ルノー小平

メガーヌⅢHB ~インテリア~

2011.06.26.Sun DIARY

ルノー小平 店長の中川です。

前回にお引き続き今回はインテリアのお話。

 

メガーヌⅢHBには『GTライン』と『プレミアムライン』という2種類のグレードが有りますが、

外見以上にインテリアの方がその違いがハッキリしています。

 

『プレミアムライン』は明るいベージュのインテリアが採用されており、上品で洒落た感じが

好きな方にはピッタリです。

ベージュ系なのにダッシュボードだけ黒くなっていますが、これはダッシュボードが浮いている

ように見せ、室内を明るく感じさせる事が目的なんだそうです。(ドイツ車とは逆らしい。)

このプレミアムラインは高級志向のグレードだと思っている方も多いようで、シートも乗り心地も

そういうイメージで来店される方がいらっしゃいますが、実はちょっと違います。

後々『インプレッション』編で詳しくお話しますが、このシートは色や見た目を良い意味で裏切って

くれるシートで、かなりサポート性能が高くフィットします。当然乗り心地もGOOD。

 

プレミアムラインのメーターはタコメーターがアナログでそれ以外はデジタルを採用した融合型。

面白いのはスピードメーターの外周を囲むように区切りの入った白抜きアーチがあります。

この部分はオートクルーズ走行時に表示されます。

設定速度に到達するまでは走行速度に合わせてアーチの切り毎にグリーンに点灯し、

設定速度を超えると超えた部分のアーチがレッドに点灯し、速度が点滅するようになっています。

因みにまだ私は見たことありませんが,...(笑)。

でもオシャレというか、ちょっと今っぽくでカッチョいいかも。

 

『GTライン』はスポーティーなブラックを基調としたインテリアが採用されており、『いかにも』

という感じです。

 

GTラインのシートはメガーヌRSが本国で標準採用しているシートだそうで、故に当然スポーティ

で外見のデザインや車高の違いも合わさって、その気にさせてくれます。

 

GTラインのメーターは全部アナログで、RSみたいな感じですね。カッチョ良い~。

 

 

さて、その他に私の目についたものを3つご紹介します。

 

①まずはパーキングブレーキですね。

 メガーヌⅡで存在していたジェット機のようなレバーはなくなり、自動化されました。

 この電動パーキングブレーキですが、まぁ...ちょっと日産っぽいですが、メリット大です。

 パーキングブレーキレバーが無くなった事により、その分センターコンソールを広くできるし、

 デザインの自由度も増します。

 初めて使う時は違和感がありますが、慣れるととっても便利です。

 エンジンかけてアクセルを踏んで走り出すと同時に『ウィ~ン』と小さな音が鳴って、勝手に解除。

 坂道でも安心です。

 そしてエンジンを切るとまた『ウィ~ン』と鳴って勝手にブレーキがかかります。

 もちろん、センターアームレストの前にあるスイッチで手動操作も可能です。実に便利。

 

 

②次にエアコンスイッチ。

 今まで無かったOFFスイッチがついたんです。

 今までこれが無くって、ちょっと不便でした。

 更にFASTモード(温度優先)とSOFTモード(静粛性優先)がつきました。便利です。

 そして、後部座席専用の送風口エアダクトがセンターコンソルボックス背面に追加されました。

 残念なのは、この送付口はプレミアムラインだけにあるんです。GTラインにも欲しい..。

 

③最後にセイフティヘッドレスト。

 このデザイン&動きのヘッドレストはルノーお得意で、お馴染みの方も多いと思います。

 安全性はもちろんですが、角度を自分の運転姿勢に合わせて動かす自由度が大きく便利です。

 メガーヌⅢではそれを進化させました。

 通常、ヘッドレストに2本の金属の軸が付いており、それをシート背もたれに差し込んで

 高さ調整する、という作りが一般的です。

 しかし、今回はその逆になっています。

 背もたれに軸が入っており、飛び出ている軸上でヘッドレストの高さ調整するような構造です。

 この作りによって、背もたれに軸を差し込む為の穴(支柱)をセットするスペースが不要に

 なる為、衝突時のクッション性が高くなり、体を60mm沈み込ませながら保護することが

 できるそうです。う~ん、流石。

 

とまぁ、きりが無いのでこの辺で止めておきますが、もっと詳しいお話や違いを見たい方は

是非、ショールームに現車を見に来てくださいね。お待ちしています。(店長)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS