PARIS SALON 2014

皆様ごきげんよう。 秋も終盤、朝夕の冷え込みもきつくなって来ました。 風邪などひかないように、体調管理気をつけていきましょう!。

P1020822ルノー四日市は只今改装中でございます。 ご来場の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。 来月末には完成し、来春からリニューアルオープンさせていただきます。 どうかご期待くださいませ。 では、11月最後のブログいっときまひょ(^^)。



世界中で開催される“モーターショー”、フランスで行われるのは通称“パリサロン”と呼ばれております。 パリサロンの開催は二年に一回、ちょうど、東京モーターショーと対する年に開催されます。。。なので6年ぶりに~

P1010910これ、入場チケット。 今やe-TICKETが主流なんですかね~入場料は14€、日本円換算で約2000円弱。 安い?高い?。。。(・o・)。

P1010967さすが本国開催のモーターショーとあって、ルノーブースはちょーデカイ! PEUGEOTとCITROENを足した大きさに匹敵。

P1010915展示の中心はそう! 新型TWINGO。 今回のTWINGOは、TWINGO 1/2とは全く違うコンセプト。

P1010934デザインは往年の『R5 Turbo』+『TWINGO 1』からインスピレーションを受けた形になっていて~

P1010929小さくて丸みのあるCuteでfriendlyな感じ~

P1010928でもブラックはちょっと大人の感じ~

P1010930リアのバックドアの傾斜角度は、サンクと同じ、ドア全体を1枚ガラスにすることによってデザイン性を上げ、重量とコストを下げています。リアフェンダーを含めたデザインはR5-turboでしょ(^-^)。

P1010918ボンネットフードは、特殊樹脂製で、前方へスライドさせて取り外す仕組み(^^)。 フロントにトランクスペースはありません。

P1010925茶色、黒、青メタは、今回出て来た新色~。 ビビットカラーも良いですが、メタもかなかな(^^)。

P1010935構造の展示もありました~ これ、外殻を外した所(普通は外れません)。 リアシートと助手席は可倒式なので230cmの長尺物でも載せられます(^^)。

P1010936フロアを外すとこんな感じ(^^)。 そう!今度のTWINGOは、後ろにエンジンが有るんです!! って知ってました(^^ゞ。

P1010937フロントに有るものは、ラジエター、エアコンコンデンサー、ステリングリンケージ。

P1010938真ん中チョイ後ろには燃料タンク、リアにはエンジン&トランスミッションがあります。

P1010941後ろから見るとこんな感じ。 エンジンは900ccの3気筒、室内のスペースを広げたいのと重心を低くする為に斜めに配置されてます。

P1010914この面白いレイアウトのTWINGO-3、コンパクトミニマムハッチバックとして非常に良く出来た車でした(^^)。 今後期待です。

P1010951こちら、コンセプトカーのEOLAB(エオラブ)。 100KMを1Lのガソリンで走ってしまうハイブリッド車。 フロントピラーも面白いカタチしてます。

P1010945ルノーデザイン+徹底的に軽量化されたボディなんだそうです。

P1010943こんな時代がやってくるですねー。

P1010920これは、ルノースポールが行っているレース運営活動『ワールドシリーズbyルノー』の新型マシン、R.S.01。 ワンメークレースTROPHYとして2015年にデビューだそうです。

P1010924コンセプトカー「DeZir」のインスピレーションを受けてるのがよくわかりますよねー。 カッコええです(^^)。

P1010912まー、パリサロン2014のルノーブースをさっと見ましたが、ちょーデカイスペースの1/3が NOUVELLE TWINGO 。 かなり力を入れているのが分かりました。  で、、、、、実は他のメーカーのブースの写真は1つもない。。。(汗;(汗;  ということで6年ぶりのPARISサロでした(^^ゞ。



余談~
P1010632今回の大変身したTWINGOの開発は、すべてルノーテクノセンターでされ、ルノーのノヴォ・メスト(スロベニア)工場で生産されます。 ルノーにとっても久々のRR(後ろにエンジンを配置し、後ろのタイヤを回す)なので、日本での評価も非常に楽しみです。  ちなみに乗った感想は、上手く出来てて非常に良かった。 もっとも60~70KM/Hの感想ですが。。。車体の直進安定性もよく、フロントからエンジン+ミッションが無くなったところのハンドリングは、とっても安定してました。 ショートホイルベースにありがちなピッチングも全く気になりませんでしたし、旋回時も非常に安定していました。 直進走行時に片方のタイヤで段差を乗り越えてみましたが、ステアリングは全く取られること無く、昔のルノーに載ってるような「いなす感」も有りました。 ステアリングはものすごく切れ、回転半径は約4.3m、軽四なみです。  このTWINGO-3の日本発表はもう少し先になりますが、必ず導入されますので楽しみにしていて下さいね(^-^)。





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469
 

 


BRUSSELS

皆様ごきげんよう。今年もあと50日を切りましたねぇ。あっという間にこの時期になりましたが、忙しくなるこの時期、ぜひ体調にはご自愛のほど。
~ルノー四日市は、只今店舗改装の工事中です。ご来店頂きました皆様には、大変御迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さい。完成は12月末、新春はリニューアルフェアを開催致します。ぜひ、ご期待ください。~

さて、ベルギー王国のつづきいきましょう。世界遺産Bruggeを後にしBRUSSELSへ。

P1020137コレ、地下鉄の切符。小さいほうがPARISの地下鉄、大きいのがBRUSSELSの地下鉄。ベルギーのが感じエエでしょ(^-^)。

P1010839ブリュッセルの主要道路アンスパック通り。左の建物はanspach-shopping-mall、ショッピングとCASINOを楽しめるそうです(^^)。

P1010843これ、ブリュッセル証券取引所。MUSEUMにしか見えませんよねーぇ(^-^)。

P1010846オー・ブール通りを抜けると~

P1010851P1010852

世界で最も美しい広場とも言われ、UNESCO世界遺産に登録されている“グラン・プラス”に到着。

P1010854高くて、豪華絢爛な建物に圧倒されます(^^)。

P1010855そら世界遺産になるわな って感じでした。

P1010856もしヨーロッパに行くことがあれば、グラン・プラスぜひお勧めです! 広場に入るとかるく30分は金縛りにかかりますし(*´艸`*)。

P1010858ベルギーと言うと、ゴディバ。チョコレートのブランドですよね。それに劣らぬ有名どころがコレ(^^)ワッフル!

P1010859ここは老舗のワッフル屋さん。

P1010860私は基本食べない事が多いのですが、これは食べました。また美味いのですコレ!修行して日本へ持ち込みたいくらい。。。(*´艸`*)。

P1010861いや; 1€以上はしましたけどね。。。

P1010862そそっ、ベルギーの有名モノの1つ“小便小僧”。世界でも有名なモノのわりに、小さくて『これ?』って感じ。ワッフル喰うてるんはニセモンなんですが、それのが堂々としてる(^_^;)。

P1010863この場所世界三大ガッカリ(日本人観光客をがっかりさせる世界3カ所の観光名所を指す用語である。byウェキペディア)の1つなのだそうです。まぁたしかに、シンガポールでマーライオン見た時と一緒の『まじで写真いる?』感覚(笑。

P1010865やがて日も暮れ。。。

P1010867ディナータイムな感じ。いかにもヨーロッパの裏路地って感じでしょ(^^)。

P1010870このオープンな雰囲気がめちゃめちゃエエんです~♪。

P1010869この日は、べルギー料理、ムール貝のLEONへ(^^)。

DSCN0705PARISにも有る有名なレストラン。バケツのような容器いっぱいムール貝が出て来るんですが、美味しいですよ~。

P1010872お腹も一杯になり駅までぶらぶら~P1010875BRUSSELSも治安は良い方だそうです。

P1010880BRUSSELS Midi駅まで戻り、乗る電車が来るまで少し

P1010882P1010877

鉄男(^^)。

P1010890いっきにPARISGare du Nord駅へ。

P1010899今回の番外編、ベルギーは世界遺産が多く本当に良いところでした。皆様もしPARISへ行かれる際には、ブラっとベルギーを覗きに行かれては。PARISから100分です(^^)。





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469
 

 


Information

皆様ごきげんよう。平素からルノー四日市blogをご覧頂きまして誠にありがとうございます。先週のベルギーの続きをと思っていたのですが、今回は、以下ご案内させていただきます。


P1020125Facebookでご案内の通りルノー四日市も店舗改装に向け動き出しました。

20141103_20314011月2日に会議が有り、『10日からスタートするから、9日までに全ての荷物を移動させてナ』っと、ちょー酷い天の声が有り。。。(*_*)。しかも、先週は4,5日が休店日となる週やん( ゚皿゚)キーッ!!。おまけに週末9日は出張展示会~みたいな大変な週でございました。。。(´・ω・`)。

