EDC ≠ AT (2)

皆様ごきげんよう。なんかスッキリしない天気が続いていますねぇ・・・各地、それも町単位のゲリラ豪雨が起こり、大変な事になっているところも多くあります。ホンマに気ーつけていきましょう。
さぁーっ、先週の続きいってみましょ(^O^)/。

私達がよく言う“オートマチックトランスミッション”を先週少し触れてみました。もっと詳しい事を知りたい方は、色々調べてみてください(-д☆)。総じて言うと、①難しい操作が無い(簡単)。②半クラッチ操作が要らず、発進時エンストしない。③スムースに変速。④マニュアルに比べ伝達ロスが多い。⑤ダイレクト感が無い。などなど。②④はトルクコンバーターの作用の利点と欠点。③⑤はプラネタリギアの利点と欠点でしょーか(^^)。


さて、EDCとよばれる新型トランスミッション以前ルノーが使ってたクイックシフト5=以降Qs5(私のTWINGO2など)の発展版と思って頂ければと思います。Qs5乗られた方おられますでしょうかね~シフトアップの時に一呼吸(^^)有ります。クラッチを切る繋げる操作を機械がやってくれるのですが、その時にどうしてもラグ(遅れ)が生じます。その変速時の遅れを解消したのが『EDC=デュアルクラッチトランスミッション』です。


Qs5は、変速時、1組のクラッチで(普通のMTと同じ)エンジンからの入力を切ったり繋いだりしていましたが、このEDCでは“2組のクラッチ(デュアル=ツイン=2組)”を用いてやります。シルバーの円盤はセンタープレートといわれる部品でエンジンと直結されており、コレを2組のクラッチが挟み込む格好になっています(^O^)/。今、1速にギアが入りエンジン回転(=出力)が、フライホイール~センタープレート~奇数番号ギア用クラッチを経てトランスミッションに伝わっています。この奇数番号ギアというのは、1、3、5速のギアになります。 ちょっと難しいですかねぇ(^_^;)。


こちらは、偶数番号ギア用クラッチが締結して2速に入ったところ。偶数番号ギアは、2、4、6、R(リバース)です。このように2つのクラッチを、交互に使うことによって、瞬時にシフトアップ、ダウンを可能にし、普通のオートマチックと遜色ないスムースな変速が出来るトランスミッションになっております。(^^)。


構造を見て頂くと、歯車が常時噛みこんでいるギアになり、MTとほぼ同じ。遊星ギアではないので、MTのようなダイレクトな走りを感じて頂けますし、クラッチですのでトルクコンバーターのような伝達ロスも少ないのが、この新型トランスミッションの最大の利点です。


少しざっくり見てきましたが、私が感じるところ、現在MTを乗って頂いている方は、EDC=オートマチックの認識でOKかと思います(^^)。ただ、現在ATを乗られている方は、構造が全く違いますので、1~2速へ変速する時などギクシャクすることもあるかと思います。が、『上記構造上のモノ』ということをご理解頂き、 MTのようなダイレクト感を楽しんで頂ければと思います(^^)。

まぁ、私のTWINGOのQs5(シングルクラッチ方式のモノは他に、VW-UP、FIAT-500、PEUGEOT-208、CITROEN-C3なんかにも搭載されております)に比べれば、シフトラグ、ギクシャク感など皆無と言って良いかと。。。。(^_^;)。


最後に、新型ルノー ルーテシア、ルーテシアR.S.、キャプチャー、を既に乗られている方にワンポイントアドバイスです(^O^)/。信号待ち等で、Dレンジあるいはマニュアルモードの1速でブレーキペダルから足を外すと、ATのクリープ現象のように徐々に車が動き出します。これは、半クラッチを機械が行っているからなんです。何が言いたいかと申しますと、半クラッチの状態を長く維持、あるいは多用するのは、あまり良いことではありません。渋滞などでは、車間距離を取って頂きブレーキペダルから足を離したら少しアクセルペダルを踏むようにしてあげて下さい。そうすれば半クラッチは無くなりますので。。。もちろん、駐車の時のような短時間の場合は、このクリープ現象みたいな半クラッチを使って頂いても大丈夫です(^^)。




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


EDC ≠ AT (1)   

皆様ごきげんよう。お盆休み、如何お過ごしになられましたかぁ?(・o・)。なんか、エエ天気の日が少なかったですねぇ。。。う~ん、なんか不完全燃焼なお休みでした・・・。さて、昨日まで夏季休暇を頂いておりましたm(__)m。今日から平常営業、今後とも宜しくお願い申し上げます。

