ルノー小平

メガーヌRS チタンマフラー 店長インプレ

2011.06.16.Thu DIARY

ルノー小平 店長の中川です。

ルノージャポンよりRSスペシャリストディーラー専売商品としてチタンマフラーがリリース

されましたね。

先日の安田SAのブログでもご紹介しましたが、ルノー小平では早速試乗車に装着しました。

んで、喜びまくって走り回ってきましたので、そのインプレをご紹介しますね。

いつもの如く主観的で勝手なインプレです。

 

①装着直後、エンジンスタート・・・・

  真後ろで聞いてみると意外と静か。ちょっと予想外? 

  『お~!良い音だ!』とは、すぐには感じない...。

  どちらかと言うと、『うむ????。 ん~...なるほど、悪くないね。』って感じかしら。

  まぁ、焼けてませんからねぇ。これからでしょ~、という気分。

 

②アクセルを空吹かし・・・・

  マフラーが「変わっている感」という音は出るが、低音でジェントルな印象。大人です。

  ただし、ここで気がつきましたが、音そのものは静かな印象ですが、音の低振動が

  すごく伝わるんです。

  車の側にいる時よりも、離れた時の方が空気の響きがすごく感じます。不思議ですね。

 

③では走ってみると・・・・

  車の側で聞いている時と全然違います。かなりいい感じ。

  回転を引っ張る時も、エンブレの時も振動音がすごく心地良いですね。

  うまく言えませんが、ルーテシアRSの時はまさしく『排気音』という感じでしたが、

  こちらの方は『排気振動』という感じ。

  個人的には音量というよりも音質が気に入りましたね。

  一見大人の音量でジェントルな印象ですが、その割りには耳に入ってきて心地良いんです。

  やはり振動という表現の方がぴったりですね。

音の話ばかりでしたが、性能面ではどうでしょうか?

うちの試乗車はようやっと1000km越えましたが、丁度その頃からトルクが太くなった感じ。

このエンジンは昔っからそういう感じですね。ちょっと距離乗らないとダメだし、個体差もあるし。

でも最近、初めて試乗するお客様のエンストが減ったんですね。低トルクが太くなった証拠です。

  

さて、マフラー交換後の性能ですが、ターボ車ですから当然体感する違いが分かりやすいです。

もうレスポンスは良くなるし、パワー感やトルク感は明らかに向上しているのが分かります。

しかし、一番びっくりしたのは『エクストリームモード』で走ると、全く別物という事です!

『そうとう馬力上がっただろ~?』という気持ちにさせてくれます。

更に『エクストリームモード』だと音が全然違います。もう低振動音がすごくって、

お腹に来る感じです。かなりびっくり。

それにギアチェンジの時やエンブレ時にアフターファイヤーが『パン!パン!』って

時々鳴るんですが、気持ち良いたらありゃしない。

唯一の残念ポイントは見た目が変わらないこと....

『マフラー変わってるぞ!』と強いアピールは不要ですが、ちょっとだけ欲しいかな。

 

この製品、総じて良い買い物だと思いますよ~。

↓詳細はこちらで↓

新型メガーヌR.S.用チタンマフラー

『マフラー欲しいな~』と思っている方。是非ご来店ください。(店長)

試乗申込はこちら
カタログ請求はこちら

Renault Japon OFFICIAL SNS