをクリアし、ルノーの認証を取得したオイルにのみ

RN0700,RN0710という規格が与えられます。

また、ディーラーで推奨(リコメンド)するのはエルフのオイルのみとなっています。

ACEA規格取得のみのオイルと、ルノー規格取得しているエルフのオイルでは

その性能が大きく異なります。

高性能な純正指定オイル:『elf』のご使用を強くお勧めします。

・5W30 RN0700 :現行車全般(V6・RSエンジンを除く) 1,764円/1L(税込)

・5W40 RN0710 :V6エンジン・RS指定オイル 3,077/1L(税込)

※PRESTIGRADE TS1 5W40 :2001年以前に製造された低年式車種 1,554円/1L(税込)