ルーテシアⅣph2 ~インテリアの特徴~

ルノー小平 セールスアドバイザーの安田です。

 

前回はph1とのエクステリアの違いについてご紹介しましたが、

今回はインテリアの違いについて。(インテンスグレードです。)

P1120741

 

①ドアミラースイッチが高級に!

長くルノーが採用してきた丸型のドアミラースイッチが遂に大きく進化しました。

デザインもカッコよくなりましたが、オートボタンが付きました!最新です。

P1120740

ドアロックをすると、ドアミラーが自動でたたまれるんです。

(メガーヌシリーズには途中から標準装備となりましたね。)

これで、エクステリアのLEDヘッドライトに続き、

自動格納ドアミラーのオプションもつけなくてもよくなりましたね。

 

②アームレストもソフトパット素材に変更

今までは樹脂の硬い素材でしたが、ソフトパット素材に変更しました。

肘の置き心地は・・・ですが、手触り間はかなりよくなりました。

P1120749

 

③センターパネルデザインの変更

センターパネルのエアコン吹き出し口、ハザードスイッチ周りのデザインが

少し変更となりました。

P1120742

P1120743

これにより、日本での2DINナビ用センターパネルも作り直し・・・です。

因みにナビの件ですが、ゼン&アクティフグレードにはトゥインゴで紹介した

「R&Go」対応のオーディオが付いています。2DINナビは現在設定がありませんので、

スマホクレードルでスマホを使うか、PNDナビを使うか、となります。

トゥインゴで紹介した「R&Go」につきましてはこちら↓

http://dealer.renault.jp/renault_kodaira/?p=6580

 

 

④シートデザインの変更

一番の特徴はこれでしょう!

P1120744

中央にベロア調のファブリックシートを使い、なんとも触り心地、

座り心地のいいシートに更に進化しました。

P1120745

レザー調のコンビシートがまた高級感を出しています。

P1120746

座った感覚はルーテシアⅡのふわっとしたシートを思い出させるような心地

懐かしさを感じながらも、現代風にアレンジしつつ、何年か乗った後に

しっくりと馴染んで来たシートが心地いいんだろうなぁ~、っと思わせてくれるシートです。

毎回思いますが、ルノーのシートへのコダワリには脱帽です。

 

これだけ大きく変化した新型ルーテシア。

試乗車が準備できましたらぜひ慣らしがてら乗って試してみたいと思います。

EDCのギア比やエンジン特性はph1と変わらないんですが、

ルノーって乗ってみると毎回、微妙な違いを感じられるんですよね。

楽しみです。

P1120738

 

皆様もぜひ準備できましたらご試乗してみて下さいね。


Comments are closed.