今回?は、ルノー ルーテシア、キャプチャーに搭載されている新型トランスミッションEDC(エフィシエント デュアル クラッチ)について少し。。。(^O^)/。 ルーテシアやキャプチャーに搭載される新型トランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションと言い、クラッチ機構を搭載し、あたかもマニュアルを運転しているかのようなダイレクト感で楽しく運転できます。もちろん燃費にも貢献~(^^)。クラッチが有りながらクラッチペダルが有りませんので、日本の道路交通法で言うところのオートマチックに属します。



まずここだけは抑えておいてほしいのですが、EDCと言う機械は、『日本でいう、オートマチックトランスミッションとは異なる』と思って下さい。強いて言うと、MT(マニュアルトランスミッション)のオートマチック(自動変速)版なのです(^^)。



まず、我々がごく普通に言うところのオートマチックから行きましょう(^^)。コレはトルクコンバーターと言って、普通のAT(オートマチックトランスミッション=CVT含)に組み込まれるクラッチ部分の機械。 エンジンの回転をミッション(変速機)に伝える時には、徐々に伝えていく必要が有ります。MTの車を乗ったことのある方、“クラッチを繋いだらエンストした”って言うのはこのことで、“半クラッチ=エンジンの力を徐々に伝える”という操作をしないとエンジンが止まり(ストール)ます。このトルクコンバーターと言う機械は、オイルを作用させてクラッチの代わりをしているモノです。

皆さん、子供の頃、プールで流水を作ったことあるでしょ?プールに入っている子全員が大きな輪になって手をつなぎ、プールの端っこを歩くことによって水の流れが出来、流水が生まれるってヤツ(^^)。で、先生が『次は反対~!』って言われると水の逆流を歩く事になって結構苦労します。。。そう!液体には質量があって、それを一定方向に動かすと力が伝わるのです。この機械はそれを利用しています。赤い色の部分、エンジンの回転で回る“ポンプインペラ”という装置、いわば、流水を作る方の側です青色の部分が“タービンライナー”。ポンプ側で作られた流水に回される側。まぁ、プールで言うたら流水を作ってからの子供達ですな(・∀・)。ポンプインペラから送られた液体が、タービンライナーに当たることによって、動力を伝えます。ちなみに、トルクコンバーターの中に入ってるのは、水ではなくオイル(難しいですが、作動油=フルードと言います)で、水より熱に強く質量が大きいです。(グレーの部分)

このように、クラッチの代わりにトルクコンバーターと言う機械でエンジンとミッションを繋ぐ事によって、エンジン回転を徐々にトランスミッション側に伝える事が出来、エンジンストールを無くしています。


もうちょい!(^^)。
タービンライナーから伝えられた回転(いわいる動力)は、オートマチックトランスミッションの変速部分、プラネタリギアに送られます。このプラネタリギア(遊星歯車)は、MT(マニュアルトランスミッション)の様なギア(歯車)が常に噛みこんでいる(連結されている)機構ではなく、油圧の作用でと変速機として機能する機械になっています。今、油圧の作用で黄色の部分(インターナルギア)を止めたとします。すると、赤色の入力軸から入った反時計回転はサンギアを回します。すると、プラネタリピニオンが時計回りに回転し出し~出力軸であるプラネタリキャリアは、サンギアよりゆっくりした速度で反時計回りに回り出します(^^)。通常のオートマチックトランスミッションは、このプラネタリギアが多ければ多いほど、変速段数が増えスムーズに変速出来ます。が、必然的にミッションの重量も増します。



おーっ。難しいですかねぇ(^^)?。じゃ、次回はデュアルクラッチにいきましょう(^O^)/。


四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


de paris

皆様ごきげんよう。弊店、今日から8/17(日)まで夏季休店日を頂いております。18日(月)から平常営業になりますので、何卒ご了承くださいませ。

昨日の台風、なかなか足が遅く雨が多かったですね、皆さんご無事だったでしょうか。土曜日は大雨特別警報なんてのが、日本で初めて発令されたとか・・・『だたちに命を守る行動をとってください。』と言われると、ちょっと緊張感がありますよね(`・ω・´)ゞ。

ちなみにフランスは、台風が来ないって知ってました?台風が発生する赤道付近に海が無いからだとか。。。私のルノ友えっちゃん、フランスの色々なことを教えてくれる先生のような人ですが、今~フランスに帰省(渡航)?中で、パリに居ます(^^)。

ブログネタに写真を~っと頼んだら、送ってきてくれました(^^)。

ここは、パリの16区。フランスは只今“バカンス中”でパリ市内はガラーンとしているよう。。。(^-^)。

いいですよねぇ~(^_^;)。なんか人に余裕があるっていうか。。。

ルーテシア4(本国名clio4は、フランスで販売台数ダントツ1位の車。いっぱい走っているそうです。

ルーブル美術館にかかる橋、ポン・デ・ザール(芸術の橋)。別名“恋人たちの橋”とよばれているそうで。

よく見ると南京錠が。。。そういえば、愛媛に行った時、しまなみ海道のある展望台にも同じように、南京錠に二人の思いを書いてかけてありました。。。流行り(^_^;)?