 

20141109_204213さすがに14年と5ヶ月分の埃とゴミが出て来て、
ゴミの中にお宝が見つかると中断(*´∀`)する。片付ける~中断・・・と・・・昨日の21時頃やっとこの姿に・・・

20141109_202926RENAULT sportの文字も外し・・・ちょっと寂しい感じ。(;_;

20141109_204347あんまり寂しかったので、廃棄される棚に昔のモノを飾ってみたり。。。

20141110_103539今朝・・・

20141110_103254oh! もう破壊されてるやん。。。(=o=)

20141110_103241テーブル、椅子が欲しい方は、お急ぎ取りに来て頂ければお渡しします(^^)。

ルノー四日市只今工事中。

20141110_103246工事期間は12月末まで。新装オープンは1月3日からです。

20141110_135318工事期間中、大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。尚、営業は工場の方で細々としておりますので、ぜひお声をお掛け下さい(^^)。

 

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


Historic Centre of Brugge 

皆様ごきげんよう。秋楽しんでいますかぁ~。一日の寒暖の差がはげしい時期でもありますので、ぜひご自愛のほどを。。。

さて、フランス番外編~ 今回、高速鉄道THALYS(TGV)に乗ってベルギーへ。ベルギーは歴史上でもフランスと繋がりが強く、公用語はフランス語とオランダ語。昔、アニメでやってた『フランダースの犬』って有りましたが、あれ、ベルギーが舞台になっています。現在日本向けのルノー車全てベルギーのアントワープ港から荷揚げされており、アントワープから横浜まで約50日かかります~(^^)。

ここは、PARISの北駅(Paris-Nord )。時刻表に列車の行き先と出発時間が出ているのですが、THALYSの表示は15分前にならないと出てこなくて、ちょっと焦る。。。(^_^;)。

PARISからBRUSSELSまでわずか80分で着いちゃいます(^^)。

ベルギー(*´艸`*)。

BRUSSELSーMid駅南側、トラムが走っています。

BRUSSELSから世界遺産の町Brugge(ブルージュ/ブルッヘ)へ。ATTENDして頂いたのはR鹿児島wさんのご友人で、トヨタ自動車にお勤めのNさん。いろいろ楽しい所を巡って頂きました。

10世紀には出来ていたとされるこの街、地震のないこの辺りの建物は、骨組みがなくレンガを積み上げただけのモノなので、震度3で崩壊する危険があるのだそうです。。。(´・ω・`)。この教会(ビールちゃいますよ)は、12世紀に出来たとされるシントサルヴァトール大聖堂。日本では平安末期、後白河天皇が源平を操っていた時代。。。

PARISの町並みとは違い、屋根の形が三角の建物が多く

のっぺりやけど、レンガの色使いや屋根の装飾が凝っています。

ここは街の中心地マルクト。広場になっており、庁舎には全く見えない建物や、

Belfry of Brugesと呼ばれる鐘楼塔

過去の英雄の像などいかにも、ヨーロッパの城塞都市の広場と言った感じ。

で、366段のらせん階段を~ちょー汗だくで登り、鐘楼塔を登り切ると~

さすが世界遺産~エエ眺めやぁ~(・∀・)。中世北欧の街並みって感じでしょ。右の鐘楼塔は先ほどのシントサルヴァトール大聖堂、左の尖った屋根の鐘楼塔はChurch of Our Lady Bruges(聖母教会)です。

カングーの製造工場は、フランスのベルギー国境に近い“モーブージュ工場”。やはりお膝元なのでよく見かけます(^^)。

石畳の路地。

標識。結構好きなんです~こういうの(*´艸`*)。

旧市街は、観光用馬車がひっきりなしに走ります。その時の、馬の歩く音がこの街並みに響いて、またエエ味なんですよねー。

Bruggeは、海と街を運河で繋いだ港町として発達、今もその運河を観光用として利用しています。

Church of Our Lady Bruges(聖母教会)。先程、Belfry of Brugesからみた左側の教会。手前になびいてる旗は、フランダース地方の紋章。フランダースとは、ベルギー北部オランダ語圏の地方の呼び名です。

古都Brugge。15世紀、運河に堆積した土砂の影響で、急激に都としての価値が薄れ、歴史から取り残されていったそうです。しかし400年後、15世紀のまま残っていた町が観光地として再び脚光を浴びだすようになったとのこと。。。

~番外編その2へ~





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469