ルーブル美術館の外通路。中に入らなくても一部覗けたりするそうです(^o^)。

17区のバティニョル公園。小さいけどきれいな公園で、白鳥など鳥が多くいるのだそう(^^)。

プラス ド クリシーのビストロ“Le Wepler”。ヘンリーミラーなどの有名な作家が来ていたんだとか・・・。

人気あるお店みたいで、パリに行くことがあったら行ってみたいですね~(^^)。

今回は、パリからでした。いえいえ私は四日市からでした(´゚д゚`)。




ここで、ちょっと告知~。ルノ友“えっちゃん”が、9月京都でParisの女性写真家の個展をひらきます。
ご興味有る方は、ぜひお気軽に覗きに来てください(^^)。

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


test drive

皆様ごきげんよう。やばいー!もう、こんな時間やぁ(*_*);今から名張まで行かなアカンのにぃ~。。。
週末から、四国地方では大雨で大変なことになってますね。FB友の方も、高知に居るらしく大変の様です。
暑さもそうですが、急な豪雨にも十分警戒していかなアカンですね。

さて先日、R京都のKANGOO ZEN 6MTを借りておりまして、それを返しに行ったしだい。。。

普段は新名神に乗って1時間ほどで到着なのですが、KANGOO 6MTの試乗もしたく

津~R163を走っておりました(^^)。ECOスイッチONにすると~

途端にシフトインジケーターが『UP!!』と言ってきます(^^)。

でも、ルーテシアやキャプチャーに見られる『パワーダウン』は、ほぼ見られません。やっぱりマニュアルだからかな(^^)。

おっつ、信号待ち~っ

エンジン止まってらっしゃる。。。ごく自然にストップするので、止まったかどうか分からないくらい(^^)。クラッチを踏むと再スタートします。

長野トンネルを抜け~伊賀大山田へ。KANGOOは軽快に走ります(^^)。

右手に大山田中学校を過ぎたら、右折です(^^)。ここから県道2号~

しばらく道なりに~要所要所狭い区間も有りますが、カングーって大きくなったけど、前のカングー1に乗る感覚と一緒なんですよね~。確かに幅は大きいんやけど、取り回しや見切りがカングー1と同じ感じ(^^)。パワーステアリングが電動になり、低速時のアシストが増えたから女性でも楽に運転できると思います(^O^)/。

名阪国道壬生野インターを通過~ここから県道679~

ここから県道49~

阿山中学校前の交差点を左折して道なりに行くと~県道674号が~国道422号に合流し~

桜峠を越えるとそこは滋賀県甲賀市信楽(^^)。

峠越えの登り坂も、ECOモードで十分行ける力強さです~♪

更に行くと国道307号に合流~ここを左折します。

ここは国道307号と422号が重複する区間~

京都府との県堺手前で、国道422号が復活(^^)。右の方へ~

ここからは、道も混むこと無くKANGOO 6MTは~スイスイ走ります(^^)。結構いい感じのワインディングロードなので、ATに比べ30kgフロントが軽い6MT(5MTは40kgも軽い!)カングーを運転するのは非常に楽しい~♪。  まぁでも、乗り比べないと分からないですがね(・∀・)。

R422号も残りわずか。瀬田川(琵琶湖から流れ出る唯一の川)を渡り~

突き当りの信号を右に行くと石山寺を抜け大津へ。左に行くと京都宇治、平等院鳳凰堂の前に行けます。

瀬田川を右に見ながらR422号を大津方面に~

ここまで来ると、瀬田川の幅も大きくなり琵琶湖の一部になりかけてます。

大津インターに向かいたいので、ここを左折。上は京滋バイパス~。

県道106~781号と乗り継ぎここを左折~。

ここまで来ると間もなく名神大津ICが有ります~(^^)。

っと(・∀・)京都までKANGOO ZEN 6MTを試乗したのですが、車速0㎞からの発進時、エンジン回転が1000回転切っていると、さすがに1200ccの非力さが気になりますが、それも慣れてくれば気にしなくても良いレベル。それより、このエンジンの高トルクからくる走りの伸び6MTのシフト感覚は中々イイ感じで、楽しかったです。(5MTだとさらにフロントが軽く、ターボのラグやパワーの立ち上がりの制御が難しくないので、ワインディング等では5MTのがエエのでしょうけどね。)

今回の大津までの道は、空いていれば津から90分くらいで大津まで行ける下道最短ルート。高速料金の節約に走ってみてはいかがでしょう(^^)。

やばいぃこんな時間だぁあぁ~(´゚д゚`)エー


四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469